今日は、お休みなのだが 急に休めと 言われて その代わり日曜と 月曜の祝日の夜に出てくれだってさ なんだそれ 結局 こうやって今日は、家に 一日居る訳になったのだが まあ どっちにしても ほとんど 休日は、出歩かないからね まあ いいか 

 これがTVのドクターXのようなフリーランスの女医さんのように 一回の手術で 一千万の請求とメロンのおまけ付きで お金が入って来るなら フリーランスとでも 呼びたいのだがね そうは、イカのキン玉で 要は、働いていると言っても 機械の部品みたいなもんで これぞ トヨタが掲げる看板方式のジャスト・イン・タイムの人間版みたいなもんだと 自覚しながら働かないとね おまんま食えなのです。

と 余計な事は、どうでも いいとして 700系ロードスターの紹介だ。 JR西日本の車両で 山陽新幹線で活躍だと 言っても ほとんど 馴染みがないので 現物も 見たことがないんだね

これね 今 思ったのですがね 逆に 東北新幹線のE5系はやぶさやE6系こまちなんかも 西日本の方の中には、見たことがない人も居るんじゃないのかな 結構 日本全国に 色んな車両が 走っていますが 現物を この目で 見ると言うのは、そうあるもんじゃないのかもしれませんね

でも こうやって 仮想鉄道模型のVRM3で 見る事が出来るんだから そういう意味じゃ このVRM3も 持っている価値があるもんだね と メーカーさんに代わって 宣伝だ。




それと 話は、鉄道模型の話に 戻るのだが この前 調べていたら こんな九州最大の 大型トラックも駐車出来るスペースがある 九州レイルウェイショップ汽車倶楽部なる サイトを 見つけました。

なんか 凄いんだね 本物の静態保存の9600形蒸気機関車が あったりと まるでワンダーランドみたいなんだね そこの レンタルレイアウト場の車載搭載カメラからの 動画がこちらです。



なんでも 会員制の入会を 受け付けているらしいのですが 年6000円くらいですか なんか VRMCLOUDも 年に換算すると そのくらいですが こちらは、年に4回は、会報を発行しているそうです。

やっぱり こういう仲間が集まる場は、色々物入りが 多いからね 月500円位の出費は、逆に 考えてみれば安いかもね でも こういう集まる場所があると いいねえ〜

地元でも 模型屋さんを 中心としたサークルもあるみたいですが どうしても その模型やさんを 通しての話題が 中心になってしまうのか 隣のおっちゃんから聞いた話では、 中々模型店以外のサークルとは、あんまり交流がないとも聞きましたね

まあ おいちゃんのように いつまでも 一匹狼みたいな者は、そういう集団サークルに憧れるのですが どうしても そういう集団行動が 取れないタイプなのでね 今に至っていますね

twitterとか どうも 使いこなせないからね 逆に ここのブログのように 一方的に しゃべくりまくった方が 自分には、合っているかもね 

追伸 ここに 九州レイルウェイショップ汽車倶楽部のレイアウト写真が 沢山載っていました。 しかし これらのレイアウトを作っている方達は、プロなのか セミプロなのか 知りませんが これと 同じように このVRM界隈の上級者の作品も遜色ない いや それ以上の作品もあるのだが 雑誌やTVなどのメディアに取り上げられないね どうしてなんだろうか 残念だね