新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2021年03月

どこにも行けないので再放送だ。

皆さんも ご存知のように地元宮城は、コロナ禍が 大変です。天気が良くて桜も咲いて お花見には、最高の季節になりました。山形や福島にも本来ならドライブで 行っている時期なのですが さすがに これだけの感染拡大では、なるべく家から出ないようにするしか出来ないので 今日は、2018年4月23日に 紹介してた山形市内にある霞城公園に 行った時の話しを再放送だ。まだ 当時は、働いていたので懐かしいです。では、再放送から

仕事で 山形市内に来て たまたま 土曜日に 桜で有名な霞城公園の近くを 寄り道して来ました。 櫻は、満開を 過ぎて 桜吹雪が 舞うような散り際でした。

山形霞城公園桜1

そして 今日も たまたま 同じ場所を 通ったので スマホで 撮って来たのですが まあ たった2日で こんなにも 櫻の花びらの色が 違うようになるのか? びっくりしたので 紹介だ。

山形霞城公園桜2

上が 二日前に撮った お堀に浮かぶ桜の花びらの画像で 下が今日 行った時に撮ったお堀の桜の花びら画像だ。 これじゃ よくわかりませんか スマホなもんで 綺麗には、撮れてませんが こちらだと 一目瞭然だね

山形霞城公園桜3

まあ 天気も 今日は、曇りがちだったので 多少は、あるのでしょうが こんな感じで 茶色に 変色していました。 たった二日で こんなに 色が変わるとは、櫻の命は、短しとか いいますが

山形霞城公園桜4

そう言えば 散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛和尚)の 俳句が有名ですが 江戸時代の曹洞宗の僧侶で、良寛和尚の辞世の句と言われている歌で 意味は、「今どんなに美しく綺麗に咲いている桜でもいつかは必ず散る。そのことを心得ておくこと。」という 人間は、限られた「いのち」だという意味らしいです。

山形霞城公園桜5

が このたった二日で これだけ変化してしまう姿を眺めていると どんなに綺麗な物でも 終わってしまえば土に帰るみたいに おいちゃんは、思ったのですが こういう姿を 誰も 見たがらないし 見ないからね〜

山形霞城公園桜6

48時間で 人も 同じようになってしまうんでしょうか 美しさの裏側を 感じましたね
でも この霞城公園という所は、良い所ですね 何回も山形市にも来てますが 今回初めて来て知りました。しかも山形駅の すぐ近くに こんな大きなお城の跡の公園があるなんて なんか青森の弘前城公園を 思い出しました。そんな 櫻が満開の時に来たら最高だったと思われる写真を紹介だ。

山形霞城公園桜7

お城は、ないけど 隅櫓みたいなものは、あるんだね そして こんなイベントも やっていました。
この お堀の水面で 赤い毛氈を 敷いた船で 生の演奏を奏でる音楽が これまた 良かったね〜 そして 右側の写真のように お堀の水面に届きそうな桜の枝が 印象的でしたね

山形霞城公園桜8

奥羽本線の山形新幹線と 仙山線と左沢線が 走っている在来線の 標準軌と狭軌の 要は、2本の単線区間に この山形から北山形そして羽前千歳間は、新幹線と在来線が 並走したり対向したり 面白い線区ですね

これも まったく知らなくて なんでも ここの場所は、撮り鉄さんの場所らしく カメラを ぶら下げて 新幹線を 狙っていたみたいですが まったく そっち方面には、あんまり興味がないので 列車は、スルーだ。

まあ 仕事を兼ねての 移動だったので ゆっくり眺める感じじゃなかったのが 残念でしたね そういえば 毎年5月のGWに合わせて開催される弘前の桜祭りも 桜が 満開になってしまったと噂で聞きましたが 今年は、早いみたいでね 中々 満開に合わせて行くのは、遠いと至難の業ですからね

ところで こっちらの山形に 毎週通ってますが 山形新幹線も 結構 ほとんど見ていますがVRMonLlineでもE3系2000の山形新幹線を7両編成で3300円で販売しているとは、最近知りました。

