新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2020年05月

お遊び5編成並走レイアウトから63

やっとといいますか 2020年2月26日にお遊び5編成並走レイアウトから1から 仮想東北本線越河駅レイアウトが 終わって 次のレイアウト製作の空いた時間に暇つぶしで始めた この5編成並走レイアウトでしたが 5月25日に 一応完成したので報告だ。まだ ここの報告は、続きますがね

丁度 新型コロナ感染が 本格的に地元にも拡大して来た時期からだから なんだかんだで90日近く経過していますね まあ正式なレイアウトの名称は、103系15編成並走レイアウトなのですが そこら辺のお話は、次からの完成記念で お話だ。

まずは、今日は、海岸線が せっかく出来たのに 実際このレイアウトで列車編成を走らせて見たら 全然見えなかった事の報告からだ。 まさか あの見張本線からの貨物編成の前面展望の運転席のカメラから動画を撮ってみたが これが 全然 海岸線が かすりも見えないのです。 え、なんでと がっかりだ。 あれだけ時間を掛けて作ったのに 全く見えない 今まで無駄な苦労をしていました。

そこでだ それじゃ面白くないので カメラを運転台の ずっと上空の方に移動したカメラからの画像を紹介だ。しかし これもだ ほんの少ししかカメラには、写りませんでしたので その中からの動画の画像からだ。

5編成並走見張線海岸線完成1

この画像は、見張本線の上り線の貨物編成の頭上からのカメラから撮った画像で 海岸線が見え始めるところのシーンからだ。今回 今までわざと 背景には、白いバックの画像を ずっと使っていました。それは、どうしても 背景で イメージが固定化されるので どこまで それを引き延ばせるのか 自分でも 挑戦していました。前回の 仮想東北本線越河駅レイアウトでは、背景のAoさんの東北の山並みの背景が ぴったしかんかんだったので どうしても そのイメージが 強くて他の背景が 使いづらくなってしまってね で 今回は、わざと シンプルにグラディーションだけのシンプル背景を使ってみました。

5編成並走見張線海岸線完成2

海面の先の地平線に注目だ。ここも 4月29日に紹介したお遊び5編成並走レイアウトから51の中でkotobuki2006rさんの画像から ヒントをパクリ 海面の地面テクスチャーの色と背景のテクスチャーの下の部分に海面を付け加えて挑戦してみました。

5編成並走見張線海岸線完成3

これも 背景の海の部分の幅を3種類ほど幅を替えらながら試しに作って この今の幅の海面の背景にしてみました。 どうしてもぐるっと一周して来た時の重なり部分に段差が出来てしまってね 今回この画像は、1920x1080のフルサイズの動画の画像なので 目立ってしまうんだね

5編成並走見張線海岸線完成4

それにしても こちらの列車見張線側から眺めると 本当に わずかな場面で 何秒の世界だ。しかも この海面を作る時は、岩礁とか砂浜の波打ち際とか波しぶきを意識して作っていましたが 結果は、途中で 又 今回も挫折して 手抜きを してしまいました。

でも考えて見ると 実際に見えるのは、こちら側からの景色なのでね そこら辺なんだよね このジオラマレイアウトを作る時に どこから見た景色を 最優先に考えてレイアウトを作り込んで行くのか

昔から散々ここでも言われている問題ですが それは、3DCGの車両制作にも言えてね 前に ここでも紹介した103系の3DCGの制作過程の紹介2018年6月凄い3DCGの103系を発見で紹介だ。その1のように 車両そのものを見せるだけなのか それとも 走らせるのも兼ねるのか?

