新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2018年04月

新幹線と貨物編成のすれ違いから

この前 4月12日に 青函トンネル供用区間からという 記事を ここで 書いてから どうも気になってね 青函トンネルの中での 新幹線と貨物編成のすれ違いが どういう状況になっているのか? 

色々ネットを漁っていたら こんな「青函トンネル内で新幹線とすれ違うJR貨物の車両の運転席 」を発見だ。
 


この前のトランスイート四季島といい 今回のEH800の運転台からの映像といい 結局は、限られた人達限定の制作動画みたいでしたね この青函トンネル内の 新幹線と貨物編成の対向通過問題は、 ここの「青函トンネル内は減速が必要なのか/Newsの検証」という記事の中で どうして 青函トンネル内では、新幹線が 時速140劼法〕泙┐蕕譴討い襪里の検証記事が 書いてありました。

なんでも 仮に新幹線が 時速260劼如〜行した場合 貨物編成(82匐〕儷茣屐砲 風圧で 車輪が浮いて傾いて 事故になるんじゃないのか?という 仮説?に基づいて 時速140劼らいだったら なんとか大丈夫みたいな感じの話しで まあ 素人には、わからない お話だ。

貨物編成も なんでも 51本近くの編成が 青函トンネルを 通過しているらしいですね

そこで 出て来たのが 車輪のフランジという文言だ。 この車輪のフランジというのは、ここの画像でも わかるように 車輪のツバとでもいうのか この出っ張りの部分なんだね

実際 本物の列車の車両の台車の車輪と レールとの接地している場面を 見ていると よく たった これだけの 出っ張りで 脱線しないものだと 不思議でね そういう不思議に関心を持っている人が おいちゃんだけじゃなく他の人も居るみたいで ヤフー知恵袋には、「日本の鉄道の車輪のフランジは大体何cmくらいですか?」 という質問が 載っていました。

フランジ高さは、25mm以上35mm以下と規定されています。とも 書いてありました。

そして このフランジ高さだけじゃなく フランジ角度(勾配、傾斜)と 呼ばれる レールと接地する車輪面の傾斜角度が いかに重要なのか そこの説明が 車輪フランジ角度の決まり方に 書いてありました。

まあ 素人考えだと レールとの接地面や 脱線などを 考えると フランジの高さがあって 接地面も 広いように 車輪の面が 水平な方が いいような気がするのだが どうも そうでもないらしんだね

脱線係数という計算式に合わせて この角度も決めているようでね まあ 素人には、わからない世界なんですが なんか面白かったので 取り上げてみました。

そして もう1本 貨物編成の動画から こちらは、「JR貨物列車に添乗、初公開=鉄路63キロをぴたり96分、技術と連携で定時運行  」 という 貨物 定時運行の 63劼髻,圓辰燭96分で 運行される動画で こちらは、 リアルな 貨物編成の運行が どのようにして行われているかが わかって面白かったので紹介だ。




貨物は、いいねえ〜 そう言えば 昔 貨物にも こちらの地元には、女性の運転士が居たと 噂で 聞いたことありましたが 今は、聞かないですね〜 在来線の電車の運転士には、最近は、女性も多いですがね

貨物は、特殊ですからね〜 運転している時間よりも 途中で待ったり 距離も長いからね〜 深夜の運転も多いからね〜 たった一人で あの山の中の峠を 超えて行かなくちゃならないから 運転技術も 必要だから 大変だが 逆に ワンマンの自由さもあるようには、外から眺めていると 感じるのだがね

リバーシブループ曲線レイアウト完成その81

リバシループ貨物レイアウト完成から 特急列車編成シリーズの紹介だ。

その第13回目は、833系JR九州特急ソニック3次型Ao-5の7両編成からだ。
このJR九州特急ソニックには、種類が 沢山あって どれがどれだか よくわからないんだね 2011年3月6日に新VRM3★883系なら こうなるで 書いていたのですが 更新型を含めて 2005年のリニューアル前で4種類があったと 記事には、書いてしましたね 

