新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2017年07月

江ノ電2000型を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走る江ノ電2000型を紹介だ。

この江ノ電2000型は、一応VRM3版の追加キットなんだが ハッキリ言ってあんまり作りは、良くないんだね これが なぜVRM3版と言えるのか? 不思議でね どっちかというと 後から紹介する 江ノ電800型のVRM2版の方が 作り的には、丁寧な気がするんだね こういう 車両に関してのユーザーから見た感想が ここ以外では、ほとんど 語られないのが 長年 この界隈を 覗いていますが 出て来ませんね

江ノ電2000型2









最近のRaillSimなどの車両画像などを眺めていると よく わからないんだね 車両の描写の上手い下手というか どこら辺が 今現在のシミュレーター系の車や鉄道や建物の描写の出来が一番なのか ディズニー3DCGアニメのカーズのような 車の描写のタイヤホイール付近の描写を見ていると あそこくらいまで表現出来るのが 今の技術じゃ当たり前なのか それとも あれは、特別なのか そこら辺が よくわからないんだね

江ノ電2000型1










その反面 素人さんが どんどん自作車両を発表したり 専門の知識がある人は、いいけどね ない人は、、、、、 まあ 諦めるしかないか 車両制作だけが VRMじゃないからね 車両は、買えばいいか






モハ1形箱根登山鉄道を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走るモハ1形箱根登山鉄道電車を紹介だ。

大体 なんで箱根登山鉄道電車が 在来通勤快速線を走るのか?自分でも疑問に思ったのだが もう ここまで来たら VRM3,VRM2版の車両を 全部紹介してしまうかと思ったりしてね

メーカーさんのサイトじゃVRM4版の車両の画像も削除されていたんですね もうVRM5以外を メーカーサイドで 探すのは、不可能ですからね せめて VRM3,VRM2版に限っては、ここで 覗けるようにしておきたいのでね

出来れば レイアウトファイルなども 紹介したいのだが ここのブログでは、出来ないみたいなので もう一度 HPを 作り直したいのだが これも ちと力量がないので無理か

大体 VRM1〜VRM5までを 含めた鉄道模型シミュレーターというゲームソフトの掲示板のような総合的なサイトがないからね いつも VRMポータブルサイトを 眺めているんですが 今現在 ここ以外で VRM情報が 得られそうな場所を知らないのですが たぶん オフ会なども やったくらいなので どこかには、情報公開している場所は、あるんでしょうね

モハ1形箱根登山鉄道2









まだ VRM5関係には、私鉄関係の車両が ほとんど出ていないようなのでね 画像だけでも紹介だ。

モハ1形箱根登山鉄道1









VRMポータルのTwitterでRaillSimのTwitterを知りRaillSim車両の画像が 見られるようになると 嫌でも 違うゲームの車両と比べてしまってね VRMとは、車両がメインなのか それとも レイアウト作りが中心なのか

まあ どっちでもいいか メーカーも どっちでもいいかと そう思っているでしょうから 売れればいいか


VRM5を値段で見て見る

ここのマグノリアの 鉄道模型シミュレーター5 貨物セットの記事を眺めていたら 今現在 VRM5関係の種類と値段に関して ほとんど知らないので 色々調べてみました。

まずは、2017年7月28日発売の貨物セットから

magnoliaVRM5カタログ7























こんな感じで VRM5第2号+の\13,080と第7号の\12,900の合計\25,980が 今回企画の貨物セットだと \22,003の税別らしいのだ。 税金が入ると \23,763になる感じですかね \3,977が お得な感じなんでしょうかね ついでに 他のマグノリアのVRM5を DLした場合の各号数の値段と車両の種類を おおよその中身を書いてみました。

magnoliaVRM5カタログ8























これ最初 この画像の車両の数だけだと思ったのですが 実際は、違っていたので 作り直してみました。

magnoliaVRM5カタログ9






















こんな感じで 全部で 18本のVRM5版のDL版なのですが 消費税込みで 18本で\187,078 になるんですかね 計算間違っていたらごめんなさいですが そして 車両の種類は、貨物なども含めて 173種類ですかね これは、中身を見てないので あくまでも表記されていたもので カウントしてみましたが 結構 多いですね

