新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2017年12月

タンク車でも語るか3

今度は、小さめのタンク車から紹介だ。 タム5000とか8000と呼ばれるタンク車やタキ11000などのタンク車を紹介だ。

VRM仮想タンク車小A
















まずは、小さめのタンク車のタムからだ。

VRM仮想タンク車15小VRM仮想タンク車16小






東北東ソー(株)のタム5000と味の素タム5000を通称味タムというらしい

VRM仮想タンク車22小VRM仮想タンク車23小






右側の日本バーオキサイト(株)の車輛は、 例のシルバー車体で作ってみました。

VRM仮想タンク車17小VRM仮想タンク車18小






日本陸運産業のタキ5450から 2種類

VRM仮想タンク車19小VRM仮想タンク車20小






関西化成と旭化成の 2種類からだ。

VRM仮想タンク車21小






そしてソーダニッカとか言う 会社のタキ5450だ。 

昔 こんな事を書いていましたね

「このタキ5450なのだが 鉄道模型じゃ人気が あるみたいだね TOMIX製は、廃番になってるみたいですが 他のメーカーの商品は、色々あるみたいです。 なんで 今頃 IMAGICさんも 作る気になったんでしょうかね あのVRM3版輸出バージョンには、この黄色いタンク車が あったのですがね あれ欲しくて欲しくてね 堪らなかったのよ だから 尚更 今頃 作りやがってコノヤローと 思ったので 急遽 突貫で作ってみました。」

と 書いていたら VRM5版では、出て来たのでね

VRM仮想タンク車24小VRM仮想タンク車25小






最後は、タキ11000というタンク車からだ。 このタキ1100は、宇部興産セメントサービスの 薄い若草色の車輛しか 見つけられなかったのだが それじゃ 新VRM3★じゃ つまらないのでね こんなホキ22000のようなクリーム色の車体も作ってみました。

なんでも 石灰の微粒体状のものが 炭酸カルシウムとか 言って それを 専門に運ぶのが このタキ1100らしいのです。 そして それを 火力発電所に運んで 発電所の石炭と混ぜて 使うらしいのです。 そして その時 使用した後に出る 石炭の微粒体状のものが フラッシュアイとか 言う物らしいのだ。 で 空車の車輛に このフラッシュアイを入れて また どこかに運ぶらしいのです。

昔は、白かシルバー車体だったとの記事を 見つけたので これまた シルバーの車体も 作ってみました。

VRM仮想タンク車26小






とまあ こんな感じで 塗り絵で遊んでいましたが メーカーさんも 作る気になれば いくらでも 作れそうなんですがね  そういえば USO800さんが こういう感じの貨物車を 作っていましたね



どうですか こんな貨物車が 作れるんだから 羨ましいね 踏切もオーバーハングになっているしね 来年は、ぜひ このVRM5動画を 見せて貰いたいと お願いして よいお年を さて これから 紅白でも見るか

タンク車でも語るか2

これらのタンク車から 細かく紹介というより 昔 作った塗り絵画像から紹介だ。

VRM仮想タンク車7VRM仮想タンク車3





左側が VRM3版のオリジナルのタキ43000で  それを 黒に修正したタキ43000だ。

VRM仮想タンク車4VRM仮想タンク車10





そして 左が日本石油マーク付きで 右側が 一番欲しかった日本石油グリーンツートンボディーだ。

VRM仮想タンク車9VRM仮想タンク車13





そして それに日本石油マークが付いたものと オレンジ色ツートンだ。

VRM仮想タンク車11VRM仮想タンク車6





そして こんな あり得ないシルバー色も作っていましたね。 右側が タキ1000から オイルターミナルからのタンク車からだ。

VRM仮想タンク車5VRM仮想タンク車8





右側が オリジナルのVRM3版タキ3000から

VRM仮想タンク車14VRM仮想タンク車1





左側がタミヤマークを付けた車両で 右側が 黒の艶消しのタキ3000からだ。

VRM仮想タンク車2





黒の艶消しタキ3000にタミヤマークを 付けてみました。 尚 この黒の艶消しタキ3000は、VRM5版の第7号に入っていたらしいのだが VRM2版のシルバー色のタキ3000じゃない所が 中の人が考えそうな発想ですね


