新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2018年09月

EF65 1126の話題から続き

今晩と明日も 夜間作業があるので手短に

昨日 紹介した記事のEF65 1126の話題から続きからだ。VRM4チャレンジ日記さんのブログの記事で さっそく このEF65-1000のひさしの色 という記事が 載っていました。

それに便乗しての記事だ。 まずは、おいちゃんの予測が 大幅に外れて なんとVRMonLINEでは、掟破りの1540円とのこと 詳しい中身は、知らないのだが まさか この1両だけのお値段じゃないとは、思うのだが なんか他の機関車とセットみたいな感じなのだが そこら辺の販売方法も よく わかりません

で まあ そこら辺は、売る方の勝手なので どうでもいいんだが それ以上に 衝撃的だったのが VRM4チャレンジ日記さんのVRM5版のEF65電気機関車の画像だ。

こういう感じの細かい部分の違いみたいな画像を見た事がなかったのでね 勝手に ここで紹介だ。

VRM4チャレンジ日記さんEF65-1
















これが 見たかったんだね この色目と メーカーさんの色目の違いとか ユーザーのPCで 見られる画像と メーカーさんのPCからの画像の違いとかね やっぱり こうやってみると VRM5版の車両は、凄いね

VRM4チャレンジ日記さんEF65-2














この角度で 上から眺めるとは、想像していなかったので 今度は、下から覗きたいなんてね スケベオヤジは、思うのだが いけませんね〜 なんで こんなに この鉄道シミュレーターの車両に 拘るのか?

それは、自分には、作れないので せめて どの車両が 作りが どの部分が凄いとか 野次馬的に 見ているのでね とくに素人さんと プロと呼ばれている人の車両の違いに関しては、出来れば あらゆる角度から 見てみたいのだが まあ あのムサシノモデルの影響でしょうかね

さて こういうのを 見せられると VRM5版もいいなあ〜と 思うのだが そう考える前に 次世代VRMNXが登場じゃ そりゃ これから この鉄道模型シミュレーターを やってみたいと思う人は、迷うでしょうね

その意味でも このVRMonLINEで EF65 1126を 単品で売らないで なぜ 他の機関車と一緒にセット売りをしているのか? そこら辺を 裏読みしてしまう どうも悪い癖が 直りません

果たして VRMNXでは、VRM5版の車両が 使えるのか? 野次馬的には、そこが まずは、知りたいね

おっと 時間なので 今日は、これまでだ。 雨降りなんだよね もう少しの辛抱なので 頑張って来ますかね

EF65 1126の話題から

今日の話題は、このIMAGICさのブログ記事の[VO]先行準備中 EF65 1126からだ。 この記事を見た時 エ〜なんで VRMonLINEから 又EF65-1126なる電気機関車を 販売するのか? 前の記事まで VRMNXの記事で 完全に そちらにシフトしていたのかと 思ったら 不思議だね そこで 今日は、このEF65-1126を 肴に 井戸端会議だ。 と言っても いつもの一人芝居だがね

まず 一番最初に言っておきたいのは、20年近く ここで訴えていた 鉄道模型シミュレーターゲーム(VRM)は、かなり個人によって温度差がある優越感と劣等感を感じる特殊なゲームというのが おいちゃんの持論でね そこを 認識して 話を 聞いて欲しいのだが

要は、まずパソコン知識と 鉄道知識が無いと遊べない 常に進化して行くので それに合わせた費用も掛かる そして 一番は、 その進化の過程で ファーストパーティーやセカンドパーティーそしてサードパーティーの見えない壁が生まれ より選別された層で 階層が生まれ 最後には、どの階層で 踏み留まって遊んで行くか それとも別の道を選んで離れて行くか その選択を ユーザー自身が 選んでくという 普通は、もっと 下の階層に合わせたゲームとして生き残りを図ろうとするゲームと根本的に違う要素が この鉄道模型シミュレーターゲーム(VRM)には、あるんじゃないのかと ずっと考えていてね

 だから 自分は、今のVRM3という現状に満足している訳じゃないのだが ここに居る限りは、優越感なんだが その上のバージョンに移行すれば これまた劣等感でしかないのでね 要は、VRM3版のファーストパーティーのお山の大将が 一番 お気に入りの定位置なんだね

そんな この鉄道模型シミュレーターゲーム(VRM)は、常に 車両などは、焼き直しの繰り返しなんだが その歴史というか 過去の作品というか 車両などの画像が 今ほとんど どこにもない現状を眺めていると まるで 
鉄道模型シミュレーターゲーム(VRM)が 今のVRM5から 始まったように感じてね それは、違うだろうと 今せっせと 過去のVRM車両の画像を 探しています。

