部屋を 片付けていたら 懐かしい天賞堂HO鉄道模型シミュレーター20系さくらの ソフトを 見つけたので 試しに やってみました。 昔ここで 2008年7月にこいつは,凄いぜ!天賞堂シミュレーターという記事を 書いていましたね あれから 5年ですか 早いね

このゲームのプレイした動画を 録画してUPしようとしたのですが 出来ませんでしたね どうも 昔は、モニター画面を 携帯の動画に撮ったようでしたね それにしても この車両の作りに関しては、今見ても 見劣りしない いや それ以上に いかにも鉄道模型という質感が 感じられて これこそが 元祖 鉄道模型シミュレーターゲームと言えるかもしれませんね

今日は、そんな 懐かしの天賞堂HO鉄道模型シミュレーターの 車両などの画像を紹介だ。 このゲームソフトが 最初に販売されたのが 2002年の1月とこいつは,凄いぜ!天賞堂シミュレーター3に 書いていましたが 当時4980円で販売されていて その後 おいちゃんが 2008年に買った時は、1980円の普及版みたいでしたが
  2010年には、全てが 廃番商品になったみたいで まあ VRM3と同じ運命だったんだね

でも 今でも アマゾンでは、新品7580円 そして 中古が3800円と載っていましたが どうも 中古品は、開かなかった所を みると 最初からないかもね このアマゾン 因みに VRM3で調べて見ると 遊遊 鉄道模型シミュレーター3 300系3000新幹線編 が240円で 出ています。 これだけなんだね

この天賞堂HO鉄道模型シミュレーターの車両に関しては、実は、あのエレクトロニックアーツが製作していたんですね と 昔は、書いていたみたいですが どこかで 自分が調べていたんでしょうね だから これだけリアルな鉄道模型3DCGを 作れたんでしょうか これらの車両は、もう今から10年以上も前の商品ですからね

まあ 画像を もう一度 再確認してください

天賞堂HO鉄道模型シミュレーター2天賞堂HO鉄道模型シミュレーター1







天賞堂HO鉄道模型シミュレーター20系さくらに入っている車両から EF58とDD51

天賞堂HO鉄道模型シミュレーター3天賞堂HO鉄道模型シミュレーター4







C11と 20系寝台客車

天賞堂HO鉄道模型シミュレーター5天賞堂HO鉄道模型シミュレーター10







20系寝台客車の電源車と こちらは、実際の参考にしたと見られる カツミ製20系と 天賞堂EF58の鉄道模型みたいだね なんか 綺麗過ぎてHOゲージに見えないのだが たぶん そうだと思うね

天賞堂HO鉄道模型シミュレーター8.天賞堂HO鉄道模型シミュレーター7.







そして こちらが プレイモードで実際に動かすと 見られる シーンからの画像だが これらは、全て メーカーが 壁紙として 出している画像なのでね 実際は、これより画像は、落ちるのだが それは、あのIMAGICさんのVRM3の時の初期の頃のCDが 入っていたパッケージの画像と同じでね よく見えるように撮ってあるのだね

天賞堂HO鉄道模型シミュレーター6天賞堂HO鉄道模型シミュレーター9







最後は、この3DCGの ポリゴンとの合成写真だ。この10年以上前に こちらのVRM3は、ここまでは、進化していなかったと思うのだが そこが よく昔から言われていた VRMは、他のシミュレーターゲームと違って ユーザーが どんどん勝手に部品などや地形を作ってゲームの描写容量が 増えるから 最初から 容量が増えないゲームと 一緒にして 考えるなが 昔のVRMの考えだったと 聞いていましたが 今は、どうか知りませんがね

でも そんな事 言われても素人は、車両に関しては、他と比べて なんぼですからね  車両だけ比べるなら こちらの 天賞堂HO鉄道模型シミュレーターが 当時のVRM3よりは、はるかに上だったような気が するね

でも 肝心なのは、じゃあ この昭和40年代の中流家庭(でもないか もう少し裕福な家庭かな)の家の中の和室(畳の部屋)、居間(フローリングの床)、そして台所(キッチン)までリアルに表現した場所に HOゲージの線路を配置して そこを このリアルな車両が 走る

これね ハッキリ言って おいちゃんは、つまらないんだね だって これじゃ 嫌でも 人様の家の中の鉄道模型を 覗いているようでね そこまでして 仮想で 鉄道模型を見たくないんだね

ここまで リアルにしてしまったら お金貯めて 本物の鉄道模型を買った方が はるかに精神的には、健全な気がするね まして 昭和40年代だぜ この21世紀に なんで 50年近く前の家を再現するのか いい歳こいた おっさんなら 絶対 ここまでHO天賞堂に惚れ込んだら 買うんじゃないjのかね へそくり貯めてね

そこまで 先読みしちゃうと このVRM3の いいこと なんたって自由にレイアウトが作れてしかも ほとんどの日本の車両が 揃っているからね こういう 「他を見て己を知る」 これこそが おいちゃんの遊びの基本だね

天賞堂HO鉄道模型シミュレーター20系さくらの他に この151系特急こだま号も あったみたいだね
 



まあ 色々他のゲームの車両なども たまに 見てみると 自分の所の良さも 少しは、見えて来る 最後は、好き嫌い相性の問題なんでしょうかね 古い新しいなんて 関係ないね