好きこそものの上手なれ 好きだからこそ長続きするのだと 前に書いたけど それだけじゃ長続きは,しないよなあ〜 おいちゃんの場合は,このVRM3以外「鉄道模型」も「撮り鉄」も「乗り鉄」も一切しないのだ。この頑固なまでのこだわりが あるからこその変わり者なのだ。あくまでも素人道をまっしぐら だから長続きするのだ。とまあ この前書いた後の感想だ。

架線を コンパウンド式にしてからの話の続きからだ。電線がうるさいので 今度は,普通の電線をトロリー線の替わりに使ってみたのが 下の画像だ。

仮想仙台市電レイアウト34仮想仙台市電レイアウト35







なんか ちょっと物足りないような気がしないでもないのだが コンパウンド式よりは,少しは、それっぽいような気がして来たので これで行こうかと 思っているのだ。が ここに電車を走らせて来たら あらら パンタグラフが全然届きませんよ〜
 どうなってるんですかと思ったら 最初に言った平地66个鵬颪錣擦討い浸をスッカリ忘れていたのだ。 線路の高さは,60个瞭明橋脚で支えてるのだから パンタグラフに届かないのが当り前なのです。

仮想仙台市電レイアウト36仮想仙台市電レイアウト37








そこで 道路の真ん中にある路面の架線柱を57个砲靴董〆謄船礇譽鵐犬澄これがね アホなのだが 一回コンパウンド架線を張った時に 架線柱を削除しちゃったので
又 一から配置し直しなのだ。別な名前で仮にレイアウトを保存しとけば 何も問題ないのだが つい この仮保存という作業を忘れるのだ。しかも下手すると本来のレイアウトの上に 上書き保存などしちゃうと もう訳がわからなくなるから要注意なのだ。だから馬鹿じゃこのVRM3レイアウトは,作れないのだ。って自慢かよ

適当に57个砲靴謄譟璽襯譽戰襪茲-3个砲靴堂誉柱を配置して見たが 後で「昭和の鉄道」のレイアウターで電柱の高さを確認したら やっぱり-3个任靴拭ぴったしかんかんですね それにしても 昭和の鉄道は,電柱を架線柱の替わりに使って いかにも昭和という雰囲気を出していますが こちらは、あくまでも仮想仙台路面電車なのでね あんまり昭和に拘ると 先に進めないような気がするので ここは,ひとつ目をつぶって時代考証なしで行くのだ。

こんな感じで 歩道とトロリー架線をこれから張って行くのだが ハッキリ言って「苦痛なのだ。」この間の作業がね 架線柱を配置してトロリー線を張って高さを確認して そして架線柱を削除していく これを これから ずっと 今回やった部分の何十倍もやるかと思うと 気が重いのだ。 それこそ「もう飽きた」といいたいくらいなのだ。

なんだ言ってる事と違うじゃないか と怒られそうですが 正直者のおいちゃんは,嘘は,言わないのです。他の事が忙しい人は,たぶん「VRM3をやる時間が勿体ない」と思い 諦めるでしょうが おいちゃんの場合は,仕事以外に他に用事がないので「VRM3しかやる事がない」ので 仕方なくやらざるを得ないのです。ここが 違うんですなあ〜

またアホな事を言ってますが 嫌よ嫌よも好きなうち VRM3ハイなのだ。