ついでに IMAGICさんのダイレクトショップのパッケージ版も 調べてみました。

IMAGICVRM5カタログ1

















こちらの パッケージ版の 合計は、消費税込みで \205,957になるみたいだけど これも間違ったらごめんだ。

ダイレクトショップのパッケージ版とマグノリアのVRM5をDLした場合の合計の差は、\18,879に なるんですかね でも両方とも ネットでの認証が必要なんでしょうか 結局 VRM3版みたいに CDロムのシリアルナンバーだけで使えるという訳じゃないので 結局は、使い道は、同じようなものかね 

これが 鉄道模型シミュレーター5アップグレードサービスを使えば VRM4を 持っていれば 大人買いで まとめて買えば\102,978になるのかな VRM3を 持っていれば \12,3574になるのかね その差は、\20,596ですか なら なんとかして どこかで VRM4版の一番安い号数を手に入れ それ自体は、無駄には、なるのだが それでも 得になるのかもね もしかして VRM4版小田急ロマンスカーVSEは、使えないのかな これだったら持っているんですがね

でも これって 確かに 我々昔からのユーザーには、お得かも知れませんが 新規でこれから始める方 とくに 大人買いで揃えたいと思っている おっさんには、ちと 面白くない企画のようにも感じてね 一括購入に関しては、何か特典を付けてもいいような気がするんですがね

このVRMを 大人買い出来る人は、これからも大事な 上得意のお客さんになりそうな気がするんですがね 色々な事を知っている古参ユーザーより こういう何も知らない新規の大人買い出来るような鉄道模型に比べたら 安いもんだと思ってくれるお客さんこそ これからの一番のユーザーのような気がしてね そういうスケベな気持ちで 鉄道好きの爺さんなどを 手玉に取るくらいの これでもかというくらいの 下から目線で 説明などを していけば 年寄りは、弱いからね 売ってしまえば こっちのもの 後は、 お客様のPC環境との相性が 合わないみたいでと 逃げられば 無問題なんてね

これらの画像を 用意する前に 他にも 作っていたので ついでに紹介だ。

magnoliaVRM5カタログ1magnoliaVRM5カタログ2












マグノリアのVRM5カタログの方が IMAGICさんより見やすいので 紹介だ。

magnoliaVRM5カタログ3magnoliaVRM5カタログ4












車両の画像が 大きく見えるから いいね〜! 

magnoliaVRM5カタログ5magnoliaVRM5カタログ6












それにしても わかんないね〜 このIMAGICさんは、販売の主力が ここのマグノリアなのか トレトレのAsialやSilverStarなのか しかも自分の所でも ダイレクトショップで販売しているからね

そして わからないのが パッケージ販売とDL販売では、それほど値段の開きがないんだね これだけDL販売が 出来るのなら  VRM3版とかVRM4版も 廉価な価格で 別会社で 販売も出来るんじゃないのかとね 昔 VRM3版を DLした 会社などは、結構あったからね 古いソフト販売して貰えないかね〜 DLでもいいから

クモハ12形旧型電車を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走るクモハ12形旧型電車を紹介だ。

このクモハ12形旧型電車は、VRM3版のCDロム版には、元々入っていない車両で RM-MODELSの2004年1月特別号の付録でトミックス鉄道模型レイアウターの体験版と一緒に入っていた車両なんだね

その後 鉄道模型シミュレーターレイアウト設計と制作という本にも 同じクモハ12形が 入っていたのだが まあ ここのメーカーさんは、あっちこっち色々顔を出しては、その後 なしのつぶてじゃないのだが 常に新しい方向に進んでいるのか 大手のTomix以外とは、ほとんど絡まない所が 面白い所だね

前から 疑問に思っていたのだが なんでRM-MODELSのような 鉄道模型雑誌などで 鉄道模型シミュレーターという企画で 取り上げて貰えないのか不思議でね もしかして おいちゃんだけが知らないのかも知れませんが 当時2004年頃は、 こういう鉄道模型雑誌の付録にもなっていた事実だけは、紹介して置きますがね

その後 自前のガイド本も VRM4版以降は、出ていませんがね VRM3版までは、色々出ていたからね 紙ベースは、時代遅れと 思っているのでしょうが 本屋に行けば これでもかと鉄道模型関係の本は、並べてあるのでね

