古いRailMagazineの貨物特集記事を 読んで その中で 興味を覚えた記事を ネットで検索しながら 面白ろそうな話題を紹介してみる

まずは、2011年11月号に載っていた磐越西線迂回燃料輸送の記事からだ。 この迂回輸送に関しては、3.11のだいぶ後で 知った話でね ガソリン不足で 散々並んで買ったり 地震の復興関係の現場調査などに駆り出されて 噂話では、聞いていたのだが こういう色々面倒な事を 乗り越えて迂回輸送が行われたなんて 全然知りませんでした。

この話は、後で NHKで 「証言記録 東日本大震災  福島県郡山市〜ガソリン不足を救え! 臨時石油列車〜」というプロジェクトXみたいな番組を 2015年3月15日に放送したみたいなんですが 見ていなかったのでね

色々この話題を調べてみたら なんか知らないが DD51重連タキ1000の10輌編成の動画や画像ばっかりでね よく あんな状況の中で 写真を 撮れたもんだと 感心しました。 こちらは、まだ この時期だと 水道、ガス、電機がストップして 食料買い出しと水汲みで忙しかったからね 停電してTVも見られなかったからね 本格的に一応安定した生活が 送られるようになったのは、確か3ヶ月位してからだったように思えたのだが 撮り鉄の執念には、恐れ入りました。

そんな中で 一番面白かったのが この【第12回MMD杯本選】緊急燃料輸送という 素人さんが作ったCGアニメ動画だ。残念ながら これは、ニコニコ動画なので 開かないと見られないのですが NHKの番組が 見られないんじゃこれしかないのでね でも よく出来ているね この動画は、

それにしても 当時は、TVやネット関係も 1カ月以上も見られなかったので その間に あの九州新幹線が 3月12日に開業して 知らなかったね こんなCMで 紹介した通り 2011年11月時点では、 「おいちゃんも 最初なんで これを 写したのか あっけに取られていたが 最後まで 見ていたら なんか 感動をしてしまった。
」と ブログの中では、書いていましたがね 

でも 今思うと 3.11の翌日なんだよね そこで感じるのが この日本の中の温度差ですかね 自分から どれだけ離れているかで関心度が まるで違うんだね

改めて 当時の別な意味での動画を並べてみた。 まずは、カンヌ国際広告祭のアウトドア部門にて金賞、メディア部門にて銀賞を受賞した動画から。確かに 見た時は、元気を貰えたと思ったのだが 時間が経ってしまうと これって あの電通が企画したCMなんだね 



そして 東日本大震災当時に話した ビートたけしの言葉から



この温度差というのは、3.11の時も 地元じゃあったからね 綺麗ごとだけが TVじゃ話されるけど 実際は、色々あったからね 作られたドキュメント番組じゃないが リアルドキュメントというか お金が絡んだ本音の部分が 出て来ると 深いいい話には、ならないし そんな話など 聞きたくもないか