新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2019年03月

仮想東北本線越河駅レイアウト58

仮想東北本線越河駅レイアウトの砂防ダム周辺を 修正していました。 地面テクスチャーを使って崖の雰囲気を作ろうとしていました。

越河レイアウト砂防ダムA














こんな感じで崖部品の付近を 地面テクスチャーで崖の感じに描くのですが 大変です。

越河レイアウト砂防ダムB














同じ地面テクスチャーじゃ模様になってしまうので 本来 VRM3版の地面テクスチャーのブレンド機能じゃないのだが ランダム配置という高等な技術を使う技があるのですが そうすると 最初に地面テクスチャーも それに合わせて 4個並べて同じような種類のテクスチャーを 並べるなど 途中から やると 大変なので 面倒なんだが こういう市松模様にしてやってみました。

ところが このVRM3版というのは、部品点数云々というよりも この地形とか地面テクスチャーの処理時間がネックでね なんと この地面テクスチャーの貼付け時に 3回もフリーズしてしまい 困ったちゃんです。

部品点数は、14,558点で ファイル容量は、7,973kbと 今までのレイアウトに比べたら まだ半分にも満たないので まだこれからなんですが 調子がいいと ついつい操作が 早くやってしまい それでフリーズしてしまうのが この地形関係の制作の盲点なんだね VRM5版は、どうなんでしょうかね

一応 こんな感じになりました。前回の仮想東北本線越河駅レイアウト55と比べると感じが違うかも知れません

越河レイアウト砂防ダム12
















遠くから眺めた砂防ダムです。 手前の崖の部分も 手直ししています。

越河レイアウト砂防ダム13
















そんなに 変わりませんか

越河レイアウト砂防ダム13

















まあ RaillSimの画像と比べてしまうと 雲泥の差ですが

越河レイアウト砂防ダム14

















それでも 自分で作れるので まあ プラレールだと思えば それまでだ。

越河レイアウト砂防ダム15

















これでも 地形テクスチャーを 市松模様に配置して1個ずつ描いたので 同じパターンが並んで見えないのですが そういう所を 昔は、皆さん 苦労してレイアウト作りをしていて そして その作り方を教えてくれたもんですが 今のVRM5版になってから そういう情報は、ほとんど耳に入りませんね〜

なんでも知っているのが当たり前というのが 初心者にとっては、大きい壁なんだが


 


お隣さん画像1

今回から お隣さんの画像を ここで紹介だ。 VRM3版の画像だけじゃ物足りない しかしVRM5などの画像では、 ここのVRM界隈では、 車両編成の画像が多くて 車両自体のUP画像やレイアウト画像が少ないのです。

そこで ちょくちょく覗いていたRaillSimなどの画像を 紹介しながら これからの VRM3版レイアウトに参考になればと思い 勝手に紹介だ。 もちろん Twitterなどの記事からの画像なので 明記は、してありますので 詳しい事は、そちらを 参考にして下さい

まずは、レイアウト画像からだ。

RailSim-御茶ノ水1

















この前 紹介した御茶ノ水界隈のRaillSim画像からだ。 これVRMで 作りたいです。

RailSim-ローカル風景1
















カーブホームがあるローカル駅の風景から こういう感じのレイアウト画像が VRMでも見たいのだが 最近ほとんど見掛けないので 残念だ。 

RailSim-ローカル風景2


















この無駄のない描写が いいんだね 

RailSim-ローカル風景3


















この牧歌的な雰囲気が 最高だ。 レイアウトコンテスト2010年の88638氏のレイアウトN43Sepとか2009年の漆黒 氏の「蝉時雨」なんかが あった時は、こういうローカルシーンもあったのだが 最近ほとんど見掛けない所が このVRM界隈の現状を 表していると 一人感じているのだ。

RailSim-道路1













このRaillSimには、RaillSimの他にRaillSim2というバージョンもあるらしいのだが Twitter記事を眺めていると 
や踏切、バスなど細分化されていて その中から 道路関係の画像を紹介だ。 