そんな中でのEF65-1126の記事を見て 過去のEF65電気機関車を 通して このVRM車両の変遷を 考えてみました。 まずは、今回のブログ記事のEF65-1126と この前まで登場していたVRM5版EF65の画像を 比べてみました。

VRMonLINEパーツショップ電気機関車EF65編2




















一番上が 今回ブログに登場したEF65-1126の画像で その下が VRM5版の第7号に登場したEF65からの画像だ。2014年1月に登場した時は、12900円で 2017年7月に第7+で 登場した時は、16483円と もちろん販売してたところが 違うので 一概には、言えませんが 若干 値段が違うんですね 中身が どう変わったかは、詳しくは、知りませんが 外野から見ると この高い安いの価格でしか見ないからね 

そして ここからが 井戸端会議風の アホ話からだ。 まずは、 皆さん このVRM5版のEF65電気機関車って どのくらいの種類があるか知っていましたか? それが こちらの VRMonLINEのパーツリストから 抜粋したEF65電気機関車だ。

VRMonLINEパーツショップ電気機関車EF65編1



















なんとVRMonLINEには、EF65電気機関車が10種類もあるんだね 知りませんでした。 しかも この値段というのか ポイントと呼ぶそうですが この中では、一番新しい方に入るのかどうかは、わかりませんが 右下の画像のEF65-535だけが 他より高い880円でね 他の車両は、ほとんどが660円なんだね

そう考えると 今度のVRMonLINEに 登場するEF65-1126は、880円になるのか まあ 買いもしないのに値段当てごっこして どうすんの〜ですね

で ここで 突然なんですが 皆さん このEF65電気機関車の660円は、鉄道模型シミュレーターVRM5の1台の電気機関車の車両としての価格として 高いか安いか それとも 妥当な価格か さて どっち?

おいちゃんの 答えは、まあ妥当な価格という所でしょうかね もちろん 持っていませんがね 外野から見て まずは、鉄道模型Nゲージ車両と比べて 単純に価格で どうなのか? 今現在 同じようなNゲージのEF65電気機関車だと約6500〜7000までの間の値段だと考えると その1/10の値段ですからね

そう考えると メーカーさんは、いや このVRMonLINEを 取扱っている会社さんは、鉄道模型の1/10の価値というのか 鉄道模型シミュレーターそのものは、世間的にみて これが 相場だと お考えなような気がしてね

まあ これが この電気機関車のような1台での販売だから値段も比べようがあるんですが これが 何両かの編成で 値段が決まっていると これまた高いのか安いのか判断しづらくてね しかもだ このEF65の場合でも 同じ車両によっても 値段が変わるのでね そこが 素人には、さっぱり その意味がわからなくてね

具体的に 例えばヘッドマークが付いたからだとかは、わかるのだが 単純に作る手間が掛かったから時間が掛かったから 少し手間が掛かったからなんて 別にモーターが入っているから高い訳でもあるまいしね

と アホ話なんだが 要は、VRMonLINEを 取扱っている会社さんは、鉄道模型の1/10の価値が 鉄道模型シミュレーターVRM5の価値だと考えるのが おいちゃんの 価値観と ほとんど同じなのかと思ったという話だ。

じゃあ VRMOLOUDを運営している会社さんは、どうなのか そもそも この元となるゲームを作っているIMAGICさんは、 そもそも どのくらいの値段設定なら 鉄道模型Nゲージに勝算ありと思ったのか? そして今 次世代VRMNXを 登場させるに当たり これからの VRMonLINEとVRMOLOUDの関係は、如何に?

その最大の関心は、VRMNXで VRM5版車両が 使えるかどうかじゃないでしょうかね そういう鉄道模型と言いながら 一番関心の古い車両が 使えないというのが そもそも この鉄道模型シミュレーターのおかしなところでね 自社で作った車両は、例え昔のVRM2版VRM3版であれ 一応は、走れるようにするのが鉄道模型というタイトルであれば筋だと思うのだがね

だから 本当は、VRM5版の1+から 実は、線路の軌間の幅を新規に変えましたので 今までの鉄道模型Nゲージに準じて作っていた弊社の車両に関しては、一切 使えなくなりました。と 一言逃げの文言を書いて置けば おいちゃんのような変なおっさんに突っ込みを入れられないのだがね

そういえば 最近 昔のようなN ゲージ鉄道模型のなんとかんとかの文言が 見掛けませんね〜 もしかして 
天賞堂いやムサシノモデルのような新規のゲージを考えているんでしょうかね

