約半年も掛って作った このUSO貨物レイアウト 自分としては、最初の企画が 人様の真似から始まり いつの間にか コンセプトが 全然違って来たのだが それでも 結構 満足出来る レイアウトだと 思っています。

でも 誰も 評価しないのでというより 誰も出来ないので この際 自分で レイアウト審査だ。

このレイアウト審査は、2011年10月に ここで 発表した審査標を 元に 客観的に 自分で 審査してみた こんな いい加減な審査は、ないんだが 自分にしか この審査票での 審査は、出来ないのでね 残念だ。

レイアウト審査表1USO貨物画像\レイアウト審査表2





左側が 白紙の審査票で 右側が 今回のUSO貨物レイアウトの審査結果だ。 

合計点数は、中級者向け認定2級Bの150点で 131点なので まあ このクラスじゃ及第点だ。 でも 満点に近い点数でもないので まだまだ 認定1級Aクラスの仲間入りは、出来ませんな

このAクラスの仲間入りは、ちょこっと難しくてね 会員の推薦がないと 上がれない しかも お金が 掛るんです。 そう家元制度じゃないのですが 下手でも 多少のコネと 握らせる裏金があれば Aクラス入りなのだ。

まあ とんでもない審査基準で 誰も こんなもんは、受けたがらないんだね なんてね 一人で 遊んで どうすんのだ。

真面目な話 具体的に 今回の 総評は、 まず VRM3基本技術からだと まず 0.2舒焚爾寮路のズレを 放置しているという 重大な欠点が あげられるのだ。 これは、いけませんな これを 直さない限り 10点は、やれませんな

駅、ホームの配置なのだが ホームの高さに関しては、結構 拘ったのだが 駅の作りに関しては、手抜き感が 否めないね

VRM3鉄道理解度に関しては、まだまだ 本物とは、言えないので 7点が妥当という所だね

VRM3創造性では、今回は、工場の制作に関しては、10点を 付けてみました。それ以外の創造性という 意外性のある建物や配置というと そういうのは、見かけられなかったね

最後に 今回 海の表現を チャレンジしてみたが なんとか 表現出来たんじゃないのかと 思っているのだ。しかし あくまでも これもだ junich氏などのテクスチャを改造して 出来たようなもんで そこを 自分で 作れなきゃ 本当の意味での 上級者とは、呼べませんな

でも 日の出の背景画像などや 朝焼けの背景画像など こちらの方は、多少上達したような気がするね

こうやって 数値で 自分のレイアウトを 評価すると どこが 上手く行って どこが 駄目なのか 再発見出来るのでね 

まあ 下手なレイアウトでも 必ず 自分なりに ここは、気に行ってる場所が あるもんでね そういう場所を 本来 このようなレイアウト審査員は、 見つけてやることも これから このVRMを 始めようとする初心者にとっては、有難い
先生のアドバイスだと 信じているのだ。

こういうアドバイスを 言える そういう人が この界隈に 今現在 あんまり存在しないのが このVRMの 広がりの無さなんだろうかね

VRM3に関しては、多少は、評価出来るのだが 他のバージョンに限っては、まったくの蚊帳の外 

まあ こんな感じで 続けて行くか 

追伸

VRM3番外のBBへの挑戦って なんだっけ 忘れてしもうたわ BB思い出せない ブラックボックスいや 違うような VRM3で 出来なくて VRM4で 改造出来る なんじゃそれ