新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2016年10月

貨物編成が好きなので その4

今日は、夜間作業がないので ゆっくりブログ書きが出来ます。昨日からの続きで 貨物編成の動画を紹介だ。
結構 探すと 沢山有り過ぎてね 困るくらいなのだが 全て 自分が 貨物編成の あのクネクネが 大好きなだけで 一般の人には、受けない動画ばかりだね

しかし 現物の貨物編成のクネクネ動画は、貨物好きや 撮り鉄には、堪らないネタなんですが 如何せん この仮想VRM3だと なぜか 引いてしまうようだね まあ 動画自体が つまらないからね

それでもメゲずに 作り続けるのが おいちゃんだ。まずは、今年の2016年5月に 作っていた仮想津軽海峡線3線化S字路線工事1からの挿画からだ。

仮想津軽海峡線S字コーナー3線化完成披露で 上り線コンテナ貨物運転台カメラからの動画です。



そして 仮想津軽海峡線S字コーナー3線化の下り線コンテナ貨物運転台カメラからの動画です。



見ての通り もう大体 雪景色というと こういうパターンが おいちゃんが作る雪景色レイアウトの雰囲気でね まあ どれも 皆同じに見えてしまうのだがね しょうがないね なんせ 雪景色用の樹木は、1種類しかないのでね それでも 個人的には、この雰囲気が 大好きでね だから 同じような雰囲気のレイアウトになってしまうのだが それが 漫画でいうと おいちゃんスタイルの描き方なんでしょうかね

ついでに 定点カメラからの動画だ。 「仮想津軽海峡線S字コーナーから お気に入りの定点カメラ映像から 画面右側の単線を 走るEF81北斗星とカシオペアに注目! このように アナログで 両方向同時進行させるのは、至難の技なんですが 伝わりませんね」

と 説明は、書いているのですが 単線同時進行を自動運転させているレイアウトという地味な所が ミソなんだが これ このVRM3を やっている人以外に 話しても たぶん 伝わらないと思うんだね

そういう伝わらない部分を 本来 この界隈で ああだこうだと 話題にして 盛り上がって行きたかったけどね もう そういう時代でもないからね あまりにもバージョン違いというか 中身が 違いすぎてね ほとんど この界隈で 話題になっているVRM5の 話題に関しては、ほとんど知らない文言でね まあ これも しょうがないかね



こういうS字カーブが 大好きでね ただ 眺めているだけなんだが 一般受けは、しないね
最後に 新幹線も追加した 仮想津軽海峡線3線化完成の新幹線側から眺めた定点カメラ動画からです。

貨物編成が好きなので その3

おっと あんまり時間がないので 第3回目は、 去年2015年10月24日に VRM3で どこまで 出来るか?挑戦だ。1という記事にあるようにVRMポータルの中の Twitter記事の中で 久しぶりに櫻隼さんの この画像を ずっと眺めていて これを VRM3版で 表現出来ないか?と また 馬鹿なことを 考えていました。
ここから発展して 貨物待避線 中線を 考えていたがで これに近い感じが作りたくなり貨物待避線 中線を 考えていた 続きで イメージを考え VRM3で どこまで 出来るか?挑戦だ。5で 具体的に作り始めたのが この山奥待避線停車場レイアウトなんだね

そして 最初に作った 夏景色の アーチ式ダム編が こちらの動画だ。



このアーチ式ダムの渓谷景色から 今度は、海岸線沿いの断崖レイアウトに 作り替えてみました。



渓谷の景色から海岸線の景色へ こういう変更が 簡単に出来るのが このVRM3版の 良いところでね そして 最後は、お約束の雪景色からだ。



お約束の VRM3機関車軍団まで登場しての 雪景色レイアウトだ。 こんな感じで 色々アレンジしながら ひとつのレイアウトで 色んな景色のバージョンを作っては、遊んでいましたね

今日は、 今までの貨物編成レイアウトの中から 色々紹介して来ました。 まあ 良く 時間のない中で 作っていましたね 

そして 又 これから 夜のお仕事だ。 こういうパソコン関係に従事していないからこそ 逆に 燃えるんだね だから ついつい メーカーさんに 文句たらたらと愚痴を言ってしまうが まあ 恒例なのでね

メーカーさんが 思い描いているユーザーだけじゃないんだよ と 言いたいだけなんです。 

貨物編成が好きなので その2

貨物編成レイアウトを見るの第2回目は、 雪景色と貨物交換駅レイアウトからだ。 この雪景色レイアウトは、本格的な雪景色レイアウトを作ろうと 最初は、2015年1月1日の元旦向けに今年も VRM3三昧で 行くぜ!という 雪景色部分レイアウト作りから始まった企画なんだね