VRM5版E3系つばさ1

左側が 400系の後に出て来たE3系2000形の旧塗装色で これは、もう廃車になったので 走っていませんが右側の E3系2000形の新塗装色は、 バンバン走っていますね で この新塗装の車両なんですが 真横から見ると ボデーの色が ホワイトじゃなく アイボリーに近いクリーム色なんだね

VRM5版E3系つばさ2

この右側の 画像だと そこら辺が 確認出来ませんが このVRMonLline車両だと どうなっているんでしょうか なんか 最初の話しと 全然関係ない話になってしまいましたが やっぱり 現物見ていると このアイボリーぽいクリーム色が 気になってね

と 書いていました。まさか こういうコロナ禍が 地元で これだけ感染拡大して来るとは、

KATOレイアウトからEF200牽引タキ3000

KATOレイアウトプラン6-9レイアウトから貨物本線見張線から上り線を 走行するEF200牽引タキ3000タンク車20両編成からの走行動画からだ。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-1

EF200直流電気機関車からの画像からだ。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-2

このEF200直流電気機関車も 2019年3月28日に引退したみたいで試作機を含めて21両だけの6000kwの最大定格出力のビックパワーの持ち主でしたが 1990年(平成2年)に誕生してから 30年近くと機関車では、短い人生を送ったみたいだ。


KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-7

去年の11月にも紹介したEF200のカタログからだ。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-3

少し地味な感じの機関車に見えますね

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-4

このEF200でも 今も現役のEF210にしても 初期の塗装が イマイチで EF210などは、最新の300番台では、全部ブルーの塗装になって 見た目は、 まるでEF510の北斗星色みたいに見えます。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-5

このEF200も 横のアルミボデーのような色合いが どうもイマイチで そこに デカデカと横文字のロゴを入れてますが 結局 最後の方では、この白っぽい部分をグレーに塗り替えていたみたいですが 

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF200-6

最初からグレーの塗装にしていたら これまた感じが違っていたかも知れませんね というか EF510北斗星色みたいに 全部ブルー塗装にしていたら 全然違う感じの電気機関車に見えたかも知れません

と 好き勝手書いてますが 意外と この機関車の塗装色に関しては、中々難しいかも知れませんね ヨーロッパの機関車も真っ赤な機関車があっても そこにラッピングしたりと 訳が わかりませんが まあ JR貨物になってからは、更新色とか試作機の塗装色とか 面白い感じもありますがね

アメリカンディーゼル機関車の塗装色は、貨物の鉄道会社が多いので中々探すと面白いです。EF200牽引タキ3000タンク車20両編成からの走行動画からです。

Nゲージ巨大吊り橋動画から2

Nゲージで明石海峡大橋に新幹線が走るの動画の続きからだ。前回の最後に この動画のkagemithuさんも 別に作った巨大吊り橋の動画でプラレールを走らせて かなりの再生回数を稼いだようでと紹介しましたが その動画からだ。

Nゲージ巨大吊り橋プロジェクト動画4

どうも 自分は、最初こちらの2017年10月に動画だけで楽しむならPart7で 昔紹介した 旅館の方かと思ったら違ったみたいで 組み立てているブロックも全然違うみたいです。



なぜ ここまで 現物に近い感じで 巨大吊り橋を作りながら プラレールを走らせたのか? そこら辺が 実に このYouTube動画での 鉄道模型いや鉄道おもちゃでのプラレールの人気を 知っていらっしゃると思いました。YouTube動画の鉄道関係の中で このプラレール関係の動画は、別格で再生回数が多いのです。それは、親がお子さんに安心して見せるYouTube動画なので 再生回数が 断トツで多いのです。だから 初期の鉄道模型関係のYouTuberには、このプラレールなどを UPしていた方が 多かったような 気がします。まあ それも 10年近く前の話しで 今は、違うかも知れません

そもそも この鉄道模型の巨大吊り橋の 元になった動画が こちらの瀬戸大橋 1000t荷重試験列車からだったような気がします。

Nゲージ巨大吊り橋瀬戸大橋荷重試験動画5

その一部を紹介した動画からだ。



実は、おいちゃんも この瀬戸大橋 1000t荷重試験列車を 見て実は、仮想瀬戸大橋のレイアウト動画をUPしていました。

この瀬戸大橋は、2019年6月に瀬戸大橋を見て来ました1と 瀬戸大橋を見て来ました2で 紹介していました。そして こちらには、制作過程が まとめた 2016年3月に瀬戸大橋レイアウトでも眺めてみるかで 紹介していました。で この一番最後にUPした動画から再放送だ。