今度のVRMNXでは、鉄道模型Nゲージという言葉が出て来るか 興味がありますね

最後に 鉄道模型シミュレーターは、VRM5から始まった訳じゃないというEF65電気機関車を通しての鉄道模型シミュレーターの車両の変遷も紹介だ。

VRM4電気機関車EF65編2


















1999年登場のVRM2版EF65-500から2001年登場のVRM3版EF65-1000そして 2006年7月に登場したVRM4版第5号、 2014年1月登場のVRM5版第7号など 同じEF65でも これだけ変わっているのでね

最後に このEF65電気機関車を知らべていたら気が付いたのですが このVRM4版の車両関係の画像が ほとんどネットの中では、見掛けなくてね こらは、ちと VRMを 歴史的に見ていると まずいんじゃないのかと思ってね なんだかんだで 登場20年を迎える鉄道模型シミュレーターを こよなく穴があく程 遊んできた おいちゃんからすると このVRM車両に関しては、ネットで 探せば どこかに すぐ各バージョンの車両が出て来ないとね なんせ メーカーさんさえ 削除してしまった画像なのでね

そういう点でも ここの新VRM3★井戸端会議では、これでもかと VRM2版、VRM3版の画像は、なんだかんだで2万点近く ここのブログにUPし続けて来たのでね そういう所は、VRM3版の宝箱なのでね

VRM4版の車両画像を 探す時に すぐ見付けられるところは、ないものでしょうかね とにかく 古いVRM1から 今度のVRMNXも含めての鉄道模型シミュレーターなのでね 途中の歴史は、ないみたいな感じは、ここでは、通用しませんのでね VRM2版、VRM3版があったからこその鉄道模型シミュレーターなのでね 

なんか ここまで来ると どこぞの ご意見番以上に 頑固一徹ですね 爺じいになったので 勘弁だ。

そういえば 牛丼一筋300年 うまいの早いの安いの〜フレーズが 吉野家の牛丼のキャッチフレーズだと ずっと牛丼一筋300年だと 思っていたら それが 実は、あのキン肉マンの中のキャッチフレーズだったのを 今知りました。 

VRM一筋20年 簡単、安い、面白いを ここの新VRM3★井戸端会議のキャッチフレーズに頑張るのでね

24系25形トワイライトエクスプレス編成から

又 今日も今から 夜間作業なので 手短に紹介だ。

今日は、24系25形トワイライトエクスプレス編成からの紹介だ。 この24系25形トワイライト寝台客車は、VRM2版なので ちと 描写に関しては、劣るのだが VRM5版を 持っている方は、参考に過去の車両と 見比べて下さい

VRM3-25系トワイライト編成

















この24系25形かどうかは、わからないのですが VRM4版の夢空間だと思われる画像を見付けたので紹介だ。

VRM3-25系トワイライト編成A












中々こういう車両の室内が 映っている画像が 見付からないのでね そこら辺は、他の鉄道シミュレーターに比べて 弱いような気もするのだが 持ってないお前が言うな! と 怒られそうなので 今日は、この辺で



しつこく 昔の鉄道模型シミュレーターの動画を 紹介するのかは、要は、鉄道模型シミュレーターの歴史を 忘れちゃ困るのでね メーカーさんは、見られたくないでしょうが そうは、問屋は、卸さない 過去があるからこそのVRM5版なのでね  まだまだ このVRM2版24系25形トワイライトエクスプレス編成も ここでは、現役なのでね 働いていますよ

E26系カシオペア編成の紹介

今日も 夜間作業なので 手短に

その前に 昨日紹介していた記事でVRMCLOUDを 今現在使用している人が どのくらい居るのか ?と 書いたのですが さっそく ビューわかしお さんが VRMOLOUD関係の情報を VRM CLOUDについて色々で 色々情報を載せて頂き なんとなく今現在の状況が 見えてきました。 思っていた以上に遊んでいるユーザーさんは、多い感じですね でも やっぱり車両に関しては、全部が全部を 走らせたりは、出来ないみたいですね

そこら辺が 未だに 外野からすると よく わからないんだね まあ 試しにやればいいんでしょうが どうしても ここのVRM3版の方から 浮気するなよ と 無言のプレッシャーを感じてね まあ スマホでやればいいんでしょうが どうも あの小さい画面では、自分のYouTube動画さえ ほとんど見ないのでね 

第一スマホで ゲームすらしたことないのでね なんか 携帯からスマホになってから 逆に メールとか天気予報以外は、ほとんど見なくなったね〜 夜の仕事の待ち時間などの暇な時にネットでも 見ようかと思ったのですが 逆に 前より見なくなったね〜 まあ お金も掛かるのでね そしてVRM関係の記事が中々少ないのでね

