新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2018年10月

VRM3版限定103系編成表から19

JR103系関西圏低運転台ウグイス色8両編成から

VRM3版JR103系低運転台関西圏ウグイス色1













JR103系低運転台ウグイス色は、まだ走っていたんだね〜4両編成ですか 奈良線で走っているみたいです。



この奈良線というのが どこを走っているのか 知らなくてね 京都駅から木津駅と書いてあり 要は、奈良駅までじゃなく京都と奈良の県境で 木津駅以南が関西本線(大和路線)に乗り入れ奈良まで 直通で 行けるみたいですね 1964年に登場してからだから 54年経過して 今でも現役ですか? 若い人も写真を撮っているんですね〜 



それにしても 103系ウグイス色の車体が 綺麗ですね〜 でも そろそろ引退するとの噂ですが なんか 写真や昔の山手線色のウグイス色に比べて 鮮やかですね この103系のカラーリングこそ 仮想鉄道模型で 作られた車両だと 色々あって とくに ここのVRM関係だと バージョンによって 多少色目が 違うように見えるのだが 鉄道模型じゃないので パソコンのモニターによっても 違うようにみえるからね

だから制作側の本当の色目と こちら側のモニターで眺める103系では、どう色目が違うのか 一度 本物の漫画で言う 原稿みたいな元ネタの画像が 見てみたいね

VRM3版限定103系編成表から18

JR103系関西圏低運転台カナリア色8両編成から

VRM3版JR103系低運転台関西圏カナリア色1













ビュアーで撮ったスクリーンショットですが 車両編成の 先頭車両の前面の角度が 少し 歪んで見えるのが気になりますね それと 一番奥の線路の画像が 潰れたかんじにしか見えないのが気になりますね

VRM3版限定103系編成表から17

昨日の103系仙石線仙石ライナー色編成の画像を 塗り絵で 合成しようとしましたが やっぱりどうも 上手く行かず しょうがないので VRM3版で 同じようなビューわかしおさんのような勾配区間の背景を 作ろうと 頑張ってやってみました。 それが こちらです。

VRM3版103系画像仙石線1













どうしても VRM5版アドバンスレールのような感じには、ならないので 仕方ないので 複々線の4線を配置して 手前を 広く見せて 車両編成が 見られるようにしてみました。

VRM3版103系画像仙石線2













IMAGIC線路だけでは、弱いので いつもの築堤を+3个任ぶせて バラストで埋め尽くしています。

VRM3版103系画像仙石線3













一番 高い場所で +55个如…磴そ蠅 +5个慮配区間です。

VRM3版103系画像仙石線4














向こう側だけ 高架プレートが複々線や なぜか128个旅皺優廛譟璽箸諒線用がないので 仕方なく 反対側だけ スロープを+15亶發配置して高架プレートの代用にしています。

VRM3版103系画像仙石線5













こちらが 元々の画像と塗り絵で作った103系仙石線からの画像からだからだ。

VRM5画像ビューわかしおさん13VRM3版103系背景画像仙石線2







やっぱり このVRM5のアドバンスレールと比べてしまうとVRM3版のレールは、見劣りしてしまうね〜
まあ しょうがないか 諦めよう

VRM3版限定103系編成表から16

103系0番仙石線仙石ライナー色4両編成から

VRM3版103系背景画像仙石線2












中々塗り絵が上手く行きませんね〜 この背景画像に合わせて 同じ角度で 車両編成の画像のスクリーンショットを 撮るのが 結構 難しくてね〜 少し休憩だ。

VRM3版限定103系編成表から15

さっそく ビューわかしおさんの画像を 拝借して VRM2版103系1000番台開通扉東西線シルバー黄色帯15両編成の 画像を 作って見ました。

まずは、E231系の画像のE231系を 取り除いた画像を 作りました。

VRM3版103系背景画像1













ここにVRM2版103系1000番台開通扉東西線シルバー黄色帯15両編成の 画像を 貼り付けるのですが その前に この緩やかな勾配を 作って それに合わせた画像を作るのだが、、、

VRM3版103系背景画像1000番台2













元々の画像が これなもんで ハッキリ言って VRM5版のE231系に比べてしまうと 話にならないのだが まあ なんでも 挑戦で 作ってみました。

VRM3版103系背景画像1000番台3













こんな感じで 元ネタが 良くないと 結局 塗り絵も 中々上手く行きませんね 倍以上時間が掛かって その割に 出来が良くないので 途中で 辞めようかと 思ったけど これも勉強だと思ってね

このVRM2版103系1000番台開通扉の動画からです。 

VRMは、走らせるだけじゃないのだ。

VRMは、レイアウトを作って走らせるだけじゃなく 画像で楽しむというのが おいちゃん流の遊び方なのだ。 その代表が ここのブログを始めた当時から やっている「塗り絵」のお遊びだ。