タンク車でも語るか1

タンク車の話を少し紹介だ。 

昔 ここでも 取り上げたのですが もう一度 再編集だ。 まずは、簡単に このVRM3版に登場しているタンク車から 簡単に説明だ。

タキ43000の紹介だ。 43t・44t積のガソリン専用タンク車である。1967年(昭和42年) - 1993年(平成5年)に820両が製作された。当初は日本オイルターミナル1社のみの所有で、外部塗色は青15号のみであったが、1974年(昭和49年)からは日本石油輸送も同形式の投入を開始した。同社所有車は一般的な黒色塗装であったが、最終製作グループは濃淡グリーンとグレーの塗り分けに変更され、新日本石油の油槽所向けに運用される一部については、タンク体右側に新日本石油の「ENEOS」のブランドマークが貼られている。

タキ3000の紹介だ。1947年(昭和22年)から製作された、国鉄に車籍を有した30t積のガソリン専用車である。1947年から1964年(昭和39年)にかけて国鉄所有車・私有車合わせて1,594両が 在籍していた。 このタキ3000に関して こんな衝突事故の記事が 載っていたので紹介だ。昭和42年8月8日の深夜に新宿駅構内で、米軍のガソリンを積んだタキ3000のタンク車と石灰を積んだ貨物列車が衝突して 大炎上したとの話だ。優等貨物列車それも あの米軍様の燃料を 当時 あの組合活動が強かった国鉄が 内緒で運んでいたのかどうか知りませんが お金が絡むと 話が 変わって来るのが この国なんだなあ〜と 今頃 思ってる次第だ。

タキ50000の紹介だ。増大する貨物輸送量に対応するため、貨車1両あたりの荷重を増大する設計指向で出来たのが50 t 積のガソリン専用タンク車である。1960年 - 1965年(昭和40年)に90両 が製作された。台車は三軸ボギー台車で、2軸台車の片方に台車側梁を長く伸ばした1軸台車を連結し、双方を心皿付の中梁で連結した構造である

と 訳も わからず 書いてましたが 最初は、これしかないので こんなもんなのかと 思っていましたが 実際には、 もっと種類が 多くて そして もっと カッコいいタンク車が あったんだね

VRM仮想タンク車B































こんな感じで とくに このグリーンツートンの日本石油貨車は、大好きでね 当時は、なんとか VRM3版で 出して欲しいと 懇願していましたが 結局は、VRM4版で登場して VRM3版の 話は、おじゃんだ。

その反動で ありもしないタンク車を これでもかと 塗り絵で 発散した 話は、この後だ。


ループ曲線レイアウトから特急大全集その48

特急大全集の貨物編から動画から ガソリンタンク車タキ50000から ディーゼル機関車牽引20両編成から紹介

DD51重連、DE10重連、DF200レッドベア、DD13三重連からの紹介



これで ガソリンタンク車編は、おしまい タキ43000、タキ3000、タキ50000の3種類の貨車を 紹介しましたが それぞれ 特長があって 牽引する機関車も 考えてしまいましたね〜  

ループ曲線レイアウトから特急大全集その46,47

特急大全集の貨物編から動画から ガソリンタンク車タキ50000から 電気機関車牽引20両編成から紹介

EF66111、EF64-1000重連、EF65-1000重連、EF200-14からの紹介



続けて EF5823重連とEH10マンモスから



前回の タキ3000編成と 少し牽引機を 変更しています。

ループ曲線レイアウトから特急大全集その45

今日は、平成29年最後の大晦日なんですが いつもと 変わらず VRM3三昧だ。好きだね〜 本当に これしか楽しみがないみたいでね 鉄道模型の雑誌も 眺めていても 欲しいとか 買ってやってみたいという気持ちが まだ 現れなくてね

やっぱり このVRM3は、手軽でいつどこでも レイアウトが作れて眺められて動画にも出来る この便利さを 知ってしまうと なんたって お金も 掛からないし 鉄道模型のメンテナンスを しなくても いいからね〜