RaillSimの画像を 紹介しておきながら やった事がないので さっぱりなんだが レイアウト作って遊ぶならVRM3なんだが 眺めて楽しむとなると なんか こっちの方が 面白いので ついついパクリたくなるのだ。

RailSim-入換線1
















この入換の雰囲気は、USO800さんが 昔よく作っていました。でも 自作車両を眺めるには、VRMCLOUDに入会しないと見られない かと言ってVRMonLineは、登録しているのだが 相性が悪くて上手くVRMonLineの部品だけが繋がらないので 結局 VRM5版パッケージにしたのだが 結局見られない 

RailSim-コンテナふ頭













40フィートコンテナの山とガントリークレーンです。 まてよ このガントリークレーンは、VRM5版の7+貨物編に入っていましたね まだ 全然VRM5版の7+貨物編を 開いていません もう2か月経過しているのに どうも自動運転ばかり頭から離れないので 肝心のレイアウト製作までは、行かないのと VRMNXが 話題になってから なんか少し冷めてしまって まずは、VRM3版レイアウトを完成させたい気持ちが優先だ。

なんだかんだ言いながら 一番なぜVRM5版に今頃手を出したのかは、自作車両と自作コンテナが 見られて走らせられると思ったからなんだが 見事に裏切られて まあ自作コンテナだけでも 使えるからいいんだが 自作車両が VRM5版パッケージやVRMonLineで 走らせられないのは、今でも納得が行かないのだが まあ メーカーさんが 決める事なので 諦めるのだが その反動で お隣の画像が気になり出してね

RailSim-EF510















こういう画像や

RailSim-EFエコパワー1













こういう画像 VRM5版と比べてしまう画像、そして これがEF67なのかどうか?

RailSim-EF67-1














未だに調べたが 良くわからないのだが もしかして 自作の国鉄色だったりして こういうお遊び感覚が大好きで 仮想鉄道シミュレーターなんだから 色なんかも 変えたっていいじゃないが 仮想鉄道模型としては、合言葉なんだが まあ自分で作れないからこそ 人様の自作車両を紹介して楽しむ

これからも RaillSimやMMD鉄道など お隣さんの画像を これからも紹介だ。今流行のTVの情報番組みたいにネットからの登用で番組が成立しているみたいな感じにブログ自体が 変わるかも知れません

でも 基本は、あくまでもVRM3版がメインですからね 旧世代でどこまで続けられるか 4月1日に新元号に改元されますが ここは、あくまでも 昭和を引きずりますからね

仮想東北本線越河駅レイアウト57

仮想東北本線越河駅レイアウトの制作からの続きです。

越河レイアウト越河第2ダム4レンガアーチ
















ローカル見張線が通るレンガアーチ橋を配置してみました。

越河レイアウト越河第2ダム2
















そして こちらが第2重力式コンクリートダムだ。 高さは、第1重力式コンクリートダムの半分くらいの高さです。

越河レイアウト越河第2ダム3
















川と第2人造湖で高さに差が出てしまったので 仕方なく このようなダムを作ってしまいました。

越河レイアウト越河第2ダム5コンクリートアーチ2
















第2人造湖に 架かっているコンクリートアーチ橋梁からだ。不釣り合いなんだが どうしても 使いたかったので
配置してみました。この第2人造湖というのが 曲者で これでも最初の時より 高さを-60伉磴して-180个凌緻未旅發気砲靴討△襪里任垢 俯角で眺めると ちと 物足りない

