新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2019年02月

VRM-NX EF58-53登場

いつの間にか VRMonLineで VRMNXのEF58電気機関車が 販売されていました。VRMNXパーツカタログというものが 出来たみたいですね

その中に このEF58-53登場しているのですが 他のパーツは、見当たらない所をみていると これからなんでしょうかね そのVRM-NX EF58-53の画像から

VRMNX-EF58-53













去年 2018年10月27日に機関車の王様が復活か?で 紹介したのが  EF58-53の登場の始まりなんですが 4か月くらいで VRMonLineに登場しましたね

という事は、 VRMonLineのVRM5版でも 走行出来るんでしょうかね そこら辺が さっぱり わからないのだが VRMonLineは、登録してあるので やる気になれば やれるんですが ネットのセキュリティーの問題で 一度 あきらめ VRM5版のパッケージ版を 購入してしまいましたが 今こうやって 考えると もう少し待ってれば良かったかな〜 とも思うのだが、、、

今度の VRM-NX も VRMonLineと パッケージ版の 二通りの販売になるんでしょうかね VRMonLineとVRMCLOUDとIMAGICさんの サポートに関して どうも 気になってね 結局 VRMonLineで 最初 始めるつもりが ネットのセキュリティーの問題で 問合せても こちら側の問題という事で あきらめざるを 得なかったのですが そこら辺のQ&Aが どこにも ないのが 素人初心者には、厳しい環境なんだね

結局 VRM5版パッケージを やってしまった以上は、これを続けなきゃしょうがないのだが VRM-NX も これから先 VRM5版とVRMonLineのような感じで 行くとすると また 悩んでしまうので 疲れるんです。

 失敗しない鉄道模型シミュレーターの買い方揃え方というのが 20年近くやっているのだが 上手く出来ませんね〜 一番の問題は、いつ頃から 新しいバージョンを始めるのか? 意外と これって 難しいかもね 

過去の流れで行くと 新規のユーザーを 掴むのか 古参のユーザーを引き留めるのか それを 繰り返しながら 今に至るですかね その中で 唯我独尊 我が道を行く おいちゃんなんだが その分 情報に疎くて 結局は、 墓穴を 掘っていますね〜 購入に関しては、

20年前の VRM2版 EF58-157も ついでに 又 紹介だ。やっぱり VRM-NX とは、全然違うね 

VRM2-EF58-157













他の鉄道シミュレーターでもEF58も ネットの中には、あるので 全部一緒に並べて比べてみたいね

でも このVRM2版でも 我慢すれば 眺められるのでね まだまだ健在ですよ

大宮鉄道博物館に行って来ました。その14

鉄道博物館に行ってきました。の続きからだ。前回の1/20模型で 漏れていた画像だ。

鉄博82−DD14ラッセル車












DD14ロータリー除雪車と ラッセル車の1/15模型?からだ。このラッセル車は、キ100というラッセル車なのかどうかは、知りませんが 家にある RaillMagazineの2009年2月の305号には、特集記事で 「雪と闘う車輛」として青森の弘南鉄道の「北の装甲車」として 当時は、現役で活躍していた写真が 載っていました。

そして 今の時代は、除雪車とは、呼ばないで排雪車と呼ぶのだそうですね ここで紹介したDD14ロータリー除雪車じゃなく ロータリー投雪車と 呼ぶのが 正式みたいですね

2007年12月に今時のラッセル車は,青色?で 米坂線の方に長期で行っていた頃に 撮っていた写真がDD14ロータリー除雪車だと ずっと思っていましたが これは、JR東日本のENR-1000という除雪の保守用車だったみたいです。

さて ここまでが 1/20模型などの紹介でしたが これからは、個人的に今 興味があるものを 紹介だ。

鉄博83−パンタグラフ







































まずは、パンタグラフの画像からだ。 これは、別ブログで 始めている鉄道関係塗り絵の参考になればと 撮って来ました。 が これが どの電車のパンタグラフとかは、調べて来ていません

鉄博84−空気バネ台車1













そして 今一番関心のある 空気バネなどがある台車の写真からだ。

鉄博85−空気バネ台車2













この台車廻りが どういう仕組みになっているのか 気になってね

鉄博86−空気バネ台車3












特に 電気機関車の台車廻りが 面白いんだね 

鉄博87−空気バネ台車4













これらの台車も 前に ここで紹介した凄い3DCGの103系を発見で紹介だ。その2の中の 103系の台車を 眺めていたら なんか描きたくなったのが きっかけだ。 そして これらの 他の鉄道車両の3DCGの画像を 眺めていたら 自分では、 3DCGは、作れないけど 眺めながら ああだこうだと 言えるようになるには、まずは、本物の 構造や仕組みも 覚えないと思ったからなんだがね