まあ 余計な話は、いいとして こちらは、勝手にVRM登場20年記念として VRM3版車両を紹介だ。 今回は、寝台特急客車のE26系カシオペア編成からだ。

VRM3-E26系カシオペア編成

















このVRM3版のE26系カシオペア編成とVRM5版のE26系カシオペア編成を 持っている方は、見比べて下さい
VRM3版は、室内は、表現されていませんが VRM5版の室内は、どうなんでしょうかね そういった画像を もっと見たいですね〜 なんでも 見比べるのが 好きなもんでね〜

鉄道模型シミュレーターとは?その5

今日も鉄道模型シミュレーターとは?を 考えるからだ。 というより 自分にとっての 鉄道模型シミュレーターとは?が 本題かも知れませんね

まず この鉄道模型シミュレーターというゲームは、誰を ターゲットにして 作られ販売され そして どういう基準で 作られているのか 昔は、スーパーバイザーという方が 大きな影響力があったかどうかは、知りませんが 今現在どうなっているのかは、定かじゃないのだが ただ 漏れ聞こえて來る噂じゃ 限られたユーザーさんには、パイロット版じゃないのだが こういう感じの物を作りたいので 協力して下さいみたいな噂を チラっと 小耳に挟んだのだが そう言えば 昔は、上級者と呼ばれていた方々は、ガイド本などに 名前が 載っていましたが その後 あんまり この界隈では、耳にしなくなりましたね〜 まあ かれこれ20年近く経過しているのでね

で そういう感じとは、全然無縁の おいちゃんは、 この鉄道模型シミュレーターというゲームの今現在のユーザー関係は、どうなっているのか 例えば 実際のユーザー数とか VRM5版、VRMonLINE版そしてVRMCLOUDを 今現在使用している人が どのくらい居るのか まあ 正確な数字は、無理としても 大まかな数字は、知りたいな〜と 色々ネットなどを 長年漁っていますが まあ出て来ないんだね 

昔 VRM3版の時は、自分のユーザー登録を わざと VRM3版のCD-RMを 遅れて購入して その時に付いて来た登録コードから おおよそのユーザー数を 自分なりに判断していましたがね 今じゃ 全然 新しいバージョンを 買っていないので さっぱり わからないんだね 自分が これ程 遊んでいるゲームが どれだけの人が 同じように遊んでいるのか? 自分は、気になるのだが 皆さんは、そういう所は、気にならないようでね 

というか もしかして 登録していれば そういった情報が流れて来るのかも知れませんね そこでだ 2015年の12月がら ふと思い付きで YouTube動画と ここの井戸端会議の 来客数の集計を 気が向いた時に付けていました。 今日は、それを 少し紹介だ。

YouTube動画ブログ集計表2018.9.17



































あくまでも ここの新VRM3★井戸端会議と YouTube動画、からの集計なんだが ブログに関しては、波が大きくてね 大体 常連さんが覗いている40、50から 週末などだと 70、80が 通常で たまに 100越えもあるのだが ここの集計で 判断すると 鉄道模型シミュレーターに強く興味のある方は、50人前後が ここの来訪者じゃないのかと 勝手に 思っているんだね これが VRMonLINEとVRMCLOUDでは、毎日どのくらいの人が遊んでいるのか? そこら辺の情報が気になっているのだが

まあ こういう情報は、10年近く前なら ゲーム情報でも 噂として載っていた感じでしたが 今は、そういう情報すら流れて来ないのが現状でね 自分も 本当は、こういう情報を 載せるのには、抵抗があったのだが まあ ここは、常連さんが ほとんどなので 実際の数字だけでも見て貰い このVRM界隈の 一端を 紹介だ。

そういえば ブログの記事も もう少しで5000回を 迎えそうなので なんとか そこまでは、頑張らないとね

新VRM3★井戸端会議9月メニュー1 

















ここのライブドアブログには、 上の画像のようなHISTORYVIEWという 過去の記事のタイトルと画像のサンプル盤を 表示してくれるところがあってね その中から 2006年9月〜2018年9月までの13年近い9月だけのタイトルから少しだけ紹介だ。

新VRM3★井戸端会議9月メニュー2



















こんな感じのタイトル記事を 今日までで4872回も 紹介して来ました。 もう完全に病気を 通り越して 生活の一部ですね で ここまで 書いて来れば 自ずと わかるのだが 自分にとっての鉄道模型シミュレーターというゲームは、メーカーさんが考えているよりも 深いのでね