越河レイアウト越河第2ダム5コンクリートアーチ1
















こうやって UPで眺めると コンクリートアーチ橋梁も 高さを感じますが 見る角度で 違うのです。

越河レイアウト越河第2ダム5コンクリートアーチ3
















この第2人造湖は、 普通の湖じゃなく 二股に分かれているのです。

越河レイアウト越河第2ダム湖2
















その二股の片方が こちらで この奥に砂防ダムがあります。

越河レイアウト越河第2ダム湖3
















こんな感じで細長く奥まで続いています。 この先は、明日のこころだ。





仮想東北本線越河駅レイアウト56

昨日の仮想東北本線越河駅レイアウトの砂防ダム制作の続きからです。

越河レイアウト砂防ダム7

















どうも 自分のPCの画像処理が おかしいのかと複線トンネルの出口付近が 斜めに傾いているように見えるのだが 昔は、こんな感じには、見えなかったような気うするのだが なんせ もう このビュアーを開いた回数なら十万回以上になるんでしょうか 画像だけでも 2万枚以上も投稿している計算ですからね

そう考えると この鉄道模型シミュレーターVRM3版は、耐久性抜群で 長持ちしかも安全で お買い得ですから 絶対のお勧めなんですが 今時 日本中探しても ここでしか見られないかも知れません

越河レイアウト砂防ダム8

















高架橋脚を配置した画像です。 デッキガーター橋にしたかったんですが 最初に線路を配置してしまったので ここは、やむなく高架曲線プレートにしてみました。

越河レイアウト砂防ダム9

















UPで見ると こんな感じです。 粗が見えてしまいます。

越河レイアウト砂防ダム10

















大体 崖の部品を垂直に近い感じで配置なんて アホのすることです。

越河レイアウト砂防ダム11

















それでも 地形テクスチャーを なるべく使わないで やるには、こうする方法が一番手っ取り早くていいんです。最近RaillSimの 画像を眺めていたら こういうローカルシーンなどの地形というか部品で埋めるというのを 見付けて これだと思いました。

又 動画で 気分転換だ。



国見峠付近を 駆け上がる貨物編成の動画から 画像は、良くないが こういう雰囲気が大好きなので 鉄道模型じゃ味わえない 鉄道模型シミュレーターVRM3でしか出来ない 自分でレイアウトを作って そして列車編成を走らせて 動画にして人に見せびらかして その反応を楽しむ これが 自己完結・自己満足ゲームのおいちゃん流の楽しみ方だ。 

仮想東北本線越河駅レイアウト55

3月16日以来の 仮想東北本線越河駅レイアウトの制作だ。 この間 実は、ちょこちょこ制作を続けていました。やっぱり レイアウト製作が 一番 楽しいのでね

前に作っていた重力式コンクリートダムも 手直しして改造もしていました。 そして 今回 越河〜藤田間の国見峠付近の大カーブ区間を 今回作っていました。 この山側の方に何かインパクトのあるものを 作りたいと思ったのだが 例によって 又 滝を作るのも 前に2箇所も作っているので さて どうしようかと 思った時に 思い付いたのが 今回の砂防ダムを 作ってみようかの考えだ。

越河レイアウト砂防ダム1

















砂防ダムの上流から眺めた画像からだ。

越河レイアウト砂防ダム2

















俯角で 遠目で見ると こんな感じの段々になっている砂防ダムだ。 

越河レイアウト砂防ダム3
















上流河川部品とコンクリートスロープを組合わせて砂防ダムを 作ってみました。

越河レイアウト砂防ダム4
















実際は、こんな感じで 滝のようには、流れてなくて ほとんどは、水無し川の状態なので 土石だけなんですが そこまで 地面テクスチャーで 作れるような技量は、ないので これで我慢だ。

越河レイアウト砂防ダム5

















でも 意外と 自分では、お気に入りだ。 最近思うのだが 上手い下手より先に 自分が気に入っているかどうかが問題でね 要は、いくら上手いとか 素晴らしいとか言っても 飽きて辞めてしまったら それで おしまいなのでね そこら辺が 新しい物に手を出す人と 手を出さない人の違いでしょうか

越河レイアウト砂防ダム6
















これは、コンクリート橋脚を配置する前の画像で なんか おかしいので 後で修正しました。
この手前にある線路が ローカル見張線です。 一応 ローカル見張線は、全線開通して 線路だけは、配置してみました。 後日 ローカル見張線からの動画を紹介します。