そう考えると HOゲージの例えば あの高価なムサシノモデルのような車両は、実際 どんな感じでユーザーさんは、コレクターしているのか 話は、脱線してしまいましたがね

自分は、未だに 鉄道模型車両は、飾るだけで走行は、させた事は、ないのだが それでも 手元がすべって落としてしまったりと 結構細かい部品などが破損したり 触ると転写シールがこすれてはげたりしてね 隣のおっちゃんのNゲージなんかは、ほとんどが どこか壊れているのだが お気に入りの車両は、ケースに入れっぱなしで 走らせた所を見た事がなかったのでね

おっと いけねえ〜 又 脱線してしまいました。

V3、V5の車両博物館を見比べてみた。

amajokeさんが 車両博物館の動画をYouTube動画にUPしたみたいなので 前代未聞の新旧車両博物館を並べて見比べてみました。今まで こういう感じで VRM3版車両とVRM5版車両や描写の綺麗さなど 実際に見比べた事がなかったので amajokeさんの画像や動画を お借りして ちょこっとお披露目だ。

VRM3とVRM5の車両博物館から1

左側が VRM3版の車両博物館で 右側が VRM5版の車両博物館の画像からだ。今回このVRM3版の画像は、amajokeさんに教えて貰った1920x1080のフルスクリーンの画像を縮小した画像からです。

VRM3とVRM5の車両博物館から2

まあ画像は、少し ズルをした訳じゃないのですが amajokeさんの画像が元々大きかったので 縮小率が大きくなって 少しぼやっと見えるかも知れませんが 勘弁だ。 ハンディキャップだと思って下さい でも やっぱり動画で眺めると その違いは、一目瞭然だ。 まずは、amajokeさんのVRM5版車両博物館の動画からだ。



どうですか ターンテーブルと国際版のドーム駅のドームが 決まってますね〜 そして 次は、VRM3版の車両博物館の動画からだ。



今回は、描写に関しては、いい線は、いってると思うのだがね これもamajokeさんに 教えて貰ったから出来る技でね 教えられていなかったら こうやって 二つの車両博物館の動画を 並べて見る気には、なりませんでしたね こういう感じで RailSimのように盛り上がると面白いと思のですがね

もう そういう垣根なんか どうでもいいんです。この仮想鉄道模型というのかパソコンの中での仮想空間での車両制作やレイアウト制作など 面白いと思ったら どんどんこれからも挑戦だ。 その為には、他のRailSimやMMD鉄道そしてBVEやA列車で行こうやTrainzなどのいい所は、参考にして そこからヒントを貰って お遊びだ。今回のこの車両博物館もRailSimのアイデアを頂戴して ここの鉄道模型シミュレーターでも 出来ないかと思ったのでね

このくらいの大きさなら なんか鉄道模型でも出来そうな感じがしますね 機関車好きには、ぜひ こういう車両博物館が 目の前にあったら 嬉しいのですがね

お遊び5編成並走レイアウトから62

やっとこさ5編成並走レイアウトの海面作りが 完成したので報告だ。最後の岩礁部分からだ。

5編成並走見張線海岸線岩礁10

















河川の河口付近からだ。河川部品と地面テクスチャーとの境界線の処理が 難しくてね

5編成並走見張線海岸線岩礁11

結局 波がしら で誤魔化してみましたが ここからだとなんとなく波がしらのようには、見えないか

5編成並走見張線海岸線岩礁12

やっぱり 海面作りは、難しいね というか 根気が続かないのでね

5編成並走見張線海岸線岩礁13

どうしても 同じパターンで 逃げてしまうのだが 本当は、これでは、ますいのだが

5編成並走見張線海岸線岩礁14

もう少し なんとかならなかったのか なったのだが 気持ちが 折れてしまったのだ。

5編成並走見張線海岸線岩礁15

もっと リアルな感じの波しぶきを 表現したかったのだが

5編成並走見張線海岸線岩礁16

この限られた地面テクスチャーの種類では、無理だから 本来なら もって海面の地面テクスチャーを増やさないと駄目なのだが

5編成並走見張線海岸線岩礁17

8x8の64種類しか地面テクスチャーは、用意出来ないので この海面だけを 全部それに充てる訳にも行かないので まあ 今回は、これで 完成という事で、、、 やっと海面作りから解放だ。 