おっさんは、手元に置いてゆっくり 眺めながら参考にするのが 一番しっくり来るんですがね

クモハ12形旧型電車2








まあ こんな感じで 他の媒体に載るとなると 本格的に技術を見せようと 頑張るんでしょうかね


クモハ12形旧型電車1











なぜかVRMonLineでは、このクモハ12形旧型電車だけが 販売されているんですね そこで このVRM3版と見比べてみました。

クモハ12形旧型電車VRM5-1クモハ12形旧型電車VRM3-1








なんか 雰囲気が 全然違うように感じますね VRM3版も 窓ガラスの描写で苦労したのか 幌みたいなもので 室内が見えないようになっていますが VRM5版の完全3DCGと 絵師が2D画像を 描いた感じの違いとでも 言うんでしょうか まあ これは、好き嫌いですがね




最後に 地元の仙石線にも 昔 このクモハ12形が 走っていたそうです。ここの吊り掛け電車を求めてというブログに 写真が載っていました。

VRM2版E217系JR電車走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走るVRM2版E217系JR電車を紹介だ。

と言っても 正直 この20年近くで 走らせた事が ほとんどなかった車両なんだね なので 今回 こんなにマジマジ近くで見たのは、初めてなんだね

E217系JR直流電車2









しかも 二階建て電車なんだね 知りませんでした。

E217系JR直流電車1













これVRMonLineの車両にもあったんですね

E217系JR直流電車VRM5-1E217系JR直流電車VRM5-2







E217系機器更新編成は、15両フル編成で 3960円ですか Y116編成.横須賀総武線が 4両編成で 1760円で Y4編成.横須賀総武線が 11両編成で 2640円ですか 1両当たり264円〜440円の計算ですか

E217系JR直流電車VRM5-3223系1000番台西日本VRM5版1







ついでに前回紹介した 223系近郊電車が 4両編成で 1980円なので 1両当たり 495円ですか 問題は、この1両当たりの 値段なんだね VRM3版の頃は、最終的には、1両当たりだと 90円位でしたからね 詳しくは、2009年12月のVRM3 10年目の変遷2を 見てね

要は、おいちゃんからすると Nゲージ鉄道模型の値段と比べて どうなのか? これが基本でね しかし RaillSimなどの完成度の高い車両などが 出て来ると 果たして現状の値段でどうなんでしょうかね

でも それは、おいらが いう事じゃないのでね 只 こちらは、あくまでも 大画面モニターで VRMを やる訳じゃないのでね 描写に関しても 我慢出来る程でも いいんじゃないの〜とね

その分値段が安い方が いいような気もするのだが それじゃ お客様が 喜ばないか そう ここの鉄道模型シミュレーターは、昔の鉄道模型シミュレーターとは、違う ブランドイメージが確立しているので お客様を 選ぶのです。 なんてね 

だって 高いだもん 今時 1本2万円近いゲームは、そうないと思うのですがね



おなごが 大好きなエルメスのバックみたいなもんかね ブランドは、強しだ。

VRM2版223系1000番台を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走るVRM2版VRM2版223系1000番台を紹介だ。

このVRM2版223系1000番台は、なぜか 今まで ほとんど使った事がなかったみたいですね どうしても VRM3版プレミアチケットの 221系アーバンライナーを走らせてみるの 221系ばかり使ってしまってね

要は、そこなんだね いくら種類が増えても 結局 よく走らせるのは、お気に入りの車両が ほとんどになってしまう まあ そんなもんだね

223系1000番台西日本VRM2版2









それでも 走らせなくても 種類だけは、欲しいのが オタク趣味だ。 

223系1000番台西日本VRM2版1










そう考えると こんな古いVRM2版車両でも たまに走らせてみると これが結構 面白いんだね そういう鉄道模型のような 線路とかレイアウトがあれば バージョン関係なしに 走行できるという考えが 本来の鉄道模型シミュレーターだったような気がするのですがね

そういう話は、この界隈じゃまったく出て来ないからね 向上心がないと 駄目なんでしょうかね

VRM2版209系950番総武線色を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走るVRM2版209系950番JR総武線を 紹介だ。