そうやって 眺めながら 今のVRM5版のEF66の台車廻りを 眺めていたら こりゃ凄い作り込みをしていると思ったので 今頃 やり始めたという訳なのだ。 でも 動かない3DCGの車両画像なら まだまだ探せば 凄いのが 出て来る可能性があるのでね そういうのを 探して 比べるのが好きなのでね

出来ない輩は、こうやって 比べて 楽しむという 下々の楽しみ方なのでね どうせ自分じゃ作れないからね

鉄博88−1983年日通ポスター1































たまたま 見付けた 昔の日通のポスターからだ。 こういう働く車は、隣のおっちゃんが大好きでね  まだまだ この鉄博シリーズは、続くのです。 

常磐線貨物列車

VRMポータルで 紹介されているVRМオンライン:常磐線経由で関東〜東北・北海道を結んでいた高速貨物列車EF81-81白Hゴム牽引の 記事を 眺めていて 10年近く前の地元の宮城を走行していた常磐線貨物を 思い出して 少し書いてみます。

そんなに詳しくは、ないので 間違っていたら勘弁だ。 2011年3月11日の東日本大震災が もし起きてなかったら おそらく 今頃は、常磐線を 昔のED75から EH500金太郎牽引で 運行されていたんじゃないのか?と 思ってね 間違っているかも知れませんが 

というのも 実は、あの3.11の一週間くらい前に 夜間作業で 常磐線の浜吉田駅近くの現場で 作業をしていた頃に このEH500金太郎?の牽引貨物列車を 目撃した記憶を思いだしてね 満点の星空で 丁度 今頃の真冬の寒い夜でしたが 異常に星空が 綺麗すぎて 星空ばかりを眺めていましたね

丁度 その時に いつものED75の機関車だと 思ったら なんと あの三つ目が通るのEH500金太郎だったような記憶があるんだね その前の2010年のダイヤ改正で 噂では、1日に 1本このEH500金太郎が 試験運用されていたという話を 後で聞きました。 当時は、地元の岩沼駅の手前にある阿武隈川橋梁が老巧化してEH500などの車重が重い機関車は、鉄橋を渡れないから 常磐線貨物は、デッドセクションを設ける水戸駅で機関車の交換が行われ 水戸以降は、当時は、ED75でしか行われていたみたいと書いてありました。

その頃の当時の常磐線貨物の運行ダイヤは、どうなっていたのか? 調べていて 色んなサイトやブログを 眺めていました。 そうしたら なんと 自分が その当時のJR貨物時刻表という 平成23年3月ダイヤ改正 創立60周年記念号という時刻表を 購入していたのを すっかり忘れていました。 そう あれは、2011年3.11の前の3月6日に ネットで注文していて そんな時刻表どころの騒ぎじゃなくなって すっかり諦めていた時に4月になって届いたというお話でした。

JRF貨物時刻表2011年度版


















今になれば レアな一冊なんですが なんせ この中の常磐線貨物は、 岩沼経由が バッサリ この3.11以降は、今は、消滅している訳なので 当時のダイヤから少し紹介すると

常磐線下りから
(79)〜91 隅田川(タ)21:04→      →        →仙台(タ)4:48
79〜(91) 隅田川(タ)21:04→水戸1:00→いわき2:33→仙台(タ)4:48
93越ケ谷(タ)23:08→水戸1:05→いわき7:20→岩沼10:29→仙台(タ)10:50→青森17:54→札幌(タ)1:46
95梶ヶ谷(タ)21:54→水戸1:35→いわき3:03→岩沼5:50→仙台(タ)6:16→青森17:54→札幌(タ)1:46
97北王子17:10→水戸20:27→いわき6:42→岩沼9:32→仙台(タ)9:51→小牛田10:33(日曜日運休)

常磐線上りから
90仙台(タ)23:03→岩沼23:24→いわき1:33→水戸3:55→隅田川(タ)22:28
92札幌(タ)20:54→青森6:52→仙台13:32→岩沼13:53→いわき16:50→水戸18:57→隅田川(タ)21:28
94札幌(タ)2:24→青森11:41→仙台17:50→岩沼→いわき20:46→水戸22:22→梶ヶ谷(タ)1:25
96小牛田22:21→仙台23:13→岩沼23:31→いわき1:38=5:30→水戸8:09→北王子10:08(土日曜日運休)