いくら進化して VRM-NXになろうが 最後は、完全に自作の鉄道シミュレーターゲームが自分では、作れない以上は、こういう感じのメーカー製に頼らなきゃ遊べないのだが そこが 鉄道模型もやれない環境で しかも 難しい技術を伴うVRMのゲームを やれそうにない おいちゃんとしては、 ある程度 我慢しても 現状のようなVRM3版のようなゲームが 現れるまで 待つといのが 得策じゃないのかとね

そもそもVRM3はじめるシリーズのような鉄道模型シミュレーターがあったからこその 鉄道模型シミュレーターだったような気がしているのでね そういう点でも この1980円で遊べたVRM3はじめるシリーズのレイアウト動画を 背景を替えて再登場して この鉄道模型シミュレーターとは?の 話は、おしまいだ。



この動画を 見ていたら なぜかVRMCLOUDの動画を 思い出しました。 基本は、そんなに変わらないというか やっぱり レイアウトなんだよな〜鉄道模型シミュレーターは、と おいちゃんは、考えています。

さて Trainzの風景描写と車両の室内表現と どこまで競争出来るのか外野としては、楽しみだね

鉄道模型シミュレーターとは?その4

今日は、しつこく鉄道模型シミュレーターの話しを していますが これからが 本題だ。 前のVRM5版の実況動画から 急に話は、変わるのだが 要は、鉄道模型シミュレーターが進化しているのか それとも他の鉄道シミュレーターに追従して行っているのか そこなんだね あくまでも 鉄道模型の仮想鉄道模型として 進化して行くとしたら そういう形態が 鉄道模型シミュレーターなのか それとも 鉄道模型よりも鉄道シミュレーターに近い感じで進化して行くのか そこが 気になってね

そういう鉄道シミュレーターとしての進化を 考えると 意外と この「Train Simulator 2016」のゲーム実況という動画が これからの鉄道模型シミュレーターとしての姿なのか なんて 少し思ったので 少し長い40分近い動画だが紹介だ。

この動画は、Train Simulator でも珍しい JR103系和歌山線(五条駅〜高田駅)の運転の実況動画で 今までも Train Simulator 関係の動画は、沢山 眺めて来ましたが こういう実況動画は、初めてでね とくに 運転席周りの計器盤やレバーなどの操作で 動く感じが 運転を楽しみたい「電車でGO」が 好きなユーザーからすれば この位の描写じゃないと これからの鉄道シミュレーターとしては、合格点にならないのかと 思ってしまうのだが まあ 一度 ご覧になって下さい



この実況動画を UPした方が アフロマスクさんという このゲームとくにシミュレーター関係の実況動画をUPしている有名人らしくてね 中々説明が 素人にも わかり易くて いいんだね

そして このアフロマスクさんが 紹介している実況動画が あのA列車で行こう9なんだね  こちらは、「素人が鉄道会社の経営と国鉄キハ40系の運転」を 一から紹介している実況動画で まずは、その1からだ。



こちらの コメントなどを 眺めていると 「A列車は新しいバージョンになるごとにどんどんマニアックになってしまって新参お断り状態になっちゃった」などのコメントもあり なんか ここの鉄道模型シミュレーターと 似たような状況もあるんだね〜