今日は、夜仕事がないので ぶっ続けで 紹介だ。 相変わらず このカタログを作るのは、時間が掛かってね 本当に今更 こんなの見せて どうなんだと 思うのだが まあ それなりの発見もあるのでね

209系950番台総武線色VRM2版2









この209系950番だが 500番との違いは、どこかと この画像で 探して下さいと言われても どこか違うのか?でも 確かに 前面の運転席の下の部分にエンブレムというか 赤いマークみたいなものが あるのかないのかで 違いは、確かにわかるのだが それ以外は、わかりませんね

でも 逆に このエンブレムとかヘッドマークが違うから 商売には、なるみたいですね 最近のVRM5などは、例えば同じ583系でも 個別にして 販売していますが VRM3版だと 一緒にして販売していたからね 

209系950番台総武線色VRM2版1












この209系950番には、サハ280-950という6扉の付随車が入っているのでね これが一番の大きな違いなんでしょうかね 田舎じゃ考えられない6扉ですからね 凄いね〜都会は、

話しは、変わるのだが VRM5版では、こういった通勤電車の扉は、開くんでしょうかね あんまり聞いたことないので わからないのだが ホームドアがあるくらいだから 開くんでしょうね そこがね 鉄道模型じゃ まだ見た事ないからね まあ 自分としては、中も見えなくて結構な派ですかね

そこら辺の 鉄道模型と そうでない鉄道シミュレーターとの欲の違いとでもいうのでしょうかね 昔 Trainzで 扉が開いて乗客も乗り降りしていた動画などを 見ていましたが 今 考えてみると それって もう鉄道模型の範囲じゃないような気がしてね あくまでも 仮想鉄道模型 これですよ これ わかるかね メーカーさん


VRM2版209系500番総武線色を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走るVRM2版209系500番JR総武線を 紹介だ。

前に繰り上げで紹介した209系JR直流電車水色帯よりは、かなりVRM3版に近い感じになっている車両からだ。

209系500番台総武線色VRM2版2









どうですか 同じVRM2版車両でも こんなに描写というか丁寧さが違うところが 面白いんだね

209系500番台総武線色VRM2版1











そこら辺の違いを しっこく検証するのが ねちっこい新VRM3★井戸端会議なんだね そりゃそうだ。 鉄道模型で言えば KATOなのかTomixなのかグリーンマックスなのか その違いを 見極める感じなのでね

それだけ プロには、厳しいんだが その代わり お金は、払っても欲しいというのが 素人ユーザーの心境だ。だから 何回も書いているのだが あのVRM2版の追加キットの103系第1セットなど 当時の倍以上のお金を払って6000円近く出しても 今でも欲しいのだが そういうユーザーのコレクター感覚で車両を揃えたいという思いが伝わらない所に このVRMの 限界を感じては、いるのだがね

メーカーさんから見れば なんぼでも 皆さん自作車両で作れるんじゃないのですか?みたいな感じがしてね そうじゃないだろう 作れないから面倒だから このVRMを やっているというユーザーが居るんじゃないのかが
本心だ。 あのRaillSimの車両の中でも 完成度の高い車両があったのには、正直 驚きだね

いくらでも 上手く作る人は、居るのだが、、
 



この鉄道シミュレーター関係で 飽きずに長く続いてやっている人は、少ないかもね まあ おいちゃんが 変人で 続いているだけですがね これもだ 自分で作れないと思うから 続いているのかもね 上を見ない

おお、これは、、、

夜勤明けで 今 起きた おいちゃんだ。

さて 毎回 必ず ここのVRMポータルから 覗いて自分のブログを 見ているのだが ここの#VRMJPのTwitterの中身が なんか 凄い事になっていたので報告だ。

jrf480さんという方のTwitterが 今までの この#VRMJPの中で投稿された中身と違って そのリツイートが 凄いので びっくりした感じだ。今までは、どっちかというと このVRM界隈の自作車両制作とか これからの車両要望などのツイートが多かったのに なんか 突然 物凄い勢いで 出て来たので あっけにとられてしまいました。