そして 2013年9月には、VRM5版のリニューアル更新型とを 比べた力行シリーズ36 883系ソニックAo 5,Ao 7特急電車という記事も 書いていました。

なんかね このソニックの顔を ずっと眺めていたら あの1960年当時の七色仮面を想像してしまってね なんででしょうかね



と書いても 誰も 知りませんがね なんか そう思ったものですから この動画の七色仮面の顔と この833系ソニックの顔 似てませんかね



58年近く前だからね〜 そういえば この車両デザインは水戸岡鋭治さんのデザインなんだよね 1947年生まれだから このTV番組を 見ていたかも知れないから ありがち なんか関係があるなんてね 嘘ですよ〜ん 

北海道新幹線20両編成?

今日は、ドライブがてら 山形に行ってきました。 と言っても 仙台から 山形に行って そこから 長井経由で 小国を 通って新潟の村上に行って そこから 毎回お馴染みの笹川流れを 通って 鶴岡に行って そこから 酒田に向かい 最上川を 北上して 新庄に行き 鳴子温泉を経由しないで 尾花沢から 鍋越し峠を 越して帰って来るという レアな コースで 行って来ました。 ただ 走るだけ430劼髻〜って来ました。 

いつもの ガソリン無駄使い走行ですが これが 我が家のドライブなのでね 山形では、奥羽本線山形線を 眺めて 長井では、フラワー長井線 小国では、米坂線 笹川流れでは、羽越本線 そして 酒田から新庄では、陸羽西線と 並走して来ました。 車両には、一回だけ羽越本線の 笹川流れ付近で 特急いなほを ちらっと見ましたが 後は、車両には、遭遇しませんでしたね

その代わり これでもかと トンネルとデッキガータ橋だけは、ドライブがてら ガッツリ見て来ました。 このトンネルとデッキガータ橋の組み合わせの風景を作りたいのですがね それと 意外と短いカーブトンネルも 多かったので これも いつかは、挑戦だ。

まだ GWは、まだ始まったばかりですが 連れて行かないと 怒られるのですが 運転するのは、自分だけですからね 本音は、仕事で行っているので 行きたくなのですが そうもいかない 家庭の事情なんでね

で 今日の お話は、 「北海道新幹線20両編成?」という動画の話しから



20両編成というのは、H5系+H5系の併結 20両編成試運転 のことだそうで たぶん 故障した時の救援列車の試運転だと 思うのだが それでも 中々見られない20両編成からでした。

もう1本 「開業・北海道新幹線の歩み(2016/03/25)北海道新聞 」という 新幹線開業までの動画からだ。



北海道や東北は、東海道線や山陽新幹線などとは、違って 本格的な雪国ですからね〜 東京と新函館北斗が最短4時間2分で結ばれたと 説明には、書いてありましたが 2031年には、新函館北斗駅から札幌駅まで 開業する予定で 東京〜札幌間が5時間1分で結ばれるらしい

そして 新幹線が 本来の最高時速360劼覗行できるようになると 東京〜札幌間が3時間57分で結ばれると想定されているのだがね そこには、青函トンネル区間と 福島駅の14番ホーム問題が ネックになっているとも
噂じゃ聞いているのだが 果たして どうなることやら まだまだ 後13年近くも 未来の事なのでね

おいちゃん その時 居るか居ないかも わからない時代のお話だね

リバーシブループ曲線レイアウト完成その80

リバシループ貨物レイアウト完成から 特急列車編成シリーズの紹介だ。

その第12回目は、787系JR九州特急つばめ9両編成からだ。




この787系つばめに関しては、2013年9月に力行シリーズ37 787系つばめ9輌編成特急電車で VRM5版とVRM3版を 比べてみたりしていたり 又 2014年12月にも 新幹線レイアウト完成90 787系つばめデ 少し触れているのですが 正直 この水戸岡鋭治先生デザインの車両に関しては、個人的には、 もう飽きたというのが 感想でね 