こんなに 沢山滝を作ってあるレイアウトも そうありませんが 中々アクセントを付けるとなると ローカルシーンのレイアウトだと そういう場面にあった部品が少ないので 困りますが 仕方ない廃番商品だからね

前にもここで紹介したのですが この複線と単線トンネルの穴の部分のトンネルの形状が どうも気になって そろそろ新しいトンネルの穴の形状が出て来ないのでしょうか

RailSim-トンネル1















このRaillSimのトンネルのように穴の下の部分が すぼまっている感じが いいんだが どうして ああいう垂直に切り取ったような形状なのか? 馬の馬蹄のように作るのが難しいんでしょうか そこら辺が 素人なので わからないのだが 確かに 材木なども 糸鋸で 切り抜く時も 馬蹄のように抜き取るのは、難しいので そこら辺で 何かあるのでしょうかね 

これVRM3版で 出て来た時から書いてますがそういう見直しを してないのか それとも そう感じているのは、自分だけなんでしょうかね トンネルは、結構 現物も見たり中にも入ったことあるので VRM3版のような形状のトンネルは、田舎では、見た事ないので都会は、わかりませんが

砂防ダムを 力行する貨物編成の動画を 作ってみました。



動画では、橋脚を配置して修正しています。

EF65電気機関車から5

今日は、他の鉄道シミュレーターからEF65電気機関車の画像などを紹介だ。
まずは、MMD鉄道からのEF65電気機関車の画像から

MMD鉄道EF65-2













一度 全部の同じ機関車を 並べてみたかったので 今回 勝手に抜き取りして紹介だ。これらの画像と こちらのVRM版のEF65を 比べて見るのが 面白いのだ。

MMD鉄道EF65-3













自由度が 半端じゃないんだね 

MMD鉄道EF65-4













他の作品を 鑑賞するのは、いい勉強になりますね〜 もちろん自分では、作れませんが

そして お次は、最近お気に入りのRaillSimからのEF65を 並べてみました。

RailSim-EF65-1000












この画像を 見た時 下回りのホースの部分が 印象的で よく立体感が 出てるな〜と思って しかも このEF65の並べ方が 最高ですね こういう車両の見せ方が ここのVRMには、少ないような気がします。

RailSim-EF65-500-1



















これらの画像は、RaillSimのTwitterの中のhttp://www.twipu.com/tag/railsim2に 入っている画像から紹介しています。

RailSim-EF65-500-富士1


















VRM2版とは、一味違いますね〜 というか比べるのが間違いか じゃあ VRM5版と比べると どうなのか

RailSim-EF65-500-富士・はやぶさ
















この光の当たり方が いかにも朝日を浴びた感じで VRM5版のメタリック感とは、又 違ったように見えますが 肝心の 台車部分が UPで 見えないので そこが残念です。

RailSim-EF65-500-あさかぜ
















この前照灯の明かりは、加工しているのでしょうか 後ろの寝台客車の窓からこぼれる明かりがいいですね

RailSim-EF65-500-3













このEF65牽引のブルートレインの画像が 中々いいので紹介だ。 こういう車両編成を紹介する時に こういう情景が ある画像が VRM関係には、少ないからね〜 とにかく こういう鉄道シミュレーターの画像を 眺めるのが 大好きなので 紹介しています。

ついでに 動く動画も紹介だ。 まずは、RaillSimのEF65から



今度は、MMD鉄道のEF65から いつも お世話になっているMMD Ejima さんの作品からだ。



最後に 旧世代のVRM2・3版の EF65電気機関車の紹介から



まあ20年近くも前の車両ですが 遠目で見れば それなりにカッコ良くは、見えますから 
最後に なんだかんだ他の鉄道シミュレーターのEF65の画像や動画を紹介しましたが やっぱり最後は、自分で作ったレイアウトを走るEF65の動画が 一番最高だなんて 書いたら怒られるか

