VRM3だから「581系のはくつる」は有りだ。たぶん おかしいんじゃないのと 言われるのは,わかってるけど これは, あくまでも おいらのバーチャル鉄道なので 最初にお断りだ。厳密に言えば 581系が60hz用の 西日本中心で 50/60hz両用の583系が 東日本中心だから「はくつる」が東北方面で活躍した寝台特急電車なら 普通なら583系「はくつる」と載せるのが本当だ。 しかし色々見てると 中には,581系「はくつる」や「はつかり」もあるのだ。まして 我がVRM3の車輌エディター(車輌が格納されている所)には, なぜか 581/583系寝台特急電車「はくつる」クハネ581と581/583系寝台特急電車「はつかり」クハネ581 そして581/583系寝台特急電車「はくつる」クハネ583と581/583系寝台特急電車「はつかり」クハネ583の4種類が入ってるのだ。581系と言うと「月光」や「みどり」など西日本が中心なんだが 画像を比べるとちょこっと下回りの機器が少し違う程度なのだ。そんなもんで 583系の同じ種類の「はくつる」と「はつかり」を走らせても面白くないので おいらの鉄道模型レイアウトでは, 気持ちだけ違いを感じさせる為に わざと「581系のはくつる」の車輌編成を作っているのだ。でも 本当は,片方たとえば後ろの車輌だけ581系にしてあるかもしれないような気がしないでもないのだ。まあ 素人の遊びなので深く突っ込まないでくれ, なんせタイトルも鉄道シュミレーターとワザと間違えてるのだからね。 そんな もんで「VRM3の581系はくつる」の車輌編成の構成車輌だ。

581keihakutururisto583keihatukariristo
















ついでにVRM3の「583系はつかり」の画像も載せちゃえ、この車輌を連結して12輌編成とかを作って レイアウトを走らせるのが VRM3「鉄道模型シミュレーター」のバージョン3の事ですね。 この画像だと ちょっと写りが あまり良くないけど 実際は,もっと精密に出来てるよ。とくに この583系は, 車輌の中では,出来としては,お気に入りだ。なんでも そうだが あんまり近くで模型を見ちゃうと荒が見えるもんだ。 そりゃNゲージとHOを比べりゃ 当然HOの方が 車輌の精密さでは,勝っているのは,当然だが このVRM3もNゲージと同じように 遊ぶコツがあるのだ。 そう あまりアップの画像では,見ないで ほどほどの距離から眺めると 荒も見えないのだね。 じゃあ 何を見るのか? それは,編成を走らせた時の全体を楽しむのが一番なのだ。これがバーチャルで出来る一番のいい所だ。 しかし 何でもそうだが やはり限界があり せいぜい客車で16輌編成で貨物で20輌編成がレイアウトで楽しめる範囲だと おいちゃんは,考えている。しかしですよ これが何編成でも走らせる事が出来るのがなんたって一番の魅力なんですよ。 だからおいちゃんのレイアウトだと 常に12輌編成の列車が35本位いっぺんに同時に走ってます。 これだけ見てても1時間位でも 飽きません。今度VRM3の特集号が出ますが これだけあっても充分楽しめますので ぜひ 興味のある方は,リンク先のIMAGICの方を開いて下さい。 まだまだ十分 VRM3でも遊べるし なんせ 難しい事ないですよ。レイアウトもダウンロード出来るから 買ってすぐ 遊べますよ。 馴れてくると センサー置いて踏切は,自動で開閉するし警報音も鳴ります。それに列車がホームに到着する時に「何番線に電車が入ります。ご注意下さい」とか「何番線から電車が出ます」とかの音声も入れられるので 面白いですよ。最初は,人の作ったレイアウトで遊び 慣れたら自分で作るのが VRM3の長が続きのコツだ。 このVRM3で5年以上もやってるんだからね。 それに なんたってお金掛からないもんね。 これが一番なのね。その割には,さっぱり上達してないのが 悩みなんだが そう奥が深いのです。