キーボードを買ったが

2月頃から新型コロナ感染の影響で自粛要請が 地元では、要請されて この前やっと解除されたが 未だに あのアベノマスクは、届かず特別定額給付金も5月26日から 順次 書類を郵送するとの事で なんで こんなにも 地方格差があるのか組長次第なんでしょうかね

ところで この3か月あまりの期間ほとんど外出した日は、10日あったかなかったかの引き籠もり生活でした。 そんな中で キーボードの調子が 前から特定のボタンの反応が 悪かったので 郊外の大型家電の店に行ったら なんとキーボード自体が 種類もないし在庫も ほとんどない状態で 売り切れ状態なのかとも思ったのだが こういうコロナ感染状況なので欠品しても補充しないのか あるいは、在庫がないのか いつもなら とにかく安いキーボードで 間に合わせていたのだが さすがに もう何回も調子が悪いのを使っているとイライラして来るので 今回は、少し高いキーボードを購入しようと考えたのだが 自分では、今まで高くても1500円前後で安い時には、500円で購入していたので まあ5000円も出せば かなり高級なキーボードが買えるのかと思っていました。

しかも ネットで 下調べもしないで直接 大型家電店に行ったのですが まさかの展開で じゃあ いつもの郊外にあるパソコンショップに行って見ました。 そこでも 安いキーボードは、あったのですが 前に5000円程度で いいのがあったと思って探していました。 が これまた その売り場には、置いて無くて 店員さんに尋ねたら こちらのゲーム用キーボードなら お客さんが探している感じのキーボードがあるかもしれないと紹介されました。

そこで 初めて このゲーム用キーボードの値段を見てびっくりだ。上は、3万円以上から下は、安くて4000円前後と 今まで1500円が一番高いと思っていたので びっくりしました。

しかも ここで ボタンの押した時のタッチで メンブレン式と メカニカル式の二通りがあり 今回は、後者のメカニカル式が 欲しかったので しょうがないので 店頭に並んでいる二番目に安いキーボードを購入しました。一番安いキーボードは、話を聞いたらテンキーが無かったので これじゃ使いものにならないので この下の機種を購入しました。

GK320キーボード1

キーボードが光るみたいですが これ家へ帰って調べたら まあ 他は、この店で購入した値段に比べたら はるかに安くてね まあ そんなもんだが たかがキーボードと思ったけども こんなに種類が沢山あって しかも このメカニカル式のスイッチ部分でも 青軸スイッチ、赤軸スイッチ、黒軸スイッチ、茶軸スイッチなど 色々特長るみたいだ。 そこら辺は、ここの

VRM3版車両博物館その7

昨日は、amajokeさんのVRM5版車両博物館の画像を紹介しましたが そのamajokeさんから 1920x1080のモニターディスプレー解像度とビュアー の解像度も同じ1920x1080に合わせると ハッキリ、スッキリ見えるかも知れませんとのアドバイスを頂いたので こちらのVRM3版でも試してみました。

今まで 20年近くもビュアーは、640x480サイズの大きさで眺めていたので そのサイズをフルスクリーンにして拡大して見ていたら画像がボケていたので ずっと640x480サイズで通していました。 しかも昔は、動画を作る時にスクリーンショットを 640x480のbmpで何千枚も保存して それをAviMakerで動画に変換していたので 面倒なので そのまま 今日に至るでした。

しかし やっぱり20年近くも慣れ親しんだやり方なので この1920x1080サイズは、確かに格段に綺麗でクリアでスッキリして いいのですが 容量が大きくなるので 今回限りにしようかな〜とも思っています。おそらく今までの画像じゃ今の時代 動画も画像も誰も見ないかも知れませんが まあ仕方がないか あくまでも記録なのでね

さて その1920x1080で撮った画像から また紹介だ。好きですね〜 でも やっぱり すこしどこか違うのでね 画像を紹介だ。

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-1

まあ 何回も同じような画像を紹介しても しょうがないのだが 一応前の画像よりは、いくぶんいいかも知れないのでね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-2

