新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2019年11月

仮想東北本線越河駅レイアウト218-特急・急行47

特急・急行シリーズの第47弾からJR北海道の鉄道を走っていたディーゼル特急キハ183系国鉄色北海貫通扉7両編成から紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉1



















最初 おおぞらだと思っていたら よく見たらヘッドマークが北海になっていました。

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉2



















やっぱり 旧型の気動車は、この形の貫通扉が 定番ですね

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉3



















このキハ183系国鉄色北海も 20年前のVRM2版車両です。

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉4



















この山越の峠を下る姿が 好きでね〜 このシーンを撮る為に わざと時間を ずらして走行させて撮ってみました。これ意外と 面倒でした。

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉5



















この場面も 高架を走る新幹線が 通過する時のシーンを 撮りたいのだが 中々遭遇しないのでね

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉6



















これも毎回お馴染みの踏切からの画像だ。この踏切名称は、なんだっけ忘れてしまった。後で調べるか

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉7



















今回は、このシーンが撮れたので紹介だ。 いつもは、EH10マンモス国鉄コンテナ編成と重なって撮れないのだが たまたま撮れたので紹介だ。 まあ これが 流し撮りしか出来ない新VRM3★動画の特長ですが 実際のビュアーで眺める画像の方が もっと描写に関しては、綺麗なのでね それが紹介出来ないのが 残念でなりません 又 カタログを 作ったので紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ47-キハ183系国鉄色北海貫通扉8


















なんか今JR北海道のプレスリリースでキハ183系が 又登場するらしいです。というか終わったみたいだけど

MMD鉄道の画像を真似したが

MMD鉄道のejimaさんの D51が収まっている機関庫のが画像が カッコ良かったので 真似したくなって 色々挑戦してみました。が 角度とアングルが 調整出来なかったので 上手く出来ませんでした。

まずは、ejimaさんの D51が収まっている機関庫のが画像から

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん11














このアングルが カッコ良くて なんとか 同じ様に塗り絵で 出来ないものか そこで まず 中古のD51のHOゲージの画像を 取り込んで見たが スマホの写真なので こんな感じになってしまいました。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん12















これでも 塗り絵で 背景を塗りつぶして 新たに 背景を描いたりと 3時間近くも掛ってしまいました。 これで 一旦は、諦めたのですが もう一度 背景を消して又背景を描いて 今度は、VRM3版のC62蒸気機関車を配置して見ました。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん16












今度は、スクリーンショットの画像が 小さかったので 画像自体が 小さくなってしまいましたが なんとかアングル的には、合わせて見たつもりです。 でも 元々のVRM3版のカメラが 広角カメラのような広がりが出来ないので なんか物足りない感じでね そう考えると 1枚の画像ですが 中々こういう感じのカッコいい画像は、簡単には、作れないという事が よくわかりました。 

それにしても このMMD鉄道のejimaさんのD51の色艶といい最高ですね VRM3版のC62に比べると この黒い艶消しの感じが 独特で ここらあたりの描写が この3DCGの 面白い所かも知れません 素人が よくいうよ

もう1枚MMD鉄道のejimaさんのD51機関庫の画像も紹介だ。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん10














こちらも 真似して HOゲージのD51の写真を塗り絵で配置して見ました。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん13













こっちは、前の画像よりは、上手く出来たと思っていますが 改めて こういう鉄道模型などの写真を撮るのは、どうやって 撮っているのでしょうかね RM-MODELSなどの鉄道模型の写真を 眺めていると Nゲージなのに 精巧に映っているんですね〜 スマホの写真じゃ あのようには、映らないのでね

ところで 話は、変わるのだが 今 昔の鉄道模型シミュレーターレイアウトコレクションというVRM3版のガイド本を このスクリーンショットの撮り方で気になって眺めていました。 その本の後ろの方に 車両の選定という項目の中で 実写のライセンスという言葉が出て来て その説明が載っていました。

*実車ライセンスは、Nゲージでも多くの面で影響が出ています。たとえばNゲージの国鉄形特急車両は、全国で活躍していたのが多く、JR後は、各社にヘッドマークの権利が分散したため、同一の特急電車でも鉄道会社ごとに車輛セットを構成するかたちになっています。ちなみに実車ライセンスは、海外では、一般的にライセンスそのものが「不要」です。