現物とは、全然違いますが まあ 本物も見て来たので あくまでも仮想瀬戸大橋で 勘弁だ。この鉄道模型シミュレータ―VRM3版では、全長26m近くの巨大吊り橋は、作れません だから そう考えると このプラレールでもNゲージでも 実際に1/150のNゲージの全長26mの吊り橋を作ったというのは、もの凄い力作なんですが プラレールに比べてNゲージの方が 伝わり方が弱く感じるのは、やっぱり お子様を対象にしないと この手のYouTube動画は、再生回数は、増えないかも知れません

そういう動画が 受け入れられる条件なども知っているのだが 学習しないのと 面倒くさいので 相変わらずの 垂れ流し動画ですが まあ この鉄道模型シミュレータ―VRM3版の歴史として記憶として残しているというのが 本音かも知れません 視聴者さんには、申し訳ありませんね

Nゲージ巨大吊り橋動画から1

今日は、YouTube動画で 見付けた鉄道模型関係の面白そうな興味を覚えた動画を紹介だ。まずは、Nゲージで明石海峡大橋に新幹線が走る計画を再現しました。という動画からだ。最初の企画段階その1、明石海峡大橋を作るその2、Nゲージ新幹線を走らせるその3と 3本の動画を紹介だ。

その1の企画段階の動画から順に紹介すればいいのですが ここは、あえて その3のNゲージ新幹線を走らせるからの紹介だ。

Nゲージ巨大吊り橋プロジェクト動画3

新幹線が 通過すると 吊り橋が ゆがむんですね その動画から



この巨大な26mの長さの巨大吊り橋の制作過程からだ。

Nゲージ巨大吊り橋プロジェクト動画2

なんでも 橋が伸縮するので そこまで考えて作られているらしいのだ。その動画から




そして最後に この企画を考えた経緯と 最初の計画から吊り橋の基礎部分の組立の動画からだ。

Nゲージ巨大吊り橋プロジェクト動画1

どうして 最後に その1を 持って来たかと言うと おいちゃんのように 興味があるかないかは、最後の結果を見て判断してしまうので 最初に 興味がありそうな その3から動画を紹介して見ました。 なので この その1まで ご覧になる方は、そんなに 居ないような気がしてね



それは、このNゲージで明石海峡大橋を走るの 動画再生回数を 見れば 一目瞭然だ。長年 このYouTube動画を 眺めていると つかみのタイトル名とタイトル画で ほとんどが 動画を見るか見ないかを 判断して そして 再生回数で これは、無難な動画かと自分で安心して見てしまうという 間違っても 再生回数が 100以下のおいちゃんのような動画は、コアな人しか見ませんのでね

そういうのが 段々わかって来ると 学習して行くのですが その点 おいちゃんは、学習していませんな〜 この動画のkagemithuさんも 別に作った巨大吊り橋の動画でプラレールを走らせて かなりの再生回数を稼いだようで その延長が このNゲージ走行動画みたいです。 

HOゲージ入換作業実況動画から

180傳幅20僂離棔璽蛭弔150傳幅14僂離棔璽蛭弔鯤造戮秦環330僂虜拂好譽ぅ▲Ε箸らのDE10JR貨物更新色ディーゼル機関車とDD51国鉄貨物色ディーゼル機関車の入換作業の実況動画から

HOゲージレイアウトDE10.DD51入換作業2

DE10JR貨物更新色からの単機の画像からだ。

HOゲージレイアウトDE10.DD51入換作業3

DD51国鉄貨物色の単機の画像からだ。6畳の部屋の机の上のPCのモニターと本棚の狭い空間にある レイアウトからの入換作業実況動画からです。



パソコンで バーチャルホビーの廃番ゲーム鉄道模型シミュレータ―VRM3をやりながら 気が向いたらリアルホビーを動かして遊んでいます。両方を楽しんでいるので まあ なんとか飽きません