不定期を含めても 7〜8本の上下線が 2011年3月のダイヤ改正後は、運行される予定だったみたいでした。

当時 手帳にメモしていた記事では、常磐線のED75編成は、92レ、93レ、95レ、96レ、97レと 書いていたのだが 何を意味していたのか 今になってしまうと定かじゃないのだが このED75とEH500キンタの見分け方を 覚える手段として ライトの点灯して来る姿で 判断してたような気もするのだが その後の北斗星やカシオペアの牽引機EF510も 同じ三つ目でしたから やっぱり 正確なダイヤがないと わかりませんでしたね

どうして こんなに常磐線貨物に 拘るのか? それが




このレ93とレ92は、もしかして 岩手県の一関から盛岡の区間で撮影されたんでしょうかね なんか宮城県の東北線沿線じゃ見掛けない風景で 最初 仙台東信号所から石越間なのかと 思いましたが 雰囲気が 違うような気がしてね 

因みに 調べてみた感じでは、下りレ93が 仙台(タ)を10:50に発車して 盛岡に13:25到着で 上りレ92が 盛岡発車が11:08に発車して仙台(タ)が 13:32だから この時間帯で 岩手県の南部なんてね

適当に 推理して どこを 通過しているのか 当てるのも 面白いのだが 地元なら 大体 場所は、わかるのだが 地元以外は、わからないからね〜 

やっぱり欲しい153系のVRM3版

鉄博の模型を 紹介していましたが その中で 紹介した153系急行電車の1/20模型を 眺めて居たら どうしても VRM3版の 追加キット14の 153系直流急行電車 定価1600円が 欲しくなってね

昔 ここで 2016年2月に揃え忘れていた153系で 紹介していたんですが その後 何回かは、探してみたんですが やっぱり さすがに 20年近く経過しようとしているので どこにもないんですね

かと言って ネットの中古品やオークションを探してみましたが これが まあ他のVRM3版の中古CDロム版が とんでもない値段で 紹介されていてね いくら おいちゃんが このVRM3版を 全部揃えたいと 思っても 他のVRM3版のように 5倍以上の値段では、買う気がしませんわ でも 2倍以上では、購入してもいいけどね

まあ その前に 売ってもいい人が居るかどうかですがね そして 今まで この153系急行電車の 本当の中味というのか どういう種類が入っているのか 2種類くらいだと思っていたら それが 違っていたんですね

CHOさんのHPの中に この153系直流急行電車の車両紹介画像が あったので 勝手に紹介させて頂きます。

VRM3版 153系カタログ3










こんな感じで 6種類も 入っているんですね 

VRM3版 153系カタログ1












やっぱり この位の大きな画像じゃないと せっかくのVRM3版車両の作りの良さが 伝わらないからね

VRM3版 153系カタログ2















どうですか これだけの種類が入って 1600円ですからね まあ これが 最初から わかっていたら とっくの昔に 購入していたのですがね まさか こんなに沢山の種類が入っていたなんてね

それは、逆にいうと 今回のVRM5版のパッケージ版を購入して 昔みたいなVRM3版なら 線路など部品は、重複して入っていましたが 今回のVRM5版パッケージは、そういうのが ないので 本当に 購入する前に ちゃんと調べないと 後から これは、入っていないとか 大変なんだね

だったら最初から VRMonLineを やればと思うでしょうが 一度 失敗して こちらのVRM5版パッケージにしてしまったら これを やるしかないのでね 

そういう その時 購入しなかったけど 後で 購入しようと思った時に 鉄道模型のように 中古でも どこかに載っている感じだと 車両を 揃えたいと思っている人には、それでも 役に立つのですが この鉄道模型シミュレーターに関しては、 そういうのが 出来ないので 最新バージョンが 出て来ると 前のバージョンは、まったくの廃番商品になってしまうのでね

前に VRM3版の DL版は、今でも出来るんじゃないのか?と 思ったのですが 一切 DL版も 出て来ないのを 見ていると 不思議でね パッケージ版は、CDロム版が 無くなれば それで おしまいなような気がするのですが DL版は、 普通に考えれば オリジナルが あれば いくらでも 古いバージョンでも DL版は、販売出来そうなような気が 素人考えでは、するのですが 実際は、それを やらないのでね

