さあ 今日から いよいよ レイアウトらしくする為の 道路などの部品の配置だ。 ところが 最初のイメージモデルにした鉄道模型レイアウトとは、実際 このVRM3で作ろうとした場合 かなり イメージが 離れて行くので 改めて そこの所を 頭に入れて あくまでも VRM3レイアウトという事で 話を 進めるのだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9図.







こんな感じの 道路になるのだが もちろん踏切等の設置とか 細かい部分は、後回しにするのが 鉄則だ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9-2.VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9-3.






ここで 一番 大事なのは、道路の部品の配置に対する考えだ。 踏切等が無ければ そにまま平地の高さ(ここでは、3个旅發機砲如,修里泙沺(臣呂旅發気帽腓錣擦襪里如,いい鵑世 問題は、この踏切との交差部分なのだ。

ここが 一番重要で この点に関しては、仮想仙台市電の時の路面電車の線路の敷石が いい経験になっているのでね レールの頭が 見える高さの5.7个旅發気貌始を 統一して配置してみた。

後で この高さに合わせて平地も 作る予定だが 踏切部分だけ この高さにして スロープを付けるかどうかは、踏切を 配置してからの 課題だね まずは、ここまで