この海外では、ライセンスそのものが不要という事は、海外で 作って海外で販売する分なら商売になるという事なのか だから 昔から 気になっていた文言で 使用許諾契約の中で 本製品は、日本国内での使用に限り 本製品の輸出は、禁止します。と 書いて有ったんですが レイアウトコンテストでも日本国籍の国内在住の人に限ると 募集に書いて有りました。 そういう意味があったんですね 知りませんでした。

仮想東北本線越河駅レイアウト217-特急・急行46

特急・急行シリーズの第46弾からJR北海道の鉄道を走っていたディーゼル特急キハ183系新色おおぞら先頭車7両編成から紹介だ。 最初このキハ183系新色は、とかちと思って画像を作っていましたが よく見たら おおぞらでした。 中々JR北海道の特急気動車の名称は、おおぞら、北斗、とかち、北海と 似たような意味合いのニュアンスの言葉が 多いので よく間違います。

越河レイアウト特急シリーズ46-キハ183系新色とかち1



















ネットの画像で調べていたら とかちが 出て来たので 最初それにしたのですが このVRM3版でも 色々あるのですが これまたVRM5版になると 又 違う名称で出て来る なんなんでしょうかね この名称は、

越河レイアウト特急シリーズ46-キハ183系新色とかち3



















全部 同じじゃ駄目なんでしょうか まあ それじゃヘッドマークで 車両を売って儲けようとしているメーカーさんとしては、困るか

越河レイアウト特急シリーズ46-キハ183系新色とかち4



















この新色のキハ183系は、VRM5版には、ないみたいですが 作れば 売れるのにね 

越河レイアウト特急シリーズ46-キハ183系新色とかち5



















そこら辺が 最近の傾向として VRM5版の自作車両が どんどん出来るようになって来てから しかもプロ顔負けの車両も登場して来ると 様子が変わって来ているように感じるのだが どうでしょうか

越河レイアウト特急シリーズ46-キハ183系新色とかち6



















このVRM2版、VRM3版の車両に関して一番褒めたいのは、約200種類(正確な数字は、まで未集計ですが車両総数は、約1150両で これには、1/160車両は、含まれない)の車両の種類があるのだが 全てに於いて 統一感のある車両の出来具合なので 違和感が そんなにないんだね これは、結構大事でね

これから 益々より精巧な車両が 自作車両でもメーカー車両でも 出て来ると思うのだが 明確な大きさの規格とかは、決めて制作しているんでしょうかね

昔のKATOのC11蒸気機関車があったのですが 少し全体的に大きくて 最近かどうか忘れましたがリメークした新しいC11は、その反省からか 全体的に小さめに作られて より精巧になっていました。

そう言えば VRM3版の新幹線でも 400系つばさとE3系こまちに関しては、他の新幹線に比べ なんか大きく感じるんだね まあ その為に1/150と1/160の 二通りの種類があるのだが 面倒なので 1/150を 使ってしまうので そう感じるのかも知れません でも 実際 400系もE3系も 他の新幹線よりは、幅が狭いのですが なんか そんな感じには、見えなかったね 

色々車両を走らせていると この大きさが意外と気になるんだね 例えば 機関車のEF58に関すると 確かに実際 他の機関車に比べても 全体的に小さいのかも知れませんが コンテナ編成などを牽引させると その小ささに オヤと 思ってしまう事がるし 又 VRM2版の20系寝台を牽引すると それが 尚更 目立つんだね

まあ そこまで 見比べる人は、いないかも知れませんが あくまでも 仮想鉄道模型なので 全体の車両の大きさの統一感を 大事にして制作して貰うと いいのだが バージョンが違うと まったく異なる車両の制作基準で 今まで車両制作が されて来たので どうしても このVRM3版などを 後発で始めた人達から見れば まったく違う車輛に見えるかも知れませんが 本来の鉄道模型のように古い新しい関係なしに線路のゲージが合えば走行できるようにして欲しいのだがね 

