IMAGICさんの [開発]185系製作進行中「雑草、とうもろこし、あじさい」などの商品を見て 片や hirochiさんのブログ の これらの車輛や これらのストラクチャーを 見比べてしまうと

つくづく VRM3で しこしこ やって来たのが 良かったなと 最近益々 感じている おっさんだ。プロの商品ってなんなの? 誰に 買って貰うんでしょうかね

力のある人は、より それ以上の物を求め 力のない人は、そこでしか我慢出来ないから メーカーの商品でも 売れる こう考えると どこを ターゲットに これから進んで行くんでしょうかね 

VRMでもTRAINZでも それなりに力のない人は、遊べないって事も 少し頭に要れて貰いたいのだが その力のない人の為のVRMを 作って貰いたいと 10年以上も吠えているのだが どうも 考えが 違い過ぎるんだね

まあ これからは、色んな意味で VRM3に 逆戻りですね そう それ以上を 求めないってことも こんな時代だからこそ必要だと 自分は、考えているのです。

金と力のない奴は、VRM3に 戻って来い 俺もないけど心配するなって 昔々のクレージーキャッツの歌だけど 知らないだろうね


だまって俺について来い 」ハナ肇とクレージーキャッツ

これからの時代は、こんな感じの 開き直りが 必要じゃないのかとね そう昭和に逆戻りするのです。 金と力ののないやつは、VRM3で 我慢だ。

そう言い切る意思が なけりゃ 最後は、結局 自作出来なきゃ この手のゲームは、意味がないと ハッキリ認識しなきゃ やってられないのです。

自作出来なきゃ どこかで 諦める おいちゃんは、VRM3で 諦めたけど 本当は、VRM4辺りまで 引っ張ても 良かった気もしてるのだが 今さらジローなのです。