VRM3単線自動運転レイアウトには、4ヶ所の交換駅があるのだが その内の2ヶ所が 中線のある交換駅で 駅舎も 現代風の IMAGIC地上駅Aを 配置してみた。

そんな地上駅Aを 中心に 駅前を展開してみたのだが まあ いつもの 詰め込み街並みだ。

H26仮想熊ヶ根鉄橋40H26仮想熊ヶ根鉄橋41







左側の駅舎が 地上駅Aで この駅舎がある町は、どの程度の規模なのか まったく想像していなかったので 駅前を 県道が 通り過ぎる感じの雰囲気にしてみました。

H26仮想熊ヶ根鉄橋38.H26仮想熊ヶ根鉄橋39.







この駅舎の ホーム寄りの商店の裏側のスペースが 一応 駐輪場になっているのだ。もちろん無料だ。

H26仮想熊ヶ根鉄橋42.H26仮想熊ヶ根鉄橋43  







駅舎の左隣には、 バスの停留所を配置だ。 バスターミナルとまでは、行かないのだが 一応 バス停を挟んで 対面で バスが 発着出来るように配置だ。

H26仮想熊ヶ根鉄橋44H26仮想熊ヶ根鉄橋45







その先に 古い商店と その県道を挟んで マンションが 建っていて 本当は、歩道も作ろうかと思ったのだが
あんまり小奇麗な街並みも なんか 田舎ぽくないのでね

H26仮想熊ヶ根鉄橋46H26仮想熊ヶ根鉄橋47.







上から眺めると こんな感じでね なんか 西部劇の宿場町みたいな感じに思えて来ました。 それにしても 相変わらずの ゴチャゴチャ配置だが にぎやかなのが 好きなんです。

そして右側の画像が もう2ヶ所の 本当のローカル線の田舎駅でね 考えてみたら こういう駅の前には、駅前広場なんぞは、なくて ポツンと 悲しく建っているというのが 本当かもしれないね

H26仮想熊ヶ根鉄橋49H26仮想熊ヶ根鉄橋48.







だから ローカル線の駅前で 探しても ポツンとした画像し見つからなかったね

H26仮想熊ヶ根鉄橋51.H26仮想熊ヶ根鉄橋50.







だから 人の乗降も ほとんどないのだが 交換駅なので 一応 旅客用踏切を 村の予算で 安全の為に設置して貰いました。 こういう まさか こんな ど田舎に なんで 立派な踏切があるのと 思うのだが それが ど田舎の 特殊事情で 都会の人には、わからない世界だが これを 無駄と 片付けては、いけませんよ

村には、村の決まりがあるのでね

ところで このローカル線の駅の画像を眺めていたら こんな鉄道倶楽部のサイトを発見だ。 皆さん こういう仲間を集って色々やっているんですねー 

こういう仲間同士で やる人達と おいちゃんみたいな 一匹狼みたいな人達の 二通りが あるんでしょうかね

で 今日は、ここまで 時間切れでーす。