越河レイアウト特急シリーズ46-キハ183系新色とかち7先頭車




























20年近く前のVRN2版キハ183系新色おおぞらの車両カタログからだ。新色のキハ183系は、VRMNXでは、作らないのでしょうかね 

VRMの日を考える19

YouTube動画のリバーシブル貨物レイアウトを使って貨物編成の集計からの最後の報告だ。いよいよ ラストの第10位〜第1位までの報告からだ。

YouTube動画2018年リバーシブル貨物編成機関車から1-10
















何回も書いてますが これに なんの意味があるのか 意味なんてありません ただ 自分でUPしたYouTube動画の中では、どういう貨物編成が 人気があるのか ただ それだけです。 個人の趣味でございます。

貨物編成の 第10位〜第1位までの紹介だ。

第10位 EF5861コンテナ20両編成 EF5861お召列車牽引機に貨物編成で 貨物ヤード11番線から 

第 9位 EF5889コンテナ20両編成 EF5889の茶釜の機関車で 貨物ヤード4番線から出発

第 8位 EH10マンモスコンテナ20両編成 18位にも 入っているが 隠れた人気があるみたいだ。

第 7位 DF200レッドベアコンテナ20両編成 下り本線からの走行動画からです。

第 6位 EF64-1000コンテナ20両編成 貨物ヤード7番線からの出発だ。

第 5位 EF58138コンテナ20両編成 VRM3版車両で 貨物ヤード12番線から 出発だ。

第 4位 EF210コンテナ20両編成 VRM2版の車両で 車両自体の出来は、イマイチだが人気は、ある

第 3位 EF5845青大将国鉄コンテナ21両編成 貨物ヤード3番線からの出発からだ。

第 2位 EF66-101コンテナ20両編成 ラインが入ってないツートンから 貨物ヤード10番線から出発だ。

第 1位 DF200レッドベアコンテナ23両編成 赤コンテナの玉ねぎ列車から 貨物ヤード11番線から出発だ。

以上が 第10位〜第1位までの 集計結果からだ。ベスト10の中には、EF58関係が 4機種入っていて DF200も2機種が 入っていました。 この中から 紹介するのは、 まずは、第3位のEF5845青大将国鉄コンテナ21両編成からだ。EF5845青大将と国鉄コンテナの組合せが 最高なので 紹介だ。



EF5845青大将は、特急つばめの牽引機として専用の客車を牽引するのが普通なのですが この国鉄コンテナとの組合わせが  こんなにマッチするとは、思いませんでした。

そして 第1位に 輝いたのが なんとDF200レッドベア牽引の赤コンテナ23両編成からだ。北見から石北本線で旭川から函館そして青函トンネルを通過して東北本線を南下して行く 季節の臨時貨物編成からだ。

まあ 実際は、このような20両編成は、全部玉ねぎと言う事は、ないのですが なんでも 石北本線の峠越が DF200じゃ難しいらしく それに11両編成までしか組めないで 勾配が キツいので プッシュフルで牽引しているとも 書いてありました。

でも 今現在は、どうなっているんでしょうか この手の赤コンテナだけというのは、紙列車だと あるのですが 地元では、石巻線で岩沼で中継されて東京の王子に昔は、運ばれていたのですが 今は、変更になったとも聞きました。 トラックでも そうですが 行きも帰りも荷物を満載して走るトラックでも貨物列車でも 少ないので 空のコンテナで走る事もあるので 運送業は、大変なのです。



20年以上前は、このコンテナ貨物や大型トラックを使って物販関係を やっていたので 今みたいに急がない時は、コンテナ貨物が 当時は、一番 運賃としては、経済的でしたが まあ この歳になれば 色々経験して来ているので 今のIT系の 人やモノや土地や時間を掛けないで 利益を上げる コツコツ沢山ものを 作って売って儲けるという時代じゃない付加価値を付ける時代では、中々この貨物列車というのは、どう生き残るんでしょうかね 

そういう点じゃアメリカは、あの1マイルトレインの貨物編成や二段積コンテナを眺めていると そもそも大量消費という需要が 全然違うんでしょうね 本当に日本の経済は、本物なのでしょうかね

まあ おいちゃんは、なんでも 古い中古で我慢出来るようにしていますが 新しいものに飛びつく人も居るかも知れませんが そうじゃない層の人も 結構居るような気もするのだが 趣味に関しても そう思っているのだが 誰も そこは、思わないみたいだ。 