あのゴテゴテした 金蘭屏風みたいな気動車を 見て なんか違和感を覚えてしまったのだが ブランド志向が強いお国柄じゃ しょうがないか

でもね 車でも そうですが 飽きないデザインのスタイルの車って そうザラには、ないからね 時代を反映するので 似たような車両が増えれば そりゃ貴重価値も下がるしね ここでしか乗れない見れないデザインの車両だった筈が いつの間にか 車両じゃなくて その人のデザインが優先してしまっている これが 絵画などだったら値打もんなんですがね 

車両に関しては、自分の車に置き換えれば 一番は、長く使って乗っていると 乗り心地が重要でね とくに後部シートに関しては、長く乗っていると よくわかるのだが たまに 木製みたいな座席の車両も そこの地場産品を使用してとか 有りますが やっぱり おしりが 痛いような座席じゃ 困るのだが 乗り鉄じゃない おまえが 書くな! と 怒られそうなので 今日は、この辺で デザインは、人それぞれの好みだからね

好き嫌いも 当然あるのでね 怒らないでね JR九州ファンの皆さん

畳2枚細長レイアウト3600x900个修15

前回の続きから 道路の橋の部分に続き いよいよ本題の 複線鉄道区間の鉄橋を どうするか?の 問題からだ。 この河川の下流部品は、幅が広いので 例えば いつもは、デッキガータ橋の128个如―淑 間に合っていたのですが 今回は、IMAGIC版の192个離妊奪ガータ橋を 配置してみました。

で 最初 楽をしようと Tomix版の複線PC橋脚(ダミー)を -10个如)笋畊んで 配置して見ました。

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋2畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋1







それが この画像で 左側が 中から外側に向かってデッキガータ橋を眺めた感じの画像で 右側が 外側から中に向かってデッキガータ橋を眺めた感じの画像だ。 

これだと なんか せっかくのデッキガータ橋のイメージがしなくてね じゃあ どうするか? そこで 基本的に 今 この画像だと 河川の下流部品の高さは、平地と同じ40个旅發気覆鵑任垢 それを -5伉磴35个旅發気砲靴董,發辰函,海離妊奪ガータ橋の橋脚が 見えるように してみました。 

そして 橋脚も Tomix版のレンガ橋脚を 使って 替えてみました。

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋7畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋8







それが この画像で 左側が 中から外側に向かってデッキガータ橋を眺めた感じで 右側が 外側から中に向かってデッキガータ橋を眺めた感じの画像だ。

だいぶ これで 雰囲気も 違って来たように 個人的には、思うのですがね どうでしょうかね

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋10畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋9







貨物編成が 通過するとこういう感じに 見えますね このデッキガータ橋の高さ具合が なんとも 微妙でね そこら辺が 田舎のローカル線などの 現場を 実際 見ると イメージも 掴めるような気がしてね だから この高さも 有りなのだ。

でも この高さだと デッキガータ橋なのか トラフガータ橋なのか 難しい所だね

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋12畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋11







斜め上空からの画像だ。田舎に行くと この デッキガータ橋や トラフガータ橋の色が 他にも色々あって 面白いのだが そこら辺の 単に色を変えて種類を 増やすという作業を このVRM3版じゃやらなかったからね

その反動というのか 学習して VRM4版では、鉄橋の色の種類は、増えたからね〜 基本的に 駅やホーム関係を 除いた 基本的な 鉄道模型レイアウトの大きな部品と言えば 鉄橋とトンネルしかないのだが そこが この鉄道模型シミュレーターでは、他の鉄道シミュレーターなどに比べても 少なくてね

とくにトンネルに関しては、基本的に 今一番多い種類のシールド工法で作ったトンネルが ほとんど VRM3版には、無かったからね〜 特に 複線区間のトンネルは、これから ぜひ このシールド工法で作ったトンネルを 作って貰いたいもんですね それと 一般道路用もね 

と なんで おいちゃんが 今更 VRM3版じゃないのに お願いする事でもないか こりゃ失礼しました。





畳2枚細長レイアウト3600x900个修14

いよいよGWの お休みに入ったので 細長レイアウト3600x900个痢ヾ粟を 目指して 頑張っています。 今日は、 その中で 空いているスペースを埋めるのに まず 考えたのが 川を配置してみたら どうか?

