IMAGIC住宅編の紹介からだ。まずは,住宅a,b,cの3棟からの紹介だ。

VRM3版imagic住宅4









さて どこが違うんでしょうか? そう屋根の色が まず違うんですね しかし 真横から見ちゃうと まったく屋根の色が見えないので 外壁の色の違いでしか判断出来ないのだが これまた 同じベージュ色の外壁だ。ちなみに この屋根は,洋瓦の切妻型屋根だ。玄関も木彫ドアで 皆同じに見えるのだが それじゃ使い回しが見え見えなので 一応 玄関の脇の玄関灯の形が違う点だけは,確認して下さい

それと 住宅cに関しては,変形の切妻型屋根を採用して いかにして種類を増やそうかと 並々ならぬ努力を払ってるか 気持ちだけは,わかります。まあ 昔のことだから 多少は,大目に見てやらなければ なりませんぞ! VRM5では,もっと他に色々オプションが付いているんでしょうからね 

VRM3版imagic住宅5










これまた 苦心して1階部分にひさしの屋根などを付けてアクセントを付けた住宅だ。しかし これも よ〜く観察して見るとだ なんかヘンと言うより これは,住宅なのか それとも商店にしようとしたのか よく わからないのだ。

普通 こういう1階の間取りを見た場合 住宅の耐震設計とか防犯を考えると 玄関が 例えば東向きにあった場合 南側に広いガラス面の開放部を設けるのは,わかるのだが その反対の北側には,普通 南側と同じようなガラス面の開放部を設けるのは,考えられないのだ。これじゃ あまりにも風通しが 良すぎて北国じゃ 却下されてしまう住宅なのだ。

こういう 住宅に関しての 実際住んで暮らしてみないと わからない部分が このVRM3住宅には,感じられないのでね いかにノルマを達成させようと努力した姿勢は,うかがえるのだが この時点では, そこまで車輌のように 気を使うところまでいかなかったんでしょうね しかし これからは, 他のライバルも居ることだし 心して部品も作っていかないと 本当に舐められるからね ハードルが高くなって来てるのです。 しかし そのハードルを自ら上げてしまったのは、他ならぬ IMAGICさん自身である事だけは, 口が すっぱくなるくらい 言っておくのだ。

VRM3程度が 万年初心者クラスのおいちゃんには,一番使い易いと思っているのだがね