本家のブログに こんな解説みたいなのが 載っていました。

「鉄道模型シミュレーターのようなリアルタイム3DCGでは、VRAM上にポリゴン、テクスチャーなど3DCGに必要なデータを配置します。VRAMは、メインメモリとは別に存在するグラフィックチップが直接アクセスできるメモリーです。VRAMにすべてのデータを納めることで、高速なグラフィック処理が可能になります。

大規模な作品では、車両、ストラクチャーの個数、レイアウトサイズなどによりVRAMにすべてのデータを置くことができない場合があります。VRAMに配置できなかったデータは、メインメモリーに配置されます。メインメモリーに配置されるデータが増えると、動作速度が遅くなります。大作向けのPC環境を構築する場合は、VRAM容量が鍵になります。」

長年VRMを やっていますが 未だに こういった工学系の事柄は,さっぱり わかりません というか こういうのナシで遊べるようにして欲しいね その為に お金払ってゲームソフトを買ってるのですから そこら辺を 感じて欲しいね 

知らないのは,貴方だけと 言われちゃ返す言葉もないけどね