でも自作車両でもレイアウトでも 最後は、自分で作ったものが 一番という気持ちが無ければ この仮想鉄道模型や鉄道シミュレーターは、長続きしないんじゃないのか

そういう長続きの原点になった 7年近く完成まで掛かったNゲージレイアウトから EF65牽引貨物編成の動画を 最後に紹介だ。 6分30秒程の長い動画ですが 手前みそですが これが一番 自分には、合いますね

EF65電気機関車から4

今日もEF65電気機関車からの紹介の続きからだ。

まずは、2001年登場のVRM3版EF65-1000番台からだ。

VRM3版EF65-1000JR・国鉄仕様









このEF65-1000番台は、貨物牽引用として重連で よく使っていますが ひさし付きと 気が付いてのは、ごく最近で 確か誰かが 指摘していたのを 見て 初めて知りました。

VRM2版EF65-532JR・国鉄仕様









そして こちらが 20年近く前のVRM2版EF65-500からだ。 VRM3版と どこが違うのか? 当時は、鉄道自体そんなに知らなかったし この3DCGに関しても ズブの素人だっので 素直に VRM3版が 出て来た当時は、凄いな〜と驚き そして これが最高の出来なのかと思っていました。

VRM2版EF65-528特急富士・あさかぜ・あかつき







しかも 特急牽引機なので ご覧の通りブルートレイン用のヘッドマーク付きが 3種類も用意されていました。 まあ 20年近く前なので メーカーさんからしてみれば おまけのサービスで EF65-528の前面にヘッドマークでも 付けてやるかの 軽い気持ちで この車両を単体で売るという考えは、当時は、無かったと思うのだね

このヘッドマーク付きとか 同じ機関車でも 車体番号が違う機関車で単体で 販売するようになったのは、いつ頃からなんでしょうかね VRM4版それともVRM5版でしょうかね VRMonLineだと完全に同じ車種の電気機関車でも それほど見た目が違わないのに 別個に販売しているのでね 

そこら辺は、あのムサシノモデルと 同じ考えなんでしょうか 確かに ED75のコアな鉄道模型好きのユーザーさんなんかは、全種類揃えているとも 聞いていますが そこまでの鉄ちゃんでもないのでね

まあ しいて言えば ブルートレイン用のヘッドマーク付きも 商売として考えれば これだけ水増し車両が作れたのに その中で 3種類だけですからね しかも なぜ この3種類なのか?

VRM2版EF65-500特急牽引ヘッドマーク1










まあ やる気になれば これらのように20種類は、作れるので おまけにEF66も紹介だ。

VRM3版EF66特急牽引ヘッドマーク1










今は、自作のトレインマークが 付けられるようになっているみたいですがね そのトレインマークは、やっぱりVRMCLODに入会しないと 電気機関車には、付けられないのか? 未だに そこら辺のVRM5版の使い方が さっぱりわからないのだ。 大体 VRMNXが 出て来ている時に 廃番に近いVRM5版を購入するのが 普通じゃないか ここの鉄道模型シミュレーターというゲームは、途中からやってみたいと思っても そういう一見さんお断りの会員制高級クラブみたいな感じでがしてね  

そこを なんとか 打ち破りたいのだが 今の時代が 食べ物でも 高級食パンだとか行列が出来る店とか お客の方が 腰を低く構えて売ってくれるのを 待つみたいな感じで どこか おいちゃんの世界とは、違う世界みたいで そこまでして 高級な美味しい物を 食べたいとも思わないし 並んでまで食べたくないというのが おいちゃんの基本だ。 3.11で 食料やガソリンで 嫌という程 並んだので 食えればいいんです。

世の中 景気が いいとか悪いとかじゃなく 自分にとっての景気とか収入が どうなのか 突き詰めれば そこなのだが 金は、ないけど暇な時間は、人よりあるので 如何に お金を使わず 好きな時間を楽しむかだ。 