そこで 川の部品も 本来なら 狭い空間なので 幅が小さい上流部品が 一番いいのですが ここは、平面区間なので なんか岩肌がむき出しの河川じゃ違和感を感じてね 仕方なく河川の下流部品を配置してみました。

で この狭い細長いレイアウト3600x900个痢,匹海貿枌屬垢襪? 考えましたよ

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋A

















細長いレイアウト3600x900个痢〜澗里虜絃緝分に 一応配置してみました。

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋B

















画像で 見ると こんな感じの場所です。

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋C畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋D







この空間に 河川部品を 配置して そこを 横切る 道路と 鉄道の橋を 考えなければ ならないのだが まずは、道路の方から 考えてみた。

この道路部分が 丁度カーブ区間も入ってしまって 道路に対しての橋は、VRM3版の場合は、最初から部品がないので しょうがないので いつも使って誤魔化している落石ガードを 利用して 橋の代用に使ってみました。

それが こちらの画像だ。

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋4畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋3







川幅が 狭ければ 十分通用するのですが なんせ 下流部品なので これじゃ 橋げたが 多すぎて 大雨が降ったら 橋が ぶっ壊れるかも知れないと 真面目に考えて これは、即 不採用で 撤去だ。

でも それに代わる橋の部品がないので じゃあ どうするか? そこで 目を付けたのが ビーム橋脚だ。ビーム90とビーム50を 組み合わせて こんな感じで 配置してみました。

畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋5畳2枚細長レイアウト3600x900デッキガータ橋6







画像で 見た目では、少し暗い感じなので よく わかりませんが だいぶ スッキリした感じには、なったみたいです。 それにしても こういう小さな橋の部品があると いいんだね

だから トラフ橋とか 散々欲しいと ここで訴えたけどね〜 大きい部品も いいけど 小さな部品でも 他に流用できそうな部品があると これまた VRM3版としては、面白いのだがね

そこら辺が 車両中心に この鉄道模型シミュレーターというゲームを 考えているのか レイアウトなど 総合的に 考えているのか まだまだ VRMとしての 基本姿勢が 明確じゃないような気がしてね 

どういう部品が レイアウトを作る上で 必要なのか 穴が開くほど 遊んで見れば 素人でも わかるのだが そこが 灯台下暗しというのか紺屋の白袴(問屋のしろはかまと 覚えていたが)というのか 自分では、気が付かないのかも しれないね まだまだ 続くのでね

山形を走る新幹線は、カッコいい

今日から GW期間中に入るので 親会社が お休みなので 丸々一週間お休みモードに入ります。 なので 毎日がVRM3三昧の日々です。

ところで 今 現場仕事で 行っている山形市内で見掛ける山形ミニ新幹線が カッコよく見えてね 今日は、それのお話からだ。 まあ こういう カッコいいE3系の動画があったので それを ご覧になって下さい



そして なんといっても この在来線と言ったら 地元の人に怒られそうですが それが 又 いいんです。 このE3系新幹線を 眺めるには、最高なんだね フル新幹線の東北新幹線じゃ こういう感じの眺めは、出来ませんと だって全て高架区間で 高架の線路の脇のコンクリート擁壁だって 2m近くの高さがあって やっとこさ景色が見える眺めで 遠くは、見えるが 線路脇の風景は、見えないからね 

まして 踏切や 人々が動いている姿も ほとんど 近くには、見えないからね〜 要は、あくまでも 一番早い確実な移動手段という考え方が そもそもの鉄道としての考えが 新幹線なんでしょうがね〜

なぜ 山形を走る新幹線がカッコいいかというと やっぱり 冬の雪景色と 季節の変化が楽しめるのが いいかも知れませんね そんな 冬景色バージョンの動画からだ。



おまけに 根強い人気があった シルバー色の400系からの 動画も紹介だ。



今となっては、懐かしい400系ですが どっちかというと 今までは、このイメージが強くて 10年近く前この山形の米沢の方に 長期で 来ていた頃は、400系しか見た事なかったのでね 今回の この新しいE3系の塗装色を 見てから なんか イメージが 違って見えてね そして なんといっても 横から眺めたE3系いや400系も そうですが ミニ新幹線の 他の在来線特急とは、違う 大きな相違点なんだが わかりますかね