仮想東北本線越河駅レイアウト216-特急・急行45

特急・急行シリーズの第45弾からJR北海道の鉄道を走っていたディーゼル特急キハ183系旧国鉄色おおぞら先頭車7両編成から紹介だ。

未だに Twitterの 使い方がわからず 人とコミニュケーションが取れません というか なんで あのTwitterのヘルプを開くと英語のサイトに行くのか 日本語の説明が見たいのだが そういえば Windowsも たまに そういう所に行ってしまうのだが WindowsEdgeの使い方も よく わからず 未だに 昔のエクスプローラを使っているから 色々問題が起こるのでしょうかね 本当に この進化し続けるIT業界には、年寄りは、ついて行けませんな

スマホにしても スマホ決済でもなんでも便利なのは、わかるのだが いざトラブってしまった時の対処が個人では、何も出来なくて 結局は、ショップに行って順番待ちして 直して貰うのだが そこで言われるのが バッテリーにしても昔のように交換は、出来ないので 2,3年経過したら 買い替えた方がいいですよ で 結局 中古のリサイクルスマホを 新製品じゃなく 購入させられる感じでね このWindowsのOSにしても ここのVRMにしても とにかく古い物は、使うな 使わせないという その姿勢が 現代社会の見えない差別を感じるのだが 知らない内に これらの機器がないと暮らせない そこが 嫌なのだが まあ その恩恵も受けているので 多少は、我慢か

そもそも こういう疑い深い性格だから メーカーを信用しない ユーザーも御用ユーザーじゃないのかとか忖度があるんじゃないのかと これじゃ人とコミニュケーションなんて取れません でも 意外と そういう人は、多いかも と朝から又 余計な事を書いてしまいました。 ヒマジンなのでね

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら1



















さて このキハ183系は、VRM2版車両なので 20年近く前の車両で その後 リメークされなかったのですが VRM5版の追加キットに キハ183系国鉄特急気動車北斗として 5種類の車両が入って3772円で 販売されていました。

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら2



















このキハ183系国鉄色を リメークで しかも追加キットで VRM5版に 入れるに当たって どういう思惑で入れたのでしょうかね この車両は、かなりマニアックな コアなユーザー層にしか人気がないみたいなんですがね

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら3



















しかもだ ご丁寧に VRMNXでも 追加キットに なんと4400円で 登場だ。 ここの皆様方には、どう思われるか知りませんが 5両で4400円は、しかも VRM5版のリメークと考えると 少しお値段がお高いような気もするのだが

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら4



















まあ 鉄道シミュレーター界のムサシノモデルを目指しているようにも個人的には、感じているのですが ユーザーを 選んでいるようにも見えるのだが もう そういう時代なんでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら5



















しかし 一々車両に対して 高いとか安いとか騒いでいるのは、ここだけですからね 

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら6



















そこが鉄道模型のHOゲージの世界と同じで 高いとか安いとか騒ぐなら 最初から やるなNゲージでもやってろと言われそうでね まあ これが後発組の ジェラシーというやつでしょうかね それでも 動かなくても眺めるだけならいいじゃね〜かと 途中まで 中古を漁ってみましたが やっぱり頓挫してしまいましたね

なんか どこかに見えない壁があるんですよ だから結局 自分のテリトリーの中で自由気ままに趣味を楽しむ これしかないのでね なんか最後は、お金と技術と知識の壁にぶち当たる 仕事と同じですね 

せめて 自分のお遊びだけは、自由にやりたいので 勝手にやりまくりますかね

越河レイアウト特急シリーズ45-キハ183系国鉄色おおぞら7先頭車























20年以上も前のVRM2版のキハ183系ディーゼル特急旧国鉄色おおぞらからのカタログからだ。VRM2オプションディスクに入っていたので 2007年12月に書いたVRM2オプションディスク?その3でも わかるように なぜ おいちゃんが ここのメーカーさんが 鉄道模型シミュレーターのNゲージから ムサシノモデルのような感じになったのか 値段で 眺めれば 一目瞭然なんだが 





VRMの日を考える18

今日もYouTube動画のリバーシブル貨物レイアウトを使って貨物編成の集計からの報告だ。その前に10月23日のVRMの日から1ヶ月以上も経過しているのに VRMの日を考えるというタイトルも おかしいような気もするのだが でも考えて見れば VRMポータルには、まだ11月9日のVRMオフ会NX九州場所の参加者募集も載っているので 大目に見てね 今 改めて このオフ会は、NXの話題が中心のオフ会と 表記してあったんですね 知りませんでした。もう時代は、VRM5版からVRMNXの時代に移行しているんですね