なんか いつの間にか VRMonLineで VRMNXのEF58が 販売されていました。

VRM-NX-EF58













これが EF58電気機関車が 1両だけなのか? それで2200pt.なのか? 他のVRM5版機関車が 660pt、770pt、880tptが ほとんどなのに なんで このEF58は、こんなに高いのか 運転席周りも Trainz並みの表現にでも なっているんでしょうかね

それにしても どうも おいちゃんは、この鉄道模型シミュレーターに関しては、メーカーさんと相性が悪すぎるね〜 なんで 今頃 VRM5も 終焉を 迎えようとしている時期に VRM5を やり始めるのかね〜

もう少し 待てば このVRMNXから 始めれば良かったような気もするのだが  そこがね 年齢から来る 時代に 付いて行けないというのか この鉄道模型シミュレーターの進化に 付いて行けないからこそ どこかで 自分なりに この鉄道模型シミュレーターを 自分のニーズに合わせたところで 居座っても いいんじゃないのかと思ってね まあ そう考えないと これからの時代 周りに合わせるんじゃなく 趣味に関しては、自分に合わせる それも ひとつの考えだと思ってね

まあ 色々な考えが この鉄道模型シミュレーターにも ユーザーの中にもあってもいいんじゃないの 別に VRM5版を やらない訳じゃなく あくまでも 自動運転を楽しみたいだけなのでね

あくまでも レイアウト作りは、VRM3版で そこら辺の鉄道模型シミュレーターに関する 20年近くの おいちゃんの感想を その内 報告リポートでも 書くかね

大宮鉄道博物館に行って来ました。その13

又 鉄道博物館の1/20模型からの続きからだ。

鉄博69−1800形蒸気機関車?













ここからは、少し古い蒸気機関車などの模型から紹介だ。1800型蒸気機関車?から 1/15模型?

鉄博70−ロケット号蒸気機関車













ロケット号蒸気機関車 1/10模型 ここらは、昔の交通博物館の 模型なんでしょうか

鉄博71−初代?蒸気機関車













プレッキンリップ号?蒸気機関車 これが ロケット号よりも先なのかどうかは、わかりません 1/10模型

鉄博72−弁慶号蒸気機関車













弁慶号7100型蒸気機関車から この弁慶号が 一番最初に 子供の頃に覚えた蒸気機関車で 1964年の米国のTVドラマで ペチコート作戦?とかいうコメディーに 蒸気機関車が走る19世紀の田舎町の駅前のホテル(米国では、モーテル)で 繰り広げられた 喜劇で 日本のような がっちり 駅とか線路が 街の中では、寸断されている感じじゃない所が なんか 子供ながらに いいなあ〜と 感じてね

こちらの みちのく東北に来ると ローカル線で 無人駅に降りると わかるのだが 昔は、鉄道は、自動車よりも先に発達していたのだが その割に 街や村などに 受け入れられなかった場所に停留場が作られていたかそこら辺が この米国のコメディーで出て来る風景と 比べてしまってね 

おっと 又余計な話になってしまいました。

鉄博73−5000形蒸気機関車













5000型蒸気機関車 1/15模型?

鉄博74−150形蒸気機関車













150型蒸気機関車 1/15模型? この150型蒸気機関車は、1872年(明治5年)に 初めて使われた1号機関車で 英国製らしいです。前に 紹介した 弁慶号は、米国製で 他に独製も 輸入されていたそうです。 

ここの鉄道博物館には、そういった昔の交通博物館みたいな展示や説明は、少ない感じがしましたね

鉄博75−ロコモーション号蒸気機関車













そして 最後が ロコモーション号からだ。 なんでも 鉄道の発祥地は、英国の 1829年リバプール〜マンチェスター間にリバプール・マンチェスター鉄道が建設されたのが 始まりみたいで その時に 前に紹介したロケット号が このロコモーション号の改良版として登場して スピード競争に勝って 採用されたみたいですね

当時 このジョージ・スティブンソンが 蒸気機関車の発明家として 有名ですが その前に 1804年に英国人のR・トレビックで作られた大きなハズミ車がある蒸気機関車が 初めて レールの上を 歩く程度の速度で動いていたのが 一番最初とも書いてありました。