EF65電気機関車から3

EF65電気機関車からの紹介の続きからだ。今回は、未だに謎のVRM2版とVRM3版のEF65電気機関車から紹介だ。

3版EF65-1000国鉄







VRM3版EF65-1000番台の貫通扉の国鉄時代の貨物牽引用機関車からだ。

VRM3版EF65-1000JR








こちらが JR貨物になってからのEF65-1000番台の貫通扉の貨物牽引用機関車からだ。 要は、横の車体部分に JRのロゴが 入っただけと そういえば 前面の運転席の窓の上につらら切りのひさしが付いていますね

そして こちらからは、VRM2版のEF65-500番台の貫通扉がない機関車からだ。

VRM2版EF65-528国鉄特急仕様







EF65-528の 国鉄時代のブルートレイン牽引機からだ。

VRM2版EF65-532JR仕様







そして こちらが JRロゴが入ったEF65-528からだ。 よく見るとVRM3版のRF65-1000番台とは、もちろん前面の顔は、違うのですが パンタも大きさが 違うんですね 知りませんでした。 それにしても このEF65は、VRM3版でも VRM2版と同じで 片輪走行なんだね 当時 0号が出始めた頃は、他の車両にも片輪走行の車両が入っていましたが そんな事は、全然知らずに 見た目の違いで誤魔化されましたが 後で気が付き これって どうなのか?と 思ったものです。

VRM2版EF65-528国鉄特急あかつき







ブルートレインのヘッドマーク「あかつき」が付いていたEF65-528特急仕様機関車からだ。

VRM2版EF65-528国鉄特急あさかぜ







ブルートレインのヘッドマーク「あさかぜ」が付いていたEF65-528特急仕様機関車からだ。

VRM2版EF65-528国鉄特急富士







ブルートレインのヘッドマーク「富士」が付いていたEF65-528特急仕様機関車からだ。

どうですか VRM5版の EF65とは、全然感じが違うように見えますね でも 車体の色目は、こっちの方が 個人的には、好きですがね


ワシントン山コグ鉄道

今日は、たまたまYouTubeで見付けた アメリカの登山鉄道のお話からだ。
なんでも 登山鉄道で有名なスイスのリギ山に上るフィッツナウ=リギ鉄道よりも2年程早く登場した世界最古のラック式ピニオン方式の登山鉄道らしいのだ。(ラック式で有名なアプト式の原型みたいなもんだ。)

まあ 言葉では、伝えにくいので HISのアメリアオプションツアーの画像から紹介だ。

ワシントン山コグ鉄道1














この急斜面を 登って行くんですね

ワシントン山コグ鉄道2















このワシントン山があるのは、アメリカ東海岸、ニューハンプシャー州 の 北部一帯は、ホワイト山地 と呼ばれその中心の山脈が創成期の歴代大統領や有力政治家の名が冠されている大統領連山と呼ばれているらしいのだ。北から順にマディソン山(4代)、アダムズ山(2代)、ジェファーソン山(3代)と来て、次がワシントン山 だ。初代大統領の名で標高1917mでアメリカ北東部では最高峰だそうです。

ワシントン山コグ鉄道3
















この画像の左側の蒸気機関車が初代の蒸気機関車で長らくコグ鉄道の主役で1866年製の1号機で、開業時に走った最初のコグ機関車だ。縦型ボイラーがペパーソースの瓶(タバスコのような)に似ていたので、後にペパーザス と呼ばれるようになった。と ここの地図と鉄道のブログワシントン山コグ鉄道 I−ルート案内に詳しく書いてあるので興味のある方は、どうぞ

この登山鉄道は、プッシュフルで牽引する蒸気機関車が人気があるみたいですが 今現在は、この蒸気機関車は、昔ながらの蒸気機関車による運行は、夏のシーズン中、朝8時15分に出る1便に限定されてしまったとの事です。