YouTube動画2018年リバーシブル貨物編成機関車から11-20

















今日は、貨物編成の 第20位〜第11位までの紹介だ。

第20位 EF81502コンテナ20両編成  28位にも出てますが 動画自体は、違います。

第19位 EF65-1000コンテナ20両編成 貫通扉の貨物専用牽引機の編成からだ。

第18位 EH10マンモスタキ3000タンク車20両編成 黒と銀色の貨物編成が これがいいんです。

第17位 DE10重連コンテナ20両編成 石巻線のDE10のコンテナ編成のイメージからだ。

第16位 EF81113コンテナ20両編成 トワイライト専用牽引機を貨物編成に登用だ。

第15位 EF65-500コンテナ20両編成 特急寝台用のEF65-500を 貨物編成に登用だ。

第14位 DD13三重連コンテナ20両編成 これも あの小坂鉄道をイメージして石巻線紙列車だ。

第13位 DD51コンテナ20両編成 今紹介しているムサシノモデルのDD51が凄いです。

第12位 EF66-111タキ43000タンク車20両編成 KATOのHOゲージタキ43000を眺めています。

第11位 EF200コンテナ23両編成 前回も第23位に入り紹介したが こちらは、本線上の動画です。

で 今回紹介したいのは、ディーゼル機関車の中では、第14位の一番好きなDD13からの動画を紹介だ。 とにかく ここのブログでも これでもかと このDD13は、紹介しまくっています。

2017年12月にループ曲線レイアウトから特急大全集その34の中で DD13のスイッチャーと見た場合の人気度を 勝手に紹介しています。 本当は、ガソリンタンク車とか石炭車とか コンテナ以外の方が 貨物編成を考えた場合は、面白いのですが あえて 赤コンテナ編成の紙列車仕様にして動画を 作っていました。




ついでに もう1本 同じ DD13三重連のコンテナ編成からの動画からだ。 個人的には、好きなんだが YouTube動画だと この貨物編成関係の動画は、人気がないんだね まあ 仕方がないね マニアックな このVRM3版が好きな人しか 見ないからね ここの動画は、

仮想東北本線越河駅レイアウト215-特急・急行44

特急・急行シリーズの第44弾からJR北海道の鉄道を走っていたディーゼル特急キハ283系振り子形スーパー北斗8両編成から紹介だ。 今まで 紹介したキハ281系やキハ261系は、正直これがVRM3版なのかVRM2版なのかが わからないまま ここで紹介して来ました。

でも 今回のキハ283系に関しては、パッケージデザインの顔にもなっているので これは、間違いなくVRM3版の車両だと思って紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗1



















しかし もう少しで VRM3版も発売から20年近く経過しようとしていますが たまに見掛ける中古ゲームのサイトを眺めていると まあ いい加減ですね 例えば このVRM3版の一番最初の初号版0号が 販売された当時の値段が 約8500円位で 大手のネット中古ゲーム取扱いの値段だと 安い所では、1500円前後から販売されているのだが これが まあ プレミアを狙っているのか 未開封で22000円と いう値段を付けている所もあるのだが これじゃ鉄道模型シミュレーター3特急大全集の中古が まとめて買えるのでね 訳が わかりません

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗2



















鉄道模型も 中古市場は、高値で 販売されていますが 中々状態がいいかどうかは、ネットの画像だけじゃ わからないのでね 見えない所で 部品が欠損していたり壊れていたりと やっぱり現物を この手で確かめないと 後は、購入した側の責任なので 自分で 修理できる人には、いいかも知れませんが 素人には、ちょこっと怖い世界ですね

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗3



















今 この0号版をネットで 漁っていたらVRM3版の事を 細かく紹介してくれていた 鉄道模型シミュレーター@looplineのサイトを 見付けました。 もう VRM3版の記事を残しているHPやサイトは、ほとんど 削除されたり廃止されている中で 残してくれていたのには、感激だ。

VRM3版パッケージ47




















鉄道模型シミュレーター」について というサイトに詳しく説明が載っています。2004年が 最後みたいですから 15年近くも 残して貰っていて CHOさんのHPも 削除され すっかり 忘れられた存在のVRM3版ですが まだまだ中古市場にも 出て来ているみたいなので もう少し頑張って続けますかね