最初 新年のご挨拶動画のつもりで作ったのですが 丁度 ブルートレインが 無くなる年だったので こんな 「さよなら特急寝台列車」という動画を 作っていました。



こんな感じの 海岸沿いを ぐるぐる廻るだけのレイアウトでしたが どうしても 貨物編成を 走らせたくなり 2015年1月25日から 雪景色と貨物交換駅 その1という 追加で 入換交換貨物ターミナル駅を 追加して作ってみる企画を始めたんだね その 最初の 第2期工事に入って すぐの 線路配置だけの 珍しい動画からだ。

おいちゃんのレイアウト動画の特徴は、レイアウト作りの途中も動画で 見せているので 色々これから始めようと考えている人には、面白いと 勝手に思っているのだがね 実際 後で紹介する完成レイアウトと比べる 結構面白いのだがね そう思っているのは、自分だけですがね



それにしても 手の内見せるのが好きですね 下手だから見せる 上級者になると ほとんど見せないからね だから どうやって作るのか? その過程が 一番知りたいんだがね 鉄道模型だって 出来上がったレイアウトよりも その過程を 紹介してくれる方が こちらとしては、参考になるのでね

と余計な話は、いいとして 最後に この雪景色と貨物交換駅 その95 見張線を 追加だ。2が 出来上がったのが 2015年7月20日だから 結構 作り方が慣れて来たみたいでね ここで VRM3版は、地面テクスチャで苦労しない雪景色が 最高だと 勉強になりましたね

最終完成した 雪景色と貨物交換駅からの 上空撮影動画からだ。




こんな感じで 線路だけの配置したレイアウトから 線路部分を埋め殺して作った雪景色レイアウトを 見比べて見るのも 何かの 参考には、なるのでね 自分なりに 少しは、上達しているような気がしてね そこがまた 己自身の中でのゲームなんだね いわゆる向上心という奴でしょうかね

でも これもだ VRM3版だからこその ゲームに対する向上心であって それが 又 別のバージョンになってしまっては、それこそ 劣等感に 悩まされ それこそ 自分を褒める要素がないので 続かないと 自己分析だ。


貨物編成が好きなので その1

今日も 夜は、夜間作業があるので 今さっき起きたところです。 ベリーベリータイヤードです。

いつもなら KATOデッキガータレイアウトの制作に取り掛かるのですが 今日は、お休みして 今までの 貨物編成レイアウトを 見直していました。

その第1回目が USO貨物レイアウト制作途中1 からだ。 これは、2012年9月14日に USO800さんの この動画を 見てVRM3で どこまで モノマネで こういうものが出来るもんかと 挑戦して作った貨物編成用レイアウトだったんだね あれから 4年も経過してしまいましたね

なんだかんだで このUSO貨物シリーズは。100回以上も 企画が続きましたね そんな USO貨物レイアウトからの動画を 再放送だ。

まずは、夏景色の総集編動画からだ。色々 初めての挑戦みたいな経験をしたレイアウトでしたね



完成したのが 2013年12月ですからね 1年以上も掛かっていたんですね 初めて海岸線作りを 本格的に始めたりと 色々挑戦していましたね とにかく 何か きっかけがないと 作れない そこが おいちゃんの弱いところでね 完全なオリジナルというより 人からの刺激で ほとんど作っている感じなんだね

そういう意味じゃ そういう刺激が 見当たらないので 少し残念なんだが まだまだ 埋もれている レイアウトは、沢山あるので 又 コツコツ ネットで 漁ってみますかね

そして もう1本 こちらは、 2時間で 雪景色に変身させてしまったレイアウト動画からだ。 とにかく 無心で 理屈なんて ナシ ただただ 好きなように 線路を配置して 建物を並べて いかに カッコ良く 貨物編成が 眺められるか? それしか頭になかったね でも それが 本来のVRM3版の いい所だったからね



この雪景色に ハマって 次からは、 雪景色中心に レイアウト制作が 進んで行くんだね

KATOデッキガーター曲線鉄橋を真似てみるか24

昨日も夜間作業で 今日も これから 夜間作業だ。 今週のシフトだと 連チャンの夜間作業が多くてね かといって 先週みたいに急に 3日も お休みだったり 予定がコロコロ変わるのが おいちゃんのお仕事だ。