でも 触る事は、出来ないからね まあ 触るという事は、全てに於いて あるのでね

さて 特急大全集の貨物編から動画から ガソリンタンク車タキ50000から 電気機関車牽引20両編成から紹介

EF81-95、EF81-37、EF81-502からとEF66-32のEF66貨物専用機から

ループ曲線レイアウトから特急大全集その44

特急大全集の貨物編から動画から ガソリンタンク車タキ3000から ディーゼル機関車牽引20両編成から紹介

DD51重連、DE10重連、DF200レッドベア、DD13三重連からの紹介




ループ曲線レイアウトから特急大全集その41,42,43

特急大全集の貨物編から動画から ガソリンタンク車タキ3000から 電気機関車牽引20両編成から紹介

EF66111、EF64-1000重連、EF65-1000重連、EF200-14からの紹介



続けて EF210、SBBRe460、EH10マンモス、DBBR101から



最初は、ここまでしか紹介する気がなかったのだが 前回と同じで EF5845青大将とEF5823重連のタキ3000を追加してしまいました。 それだけ このタキ3000が お気に入りなのでね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その40

特急大全集の貨物編から動画から ガソリンタンク車タキ3000から 電気機関車牽引20両編成から紹介

まずは、第40弾としてEF81-95、EF81-37、EF81-502からとEF66-32のEF66貨物専用機から



このタキ3000は、20年近く前のVRM2版車両ですが 一番のお気に入り貨物車です。

RM-MODELS2018-2月号を買ってしまった。

中古のRM-MODELSしか買わないおいちゃんが 新刊のRM-MODELS2018-2月号を 買ってしまいました。一度は、迷ったのですが こちらのRail Magazine2018年2月号と どっちにしようかと いっその事 買わないでおこうかとも 思ったが 年に一度くらいは、いいかで 買ってしまいました。

今月号は、両雑誌とも中身が面白かったのと やっぱり カレンダー付というのが 魅力でね とくにRM-RODELSに付いてきた 空撮カレンダーが 気に入って 買ってしまった次第だ。

Rail Magazineも EF81の30年という記事や 石巻線の貨物の話など面白そうでしたが 2冊一緒に買うまでの 鉄道趣味じゃないのでね

しかもだ 鉄道模型を 1個も持っていないのに 鉄道模型雑誌だけは、これでもかと持っているんだから 変わり者だね 

RMMODLS2018-2RMMODLS2018-1












このRM-RODELSは、広告ばかりでと 言う方も居ますが 逆に おいちゃんなんかは、 この広告を見て 昔に比べ ここに掲載している模型店が どう変化しているのかを 眺めては、今の鉄道模型界隈の 景気の現状を垣間見てますがね しかし 相変わらず 天賞堂の16番の広告は、インパクトがありますね EH800で 38万円ですか 高いのか安いのか ムサシノモデルに比べりゃ安いか なんてね でも 韓国製とか中国製と聞いてしまうと このご時世なんか 関係ない世界なんだね 鉄道模型趣味に国境なしか

それにもしても わからないのが この鉄道模型趣味  Zゲージ、Nゲージ、HoJ、16番、Oゲージ、OJゲージとか まあ 色々あって それぞれが 盛り上がっているんだね

それに比べ このVRM界隈は、VRM5版が 出て来ると 前のバージョンは、お払い箱みたいな感じでね そもそも そこら辺の 取り扱いが ちと 気に入らなくてね 

まずは、 鉄道模型雑誌のような 鉄道シミュレーター関連の雑誌が 出て来ると これまた面白いのだが 20年近く眺めているけど 出て来ない所を 見ていると どうなんでしょうかね

でもね YouTubeなどの 鉄道シミュレーター関係の動画を眺めていると それなりに この手の鉄道シミュレーター関係が 好きな方も 世界的には、多いのでね 鉄道模型だって 色々家庭の事情とかで 好きだけど やれない人に 本来 この鉄道模型シミュレーターが 仮想鉄道模型として 登場して それに ハマったのが このおいちゃんなんですがね

 鉄道模型のように ゲージサイズが違っても それぞれファンを 掴んでいるように このVRMも 本当に 進化したVRMだけじゃなく VRM3版程度の 簡単明瞭な鉄道模型シミュレーターが 復刻版として 出て来るような界隈になると 面白いと 一人で考えているのですが なんか 仮想鉄道模型の天賞堂を 目指している感じがしてね 

それにしては、ここに載っていた記事のように まずは、連結器が外れないようにしなければね そこら辺は、VRM3版じゃ 大目に見て 最初から こういうもんだと思っていましたがね 高級路線じゃ許されないからね だって 鉄道模型じゃ 連結器が外れたら 不具合ですからね そこら辺は、どうせアップデートで直せばいいという まあ PCの中のゲームですからね  
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