巷では,VRM4の保線モーターカーで 盛上がってるようで
あるが こっちは,相変わらずのマイペースでスイッチャー
を 追い求めております。

なんせ このスイッチャーは,働く用途に合わせてディーゼル
機関車の大きさも違うんですね ここからして まったくの
素人なので 知らなかったのですね

確かにTMC-200や400は,DE10などに比べりゃ それこそ保線関係
のディーゼルカーとしては,小さく見えますが 実際ゲージが小
さい森林鉄道などでは, もっと小さいサイズのディーゼル機関車が
使われていた?と思うのですね TMC-200は,ギリギリセーフですが
TMC-400だと ちょっと違和感を覚えるのだ。 そう カッコ良すぎ
るというか都会的過ぎるんじゃないのと 思うのです。

なんせ 今現在 ほとんど現役の働く小さい機関車って 観光以外にな
いんじゃないのかと思ったからなのだ。

そんな中で 静態保存されてるスイッチャーで ネットで一番ヒット
したのが 根利森林鉄道の協三工業10tスイッチャーとボールドウィ
ンというミニ蒸気機関車の話題だ。ボールドウィンとは,何なのか
いまだに理解出来ないので これは,後でやるとして この10tスッチー
の話題は,ここでも取上げられていたので紹介だ。

しかし 皆さん楽しんでますねえ〜 おいちゃんは,行動派じゃないの
でね こうやって 人の写真や記事を読んで楽しむBOX派なのだ。

今日は,冴えてますなあ〜新しい造語が二つ出来ましたよスッチーとBOX派
だ。まあ スッチーは,面倒だから短くしただけどBOX派は,いいねえ〜なん
せ このPCのBOXの中の世界しか覗かないで 行った気分とか持ってる気分
になるんだから 究極の楽しみだ。

また 余計な事を書いてしまったぜ 要は,暇は,あるが 金がない典型的な
パターンですなあ〜 そこら辺は,別な所で説明するぜ! 

本題に戻りますかね この10tスッチーの いい写真(全体が見える写真)
が中々見つからなかったのですが 一応VRM3版を作ったので見て頂戴!

協三10t2






下の台車の足回りは,本当にいい加減なのでね こんな感じだと思ってね
次の写真は,廃車になってた10tスッチーを発見したので まあ これを元に
再現したようなもんだが でも全体は,見えませんでしたのでね

協三10t1






最後は,ちょっと面倒になったので手を抜いてしまった10tスッチー
なのだが これの元写真が木曽森林鉄道の中の宮峠の展示車輌にあ
った赤い10tスッチーなのだ。展示車輌じゃなく 単なる食堂の看板
代わりくらいな扱いになっているんでしょうなあ〜

協三10t3






しかし 同じ協三工業10tスッチーでも 根利森林鉄道のように皆から
親しまれ 大事に再現され保存される車輌もあれば木曽森林鉄道のよう
に廃車に追い込まれる車輌もあるんですね こういうのって おいちゃ
ん本来の鉄道マニアじゃないから わからないんだけど どこが その
運命の違いなんでしょうかね なんか まるで人間社会と同じに見えて
ね 誰が それを決めてるのかが 気になって仕方ありませんわ

なを ここに載せた木曽森林鉄道は, ここのナローズHPの中にあるの
でね 他の所も覗いて見ても 面白いですよ

それと 今回協三工業10tスッチーを探したのですが これが どうも情報
が正確じゃないのか もうひとつ10tスッチーが紹介されていたり5t,8t,15t
18tなど 2軸のスッチーが バラバラに紹介されていたので そっちの方も
近いうちに紹介予定だ。最後に協三工業の沿革を紹介して終りにしますかね。