せっかく VRM画像があるのだから 自分なりの 気に入った画像に 変身させるのが 好きなんだが それには、モノマネと同じでね いい素材がないと 自分なりの塗り絵画像が作れないんだね

その点 最近のVRMポータルの Twitter記事には、 いい素材のVRM画像が わんさかあって 嬉しくてね これを 眺めながら 自分なら こういう背景にしてみたいとか こちらのシチュエーションも 悪くないんじゃないのかと とにかく 人のふんどしで相撲を取るのが大好きなのです。

そんなVRM画像を 勝手に 修正して 塗り絵して遊んで楽しんでいますが 怒らないでね 一応 画像編集の勉強を兼ねて 遊んでいます。 最近の お気に入りは、ビューわかしおさんの 画像が とくに いいですね〜

VRM5画像ビューわかしおさん13orijinaru












このE231系の 緩やかな勾配区間を 駆け上る走行画像ですが この微妙な勾配傾斜が いいんだね 一番最初に こういう勾配傾斜を 意識したのは、foxさんのVRM4画像からなのだが 当時は、それまで 意識していなかった こういう何気ない風景こそが 列車編成を 走行させて見える 楽しみ方というのを 教わりましたね〜  とにかく 人のVRM画像が 一番色々参考になるのでね 

で ビューわかしおさんには、申し訳ないのだが おいちゃんだったら こうしてみたいと言う 画像を 塗り絵してみましたので 参考に 見て下さいね

まずは、 オリジナルのE231系の画像からです。

VRM5画像ビューわかしおさん13













この手前のホームで 線路が 隠れているのが 気になって 線路が 見えるように塗り絵してみました。

VRM5画像ビューわかしおさん13-修正1












でも もっと 線路を 強調したかったので 更に ホームを 隠して 全部 取っ払ってしまいました。

VRM5画像ビューわかしおさん13-修正2













更に 輪郭強調で 車体がクッキリ見えるようにしてみました。

VRM5画像ビューわかしおさん13-修正3













やっぱり VRM5のアドバンスレールは、いいね〜 こういう高架区間のバラスト向きなんですな〜 でも 在来線の地方の線路のバラストにしては、ちと 細かすぎてね そこが このバラスト区間の使い分けを どうするか なんてね おいちゃんが いう事でもないか鉄道模型でいうと 会津バラストのどれを選ぶかなんでしょうかね

最後に 紹介するのが 背景の青空を Zioさんの飛行機雲に替えて 架線柱も これから 色々他にも 使えるように 単純化して 塗り絵してみました。

VRM5画像ビューわかしおさん14背景飛行機雲2












オリジナルのビューわかしおさんと 又 違った感じに見えますかね これを 元に こちらのVRM3車両を 紹介していく背景に使う為に 塗り絵をして こんな感じの画像を 作ってしまいました。

この場を 借りて ビューわかしおさんには、感謝、感謝です。 塗り絵も 楽しいですよ ちょこっと 時間と手間が掛かりますが 暇つぶしには、最高ですよ  結構 色々テクニックも 使うので 面白いです。

追伸

手前の線路の軌間を修正しました。角度と軌間の幅が どうも 気になってね 昔は、そんなに気にならなかったんだけど 最近は、細かい所が きになってね まあ たいして 変化は、ないのですが 気休めです。

VRM5画像ビューわかしおさん14背景飛行機雲4

VRM3版限定103系編成表から14

VRM2版103系1000番台貫通扉常磐線エメラルドグリーン色15両編成からだ。

VRNCLOUD画像9













103系の中でも このエメラルドグリーン色の常磐線が 一番個人的には、好きですね この色の103系が 欲しくて 103系第1セットを ずっと狙っていたというのが 正直な感想だね  意外と 鉄道模型Nゲージでも このエメラルドグリーン色は、多数のメーカーが販売していて人気があるみたいだね 

車輛を集めて楽しむという鉄道模型の醍醐味を 仮想鉄道模型でも味わいたい しかも メーカー製の 同じような品質で というのが おいちゃんからすれば 当たり前の考えなんだが まあ 鉄道模型のように 競争がないからね〜 ここなんだよね〜 メーカー同士の競争じゃなく 有料ゲームと無料ゲームの競争みたいな感じでね 

だから おいちゃんのような どっちつかずの年寄りユーザーは、古いゲームに固執してしまうのだが ここら辺を もう少し手を差し伸べてくれるメーカーさんが 現れると 本音は、嬉しいのだが なんせ 暇があっても お金と技術と知識と教養がないのでね あるのは、忍耐力だけだからね 

機関車の王様が復活か?