このA列車で行こう9の 実況動画は、続きもあるので ここで紹介だ。

★アフロマスク町に京王線8000形がやってきた 【A列車で行こう9 実況 #2 】 
★ 500億円の借金でアフロ町に環状線が完成する 【A列車で行こう9 実況 #3
★素人が会社のお金を使って株トレードをした結果 【 A列車で行こう9 実況 #4 】 
★ DD51形ディーゼル機関車で資材を運んでみた 【 A列車で行こう9 実況 #5 】  
★アフロコンビナート前駅周辺が急成長した結果 【A列車で行こう9 実況 #6】 
★不動産を売却して新しい駅を作ってみた 【 A列車で行こう9 実況 #7】  
★アフロ平一丁目が急激に発展した結果 【 A列車で行こう9 実況 #8 】 
★ オフィス街のど真ん中に昭和風商店街を建設してみた 【 A列車で行こう9 実況 #10 】  
★アフロピア行き名鉄7000系パノラマカーを走らせてみた 【 A列車で行こう9 実況 #11】  
★アフロピアにカジノを建ててみた 【 A列車で行こう9 実況 #12 】  
★アフロピアに競馬場と競技場を建設 【 A列車で行こう9 実況 #13】  
★アフロ南海駅を作ってEF210形電気機関車を走らせてみた 【 A列車で行こう9 実況 #14
★アフロ南海駅に京浜急行の1000形がやってきた 【 A列車で行こう9 実況 #15
★アフロコンビナート東駅に巨大工場を建設してみた 【A列車で行こう9 実況 #16
★駅近の好立地に高層マンションを建ててみた 【 A列車で行こう9 実況 #17】 
★新しい駅に海浜タワーや時計台を建設してみた 【A列車で行こう9 実況 #18
★アフロ盆地三丁目の開発と国際空港計画始動 【 A列車で行こう9 実況 #19
★アフロ国際空港オープンと成田エクスプレス開通 【 A列車で行こう9 実況 #20】  
★新アフロ町大規模開発計画がスタートする 【 A列車で行こう9 実況 #21】 
★老人たちの憩いの場 アフロ五重塔駅に京急線がやってきた 【 A列車で行こう9 実況 #22
★アフロ空港線に特急ラピートを導入してみた #23【 A列車で行こう9 実況 アフロマスク】  
★新アフロ町に山手線や湘南新宿ラインを走らせてみた #24【 A列車で行こう9 実況 アフロマスク
★新アフロ町に都電荒川線や世田谷線を走らせてみた#25【 A列車で行こう9 実況 アフロマスク 】
★新アフロ町で地下鉄路線を運行させてみた結果 #26【 A列車で行こう9 実況 アフロマスク
★アフロ町初の登山鉄道に叡山電鉄900系を運行させる #27【 A列車で行こう9 実況 】
★アフロ町に大阪環状線の電車を走らせてみた #28【 A列車で行こう9 実況 アフロマスク】 
★アフロ大阪環状線と通天閣が完成する#29【 A列車で行こう9 実況 アフロマスク

と なんとなんと これだけの実況動画があるのですが 実は、実況10までしか 見ていないのだ。でも こういう制作過程を  見ていると やっぱり 鉄道模型シミュレーターとは、違うゲームだと思いますね 都市計画というのか 一番の違いは、建物や道路、線路の配置の仕方の違いでしょうかね

鉄道模型シミュレーターも フレキシブルレールが出た頃は、それこそTrainzを意識して 簡単な自由の利く線路を 出して来たのかと思いましたね でも そもそも 鉄道模型を 元にしているので 基本は、線路を1本1本ずつの配置は、変えられないのでね  そこを 簡単に フレキシブルに全てなってしまっては、鉄道模型とは、言えないのでね やっぱり そこは、鉄道模型シミュレーターとしては、曲げないで欲しい基本だね

それにしても このアフロマスクさんみたいな方に この鉄道模型シミュレーターを 紹介して貰うと これまた 宣伝には、なりそうですね 今日は、これまで  疲れたね

鉄道模型シミュレーターとは?その3

前回 紹介した動画で ゲーム実況の動画が多かったので そこで今回は、中々VRM界隈じゃ出て来ないVRM5版の実況動画を 紹介だ。 この手の 動画も好きなのでね



KNT50000 さんという方の動画でVRM5実況4-1からでしたが ここでは、全部紹介だ。次は、実況4-2からだ。



新幹線あり蒸気機関車ありと 面白いね〜 次は、実況4-3からだ。




この動画を見ていると 本当のVRM5版の制作過程が見られて 中々レアな感じでいいね〜 おいちゃんが 昔やっていた一人芝居みたいでね 

なんと なんと 掟破りのE217系30両編成の登場だ。なんでもニコニコ動画の方が 主戦場みたいなようで 鉄道シミュレーター関係の動画は、ニコニコ動画には、多いみたいだね AviUtl連携ツールの「キャラ素材スクリプト」というのを 使っているみたいですが 動画ソフトのAviUtlは、インストールしたけど 上手く出来なくてね 



中々こういう感じの手の込んだ動画が作れないのが 残念なんだが このKNT50000さんは、他のA列車で行こうとかのシミュレーター動画も 紹介しているみたいですね

鉄道模型シミュレーターとは?その2

前回の続きからだ。 今更 こんな話を 書いても しょうがないのだが せっかくのVRMの日が 迫っているのに 何か 盛り上がらないのが ちと 不思議に思ったのでね というか おいちゃんしか知らない所で なにか 進んでいるのかも知れませんがね オフ会は、遠いからね〜

ところで これも 今まで知らなかったのだが こういう鉄道模型シミュレーターのサイトも あったんですね

鉄道模型シミュレーター と ★鉄道模型シミュレーターについて今日はお話します。というブログ記事だ。中々VRMポータル以外だと 関連記事が 見付けられなくてね 少し反省だ。

前回 紹介した中で 鉄道パークという鉄道シミュレーターゲームを 紹介しましたが こちらも もう廃番ゲームになっていたそうなんですが 実際 どういうものなのか 動画があったので 紹介だ。