この画像は、動画で撮った物からなのだが どうでしょうかね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-3

だいぶ 縮小しているので 細かい所が よく わかりませんが 

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-4

フルスクリーンで 眺めると 結構 意外と 思ってた以上に クリアに見えました。

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-5

この鉄道シミュレーターの これからは、やっぱり描写でしょうからね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-6

完全に ここの鉄道模型シミュレーターは、HOゲージの16.5个13个隆愀言に似てきたようで 2019年7月に京都鉄道博物館に行ってみた。その8では、その13个亡悗靴鴇椶靴書いていましたね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-7

しかし こうやって機関車を集めてみると メーカーさんの好みが 出て来ますね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-8

VRM3版の機関車の種類と それ以降のVRM4、5では、機関車に関しては、傾向が違うように感じますね とくにVRM4以降は、マニアックな機関車が多く 碓氷峠がある信越本線関係の機関車は、一時集中して入っていた時もありましたね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-10

そして蒸気機関車に関しては、貨物を牽引するような地味な蒸気機関車は、作らず とにかく派手な感じの蒸気機関車ばかり作って 中の人は、こんな派手な蒸気機関車で 貨物を牽引出来ると思っているんでしょうかね

VRM3版車両博物館機関車軍団1920x1080-9

最後は、特急電車からだ。なんか話が おかしな方向に向かってますが 蒸気機関車に関しては、D51なめくじに関しては、とっくに出来てもおかしくないのだが RailSimやMMD鉄道では、これでもかと 蒸気機関車は、出て来るのだが 車両よりも 基本のゲージをいじって来たのでね まあ そこに噛みつくのは、ここだけかも知れませんが なんか自作車両が 出て来てから メジャーな車両よりも より嗜好性が強い車両ばっかりが 出て来ているんじゃないのかと まあ 勝手に想像だ。なんで 素直にTomixやKATOのようなNゲージ車両を作らないのか ずっと疑問に感じていたのだが 

あくまでも こちらは、受け身だからね ある程度 こういうのが出るぞ みたいな噂話が 昔は、どこからか聞こえたもんだが 下手な情報は、流さない 結果が全て まあ今は、全てが そうだからね

おっと全然方向が違う話になってしまいました。まあ こういうアホを書くのは、ここだけだが 勘弁だ。最後は、1920x1080フルスクリーンの動画からだ。

VRM5版車両博物館から

今日は、鉄道模型シミュレーターVRM5版から車両博物館からの画像の紹介だ。まあ とにかく凄いので紹介だ。 その画像は、amajokeさんのブログにで 紹介されています。その中から ターンテーブルを中心にした画像の一部を紹介だ。今までの おいちゃんのVRM3版の画像と比べて見て下さい やっぱり 20年近く経過したVRM5は、全然違いますからね

VRM5版amajokeさん車両博物館1

まずは、昼間のバージョンから とにかく 機関車が種類が多くてね いいいんだね〜

VRM5版amajokeさん車両博物館2

本当に 羨ましい限りですね 

VRM5版amajokeさん車両博物館3

やっぱり機関車ですよ この転車台に乗せても 映えるのは、これ電車や特急だと 前と後があるからね 転車台の周りには、並ばせられないからね

VRM5版amajokeさん車両博物館4

このドームが またいいんです。国際版VRM3版にも入っているドーム駅の部品ですがね これを一番最初に紹介したのが 2012年6月にドイツもこいつも ドームにハマるで ヨーロッパの駅を紹介していました。そして 国際版VRM3で作ってドーム駅が こちらの同じく2012年の新VRM3★版ドイツ鉄道ステーションだぜ!に ドーム駅で作った画像が 載っています。そして この国際版VRM3のカタログからも紹介だ。こちらは、2016年12月にKATOデッキガーター曲線鉄橋46で 紹介していました。色々問題がある国際版VRM3でしたね