一発で わかった貴方は、鋭いね おいちゃん やっと 今頃 気が付きましたね

その気付かせれた動画が こちらの「新型スーパーあずさ E353系 営業運転始まる」だ。
 


答えは、 車両の台車部分を 覆っている台車カバーの部分なんだね これが あるかないかで 見た目が 全然違って見えるんだね 在来線では、二階建て車両や カシオペアの寝台客車や 285系の寝台電車など よくよく見ると この台車カバーが あるから 大きくも見えるし 車両編成を 眺めた時に 流れを感じるのだがね

最新の このE353系も 先頭車だけは、大きく見えるのですが 横から見れば 昔の特急と同じような感じでね
 それが この山形などでは、 踏切などや駅ホームで 目の前に見えるのでね なんか 最初に見た時から なんか 違う大きさを感じてね それが やっと 今 わかったという お話なのだ。

この台車カバーが付いた車両というのは、中々どうなんでしょうかね メンテナンス的には、 まして雪国の場合は、 自動車の場合は、最近の大型バスが どっちかというと こういう感じの台車周りが見えないバスが 多いですがね 自家用車だと タイヤを 半分隠した 昔のシトロエンとか ホンダの車でもありましたが あんまり 一般受けは、しなかったような気は、しますね

そういえば 機関車だと 逆に動輪が見えるような機関車の方が カッコいいように思えるのですがね VRM3版の ユーロ版の SBBRe460という機関車だけは、台車部分が スカートに覆われて 見えないようになっていまがね この機関車は、スイス国鉄ですからね そう考えると 逆に雪国の方は、こういう感じのスカートが 付いた車両の方が いいのかね

新幹線も 東海道新幹線の0系の時は、こんなに スカートで 覆われていなかったけど 東北新幹線の200系辺りからは、フルカバーのようになったように見えるのでね

それでも 在来線の特急の場合は、今でも 台車部分が ほとんど見えるようになっているのは、メンテナンスの経済的な部分なんでしょうかね まあ どうでも いい話ですが 気が付いたのでね 

とにかく このGW期間に 行くところがない人は、ぜひ こちらの 東北が お勧めかもね 山形を走る新幹線もいいし ドライブで行くなら 青森県が 個人的には、お勧めだね 櫻は、今年は、早かったので 残念なんだが 海もいいし山もいいし ローカル線も いいからね 仙山線の 山寺〜奥新川の渓流を眺めながらの車窓もいいからね ちょっとシートは、新幹線と違って硬かったけどね 地元では、蔵王が 最高ですね〜 今の季節はね

と 紹介している おいちゃんは、さて どこかに行くのかというと まだ未定でね 毎年 急に前日の夜に決めて  翌朝早く車まで出掛けて行き 車中泊で 次の日に帰って来るパターンが ほとんどでね ただただ ドライブで 距離を 稼ぐそういう遊び方ですね 丸二日で 最低でも1000勸幣紊蓮∩るのでね そして なるべく高速は、使わないように心がけるケチケチぶりでね 何しに遊びに行って来るのかね ガソリンの無駄遣いだと 言われるけどね それで もう何十年も 続けているのでね 季節を 楽しみ地方の家並み(ご立派な家と そうでない家や寂れた商店街などや残って居る商店などの違いやコンビニの多さや門構えの立派な農家や庭の手入れや田んぼ畑の手入れの具合、山の中の杉林や山の手入れなど おまえは、国税のマルサか)などを見るのが楽しみながらのドライブなので 観光地などは、ほとんどスルーしてますがね まあ それで 楽しければ それでいいのです。

さて 今日は、もうひとつ お楽しみが ありまして それは、このブログの右上にある 累計カウンターでね 12年以上近くコツコツやっているけどね〜 毎日の50〜100の訪問者でも ここまで 来ると 感無量です。

