Tomo Kさんの VRM5版 新幹線動画の最後に 光闇世界というBGMタイトルが流れていたのですが これ 勘違いして このVRM5の車両を イメージして 名付けたと 思ってしまいました。

この光闇世界というのが 読めなくてネットで 調べたらモノクロという解釈していましたね 自分は、このVRM5新幹線車両を 眺めていると なんか光沢(こうたく)世界というのか ボデーにつやが あるみたいな感じに見えてね 新車にポリマーワックスを施したような 汚れのない車両に見えてしまいました。

VRM3の新幹線なんかは、屋根の上など わざと 少し汚れた感じが 残っているのですが やっぱりポリゴン100%で作る車両は、 別物なんでしょうかね

とまあ 美しいに越したことは、ないのでね でも こうやって見比べてみると 面白いね そんな 見比べ第2弾が 700系のぞみ16輌編成だ。

この700系と 最新のN700系の違いというのが よく わからないのですが まあ 細かいことは、気にしないで 動画を ご覧下さいね




VRM5版新幹線が まったくの新車状態というなら こっちのVRM3版新幹線は、少し使いこなした くたびれ掛けた新幹線とでも 表現したら 新幹線に怒られそうかな

でも こういう同一色のボデーに立体感を出すには、影を付けるのが 一番手っ取り早いのですが こちらのVRM3版新幹線は、影じゃなく 汚れ(水垢)で 表現しているのが 凄いですね

なんてね これまた 制作者に怒られるね でも あのVRM2版100系や300系に比べたら 雲泥の差の このVRM3版新幹線 おいちゃんは、自信を持って VRM5版と ガチで 勝負出来るんじゃないのかと 本気で 思っていますがね そのくらい 強気で 攻めなきゃ 続かないのです。