さて 本題のVRM5版車両博物館の画像紹介の続きからだ。VRM5では、夜間バージョンが出来るので こちらも紹介だ。

VRM5版amajokeさん車両博物館9

夜の車両博物館も これまたいいんですよ このドームから差し込む月明りと ターンテーブルの上を照らすスポットライトが 最高だ。

VRM5版amajokeさん車両博物館11

この転車台のD51の煙が出ていないのは、どうするんでしょうかね

VRM5版amajokeさん車両博物館10

同じD51でもデフが違うと 感じが全然違うようにみえるんですね

VRM5版amajokeさん車両博物館8

やっぱり このターンテーブルの主役は、蒸気機関車ですかね そして このドームが 最高の車両博物館を表現しているように感じたので ここでは、ドーム屋根が見える画像だけを紹介しています。他にもamajokeさんのブログには、新幹線なども 沢山の画像もあるので そちらも どうぞ

しかし VRM5の画像って綺麗だね 自分のPCで VRM5を やっても こうは、描写出来ないから ここが このパソコンでやる鉄道シミュレーターの動作環境の相性の問題もあるから グラボでもパソコンでも 買って使ってみないと わからないからね 

今日は、VRM5版のamajokeさんのブログ画像から紹介しました。

お遊び5編成並走レイアウトから61

久しぶりの5編成並走レイアウトの海面作りからだ。今までの反対側からの制作からだ。 

5編成並走見張線海岸線海面作り15

左側の手前の湾からの海面の画像からだ。海側から

5編成並走見張線海岸線海面作り14

逆の丘からの海岸を眺める まだ 半分なので 地形の部分が 残っています。

5編成並走見張線海岸線海面作り13

湾と砂浜を区分している岩礁からの眺めだ。あんまり面白くない景色ですね

5編成並走見張線海岸線海面作り12

砂浜側から岩礁がる湾の方向を眺める

5編成並走見張線海岸線海面作り11

本当に地味な海面作りからでした。まだ海面作りは、残っています。


やっぱりVRM3版が最高だぜ!

やっぱり この鉄道模型シミュレーターV3が最高だね〜 ナニが?そりゃ頭を使わないのが 一番最高なんです。改めて 今日は、感じました。VRM5版を少しいじっていたのだが スクリプトを使わないで出来ると聞いていたのだがターンテーブルを配置して動かそうとしたら やっぱりスクリプトを書かないと動かないみたいだ。 このスクリプトが出来ないからこそ このVRM4版をスルーして このVRM5版だと そういう難しい操作は、無いと聞いたので 試しに購入してやってみたが 甘かったね〜 

まあ 最初から わかっては、いましたが どうしても あの精巧な電気機関車などが見たかったので ついつい購入してしまったが おいちゃんのアホ頭じゃこりゃ無理だわ そうなると やっぱり この使い慣れたVRM3版が 最高ですね なんせ 1150両の車両があって 車両の種類も 一応ここには、257種類もえあるので これを  パソコンの中に 肥やしにして置くのは、勿体ないからね

そこで全種類のおさらいからだ。

新VRM3機関車軍団54種

まずは、機関車軍団から

新VRM3新幹線、気動車軍団37種

新幹線軍団と気動車軍団から

進撃の新VRM3★特急列車軍団30種

特急電車軍団から

進撃の新VRM3★客車、寝台軍団24種

寝台客車、客車軍団から

進撃の新VRM3★貨物車、事業車軍団22種

通勤電車軍団から

進撃の新VRM3★通勤電車軍団26種

通勤電車の201系と103系軍団から

進撃の新VRM3★通勤電車103軍団30種

まあ これしかないと言えば これまでだが 要は、興味がある種類が あるかないかの問題なのだが しいて言えば 蒸気機関車の種類が少ないのと 機関車の種類と 貨物の種類が 少ないのが 難点だ。ここのVRM3版で 一番欲しいのは、電気機関車では、ED75、EH500、EF510レッドサンダーで 蒸気機関車は、C11でしょうかね それと 気動車のキハ40系は、東北地域色は、もちろんですが ご当地カラーのキハ40は、全部あってもいいですね