KATOレイアウトからEF81-95ロゴ入り

KATOレイアウトプラン6-9レイアウトから貨物本線見張線から上り線を 走行するEF81-95ロゴ入り牽引コンテナ貨物20両編成からの走行動画からだ。

今日は、実際この鉄道模型シミュレータ―VRM3版という廃番ゲームを ここを 覗いている人は、どう思っているのでしょうかね 確かにVRM5とかVRMNXの車両に比べたら 描写に関しては、見劣りしますが でもね 20年近く こうやって遊んでいると 家の古女房と同じで お互い離れられない関係なので やっぱり慣れたゲームが 一番いいのです。そして 慣れてしまうと 描写に関しても そんなに気には、ならないし 3DCG車両に関しては、最終的に どこら辺まで行くのか それを考えると その前に こっちが おさらばしているかも知れないので まあ このVRM3版でも いいんじゃないのかと思っているのだ。でも そう思っているのは、おいちゃんだけで 他の人は、違うのでしょうね 

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF81-95-1

余談は、いいかEF81-95ロゴ入り電気機関車からだ。これも中々当時としては、作りが丁寧でした。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF81-95-2

VRM3版の 第1号のパワードバイトミックスに入っていた車両で しかもパッケージの表紙にもなっていたので 作りは、VRM3版の電気機関車の中でも 一番かも知れません

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF81-95-3


ここのメーカーさんは、なぜかTomix版の号数の時は、VRM5版でも 特別な車両選定で車両を入れて来るので なんか忖度でも あるのかと昔は、勘ぐっていました。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF81-95-4

まあ 今は、どちらかというと VRMonLineとVRMCLOUDの方に 気持ちが行っているようにも見えますが だからと言って Tomix版の看板は、鉄道模型というタイトルを唱っている以上は、外せないのでね でも 心は、7丱押璽犬某歓譴靴討い襪里如ヾ阜の方に傾いているのでしょうかね

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF81-95-5

こういう井戸端話しが さっぱり聞こえなくなったので 今日は、独り言だ。最近 地元の状況が 大変になっているので 少し落ち込んでいます。と言っても 何も出来ないので 家から出ないような事しか出来ないので やることがないヒマジンおっさんは、どうしても こういう愚痴話を書いてしまいます。

だって 誰も書かないけど なんで この年度末の3月から4月に掛けて会社を休業するのか 弊社都合ってダイレクトショップも一時休止だからね でも ガイド本だけは、販売する それとも 儲かって自社ビルにでも 引越しかなんてね 売れているからガイド本も出版 そう考えるか

 



KATOレイアウトからEF66-32クーラー付き

KATOレイアウトプラン6-9レイアウトから貨物本線見張線から上り線を 走行するEF66-32クーラー付き牽引コンテナ貨物20両編成からの走行動画からだ。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF6632-1

鉄道模型シミュレータ―VRM3のEF66-32クーラー付きからだ。いかにも 描いたという感じが レトロでいいんです。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF6632-2

ウェザーリングみたいに 少し汚れた感じが いいんです。

KATOレイアウトプラン6-9-貨物線EF6632-3

下から眺めた感じのEF66-32からだ。走行動画は、カメラを EF66-32の正面から撮った動画です。

HOゲージD51蒸気機関車の復活だ。続き

別ブログからの再放送からだ。エンドウ製HOゲージD51蒸気機関車の紹介からだ。せっかくビデオカメラを借りたので 今回は、ミニ三脚を使って なるべくD51の動輪部分が UPで 見れるようにして 撮ってみました。

D51蒸気機関車HOゲージビデオ動輪UP撮影1

こんな感じで 下から 眺めた感じの動画を 全部で5パターンも撮ってみました。

D51蒸気機関車HOゲージビデオ動輪UP撮影2

でも これらの画像のように あんまり変わりのないアングルになってしまいました。

D51蒸気機関車HOゲージビデオ動輪UP撮影3

なるべく動輪に合わせて 撮っているのですが そうすると 先頭部分が暗くなって ぼやけてしまいます。これでも 少し明るく修正しています。

D51蒸気機関車HOゲージビデオ動輪UP撮影4

下からの眺めと言っても これ以上は、下からは、撮れなかったので これが 限界でした。

D51蒸気機関車HOゲージビデオ動輪UP撮影5

そう考えると よく鉄道模型雑誌や YouTube動画などで 蒸気機関車のUP画像を見るのですが どうやって撮っているのでしょうかね まあ それなりの撮影機材を 使っているのでしょうが ここでは、これが 限界か それと あのギイギイというギアボックスの音がしなくなりました。