感謝、感謝の 訪問者さんは、神様です。 これが あるから 辞められないのも 本音だね もっと 中身が面白いといいのだが まあ これが おいちゃんなのでね  

リバーシブループ曲線レイアウト完成その79

リバシループ貨物レイアウト完成から 特急列車編成シリーズの紹介だ。

その第11回目は、683系貫通型サンダーバード雷鳥7両編成からだ。683系の貫通型も 含めての特急683系だと思うので こちらも紹介だ。

在来線の狭軌で 時速160卅行が出来る区間を 持っていた北越急行に登場したのが特急はくたか 越急行 683系8000番台スノーラビットで 今 現場仕事で行っている山形を 走る山形新幹線よりも はるかに速い速度で 駆け抜けているんですね 怖いですね〜 踏切がね〜 と 書いても 他県の事ですので まあ いいか 

2016年11月に紹介した連結作業動画を見てという記事の中の 683系2000番台特急しらさぎ貫通扉型 の連結作業の動画を 再登場だ。



どっちかと 言うと この貫通型の方が 683系の流線形というのか玉子形というのか 丸っこい車両よりは、好きなのでね そう言えば 新スーパーあずさE353系の開通扉の開閉動画があったので紹介  



エ、こんなに簡単に 切離しが 出来ちゃうんだ。あっけないね〜 あんまり 面白くなかったね 本当に合体ロボの領域になって来ましたね

まあ 関係ない話は、いいか 683系開通扉形の動画からだ。

リバーシブループ曲線レイアウト完成その78

リバシループ貨物レイアウト完成から 特急列車編成シリーズの紹介だ。

その第10回目は、683系サンダーバード雷鳥7両編成からだ。2014年1月に進撃の特急12 683系0番台特急サンダーバード(雷鳥)9輌編成で 少し画像などを 紹介してますが なんせ 見た事もない車両なのでね

これ以上は、想像でしか 書けないので 動画で 見て
 

カートレイン積み込み

ED75のブロワー起動音を 漁っていたら こんな「ED78&カートレイン北海道」という動画を 見付けました。

そもそも このカートレインというもの自体知らなくてね この自動車を 積み込みする有蓋車ワキ10000形に 積み込める自動車は、貨車1両に対して乗用車が3台くらいしか積めないので しかもワンボックスや3ナンバーの大型自動車は、不可で 積載前に、燃料タンク内のガソリンを必要最小限まで減らしておかないと乗せてもらえないという制限は、あるわ 時間は、掛かるわ 運賃も割高 と来れば 日本じゃ続かないのも わかりますね

そんなカートレインの車両じゃなく 自動車の積み込みシーンが 見たくて 色々探して 見付けたのが この1985年5月に撮った30年以上も前の小倉駅からの映像から 画像は、ホームビデオで 撮ったようなので 画質は、良くありせんが こんな手間の掛かる 積み込みを していたみたいですね



こちらは、ヨーロッパのスイス?かどうかは、わかりませんが 同じカートレインでも まるっきり違うんですよね 積み込みの仕方も そして まさかまさかの 自動車に乗ったまま 列車で移動ですからね 



もう1本は、国鉄時代のク5000形と同じような二段式自動車運搬貨車の オーストリアでの積み込み風景だ。



今でも 海外では、カートレインは、需要があるのか 続いているみたいですね 最後に もう1本 バイク専用列車のMOTOトレインの 積み込み風景から



改造されたマニ50形荷物車にオートバイを搬入し 寝台列車に連結されて運行されていたそうです。これも 1986年から運行されたそうだ。

 1985年の運転開始時点での汐留から東久留米、までだと「カートレイン」は所要時間約14時間で運賃料金(大人1人)34,400円、フェリーだと(大人1人+乗用車1台、2等)は所要時間36時間40分で料金31,500円、ジェット&レンタカー(大人1人、九州でレンタカー3日間借り上げ)は49,060円であったと記事には、書いてありました。

今から30年以上も前の 景気がいい時代だったからこその特別編成列車だったんでしょうかね それにしても 当時も このバブル景気とは、無縁の世界に生きていたのでね こういうカートレインなんて 全然知らなかったという お話でした。 

  
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