あんまり欲張っても実際に使うのは、ほんの僅かですから まあ これだけあれば 十分かも知れません でも廃盤ゲームなので 誰も今時遊んでいない品物です。

103系全員集合展示会ブースから2

昨日紹介した103系全員集合の103系の名称の答え合わせからだ。その前に この103系を 詳しく知る事になったのは、2018年8月に書いた鉄道ビクトリアル103系電車をゲットだ。の 鉄道ピクトリアルの103系特集記事を手に入れてから本格的に この103系には、こんなに種類があったのかを 知りました。

それまでは、ウグイス色、カナリア色、スカイブルー色、オレンジ色の色違いだけかと ずっと思っていましたが ここの鉄道模型シミュレーターV2で 低運転台と高運転台を知り この鉄道ピクトリアルで 体質改善工事をされた車両が色々ある事を知りました。非冷房と冷房とか踏切事故対策というかATSなどの車体下部に取り付けられている機器の防護の為のスカートが付いた車両など まったく知りませんでしたね そこら辺を 注意しながら この103系の名称を探すのも楽しみの一つだね

VRM3版車両博物館103系ブース正面1

左側から,僚藉形から始まっています。画像が小さいので表示が 見にくいかも知れません

VRM3版車両博物館103系ブース正面2


 からは、103系1000番台の貫通扉の車両からです。

VRM3版車両博物館103系ブース正面3

からは、スカートに注目だ。

VRM3版車両博物館103系ブース正面4

欧らは、ここの鉄道模型シミュレーターV2版では、スーパーJR103系関西圏となっていますが 雑誌では、延命N40工事施工車となっていたりと 呼び方が それぞれ違うんだね

VRM3版車両博物館103系ブース正面5

最後は、重複しているので ㉕JR103系首都圏中央特別快速と㉖JR103系首都圏高運転台スカイブルー色からだ。このスカートがあるなしや運転台の高さや前照灯のシールドビームの違いなどが 前面から眺めた感じの違いだが 屋根上の機器部品の形状で 冷房か非冷房も 違いが わかるというのだが そこまでは、知らないのだ。 そして 1点だけ漏れた103系は、JR103系首都圏高運転オレンジ色だけが どうしても展示出来なかったのが 残念でなりませんでした。 

で もう こういう一堂に103系を紹介する機会は、ないと思うので UPの画像も紹介だ。

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像1













左側の,103系初期型で前照灯が一つ目の103系から順に

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像2

この103系エメラルド色が欲しくて この車両が入っていたVRM2版の追加103系第1セットというCDロム版は、なんと20年近く経過してから やっと手に入れた お宝ソフトでね 廃盤ゲームも 全種類の車両を集めるには、大変なんですよ だから こういう趣味で集めるというのは、迷わず欲しいと思った時に購入しないと 中々巡り合わない 男女の中みたいなもんだ。

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像3

103系高運転台車両から こちらは、国鉄時代の首都圏仕様からだ。

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像4

の103系1000番代貫通扉からだ。この車両だけが他の103系とは、作りが違うように感じてね おそらくボデーの部分だけ別人に作らせたのかと想像だ。とにかく20年以上も前ですからね でも この素人オッサンでさえ このドアや貫通扉の線の処理を見ていると プロにしては、甘いんじゃないのかと思ってね なので こういうプロの作品は、20年以上経過しても商品として残るので 線1本でも 一番見える場所に関しては、手を抜かないで欲しいんだが 見えない部分は、構わないが たかが線1本じゃないかと思うかも知れませんが その1本で お金を貰っているのだ。と45年以上も前に聞かされた事を思い出しました。

