この前の架空VRM3熊ヶ根鉄橋を 今回 横山光輝先生の
三国志を想い出し 何巻だったか忘れたが 確か蜀の索道
いや柵道だったかな まあ どうでもいいか

要は,そんな感じの道があったら面白い と思ったのだが
これが また思うように出来ませんなあ

まあ こんな感じの繰り返しが VRM3の面白いところと思えば
屁の河童なのだ。要は,イマジネーションってやつかね ところ
で どういう意味だか知らんが これも あくまで適当なおいち
ゃんが やってるので 文章もなにも適当なのでね 所詮 ここ
は,VRM3しかやらない おいちゃんのひとり遊び場なのだ。
 
0905261