なので これから紹介する蒸気機関車の動画は、中々レアな動画かも知れませんね



この山岳鉄道の始まりについて ワシントン山コグ鉄道 II−創始者マーシュという記事も書いてありましたが 日本では、観光鉄道で 黒字の所って どれだけあるんでしょうかね 自分の感じだと 箱根登山鉄道くらいしか頭に浮かばないのですがね

話は、変わりますが あの三陸鉄道リアス線が全線開通したそうです。地元は、お祝い騒ぎみたいでしたが 今地方のローカル線は、実際の姿(経営状態)などは、どうなのか なんてね ちと気になったのだが TVの番組で秘境駅で 通勤で 使っている人を探すという番組で 只見線の会津宮下駅の隣の無人の早戸駅を紹介していました。

2011年の3.11の後に 7月に新潟・福島で集中豪雨あり その時に只見線は小出 - 会津坂下間113.6kmが不通になり その後 今現在2019年では、会津川口−只見間の27.6kmは不通のままで同区間は代行バスが運行されているのですが こちらは、JR東日本の線区なので 三陸鉄道のように税金の投入は、出来ないので
どうするんでしょうか なんでも2021年度には、全線開通させたいと書いて有りましたが 県も負担するみたいな事も書いて有りました。

因みに気仙沼線は、BRTのバス運行に変わって来ていますが その残された気仙沼線の前谷地から柳津までの鉄道線路のリポートは、その内 紹介する予定です。尚 気仙沼線は、JR東日本の路線なのでね 


松本城は、第3位でした。

TVで 日本のお城ベスト30という番組をやっていました。その中で 松本城が 残念ながら第3位になってしまいました。 おいちゃんの予想では、第2位だと思っていたんですが 第2位は、大阪城で 第1位は、ぶっちぎりで姫路城でした。 まあ この番組の趣旨が お城そのものの美しさじゃなく あくまでも人気で選んでいるので しょがないのだが それにしても 大阪城に負けたのが 残念でしたね ちなみに 名古屋城は、第6位でした。

それで せっかくなので この松本城を紹介した 昔の記事を もう一度 紹介だ。 2015年2月15日に書いた 雪景色と貨物交換駅 その10の中で 詳しく取り上げていますので 興味のある方は、どうぞご覧ください

なぜIMAGICさんが この松本城を VRM3版で 作ったのか 最初 何を血迷ったのかと 思っていましたが 実際 それをレイアウトで 配置してビュアーで 眺めたら まあ これが凄いんですよ 作りが なので 又 VRM3版部品カタログから再登場だ。

VRM3版imagicお城1




























個人的には、姫路城より カッコいいと思うのですが 両方とも 現物は、見てませんがね

VRM3版imagicお城2




























こんな感じで VRM3版の部品カタログを 個人的なマガジン感覚で 作っていましたね

VRM3版imagicお城3


































名古屋城もあるんですよ

VRM3版imagicお城4




























でも こちらは、少しデカすぎてね 使いづらいんです。

VRM3版imagicお城5




























昔は、空いているスペースを埋めるのに必ず お城を配置してましたが そうすると おちゃらけレイアウトになってしまって でも本物の鉄道模型レイアウトでは、中々お城は、見掛けませんね 鎌倉の大仏や 観覧車は、よく鉄道模型運転会などでは、見掛けましたが お城は、やっぱりデカ過ぎるんですね

VRM3版imagicお城6



















お城を 配置する時に お堀を作るかどうか そこが悩むのです。 昔どこかのレイアウトで このお城の天守閣の部分だけを残して 他の部分を埋め込んで お寺の本堂みたいな感じにしていたのを 思い出しました。

ところで これらのお城の部品などは、VRM3版とVRM5版では、作りが違うのでしょうか? 車両は、確かに VRM3版に比べると 全然作りが 丁寧なんですが 他の部品の作りは、どうなんでしょうか まだ VRM5版で本格的なレイアウトを 作っていないので まったく そこら辺が わかりません

でも この お城は、なんか そう変わらないような気がしますね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