最初に 見た時に 無料ゲームという事で スマホなどで 遊ぶゲームだと 思ったら 何やらアイテム課金みたいな車両をゲットするには、なんかやらないと駄目みたいでね ガチャというので当てるらしいのだが さっぱり中身は、わからないので まずは、スマホでの遊び方からの動画を紹介だ。



VRMCLODも こんな感じで操作してスマホで 楽しむんでしょうかね 
こちらは、ヤバイワおじさんという おじさんが やっている動画なんですが これが 要するにガチャとかいうやつなんでしょうが さっぱり 意味が わかりません



結局 このゲームは、電車でGOと A列車で行こうを 合体させた感じだったんでしょうかね 他にも 動画もあるみたいですが やっぱり この線路のカクカクなような描写じゃ 鉄道シミュレーターを 本格的に やろうとする人には、ちと物足りないような気がしますね でもE5系はやぶさ とか103系そしてE257系、253系と 人気がある車両は、抑えている所が 中々商売上手ですね

鉄道模型シミュレーターとは?その1

夜間作業明けで 今日は、お休みなので 少し この鉄道模型シミュレーターとは、 どういうものを指している いや目指そうとしているのかを 勝手に 想像してみる企画だ。

その前に 10月23日が VRMの日と カウントしている割には、何も 現状じゃ企画も動きもないみたいだが 一応登場20年と こちらは、勝手に銘打ってやっていますがね そこら辺が どうも よく わからないのだがね 

Raill Simを 眺めていると こちらのRailSim公開15周年特別企画「RailSim Off-line Meeting 2018 大阪場所」という企画があるみたいでね その他にもという Raill Sim画像を 載せている場所もあって 賑やかそうですね こちらのVRM界隈にも の 2箇所の掲示板みたいなVRM5画像が載っいる場所があるんですがね とくに VRMの日というタイトルの企画は、ないのだが 

まあ こういったイベント企画というと どうしても オフ会が中心になってしまうのだが オフ会じゃない鉄道模型シミュレーター全般の 話題は、ないものかと 思ったのだがね もっと 広い意味で言うとだ 鉄道シミュレーターの界隈を ひとつにまとめた鉄道雑誌の特集記事じゃないのだが そういう全てを含めた中で その中で この鉄道模型シミュレーターとは、どういうものなのか? これからの例えば VRM-NXは、どういうものに進化して行くのか気になってね ここのCaldiaさんが書いていた記事でVRMNXに希望したい・求めたいもの を 眺めていたら やっぱり 専門分野の方の視点は、違うのか 具体的に 色々指摘されていましたが なるほどと 思ってね

鉄道模型シミュレーターだけじゃない他の鉄道シミュレーターが ジオラマモードなどを 搭載している現状を考えると 本来の鉄道模型シミュレーターの鉄道模型とは、なんなのか? そこが どうも引っ掛かってね

一番 素人でも 簡単に他と このVRMを 比べる手段としては、動画と画像などの描写なのだが それと同時に いかに 各々の鉄道シミュレーターゲームのコメニュケーションも気になってね 少しここで Twitter記事をまとめて紹介だ。 尚 順不同で 適当に 調べたのでね



Train Simulator



  鉄道パーク         
★ ejima
  
ここら辺が 鉄道シミュレーター関係のTwitter記事が 載っていたサイトで この中に出て来る 車両の画像やレイアウトの風景画像を 見比べながら ここの鉄道模型シミュレーターと どこが どう違うのか? 車両で言うなら どこが 精巧に作られ 見た感じが どうなのか? 勝手に 比べては、一人で 楽しんでいます。

これもだ こちらの廃盤VRM3版とは、雲泥の差がある画像ばっかりなのでね  外野から野次馬的視点で 眺めているんですがね 結局 行き着く先の車両の描写って どうなるんでしょうかね 写真のような描写になるのかね 自分は、あくまでも 鉄道模型としての3DCG車両と 考えているので そこまで ポリゴンがどうのというよりは、昔のVRM3版の ちゃっと 手の込んだ感じでいいような気がするんですがね 