なので 今回は、生音で そのまま撮っています。Nゲージの音と たいして変わらないように聞こえますが このD51蒸気機関車だけが 特別なんでしょうかね 一応このD51蒸気機関の動画は、これにて完了としますかね



こうやって眺めると 真鍮製もプラ製も 実際に手で触って見ないと わからないみたいですね KATOのHOゲージD51蒸気機関車の方が 精巧だとも噂では、聞いてますが 見た事ないので それにヤオフクでも中古でもプレミア価格ですから 人気があるみたいですね

まあ 購入した値段が 中古のジャンク品で動かなかったので 激安だったD51を 執念で なんとか動くように直したというのが 今回の一番の自慢だ。

宝の持ち腐れVRM5版から

一応 鉄道模型シミュレータ―VRM5パッケージ版を4本は、持っているのだが 未だに 全部の中身を見ていないのだ。なので この前ここで 紹介していたF1編成さんのVRM5版の185系踊り子号も こちらには、無い車両と思っていたら 今日初めてVRM5版8号A+に185系が入っていたのが わかりました。


VRM5パッケージ版185系1
この8号A+には、185系でも こちらの 「あかぎ」の大宮車リニューアル塗装と「踊り子」の田町車リニューアル塗装の 2種類が入っていました。元々この8号A+は、D51蒸気機関車が 欲しかったので購入していたのですが あの鉄道博物館レイアウトを 試作で作った時にターンテーブルを動かす為に 走らせた事は、あったのですが まさか この185系が 入っていたとは、知りませんでした。考えて見たら2年以上も ほったらかしなんですね 

そして この前のF1編成さんのVRM5版の185系踊り子号と 画像が こんなに違うんですね

185系F1編成さんから1












パソコンが違うからでしょうか そう言えば こちらのVRM5版をビュアーで眺めると 画像が あんまり良くないんですね 下手すると こちらのVRM3版並みで それも やらなくなった原因なのか たぶん なんか影などが 付けられるようになったので そういう設定があるのかも知れませんが すっかり忘れてしまったので 一番上の画像のような描写になってしまったかも知れません

そこで 車両も部品も 一体どういう感じで このVRM5パッケージ版には、入っていたのか 丁度マグノリアのサイトに システムパッケージ一覧表というのがあったので そこから こちらのVRM5パッケージ版の4本だけを紹介だ。 まあ そこで この185系も入っていたと 分かったのですが


VRM5パッケージ版0号+部品リスト1


こちらは、VRM5版0号+からの車両と部品からだ。

VRM5パッケージ版2号+部品リスト1

こちらは、VRM5版2号+からの車両と部品からだ。

VRM5パッケージ版7号+部品リスト1

VRM5版7号+からの車両と部品からだ。

VRM5パッケージ版8号+部品リスト1

VRM5版8号A+からの車両と部品からだ。

もう このVRM5パッケージ版は、ほとんどが 廃盤になってしまったので 他のパッケージ版を購入するのは、ちと難しいのですが 元々 なぜ この4本だけにしたかは、貨物編成を中心に揃えていたので いずれは、VRM5版で 貨物車両と機関車だけを中心にしたレイアウトを 作ろうかと 思っていたからなのだ。ただ ここに無い踏切部品とか信号関係そしてエミッターとアドバンスレールなどは、手に入らないのでね そこが VRM5パッケージ版とVRMonLine版での 部品の共有が 出来ないので この4本だけで レイアウトを 作らないと駄目になってしまいました。

かと言ってVRMNXに移行するにしても VRM5版のアンロック版を 購入しないと移行出来ないみたいなので 今の所は、このVRM3版で 我慢して こちらのVRM5版は、今 部品カタログを 作っているので それが 出来上がった時点で 考えようとも思っています。