でも このロコモーション号のイメージが強いのか これが 一番最初だと 思ってしまいますね 日本の鉄道は、結局 英国、米国、ドイツの技術を 受け入れ それぞれ ごちゃまぜになって 基本の 狭軌1067个籠始の車の左側通行で 車の右ハンドルは、英国式でと でも 日本の電気は、周波数の50hzと60hzのように 電気を作る発電機は、アメリカ製60hzで ドイツ製が50hzに 新潟県の糸魚川(いといがわ)と、静岡県の富士川(ふじがわ)を結ぶ線を境にして 別れるみたいで 本当に なんで こんな 面倒な事に なっているのかね

まあ これも全て神代の昔から 変わらない 経済関係なのでね 又 脱線だ。

鉄博76−16番ゲージ保留地分から1













模型の展示コーナーから 打って変わって ジオラマレイアウトで 走っているHoゲージ16番の車両が 飾ってある場所からの写真からだ。

鉄博77−16番ゲージ保留地分から2













16番ゲージの保留地とでも いう場所なんで しょうかね

鉄博78−16番ゲージ保留地分から3













珍しい車両もあるようで TomixやKATOのHoゲージじゃみない 車両ばっかりです。

鉄博79−16番ゲージ保留地分から4












とある雑誌には、私鉄も含めて 1400両近くの車両があるそうで これらの車両が どこで作られているのか? そこら辺は、わかりませんが なんか ちらっと 昔は、カツミで 作っていると聞きましたが この前に紹介した
貨物レイアウトでは、Tomixの関係者が なんか 配置などを 修正していたように見えた画像を見ましたが

Tomixも Hoゲージ作っていますからね

鉄博80−16番ゲージ保留地分から5












こんな 東北新幹線の 試作新幹線も Hoゲージとして 展示してありました。

鉄博81−16番ゲージ保留地分から6












こういう 鉄道博物館でも そうなんですが いわゆる学芸員みたいな人が 全て このHoゲージの車両の選定も 決めているんでしょうかね どういう基準なんでしょうかね

まあ そこら辺は、 ここの鉄道模型シミュレーターも同じですが そこら辺が 作る側、売る側、見せる側の役得というものでね これだけは、 どうしようもないのでね そんなに気になるなら アンタも 入って作れば というのが 世界共通の 合言葉なので 今日は、ここまでだ。

そう言えば 肝心の HOゲージの線路は、どこのメーカーだったのを 調べるのを 忘れて来ました。 まあ 鉄道模型を やらない おいちゃんとしては、どこも同じなんだが 隣のおっちゃんが Nゲージの線路などで よく 鉄道模型運転会に行くと どこのメーカーの線路を使っているのか? 聞いていたので 気になったのでね

追伸

なんでも ここの鉄博の鉄道模型ジオラマレイアウトは、2014年のコンペで 天賞堂が 選ばれ それ以来 製作、そして メンテナンスも 行われていると 書籍には、書いてありました。

鉄道博物館に行って来ました。その12

鉄道博物館の1/20模型からの続きからだ。

鉄博50-クハ40系












クハ40系の電車から 1/20模型

鉄博51−けごん













特急電車けごん 東武鉄道 東武1720系特急電車? 1/20模型

鉄博52−近鉄ビスタカー2













近鉄ビスタカー2 1/20模型

鉄博53−DD50形式












DD50形式 カットモデル 1/15模型 前に紹介していた 模型でも この手のカットモデルや 古い機関車は、1/20模型じゃなく1/15模型だったかも 知れないので 間違っていたら ごめんなさいだ。

そういえば RaillMagazineの交通博物館の記事の中には、1/15模型の方が 多かったような気がするので これらは、それこそ 50年以上も前のレアもの鉄道模型かも知れませんね

鉄博54−スハ?カットモデル












スハ客車? カットモデル 1/15模型?

鉄博55−クハ153系急行電車













クハ153系急行電車 1/20模型 唯一 VRM3版で 持っていない153系急行電車だ。 これさえ 揃えば VRM3版は、完全制覇なんだが こうやって 模型で見ちゃうと 又 欲しくなりましたね

鉄博56-保守用車関係1













まさか こんな保守作業の車両まで 展示してあるとは、 線路に置いてないのが 残念だ。

鉄博57-保守用車関係2













保線モーターカーも展示してありました。 昔は、この黄色しかなかったんでしょうかね 国鉄時代なのか?

鉄博58-保守用車マルタイ1













マルチダンパーのマルタイからだ。 かなり大きな模型で 1/15なのか1/10模型なのか?