そこら辺の考えは、素人なので よく わからないのだが Trainzなどが 昔は、そういう感じだったような気がしたのだが 今は、違っているんでしょうかね 

車両の描写とか 風景の描写に対しての評価が 一番の基準なんでしょうかね そこら辺を考えると メーカーさんが なぜ鉄道模型シミュレーターというタイトルに 執着するのか 完全に 鉄道模型じゃないジャンルに首を突っ込んでいる感じなんだが それでも商売上 この鉄道模型は、離せないんでしょうが A列車で行こう9が ジオラマモードで ここのVRMに 対抗して来ている現状で 本来の鉄道模型の基本でもある 線路を1本ずつ配置するとか 限られた部品を組み合わせて レイアウトを作る そう言う意味での不自由さが 段々薄れ なんでもかんでもフレキシブルの部品になれば そこは、果たして 線路を1本ずつ組み合わせて作るという基本の鉄道模型と 言えるんでしょうかね 

しかも 鉄道模型のような 古い車両だろうが 線路の規格さえ合えば動かせるという 鉄道模型の一番の面白さを 奪ってしまい 益々互換性がない 鉄道模型シミュレーターとして 進化して行くのは、どうなのか この際だから 鉄道模型シミュレーターを改名して 次のバージョンからは、VRM-NXを 商品タイトルにして貰いたいと 勝手に思うのだが そして これからの Tomixとの関係は、どうなるのか 

ジオコレの完全鉄道模型シミュレーター版を作れば 一番 わかり易いような気がするんですがね 素人としては、 あくまでも こちら側からすると どうしても 鉄道模型が家でやれない環境だから その代役としての鉄道模型シミュレーターという考えなのでね そこが そもそも 考えというか ボタンの掛け違いなんでしょうかね

仮想東北本線越河駅レイアウト16

今晩も 夜間作業があるので 手短に 夜中に 一人で居る時間が多いので 暇なので ついつい ここにコメントを書いてしまうのだが 帰ってから 覗くと これが ほとんど 愚痴話が多いので やっぱり こういうコメントというものは、落ち着いた状況の時に書かないとね 反省だ。

ところで ここの仮想越河レイアウトも 7月28日の仮想東北本線越河駅レイアウト1からスタートして なんだかんだで2ヵ月になろうとしていますが 相変わらず 進まなくてね やっと 線路配置が 完了した次第だ。

そこで 今までのカテゴリーの「意味のない風景-宮城 (11) 」から 離れて 新しく「 仮想越河レイアウト (15) 」に移行しました。 とてもじゃないが 年内 完成は、難しそうなのでね 

これもだ 設計図もなく ただ 思い付きだけで こうすれば長大貨物編成が カッコよく見えるんじゃないか?と 思ってね 出来上がっては、 動画で確認しながら やっているのだが それが なんか癖になってね

大体 こんな完成していないレイアウトの動画なんか 誰も見たくもないのだが 作っている本人は、これで 結構楽しんでいるのでね いいんです。 自分が 楽しければね そう言えば 言うの忘れていましたが なんだかんだで 新VRM3★の 動画の再生回数が 301万回を 突破していましたね 1本の動画が 200回の再生にも及ばないのに 感謝、感謝ですね その内 ここのブログの12周年記念と一緒に なんかしようと考えています。

と 業務連絡じゃないが 向こうのメーカーさんよりは、この鉄道模型シミュレーターに限っては、愛してやまないという自負は、あるのでね まあ どうでもいいか 12年間も ここを 続けて見てくれた常連さん ありがとうね

ところで 毎回 途中経過のレイアウト動画をUPしていますが そこで 必要なのが 車両の配置とカメラの配置表だ。 これがないと 何も出来ないのでね これは、毎回作っていて そして 車両などが 追加されると 更新しながら 又 新しく作っています。 これも 線路だけの段階の方が どっちかと言うと 見やすいかもね

東北本線越河駅レイアウト図14












こんな感じで 今 上り本線上と 下り本線上に 合わせて10編成が 同時走行しているんだね これもだ レイアト内の線路の長さが 結構長いからなのだが やっぱり 貨物編成は、20両編成じゃないとね 面白くないからね 裏技使えば 23両編成も 出来るのだが 最近は、この20両編成で 統一だ。

そんな貨物20編成が ゆっくり勾配区間を 下る動画を しつこくUPしたので紹介だ。本当に好きだね〜



こういう途中経過の動画に対しては、賛否色々あるでしょうがね こちらは、あくまでも 鉄道模型シミュレーターのVRM3版として 紹介しているのでね おいちゃんの信念は、鉄道模型シミュレーターの本流は、このVRM3版だと 思っているのでね なんとなく鉄道模型らしいじゃん 全体的にね

さて これから 又 一仕事だ。 明日からは、休みなのでね 夜中にコメント書くかも知れませんが 即 削除するのでね だって一人で居ると 色々人生を 考えてしまってね 残りの人生も この鉄道模型シミュレーターVRM3に 捧げるのでね メーカーさん ごめんなさいだ。 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