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗4



















どうですか このキハ283系の姿は、 なんで このJR北海道の特急気動車を リメークで作らないのか 理解できませんね

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗5



















自分としては、JR九州の あの有名デザイナーのデザインする特急電車と肩を並べるくらいだと 思っているのですが 作る側が こちらの北日本という地域性が好みじゃないのか どうかわかりませんが

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗6



















こんな感じで カタログとして見た場合でも 結構 カッコいいんですがね

越河レイアウト特急シリーズ44-キハ283系スーパー北斗7























まあ こっちとしては、出来て来ない方が VRM3版が 良く見えるので 都合がいいのですが そう書いちゃうと 又 怒られるか でも 本音は、自分が 一番だと思っているバージョンが 最高と思っているのでね それは、VRM5版を やっている人も 同じじゃないかと思ってね 何十万も投資して 又 一から同じ車両なんて集めたくないから 出来れば 前のバージョンの車両も使いたい それが仮想鉄道模型じゃないのかね


気になっていた動画から

鉄道シミュレーター関係のYouTube動画で 気になっていた動画を紹介だ。 まずは、RailSimの中で 断トツの再生回数を 誇っている動画からだ。

RailSim-PV-1




















420万越えのRailSim動画から サンダーバード並みの 車両基地からの出発が 中々見ものです。



しかし まあ よく こういうアイデアが浮かぶものですね〜  もう1本は、第12回MMD杯本選】緊急燃料輸送というYouTube動画からだ。

MMD鉄道燃料輸送動画1





















昔 紹介したかもしれませんが MMD鉄道では、一番の再生回数で人気があった動画なので紹介だ。こういったドラマ形式が MMD鉄道では、多くて こちらの鉄道模型シミュレーターVRM3版とは、まったく違うので 興味が 湧きますね



ところで最近耳にするようになった言葉が 3Dモデラ―という言葉だ。 こういう3DCGを 作ってそれを 商売にしている人を差す言葉らしいのだ。なんでも これから将来的には、有望な職種とも ネットの中では、書いてありました。 でも よく わからないので 少し漁ってみた。

3Dモデラ―で調べるに当たって 色々漁っていましたが 3Dモデラ―需要というので検索してみました。その中で 少し古い記事ですが CGデザイナーの仕事の未来と将来性をプロが真剣に考えてみたを 開いてみました。これを 書いている「ありんとう」のアリマさんとは、どういう人なのか 気になったので 最近の記事を眺めてみました。 【これ内緒】センスもスキルも無いデザイナーが生き残る方法というのが 最近の記事みたいだ。
経験者は語る!CGデザイナーが会社員でいることの最大のデメリット! は、少し この業界が 垣間見れて来ましたね CGデザイナーさんのブログまとめ。お役立ち情報満載! と ここまで来ると どこまでが 本職で どこまでが復職なのか 読めないのだが 

最後に こんな「youtubeの再生数が増えない!」という人へ送る禁断の方法という記事も紹介だ。 

まあ これを 紹介したからどうだというんじゃなくて こんな感じで 色々やりながら 食べているのかと でも結局は、クライアントが いないと商売には、ならないのかね〜 創作活動と商売 中々難しそうだね

そう考えると この界隈と言うのか 鉄道シミュレーター関係の人達の動画などは、なんか お金を取れそうなレベルのようにも思えるのだが それは、この界隈に どっぷり浸かっているから手前みそなんでしょうかね

今日は、まったく3Dモデラ―とは、無縁のおっさんからの盗み聞きからでした。

仮想東北本線越河駅レイアウト214-特急・急行43

特急・急行シリーズの第43弾からJR北海道の鉄道を走っていたディーゼル特急キハ261系振り子形201試作車8両編成から紹介だ。 とにかく VRM5版では、ないJR北海道系の気動車を この際 この隙に まとめて紹介するつもりだ。 だって なんか VRM5版にない車両を紹介するのは、いやらしいけど 勝ち誇ったようでね

越河レイアウト特急シリーズ43-キハ261系201試作車1



















まあ その分 機関車関係は、VRM5版の車両の種類には、負けるけどね VRMオフ会で どういう話が されたのかは、話が 漏れて来ないので わかりませんが 33人のアンケート調査の結果だと 「アイマジックの向かっている方向は国鉄…?しかしアンケートを見ると,この傾向もあながち間違ってはおらず,VRM購買層の趣向に沿っているのではないか,と言うことができそうです。」 とも 書いてありました。

