しかし 長年 この鉄道シミュレーションゲームを やってると 必ずどこかで飽きるのだ! なぜ飽きるのか? そりゃ鉄道模型のように触れない事も そのひとつの原因だが。 このモニターの中の世界だけで 満足させる自分の世界なんて そう簡単には,実現しないものなのだ。手っ取り早く それを実現させるには,そこに至るまでにパソコン知識や鉄道知識が身に付かないと このVRM3は,さっぱり面白くないのです。

じゃあ なぜ おいちゃんは,飽きずに しつこいくらい このVRM3に はまるのか? それは,単純明快に投資した金額に対して それ以上に元を取ってるからだと思っているからだ。これを言うと 家族から また馬鹿が始まったよと 言われるのだが 趣味は,金額の問題じゃないと 散々家族からも言われるのだが それは,20年以上も前の昭和までの話でね この平成になってからは,例え趣味であろうが 自分の財布に見合った趣味じゃなければ 長続きしないのだ。

その点を考えると このVRM3は,この10年を振り返ると本当に日割り計算で考えると月に換算するとだ1000円で お釣りが来るくらいの投資金額だから こんなに安く済むゲームもないのだ。しかも まだ継続して遊べるからこれほどいいゲームは,ないのだ。本当にそう思いますよ メーカーさん

そんなVRM3バージョンから また振り返ってみますかね

VRM3 価格リストB







0号〜5号までは,発売当初の価格9900〜8500円が 段々値下げされ最後は,半値以下の4200円になったのに比べTOMIX版だけが なぜか少し半値以上の価格設定にされてる所が 上納金の問題が どこかにあるかもしれませんなあ〜 それと6号,7号が どうも思い出されないのだが 最初から この6500円で売られたかどうかは,記憶が定かじゃないので勘弁だ。

さて ここからが おいちゃん流のアホ検証だ。そう 号数に入ってる車輌の総数で価格を比べてみるなんてね これがナンの意味があるのか わからないのだが 一応やってみるのだ。

まずは,第0号アイマジックセットからだ。

0号     165系  5輌
0号     251系  8輌
0号       0系  9輌
0号   キハ283系  8輌
0号      EF65   2輌
0号     205系  6輌
0号     485系  4輌

0号車輌数42輌 発売8500円 1輌当り202円 最終4200円 1輌当り100円 

第1号トミックスセットから

1号     211系  11輌
1号     EF81     10輌
1号     253系   6輌
1号     E2系    9輌
1号     DD51   2輌
1号     200系   7輌

1号車輌数45輌 発売9900円 1輌当り220円 最終5100円 1輌当り113円
 
第2号アイマジックセットからだ。

2号     183系     5輌
2号     0系200      8輌
2号     185系     6輌
2号     531系     15輌
2号     201系関西  5輌
2号     201系中央  6輌
2号     201系総武  4輌
2号     EF58       1輌
2号     10系軽量  10輌
  
2号車輌数60輌 発売8500円 1輌当り142円 最終4200円 1輌当り70円

第3号アイマジックセットからだ。

3号     81系お座敷   12輌
3号     キハ65系      2輌
3号     E3系       9輌
3号     400系      10輌
3号     キハ58系    11輌
3号     100系      19輌
3号     EF66       11輌
3号     24系25形    13輌
  
3号車輌数87輌 発売8500円 1輌当り98円 最終4200円 1輌当り48円

第4号トミックスセットから

4号     52系       7輌
4号     キハ181系     9輌
4号     C62       1輌
4号     281系      11輌
4号     683系      12輌

4号車輌数40輌 発売9900円 1輌当り248円 最終5100円 1輌当り128円

第5号アイマジックセットからだ。

5号     E26カシオペア 13輌
5号     EF81         2輌
5号     215系       24輌
5号     E257系      17輌
5号     E2系       12輌
  
5号車輌数68輌 発売8500円 1輌当り125円 最終4200円 1輌当り62円

第6号アイマジックセットからだ。

6号     313系       10輌
6号     キハ75系       4輌
6号     923系        9輌
6号     373系       15輌
  
6号車輌数38輌 発売6500円 1輌当り171円 最終4200円 1輌当り111円

第7号アイマジックセットからだ。

7号     800系       8輌
7号     787系       11輌
7号     883系       24輌
7号     811系       6輌
  
7号車輌数49輌 発売6500円 1輌当り133円 最終4200円 1輌当り86円

とまあ 他の部品とか まるっきり無視してしまうのが おいちゃん流なのだが それでも 色々調べて見るとだ このような結果が出て来るから面白いのだ。

1輌当りの当初価格で一番高いのは,第4号トミックスセットの246円で最終が128円だ。一番安いじゃなかったお得なバージョンは,第3号アイマジックセットの1輌当りの当初価格が98円で 最終価格が なんと48円なんだから お買い得なのだ。

こんなものでも なんとなくこのVRM3界隈の流れが 少しは,見えて来るだろうって それがどうしたと言われりゃ返す言葉もないのだが 最初の原点に戻るのだが 鉄道模型と比べてどうなのか? ここを しっかり押さえないと ただ値段が どうのとかとの問題じゃない事だけでも 少しは,なんかの役に立つと思ってね

色々 アホは,アホなりに 物好きで 検証しているのです。

常日頃言ってるでしょ「品物の良い悪いは,好き嫌いだが 安い高いは,下々の判断出来る唯一の手段」 これぐらいしか判断する頭が 最初からないのです。ハイ