奥中山大カーブ春景色で 485系3000番はくたか9輌編成を 走らせてみました。

奥中山大カーブ春景色485系3000-1奥中山大カーブ春景色485系3000-2







485系200番国鉄色は、VRM4版やVRM5版には、あるのですが なぜか この485系3000番台は、ないんだね どうして この3000番台を 外して この485系200番国鉄色に しかもVRM4、VRM5と 連続して出したのか なぞですね 自分は。この485系3000番台の方が デザインとしては、好きですね

奥中山大カーブ春景色485系3000-3奥中山大カーブ春景色485系3000-4







なんでもかんでも 特急色が 旧国鉄色が いいとは、思わないのだが まあ それが作る人の方が 好みだったんでしょうね それとも 一回は、VRM3で作ってみたものの 後で この3000番が 嫌いになったなんてね

単純に 好き嫌いで 作っていると 思ってしまうのが ど素人の発想だと 思ってね




どうですか VRM3版「485系3000番台はくたか」は、 VRM3版でも 2001年発売の0号版に登場した時は、まだVRM2版からの延長のような気がして イマイチの作りかなと思っていましたが いざ これを 走らせてみたら 意外と言ったら失礼ですが これが 中々いいんだね そう この単純な色の組み合わせのデザインなんですが 飽きないんだね そこが 又 このVRM3版車輛の 最初の見た目と 長く使い込むほど 味が出て来る

そういうところが このVRM3を 長く走らせて眺めていると 感じる本音の気持ちだね 細かいところを突っ込めば そりゃVRM5版などに比べりゃ落ちますがね でも 持ち味なら 負けてないね