鉄博59-保守用車マルタイ2













よく 眺めてみたら 仙台鉄道管理局と 書いてありました。 地元の車両でした。 国鉄時代なんでしょうかね

鉄博60−D51蒸気機関車













D51蒸気機関車から 1/10模型? 

鉄博61-EF58機関車試作機













EF58直流電気機関車の試作機から 1/15模型

鉄博62ーED42形式













ED42形電気機関車 大きさが1/15模型なのか 1/10模型なのか? 古い感じの鉄道模型です。

鉄博63−C55流線形蒸気機関車













C55流線形蒸気機関車 こんな蒸気機関車が 実際に走っていたそうです。 義理のオヤジさんが これを運転していたと聞いた時は、 ビックリしましたが 模型で 見るのも 初めてです。 それにしても デカい 1/10模型?くらいの大きさに見えました。

鉄博64−C62蒸気機関車












こちらも デカいC32蒸気機関車からだ。 1/10模型?くらいの大きさに見えました。

鉄博68−9600蒸気機関車













9600蒸気機関車から 除煙板デフレクターがない蒸気機関車から このデフレクターは、昔ドイツの鉄道で ワグナー式というものを 取り付けたのが始まりとも書いてありましたが 日本では、 1920年代後半に様々な構造の風切り板などを C51型辺りから 取り付けたみたいと 書いてありました。 1/15模型?

もう少し この模型が 残っているので 続きは、 次回だ。

大宮鉄道博物館に行って来ました。その11

鉄道博物館の1/20模型からの続きからだ。

1/20の模型は、やっぱり 家庭で見る 鉄道模型とは、感じが 全然違うのでね とにかく デカいのです。

鉄博35−東海道新幹線試験車両951系













東海道新幹線の951系の試験車両だそうです。 こんなの写真を撮っても あんまり意味は、ないのだが せっかく鉄博に行ったのと おそらく もう行けないと思ったので 撮りまくって来たというお話だ。

鉄博36−修学旅行電車クハ155












修学旅行電車クハ155系 カットモデルから

鉄博37−581系はくつる













581系はくつるの1/20模型から 結構 迫力があります。 最近 鉄道模型を 走らせないで 眺めるだけでも いいんじゃないのかと 真剣に考えているのだが Nゲージじゃ小さ過ぎるし HOゲージでも もうちょっと そう考えると1/45のOJゲージが 良さげなんだが これは、ムサシノモデルのEF66だと 60万以上もして マイカーよりも 高くなるので 無理として残るは、青島の1/45のプラ模型のEF66の1万6千円が一番良さそうなんだね 

しかし このプラモデルを制作するには、かなりの技術が必要で しかも 部品を1個1個塗装もしなきゃちゃんとしたEF66は、完成出来ないので これも 難しいんだね ネットで 完成品を 作ってくれる会社もあるみたいですが もし このEF66の完成品(塗装済みの)を 販売しているとすると どのくらいなんでしょうかね

余計な話に なってしまいましたが 今 この機関車に興味があって 走らなくても 眺めるだけでもいいんじゃないのかと 思えて来たので 書いてみました。 まあ そういう意味でも この1/20模型も 見るだけでも いいんじゃないのかと思ったので ついでに 紹介しています。

鉄博38−DD13













VRM3版を やり始めてVRM2版に 入っていたDD13の1/20模型から品川機関区にあった1号機だそうです。

鉄博41−ED70













ED70電気機関車から 1/20模型

鉄博39−クハ481形こだま形












481形こだま形特急 1/20模型

鉄博40−クモハ471系












クモハ471系電車 1/20模型

鉄博42−20系寝台客車あさかぜ












20系寝台客車あさかぜ 1/20模型

鉄博43−DF50?













DF50? カットモデルから 1/20模型?

鉄博44−ナハ101













ナハ101客車カットモデルから 1/20模型

鉄博45−東海道新幹線0系ドクターイエロー












東海道新幹線0系ドクターイエローから 1/20模型

鉄博46−ED45形式













ED45形式 カットモデルから 1/20模型?1/15模型?

