3年前に ここで紹介した発条転てつ機 今でも こちら東北のローカル線には、現役バリバリで 大活躍なんだね

岩手県の大船渡線で また 発見だ。 只見線でも 前に見た記憶が あるのだが 中々パチりする時間とかが なかったのですが 今回は、時間が あったので 携帯で 撮ってみました。 

大船渡線 発条ポイント4.大船渡線 発条ポイント14.





踏切の すぐ脇に あったので 詳しく見れました。

大船渡線 発条ポイント6大船渡線 発条ポイント7





発条転てつ機の この上の部分のSマークが 遠くからも目立つのだ。

大船渡線 発条ポイント15.大船渡線 発条ポイント9





黄色の矢羽のマークも デカイので目立つんだね そして この線路に付いている黒い箱みたいのも 含めての発条転てつ機なのだ。

ここで紹介してから 3年も経っているのに 相変わらず VRMじゃ 出て来ない部品ですね 知り合いから 聞いた話では、 このスプリングポイントが 一番 単線じゃ経済的にも メンテナンス的にも いいらしいとの事です。

ローカルの交換駅などでは、今でも 結構 さまになってるポイントなんだが 未だに VRM関連じゃ 話題にも 出て来ないんだね

ローカルシーンの情景には、欠かせない部品だと 思うのだが 資料がないから作れないのかな いや その前に こういうものに興味がないから 作らないんでしょう 

まあ このスプリングポイントが なぜ 使われているかという理由まで知らなきゃ スルーしてしまう話題だ。