しかも そこで 気になったのが このjrf480さんが やっているもう一つの Twitterのの 方なのだ。 これ マジで やばいですね 

おいちゃんから 言わせると 今の現状のVRM界隈に ここぞと 爆弾を仕掛けに乗り込んで来たようにも見えてね あれだけ RaillSimの画像を 見せらちゃうと どうしても 比べてしまうのだがね

VRMには、まだない機能の車両などや 初心者が 初めて車両を制作してUPしたような車両など とにかく 上手い下手とかじゃなく RaillSimに関するものなら なんでも OKみたいなサイトでね 

ついつい 見てしまいました。 RaillSimって こんなに幅が広いんですね 知りませんでした。 究極は、完全自作ゲームなんでしょうが  最初から それは、無理と諦めている おいちゃんとしては、VRMやRaillSimは、 憧れのゲームであって 自分が 今更 頭を下げてまでお願いして どうのこうのと やる気は、更々ないのでね

このVRM3で 当分いや 1年は、このままで 頑張りますが まあ なんでも上を見てしまうとね 半分やる気がなくなるのと このRaillSimだって 勝手に 車両などは、使えなそうで とにかく一々相手に承諾を得ながら 車両などを DLするのが 面倒なので 今の現状のVRM3に 留まっていますがね

なんか こうもVRM5やRaillSimそしてTS-2017などの他の鉄道シミュレーターにしても 凄いのが 次から次と現れても おいちゃんのような向上心のない おっさんは、やっぱり ぬるい現状のVRM3で シコシコ頑張るのみですかね 

最初から 目指すゲームの本質が なんか違うようなのでね さて これから先 この鉄道シミュレーター界隈が どうなって行くのかね ディズニー3DCGアニメのカーズくらいの 描写にでもなれば それこそ 又 違うゲーム展開になるような気がするのだがね 如何せん 最後は、ユーザー側のPCや技術と知識の問題が絡むから どうなるのかね 

相変わらずの一匹狼ですが 中々17年近く前の このVRM3版ゲームを 理解してくる人も少なくなって来てますが 逆に 上級思考に ついて行けない人も 中には、居ると 思うので ネチネチ やって行きましょうかね

VRM2版209系JR直流電車水色帯を走らせる

今日も これから 連ちゃんで夜間作業があるので 手短に紹介だ。

前にも 書いたが VRM2版が すっかり消滅したみた感じの紹介だったので 今回 欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を 走らせる車両編成の順番を 繰り上げて このVRM2版209系JR直流電車水色帯を 紹介します。

209系JR直流電車水色VRM2版2









メーカーさんから 見れば今更 そんな古い車両を 見せるな!と 怒られそうですが 何をおっしゃる うさぎさんだ。 この一番最初にパイロット版の商品として 作った感じのこの車両こそが このVRMの原点に近い感じだと思ってね ここから始まって VRM3版、VRM4版、そしてVRM5版と進化して行ったのが この鉄道模型シミュレーターの歴史そのものだからね 

209系JR直流電車水色VRM2版1












初めて このVRM2版車両を 見た人は、今のVRM5版の自作車両と比べてと思うでしょうが 20年近く前の車両ですからね それでも ここのVRM3版では、今でも 現役バリバリで 走っているのでね

そこが 鉄道模型と 同じ感じなんだね そこが どうもメーカーさんには、わかって貰えない感じなんだね どの年代の車両を 走らせるかなんてもんは、ユーザーが決める事でね 昔も新しいも上手いも下手もないのです。

要は、遊びの一環なのでね より完成度の高いレイアウト作りとか車両とかも もちろん 必要なのだが 一番は、遊んで楽しいか? ただそれだけなんだがね インテリジェンスな方々には、わからない おっさんの考えだ。 なんでも アリだから 面白いのだが そこまでの考えに 到達するには、達観した 経験というか 諦めの人生経験が必要か?なんてね 要は、 どうでも いいかの精神でしょうかね 面白ければ、

なんせ 向上心がないのでね 遊びで 勉強しろとか覚えろとか 一々言われたくないのでね 俺の勝手だろうが モットーだ。 向上心があったら このVRM3版など やっていませんね




最後に一言だ。 このVRM2版車両が あったからこその 今のVRM5だからね ここから なんでもスタートしていたと 思えば このVRM2版209系車両は、 VRM界隈のレジェンドだぜ!
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