鉄博47−キハ82系白鳥













キハ82系白鳥から 1/20模型

鉄博48−キハ81系はつかり













キハ81系はつかり 通称ブルドック 1/20模型

鉄博49ーEH10マンモス













EH10マンモスから 1/20模型

以上 今日は、ここまで まだまだ 続きます。




















大宮鉄道博物館に行って来ました。その10

鉄道博物館に行って来ました。その10からだ。 VRM5版も やればやる程 難しいので 少し息抜きと 写真の整理を兼ねて 紹介だ。 その前にVRM5版の 前面展望動画って 人気があるんですね〜 嫉妬を感じながらも まあいいかと 半分諦めで 早くVRM3版の越河駅レイアウトを 完成させなきゃ駄目なんですがね

あっちもこっちも 手を出し過ぎで 少しずつ整理して行かないとね 

鉄博17−E5系新幹線はやぶさ













E5系新幹線「はやぶさ」からだ。 1/20の縮尺の模型みたいです。

鉄博18−近畿鉄道ビスタカー














近畿鉄道 特急ビスターカーから 1/20の縮尺の模型から

鉄博19−E1系Max新塗装色












E1系Max新塗装色の カットモデルの1/20の縮尺の模型から

鉄博20−251系スーパービュー踊り子













251系スーパービュー踊り子の1/20の縮尺の模型から

鉄博21ーE3系新幹線こまち













E3系秋田新幹線「こまち」の1/20の縮尺の模型から

鉄博22−レ90二軸貨物車













レ50という二軸貨物車の カットモデルから 

鉄博23-E2系新幹線はやて












E2系新幹線「はやて」の 1/20の縮尺の模型から

鉄博24−ク5000自動車運搬車












ク-5000自動車運搬車から 1/20の縮尺の模型からだ。 1/24のプラ模型の自動車より 少し大きいのでね

鉄博25−E1系Max旧塗装色













初代2階建て新幹線 E1系Max新幹線「旧塗装色」から1/20の縮尺の模型

鉄博26−EF63電気機関車茶釜













E63電気機関車の茶釜から 1/20の縮尺の模型

鉄博27-400系新幹線つばさ













400系山形新幹線「つばさ」から 1/20の縮尺の模型

鉄博28−200系新幹線













200系東北新幹線「やまびこ」から 1/20の縮尺の模型 後ろが カットモデルになっています。

鉄博29−キハ58系?













キハ58?なのかキハ28なのか たぶんキハ58だと思う旧国鉄色気動車から 1/20の縮尺の模型

鉄博30−0系新幹線ひかり













0系東海道新幹線「ひかり」 唯一の東海道新幹線からの車両というより 交通博物館にあった車両でしょうか

鉄博31−東北新幹線試験車両ねこ耳1













こちらは、300勸幣總行の新幹線での試作車両の通称「猫耳」と呼ばれた 不採用になったストリームラインからだ。 結構 人気は、あったけど 


鉄博32−東北新幹線試験車両ねこ耳2













眺める角度で この新幹線のデザインは、大きくかわるのでね 1/20の縮尺の模型です。

鉄博33−東北新幹線試験車両ねこ耳3












もうひとつの 試作新幹線の 猫耳の アローラインから

鉄博34−東北新幹線試験車両ねこ耳4













こちらの 試作新幹線アローラインが 採用されて E5系はやぶさが 生まれた?かどうかは、調べていないので よく わかりません まだまだ続きます。

ワイヤーフレームを見て 続きから

昨日の鉄道模型レイアウターF2011を 使って作ったTomixレイアウトの続きからだ。

ちょこっと スケベ心で 試しに VRM5版2+のTomixレールや高架プレートを 使って 配置してみようとやっていました。 が これが しょっぱなから 全然 感じが 違うので 出来ませんでした。

まずは、動画の画像から拾ってみたレイアウト図の全体像からだ。

鉄道模型レイアウターF2013-AA







このように 3600丕900mmのコンパネ2枚分との 話だったので まずは、そのサイズで レイアウターに Tomix部品の 線路や 高架プレートを 配置してみました。 ところが このVRM5版2+のTomixレールや高架プレートには、 この手の900个房まるようなレールと高架プレートは、数種類しかないので まずこの左側の 半径の線路配置と 高架プレートで つまづいてしまいました。

鉄道模型レイアウターF2013-1



















上のレイアウターの画面では、Tomixレールの半径サイズを考えるとR427とR393の複線区間しか この900个房まるサイズは、考えられなかったので これに合う複線プレートを 探したら このサイズの複線プレートは、最初から このVRM5版2+には、入っていないので R427とR393の単線プレートを 配置してみました。

ご覧の通り ぴったり900个砲蓮△ちっと収まったのですが ところが これを ビュアーで確認すると なんと 200亢瓩 この900个ら はみ出てしまったのです。 それが下の画像だ。

