皆さん 702さんの「VRM5動画 蒸気機関車 」を ご覧になりましたか まだ ご覧になってない方に紹介だ。



まあ 見れば わかる通り このVRM5のC57とD51の まあ 精密さ まるで 天賞堂のHOゲージみたいですね それと なんと言っても この動画のカメラワークと 3D空間の表現と言いますか 絶妙の奥行きの空間表現が 素晴らしいんだね このカメラワークに関しては、名前は、知らないのだが たぶんモーションパスとかと言うものなんでしょうかね 凄いね

実は、この動画も 結構前に すぐ見ていたのですが あまりにも 自分が作っている流し撮りの動画と 全然違うので 正直 嫉妬してしまってね まあ なんと  器の小さい男でしょうかね

でも こういう手本を 見ると 燃えて来るんだね なんとか VRM3版でも 蒸気機関車が カッコ良く見える動画を で 一応 この単線自動運転レイアウトで 試してみました。

H26仮想熊ヶ根鉄橋100.H26仮想熊ヶ根鉄橋101







と 言ってもね あくまでも流し撮りなので ご覧のような感じにしか見えません

H26仮想熊ヶ根鉄橋103H26仮想熊ヶ根鉄橋102







このVRM3版C62蒸気機関車を動画で作る時 どうしても いつも使っている無料のBandiCamの動画ソフトだと 煙と蒸気が 消えてしまって せっかくの蒸気機関車じゃなくなるんだね その為 こんな3分位の動画を 作るのに 4時間以上も掛ってしまいました。

なんせ いつものスクリーンショットを Shift+F10キーの長押しで 約5500枚程の画像を取り込むのですが 今見ているビュアーの解像度が 810x610なんもんで この5500枚の画像を 480x640に圧縮した画像を作り直して それで WindowsLiveムービーメーカーで編集して 音を入れて完成だ。

本当に いつもなら この程度の動画なら BandiCamを 使えば30分もあれば 流し撮りなら出来るんですがね Shift+F10キーの長押しで 画像を取り込んで作ると 本当に時間が掛りますね 

でも こういう苦労を 2年前までは、ずっと それを やっていたんだから 便利になったもんだね 

まあ なんだかんだ 言ってるより VRM3版C62でも見て下さい こっちは、こっちでアナログの雰囲気が漂っていてね 負け惜しみじゃないのですが そこそこ行けるんじゃないのかと 自画自賛だ。



どうですか ナニ VRM5に比べると だいぶ落ちるってか そんなもん百も承知で 比べてるのでね 大体こういうVRM3とVRM5を 同じ土俵で比べるなんて ここしかしないからね

これでも このカメラの設置に関しては、時間が 掛っているのよ 58个寮路高さに対して カメラの高さを ローアングルで 撮るには、どの程度の高さまで 低くしていくのか これに結構 時間が掛っているんですよ

おいちゃん自慢じゃないけど 流し撮り専門ですからね あんたは、スケベだから 隠し撮りだろ なんて 言っちゃいかんぜよ 面倒な事は、しないのが おいちゃん流なのです。 ハイ