583系急行寝台「きたぐに」の続き またまた 583系急行「きたぐに」の画像の紹介からね。これ VRM3知らない人だと なんの事か わからないけど この「きたぐに」は,VRM3には,入ってません。これは,おいちゃんの趣味の「大人の塗り絵」のイメージ画像なんですね。 まあ真正面の絵や真横のイラストは,結構皆さん作ってますが この斜めからの画像というかイラストは, あまり見たことないんだよね。そんな時 このVRM3の同じ車輌を使って「塗り絵」をやるのは, VRM3の また違った楽しみ方なんですね。最初 あんまりめんどうなので止めたんですが 色々写真や画像など見てるうちに 走らなくても 我がファイルに並べて見るかと 妙に最近ハマってます。いいんです。下手でも何でも プロじゃないんだからね。人真似でもOKなんです。 要は,拡大しないで遠目に見て何となく そんな感じでさえあればOKなのね。これ 結構大事なのね。でないと手間掛けた意味がないのでね。その内 誰か 上手い人が もっといいの作ってくれるでしょから それと こんな 下手なおいちゃんの画像でも 使いたい方 どうぞ ご自由に使って下さい。なに 下手過ぎて使えないですか。 もっと上手かったらタダでは,載せませんよ。 本当に上手かったら お金取ってますよ。お金取れないと思うから載せてるのね。まあ そんなアホ話は,冗談で この581系の「きたぐに」もそうなのだが HPなどの写真や鉄道関係の書籍でもなんだが 本当の色が よくわからないのだ。 JR西日本カラーと言ってるが 前に紹介した183系よりも 色が濃いように思える。また 583系のNゲージの模型でもTomixKaToでは,屋根の色なども違うのだ。 これも おかしな話で 両方とも同じ色でもいいような気がするが 必ず どこか違うように作るのが 日本のメーカーらしいね。 自分とこの こだわりが あるんだね

583keikitagunirisuto1.583keishupuryA













583系急行寝台シュプール号 これまた 変わったカラーの電車と言っちゃ怒られるかもしれないが このJR西日本の583系シュプール号の塗装は全体が水色にツートンの帯が引いてある。この色 東北の寒い地方では,絶対受け入れない色だね。見るからに寒そうでね。 しかし この電車は,冬季限定のスキー客などを運ぶ「寝台急行」だったのだ。?今は,走ってないと思うのだが わからん。この583系シュプール号て「ひとつ」だと思ってたら 昔は,JR東日本とJR西日本が名前を頭に使っていたみたいだ。例えば JR東日本が「シュプール蔵王,猪苗代」などで JR西日本が「シュプール妙高/志賀,野沢/苗場」などだ。JR東日本は,583系の そのままのカラーで使って JR西日本が 前に紹介した「きたぐに」のカラーと この水色のカラーの車輌を使っていたみたいだ。この583系のJR西日本関係の「きたぐに」のNゲージは,Tomixから発売されている 車輌セット6輌で\21800(No92746)と増結セット4量で\14700(No92747)の2種類が販売されている。 ということは,かなり人気があるって事だ。そして おいちゃんは,2003のカタログしか見てないので わからないのだが HPを検索していたら この水色の「シュプール号」のNゲージを見つけた。Tomix JR583系「きたぐに旧塗装セット」10輌編成\38640(No92930)と載っていたが これは,番号から見て 最近発売になったのかと思うのだが 確証がないのだ。別なHPの物は,自分で塗装したみたいな事が書いてあったのだがねでも なんか この「シュプール号」子供のおもちゃのBトレインにも あるので 結構人気が高いのか これもわからんですな。しかし この583系の好きな人って意外と多いのには,ビックリだ。 とくに ここのHP「583系探検隊」なんか あまりの現地調査の凄さに なんなの この人達と思ってしまったね。 まったく現地調査しない おいちゃんなんて 間違っても入れない世界と思ったね。画像は,583系「シュプール号」のVRM3のイメージ画です。これも 本当の色が わかりませんでしたが大目に見て!