でも あくまでも この4本のソフトだけの範囲でしか やれませんがね

HOゲージD51蒸気機関車の復活だ。

前に3月7日と3月8日にエンドウ製真鍮製HOゲージD51蒸気機関車の記事を 紹介しましたが なんとか その後 多少スムーズには、行きませんが 走行出来るようになりました。 そこで もう一つのブログからの記事を 転載して報告だ。記事を そのまま紹介だ。

エンドウ製HOゲージD51蒸気機関車の紹介からだ。今回は、ビデオカメラとミニ三脚を借りたので これで D51を ズームアップした動画を撮りたいと いざ 撮影となったのだが これが 上手く行かないのだ。ところが片手で コントローラーのスイッチ切替とスピード調整しながら 片手で ビデオカメラを動かしてD51を追わないと 動画は、撮れないので 結局ミニ三脚は、使わず手持ちで撮影だ。

この鉄道模型の走行動画のUP動画を 撮ろうとすると 一人じゃ かなり難しいというのが わかりました。今のところ 気まぐれD51蒸気機関車は、ギイギイと音を 最初いいますが その後は、音もしなくなり 順調に走行するのですが 前進する時のスピードと後進するスピードが 違うので その度に速度調整をしないと駄目なので どうしても 手持ちカメラが 動いてしまうのです。

本当に YouTuberの人達は、どうやって この鉄道模型の走行動画を 撮っているのでしょうかね スマホは、片手で 中々ズームアップは、自分には、出来そうには、ないのだが ビデオカメラもスマホも 自分にとっては、使ってみると どちらも使いづらさは、同じなので かといって 手伝いに人を呼んでまでは、やりたくないので このままの手ブレ状態の動画で 続けるつもりだ。

前置きが長くなりましたが D51蒸気機関車のUP画像も ビデオカメラで撮ったので画像も紹介だ。

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影1

今まで スマホで 散々このD51を 撮って来ましたが 今回は、更にズームアップして撮影だ。

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影2

スマホだと ここまで ズームアップして 撮れなかったのだが まあ技術がないだけか

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影3

真横からの画像から D51というと貨物専用のイメージで 大きいようなイメージですが 実際眺めて見ると C62とかの動輪が3組の蒸気機関車より 動輪が4組で 動輪が小さいのか なんか全体的に小さく見えるのですが 自分だけでしょうか

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影4

本当は、もっと下からの眺めを撮りたかったのですが 線路があるボード板が邪魔で これが限界でした。

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影5

この斜め上からの撮影も 中々難しいですね どこを 中心に見せたいのか 自分の場合は、あくまでも 動輪とピストンロッドそしてボイラーのパイプの配管関係なのだが

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影6

ここの30年近く前のエンドウ製HOゲージD51蒸気機関車は、真鍮製なのだが 他の天賞堂などの真鍮製などに比べると ちょこっと 安っぽい感じで ときにパイプの配管や 運転席の中身が 作られていない(ここが あのカツミ製と同じなので 間違えてしまったが)

D51蒸気機関車HOゲージビデオカメラ撮影7

そして一番の違いは、前哨灯や 後部のバックライトなどが 点灯しないのが 安っぽく見えるのでしょうか 下手するとKATOのプラ製のHOゲージD51よりも細かい部品が少ないようにも見えます。
ここのバックライトは、最初から壊れていて付いていないので 他のおもちゃのD51から流用しています。このD51を手直している間に手すりや 台車近くの小さなパイプなど 壊してしまった部品も結構出て来ました。

 だから これらのHOゲージの機関車などを 走行させるには、かなり注意して走行させないと危ないですね 間違っても 人様の真鍮製HOゲージなど 触ったり運転など 出来ません 万が一 壊したら それこそ何十万も弁償しなきゃ駄目なのと 骨董品みたいなもんで 替わりがないので 遠くから 眺めるだけだ。その点自分の中古機関車だと気兼ねなく 遊べるのが 最高だ。元々壊れた動かないD51蒸気機関車でしたからね

それでも ウン千円で 中古で動かない蒸気機関車が ここまで復活したのだから ど素人でも ここまで直せたのが まあ奇跡みたいなもんだ。とにかく 一番見たかったのが ここの動輪とシリンダーロッドの動きなので その動輪をUPした 動画を ご覧下さい

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