最近 続けざまに VRM-NXの記事が 登場するIMAGICさんのブログですが ついに あの機関車の王様が登場だ。 長かったね〜 VRM4版でもVRM5版でも 登場しなかったEF58なのだが なぜ このVRM-NXに登場なのか そこには、20年近く前のVRM2版のEF58-157から さかのぼって考えないと わからない世界があるんでしょうかね そこでだ まずは、VRM2版のEF58-157から紹介だ。

VRM3基本EF58-157

















こちらが VRM2版のEF58-157で 今回のブログのEF58と同じ感じの機関車の画像からだ。 で 今回のブログ画像が こちらの画像だ。

VRM-NX-塗り絵3基本













なんか 撮り方が 少し湾曲して 見えるのだが そこに VRM2版EF58-157を入れ替えて見ると

VRM-NX-塗り絵3基本EF58-157













こんな感じで いかに この台車周りの作りが 重要なのかが 一目瞭然だ。 じゃあ 唯一VRM3版であるEF58-138では、どうなのか

VRM3基本EF58-138


















まあ そんなに VRM2版のEF58-157とは、見た目の描写に関しては、同じに見えるのだが どうでしょうかね 知らない人から見れば VRM2版やVRM2版に EF58があった事さえ知らないかも知れませんが こんな感じのEF58の車両は、かなり前から あったんですが ご覧の通り 中々リメーク版のEF58は、出て来なかった。

VRM-NX-塗り絵3基本EF58-138













そこの一番の 原因は、もしかしたら この台車周りの描写表現だったような気がするんですがね このEF58のVRM2版やVRM3版を走行させると 一番 気になる部分が この台車部分のガクガクする動きでね これがイマイチだったのと 色合いというのか車体に影がないので まず立体感と重量感が この車両だと色合いに あんまり強弱がないのか 感じられなくてね 他のEF81とかEF66に比べると VRMの車両の作りとしては、見劣りしてしまうので どうしても VRM3版で使う機関車としては、圧倒的にEF81かEF66が ほとんどでね その次が 逆に古いVRM2版のEF65かEF64が 多くて 一番 使わないのが VRM2版のEF210でしょうかね

まあ これは、鉄道模型でも そうですが 結局は、一番 お気に入りを重点に使って そうでない車両は、気が向いたら だから 種類が増えても あくまでも 使う車両は、いつも 同じみたいな感じは、あり得ますね〜

なので 今 103系シリーズで 27種類の動画を 作っていますが この27種類を 全部 まんべんなく使うなんて事は、まず 自分では、あり得ないのでね だから 如何に お気に入りの車両を 多く見付けるか そこら辺が コレクターとしての 鉄道模型シミュレーターのお遊びとしての楽しみ方なのだが。 そういうコレクションとして これからの VRM車両は、集めて楽しいような 素晴らしい車両が 出て来て欲しいね

トリプルクロスてなんだ。

いよいよ最後の夜間作業も 終了して おそらく これで夜勤関係の仕事は、おしまいです。 長かったね〜 約12年近く 不規則な生活を 送って来ましたが これからは、自由な時間が 増えるのだが お金が入らないので 益々新しいVRM-NXには、中々辿り着かない感じですが VRM3は、続けるのでね

さて 昼頃 起きて ネットニュースを 眺めていたら こんな 「同時に3両台の電車が入る「トリプルクロス」が話題」というニュースが 飛び込んで来ました。

なるほど そういう事だったんですね まあ動画を見て下さい



なんでも 発生は週1回程度、午前8時12分。平日の朝のラッシュ時だけらしい。だそうです。今度は、上空からじゃなく 平面からの動画からだ。



なんか そういえば 昔これに近い感じの市電の動画を UPしたのを思い出したので ここで紹介だ。



もう1本 結構時間を掛けて作ったレイアウトの仮想仙台市電レイアウト完成版からの動画です。



VRM3版で 市電レイアウトを 作るのは、結構 しんどい作業でね とくに 石畳のカーブ部分が 思うように表現出来ないのが きつかったね〜 今思えば懐かしいレイアウトです。

VRM3版限定103系編成表から13

VRM2版103系1000番台貫通扉常磐線シルバー緑帯色15両編成からだ。

VRNCLOUD画像8












まあ 他の103系に比べると 少し雑に見えるのが この103系1000番台貫通扉の車両だ。 当時の描写では、この黒い線が これ以上細く しかも 窓関係の 角を丸く表現するのが 難しかったのか あるいは、、、 いずれにしても もう20年近く前の事なのでね メーカーさんは、嫌がるでしょうが そこが 一回 世の中に出てしまったら それが メーカーさんの その当時の実力になるのでね まあ 仕方ないですね

だから 昔の車両は、見せたくないかも知れませんがね 鉄道模型でも レア物は、レア物で人気があるのでね
そこら辺の臨機応変な 対応を 見てみたいのだが インテリ思考の人には、 ちと プライドが許さないかね



さて 今日も これから 夜間作業だが これが一応最後の仕事になる予定なのでね VRM-NXと 同じように おいちゃんも 次世代に合わせて 何か変わらないと なんてね 嘘だよ〜ん

今日の朝方に 突然 緊急地震警報が 鳴り渡るようなご時世じゃ この先 何が起こるかわからないからね 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