鉄道模型レイアウターF2013-4




















まず これを見て なんだこれは、900个法ーまらないでは、ないの? という事で やる気を 無くしてしまったのだ。 じゃあ VRM5版2+に入っている複線高架プレート(正式には、Tomixカーブガーダー橋C317・280-15)を 配置て見たら レイアウターの表示だと こんな感じで 全然 レイアウターFの カーブの大きさとは、全然違うように見えるんですね

鉄道模型レイアウターF2013-2






















まあ これも 昔のVRM3版の時も 散々苦労してTomix版レイアウトを作ったのですが その時も 最初から900个僚蠅髻100个箸110个僚だ気靴董〆遒辰討い泙靴燭 このVRM5版2+でも 同じだったんですね

鉄道模型レイアウターF2013-3

















でも この鉄道模型レイアウターF2011のレイアウト図を眺めていると どうも部品が そもそも違うんじゃないのか?と思えて来てね それとも このVRM5版2+以外にも Tomix版レールが入っている号数があるんでしょうかね 調べたけど なんか 無いみたいなんですが

まあ 考えてみれば このVRM5版で わざわざTomix版レイアウトを 作ろうなんて 誰も考えないからね でも なんでも 検証したくなるのが 悪い癖なので やってみて 初めてわかる事もあるので まあ いい経験でした。


ワイヤーフレームを見て

VRM5版のワイヤーフレームを 一度も まだ 見ていないおいちゃんだ。

そんな中で 鉄道模型レイアウターF2011を 使って作ったTomixレイアウトの ワイヤーフレームで作った動画があったので紹介だ。

鉄道模型レイアウターF2013












その前に 今現在は、この鉄道模型レイアウターF2011じゃなく F2013が 最新のレイアウターみたいで その後 更新は、されていないみたいだね しかも IMAGICさんにも紹介されていないという事は、、、

まあ それは、いいとして 今 自分の所には、VRM5-2+貨物編という Tomixバージョンのパッケージがあるのですが どうも このTomix版線路というのが 苦手で ほとんど 使っていないんですね 貨物用牽引機関車欲しさに 購入してしまったのだが でも このレイアウターF2011の動画を 見ていたら なんか こういう 完全にNゲージ鉄道模型用の レイアウトも 遊びで作るには、いいかと思ってね

実際 VRM3版では、Tomixのレイアウトプラン通りに 作って見たりしていましたが 肝心の280-15Rカーブ曲線ポイントでしたか? あれが 実際のVRM3版レイアウトでは、動作が 出来ないのと なぜか 接続して行くと ズレが 出来てしまい バリアフルレールを 入れたり 1800丕900丱汽ぅ困箸 600丕900丱汽ぅ困梁腓さだと はみ出したりと 意外と 面倒で それ以来 Tomix版線路とは、相性が 悪くてね

大体 この鉄道模型シミュレーターを 実際やっている人で この鉄道模型レイアウターF2011を 購入している人は、居るんでしょうかね なぜか 隣のおっちゃんが 中古の古い鉄道模型レイアウターFを 持っていて これどうやって使うんだ。と聞かれた事があるのですが その時 まだ このワイヤーフレームに興味が無かったので
あげると言われましたが 断った記憶があるんだね

まあ そういう与太話は、いいか まずは、動画の紹介からだ。



このレイアウトのサイズが 3600丕900个覆鵑任垢諭‥兎哀拭璽鵐董璽屮襪眛っていますね 暇な時に 一度これを 実際に VRM5-2+貨物編で作って見たいですね 

ただ 今は、自動センサーの方の学習で忙しいので 息抜きにでも 作って見ますかね 前に VRM3版で 作った時は、 時間との競争で 何時間で 作れるか それを 念頭に 遊びながら 何時間で作れるか まあ そういうレイアウト組み立て時間の お遊びも おいちゃんから言わせると 鉄道模型シミュレーターのゲームとしてのお遊びなんだが マイワールドの世界だから 時間通りに作れたから なんなのさ?で 終わってしまうのだが
 なんでも そういうバトルがないと 面白くないのでね 

常に そういう 興味で この鉄道模型シミュレーターで 楽しんで来たので 20年近くやっていても 飽きないんだが 伝わらないね〜 でも ここの新VRM3★井戸端会議を 13年近く眺めている常連さんには、 多少は、このアホさ加減が あるから 遊びとしての鉄道模型シミュレーターを ご理解頂いていると思っているのだが どうなんでしょうかね 常に 素人、初心者、 それが ここの新VRM3★井戸端会議のポリシーだ。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