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像5

からのJR103系関西圏の体質改善車からだ。大阪環状線以外にも路線が伸びているので踏切事故も多く発生する可能性もあるのでスカートを装備したとも聞いたが詳しくは、知らないので

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像6

阿JRスーパー103系関西圏岡山マスカット色の車両が どこを走っているのか調べるのに苦労しました。それと 右側のJRスーパー103系播但線色が この中では、個人的に好きな色の車両ですが変態なんでしょうかね こういう派手な色を好むのは、

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像7

このJRスーパー103系関西圏大窓も延命N40改善工事車両のどれなのか 詳しくは、知りませんが まあ あくまでも見た目で判断が 素人鉄ちゃんの合言葉だ。

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像8

真ん中がJR103系首都圏高運転台カナリア色とウグイス色からだ。スカートがないのが特長か

VRM3版車両博物館103系ブースUP画像9

最後が JR103系首都圏高運転台の中央特快とスカイブルー色からだ。103系の中でも この高運転台が どっちかというと好きな車両だ。

この高運転台の運転席の下にある1本のシルバー色みたいなバーが 決まっているんだね こういう1本のアクセントが グッとしまって見えるのが いいんだね 昔 昭和時代には、この銀モールを 車に付けるのが当たり前だったからね 今こういう車も見掛けないからね〜  

だから 通勤電車などや私鉄の車両に関しては、飽きの来ないシンプルイズベストのデザインが個人的には、大好きなんだが そういう意味では、昔の国鉄色というかシンプルな色の組合せで勝負していた時代は、今考えると 凄かったね まあ昭和と言っても L特急などが 出て来た昭和39年以降の話しですが その前の戦後の蒸気機関車の時代は、知らないので よくある鉄道雑誌の話題にもついて行けない かと言って新幹線にもさほど興味が無い 限られた車両にしか興味がないオッサンなのです。 

103系全員集合展示会ブースから1

車両博物館の特別企画として103系全員集合という特別展示ブースを 設置しました。あの特急電車を 総入れ替えで103系26種類を配置して見ました。まずは、画像から

VRM3版車両博物館103系ブース斜め6

左斜め前方からの眺めからだ。

VRM3版車両博物館103系ブース斜め7

一見みた感じでは、同じような103系に見えますが もちろん種類は、違います。

VRM3版車両博物館103系ブース斜め8

こんな感じで 1998年登場の鉄道模型シミュレーターV2版の車両です。もう22年近く前になります。

VRM3版車両博物館103系ブース斜め9

新VRM3★では、27種類あるのですが ここの展示スペースが26線しかないので26種類の展示です。26線でも どうなんでしょうかね 本物の鉄道博物館は、大宮の鉄道博物館と京都の鉄道博物館には、行ってるのですが そこまで詳しくは、見て来なかったからね 基本は、鉄道模型関係が中心だったから そっちを見るのが忙しくて でも京都鉄道博物館の梅小路機関区の蒸気機関車は、圧巻でしたね

右斜め前方からの画像も紹介だ。

VRM3版車両博物館103系ブース斜め逆10














103系も 初期タイプ、低運転台、高運転台、JRになってからの103系など

VRM3版車両博物館103系ブース斜め逆11














常磐線関係の103系も色々展示しています。

VRM3版車両博物館103系ブース斜め逆13

関西圏の103系も色々展示しています。さて どのくらい種類が わかりますかね

VRM3版車両博物館103系ブース斜め逆12














その答え合わせは、次回で発表だ。その前に 動画も ご覧下さい




やっぱり いいいね〜103系は、このシンプルな形ですが 明確なカラーバリエーションで一目で路線がわかる 又 全塗装というのが いいいんだね シール貼って終わりの通勤電車が その後 主流になっていた時期もありましたが 私鉄関係は、イメージカラーを大切なブランドとして考えているように思えますが JR関係の通勤電車って首都圏などが中心で 地方に来ると おさがりというのか パッとしないデザインカラーが多いような気がしますね 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