越河レイアウト特急シリーズ43-キハ261系201試作車2



















地域別というのか一番が 国鉄でJR東日本とJR西日本が 並んでいました.。ヘビーユーザーの回答からのアンケ−トなので VRMユーザー全体の要望をきちんと表せているとは限らないということらしいとも書いてありました。

越河レイアウト特急シリーズ43-キハ261系201試作車3



















ここで言うVRMユーザー全体とは、どこら辺までのユーザーなんでしょうかね おいちゃんのようなVRM3版ユーザーは、これに当てはまるのか 最初のアンケートで 「使っているVRMのバージョン」の集計には、VRM3版を やっている人がいなくてね 

越河レイアウト特急シリーズ43-キハ261系201試作車4



















あれで がっくり来ちゃってね それでも ここを 覗いて貰っている訪問者さんから VRMを やっていないけど この鉄道模型シミュレーターには、興味がある人は、ここの平均の来訪者数から 考えると70前後なんですが もちろん 多い時と少ない時の差も激しいので 100以上の時もあれば50以下の時もあるのですが 平均すると 70前後が 今は、そんな感じだ。

越河レイアウト特急シリーズ43-キハ261系201試作車6



















そう考えると ヘビーユーザーさん以外よりも こちらの鉄道模型シミュレーターに興味がある人の方が多いような気もするのだが 実際は、どうなんでしょうかね

しかし VRM3版をやっている人は、いない JR北海道も アンケートの集計に入っていない なんか結果がそうなんだから しょうがないのだが 益々20年近く前と 今の鉄道模型シミュレーターを作る側の考え方の違いが見えてね なんか個人の趣味に近い車両選定に 見えるのですがね 

越河レイアウト特急シリーズ43-キハ261系201試作車7

















まあ 自作車両が 出来るようになった頃から これからの車両選定は、益々作り手の好みで制作されるんじゃないのかと 思っていましたが そういう情報も一切漏れて来ないのでね 




誰も 書かないので ここで 書いてますが VRM3版にあるのに なぜVRM5版では、作らないのか そこら辺が アンケートに現れているんでしょうかね 

仮想東北本線越河駅レイアウト213-特急・急行42

特急・急行シリーズの第42弾からJR北海道の鉄道を走っていたディーゼル特急キハ281系振り子形スーパー北斗8両編成から紹介だ。意外と このディーゼル特急は、この鉄道模型シミュレーターVRM3版の中では、人気があるんですね それは、長年ここのブログを書いていて そしてYouTube動画での再生回数を 眺めていても 数字的に わかるのです。 でも ここだけの話しですがね

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら1



















このJR北海道の ディーゼル特急振り子形気動車は、キハ281、キハ261、キハ283系の3種類があるのだが 中々どれがどれだか 未だに よく わかりませんね

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら2



















でも なんとなく このJR北海道のディーゼル特急が かっこいいのが 良くわかりますね 

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら3



















しかし こんなに ここのVRM3版のYouTube動画では、人気がある このディーゼル特急振り子形の気動車なんですが なぜか VRM5版には、入っていないんだね

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら4



















そこら辺の どうしてJR北海道の車両は、スルーするのか オフ会では、どういう話題になったのかは、知りませんが 車両選定に関しては、本当に 不思議というのか まあ その代わり ここのVRM3版を バンバン紹介しますがね

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら5



















車両に関しては、確かに 貨物などは、VRM5版には、敵いませんが 総合的に 眺めると VRM2版、VRM3版を合わせた方が 全体的には、バランスが取れているようにも個人的には、感じるのだが

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら6



















そこが 商売としてなのか 作る側の判断なのか 統計的に何か参考にでもしているのでしょうかね そういう面でも 自分は、自分なりの車両の人気度を なんとか 判断材料にしようと 頑張っていますが 個人用だから集計は、いい加減ですが ないよりは、いいのでね

カタログも 作って見ました。

越河レイアウト特急シリーズ42-キハ281系スーパーおおぞら7























どうですか なんで これを VRM5版で 作らないんでしょうかね 

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