おお 三連休だと 喜んでいたら やっぱり さっき携帯に 今晩出てくれないか?と 催促だ。 断っても いいんですがね そこが ほれ 次からの事を 考えるとね つい 大丈夫です。暇ですからと 言ってしまう 

まあ これが 束縛されていないようで 束縛されている大人の世界なのでね 人生諦めが 肝心なのだ。

と言いながら 疲れているにも 関わらず 秋景色を 作っていました。 これで 鉄道模型にも VRM5でも 未だに 見たことのない 四季の景色の完成だ。 どうだ 参ったか と 一人で 喜んでいます。

奥中山大カーブ秋景色651系ひたち2奥中山大カーブ秋景色651系ひたち1







しかも 懐かしの651系スーパーひたちを 走らせて見ましたよ 中々 通ですね なんてね

奥中山大カーブ秋景色651系ひたち3奥中山大カーブ秋景色651系ひたち4







ただ 個人的に この651系特急が VRM3版の中では、大好きなもんでね なんか作りが 丁寧でいいんだね

奥中山大カーブ秋景色651系ひたち5奥中山大カーブ秋景色651系ひたち6







秋景色の 全景は、こんな感じでね 意外と 面倒でした作るのが 水田を 秋景色にして これも イマイチなので この地面部品じゃ 稲穂というよりも 収穫前の大豆畑のイメージそっくりでね こう所の詰めの甘さは、まあ 都会育ちの方が イメージするのと 田舎じゃちと 違うのでね

奥中山大カーブ秋景色651系ひたち7奥中山大カーブ秋景色651系ひたち8







遠景樹木A1関係の紅葉したものを 配置しているのだが 如何せん 同じ色一色なもんで 本来のみちのくの紅葉風景とは、段違いで これが 一番 苦労した所だね

でも 遠くの光で輝く山の感じと その太陽の日陰になった部分の遠景樹木の紅葉と思えば まあ これでも いいかと 我慢我慢のVRM3版だ。 なんか いや もっと違うだろうという お方は、このような同じ場面で 春夏秋冬の四季のレイアウトを作って下さいませ

たぶん おいちゃんが この春夏秋冬の四季のレイアウトが 一番最初だと思うのでね そういう 誰もやってない事を やるしか このVRM3の楽しみ方は、ないからね 

それにしても 相変わらず VRM3で 地面テクスチャと背景しかも 季節感を 表そうとすると 結構 しんどいですね ここら辺も 含めて メーカーさんも 最初から こういう四季の地面テクスチャと背景を 標準装備してくれると 意外と 助かるかもしれないけど でも しないでしょうね  車輛の音源みれば なんとなく わかるね

出来なものは、作らない 嫌いなものは、作らない これぞ 趣味の王道だけどね 

商売人としては、近江商人の三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)が 基本なんだがね

ここで言う 世間よしは、 買い手じゃない 一般のVRMファンのことだと 思って まあ その代表が 買い手じゃない このおいちゃんだ。