やっと 連ちゃんの夜間作業が 終わり 今日は、真っ昼間から ブログ書きだ。 そういえば 昔 あんまり こればっかり書いていたら なんか 仕事しろよと 書かれた事を 今 思いだしました。 

まあ 自分と人は、境遇が まったく違うという事を まず 理解しないとね こうやって ほとんど毎日 こんなもん書いているからと 言って
家に一日中居る訳でも かと言って 時間通りの仕事をしている訳でもない でも 自分で働いて 飯食っている以上 そんなもんは、ことVRM3に関しては、どうでもいいんです。 働こうが遊ぼうが 知ったことじゃない ただ 人から とやかく言われたくないとなると 自分の金で 遊ぶのが 原則だ。 だから ここは、お子様は、関係ないのだ。

でも やっている事は、プラレール遊びと 変わらない そんな新VRM3★なのだ。

と 余計な話は、どうでも いいのだが またまた Aプランレイアウトで つまづいてしまいました。

そう あの踏切配置の件で 今度は、センサーを 配置して 稼働させたら これが とんでもない形になってしまいました。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-7VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-8.






なんと 遮断竿が 重なってしまってね これじゃ踏切にならないのです。で これじゃまずいと 配置の見直しだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-3VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-2






対向式を 辞めて 片方だけの しゃ断機と警報機の組に 交換だ。ところが どっこい なんと 遮断竿の長さが 少し足りないのだ。 このくらい どうでもいいんじゃないのか?と 自分でも 思ったのだが なんか 心に引っ掛かったので 今日は、そこら辺を 徹底的に 追及だ。

その前に ローカル駅も 一応配置してみました。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-4.






ローカル駅を 作ったら 単機のキハ40じゃ 面白くないと キハ40(本当は、キハ48とキハ47)の二両編成にしたのだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-5VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-6.






どうして 二両編成にしたかというと そう この渡り線のポイントを 通過する時の くびれが 見たさに 無理やり2両編成にしたおかげで駅のホームも長くなり そして駅舎の位置も変形したという訳だ。

で ここからが いつもの おいちゃんの しつこさだ。このVRM3版の道路の道幅は、いったいどうなってるのか? ふと疑問に 思ったのだ。

VRM3版には、1車線と2車線の道路が一応あるのだが この道幅が曲者でね 踏切しゃ断機の遮断竿の長さと ぴったしかんかんじゃないんだね

踏切の遮断竿の長さも 一応決まりがあって そこら辺は、こういう専門分野に載っているのだ。しかし これもだ 実際は、臨機応変に 杓子定規じゃないのでね

で 話は、戻るのだが このVRM3版2車線道路の 道幅は、いったい何メートルなんだろうか?と このしゃ断機の遮断竿の長さは?今一番疑問に 思っている点だ。先程の「踏切保安関係」の中に 詳しく書いてあるのだが 実際 8m以上の長さの遮断竿は、A形屈折遮断機と呼ばれる 竿が折れるタイプになるらしいのだ。(全部じゃないが)

通常は、6〜8mの長さに合わせて ポールを 組み合わせて道路の長さに合わせ 隙間のないように 高さも80僂魎霆爐棒瀉屬垢襪箸癲(垢ました。(ほとんど6m以内で収まるのが多く 8m以内は、そんなに多くないとも聞いているし 電化区間と非電化区間でも架線の関係で 微妙に違うらしい)

そう考えると 仮にだ。このVRM3版のしゃ断機の遮断竿の長さは、見た感じ8mだと そう思えそうなのだが そうすると この2車線道路の道幅は、どうなのか? ここが 気になって しょうがないので これも調べてみた。

「道路幅員の決定について」というPDFの中には、道路構造令第5条5項の 最低 車道の幅は、消防車などが通れる幅の4mが最低道路幅で 一般的には、それに路肩を入れた 道幅5mが 最低道路幅(車輛が 通行できる一般道)と 書いてありました。

じゃあ 二車線は、どうなのか?「道路に関する基準」という PDFの中に これまた 図解入りで書いてあったのだが 簡単に 説明するとだ 

幹線道路  (歩道も含む)で幅員18m以上、標準速度60辧
地域幹線道路(歩道も含む)で幅員12m以上、標準速度50
補助幹線道路(歩道も含む)で幅員  9m以上、標準速度40

ここまでが 通常 センターラインなんかがある 2車線道路だ。

区画道路(一般道路) (幅員6メートル以上)標準速度20

とまあ こんな感じで 区分されているらしいのだ。 尚 自分の住んでる街の 幅員を調べる方法もあるらしいので 参考までに

なんか 話が かなり脱線してしまって 結局なにを 言いたいんでしょうかね 要は、VRM3版2車線、1車線道路に関しては、一応 国の基準に合格しているが おいちゃんの規格には、少し足りない なんてね

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-11VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-12






この画像のように たぶん地域幹線道路幅員12mには、当てはまるのだが
 出来れば 国道並みの幹線道路幅員18mは、欲しかった。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-9.VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-10.






この1車線道路も せめて 小型自動車が 擦れ違うことが出来る幅員6mは、欲しかったなんてね ただ そう思った訳なのです。 これもだ 遮断竿の長さが 道路に対して 少し長いから アホな おいちゃんが 噛みついてしまったという話だ。

これ 全て自作のBVEの中には、こういう道路も 自分で調べ細かく作ってた人が 居ましたね

「結論」

ことVRM3版に関しては、このような 細かいリアルは、求めない、いや 求めても どうしようもないので プラレールの如く 遊ぶ

しかし 遊びの中で このような鉄道知識も 身に付ければ いづれメーカー主導じゃない 自分が求める リアルな鉄道模型レイアウトの ナニかの参考になると 心得て 今は、メーカーさんが 与えられたもので 我慢するのが 新VRM3★の考えだ。

なんちゃってね BVEのように 自作出来ないから このVRM3版で 我慢するのが 本音かもね 中途半端だからね おっさんは、やっぱり 最後は、なんでも自作が 趣味の醍醐味なんだろうかね

おいらは、一切 そういう考えが ございませんので メーカーさん わかって下さいby因幡晃って そんなもん知らねえーか