で 今日も昼過ぎに起きて どこにも行かず 部屋でシコシコ このKATOデッキガーターレイアウトを 作っていました。 仕事以外は、部屋で寝ているか 起きたら このVRM3で遊ぶ こんな生活環境なのでね 正直 VRMの日と 騒いでいた割には、なんの動きもなかった この界隈の まあ 覚めた感覚は、生活環境の違いでしょうかね

まあ 終わった話は、はいそれまでよだね 

どうも このKATOデッキガーターレイアウトなんだが 単線で 情景や景色だけ眺めて走らせるのが どうも苦手でね ある程度 出来上がって来たところで 第二期工事に入っているのだが もうKATOデッキガーターレイアウトという名称が 使えないくらい大幅変更でね これが 鉄道模型だったら デッキガータ曲線鉄橋を 使って ジオラマとして 一部分だけの情景を 楽しむんでしょうが そこが 中々このVRM3だと 情景だけを 楽しむというのが キツいんだね 要は、飽きるんだね どうしても 車両自体の走行カメラじゃなく その走っている姿を 別のカメラから 撮ってみたい  でも定点カメラじゃ面白くない だから 見張線のようなものを ついつい作ってしまうのが おいちゃんの悪い癖なんだね

あわよくば 両方から 眺められる それが 狙いでもあるんですがね そんな 見張線として 新たに配置したのが 貨物本線だ。 そして 前に 一度は、作ってみたいループ曲線も 2箇所も配置だ。

KATO曲線デッキガーターレイアウト図貨物本線1KATO曲線デッキガーターレイアウト図貨物本線2






まあ 見ての通り 真ん中が 空いてしまっているのだが 仮想飯田線を 眺める貨物本線とでも 思ってくれればいいんだがね そして 右側のループ曲線に挟まれた場所に コンテナ貨物ターミナルと 機関区を 配置する予定でね ここから 貨物本線に 入線して 戻って来る感じが 狙いなんだがね

こんな感じは、前に雪景色レイアウトと 山奥停車場待避線 で やっているんですが 結局 貨物だと こんな感じになってしまうんだね まあ それだけ 貨物が 結構 好きなのかも知れませんね

おっと そろそろ時間なので 今日は、これまで 雨なんだよね〜 外仕事は、水商売と同じですからね お天気次第で やる気が 違うのでね 

おもしろ鉄道模型動画から2

こんな感じで Nゲージのレイアウトを作っている人から見ると この鉄道模型シミュレーターしかも 16年前の廃盤VRM3を見たら どう思うのでしょうかね



これだけのレイアウトを 自宅の部屋に作れりゃそりゃ鉄道模型は、辞められませんね それにしても 情景や LEDの明かりが 最高で 素晴らしいね  なんか 博物館などにある レイアウトとは、感じが違うんだね

踏切とか駅ホームの感じが 見てて飽きないんだね なんででしょうかね

見て下さい この夜間走行が堪りませんね〜 とにかく このLEDの照明の明かりが最高でね こんな感じの明るさが 今まで見た鉄道シミュレーターの動画じゃ この明るさは、見た事がないんだね とくに VRM5では、



鉄道模型の夜間走行って 鉄道模型運転会などの目玉なんですが こんなにLEDが 明るくなくてね 建物の中の明かりが これまた いいんだね VRM5では、 この窓からの木漏れ日というか 駅ホームの明るさも この位明るく出来るんでしょうかね VRM3は、夜間走行出来ないのでね 残念なんだけど

こちらの動画は、もう少し明るい部屋で 撮ったものらしいです。 閉塞信号機の 進行現示の緑が いいねえ〜
こういう感じの 鉄道模型レイアウトを 家で作れないから このVRM3で 我慢しているんだけどね



まだ 製作途中とのことでね でも こういう鉄道模型レイアウトにしても 作っている制作過程が 一番面白くてね これが完成して 一人で 走らせて楽しむのが いつか飽きて こうやって 見せびらかせるのが 病みつきになる これ おいちゃんの動画もそうですが みんな 上手い下手というより 自分の趣味を 見せたい願望があるからこその 鉄道模型趣味だと思っているのでね 

これだけの鉄道模型レイアウトを作ってしまったら 次は、ないでしょうね その点 ここの新VRM3★では、なんぼでも 次から次と 新しいレイアウトが作れるのでね そこが まあ 唯一 負けない所でしょうか

なんてね 完全な負け惜しみなんだが ここでも そうだが インテリジェンスな人は、上昇志向が強いので たぶん完成してしまうと 意外と 遊ばなかったりしてね Nゲージだけでは、我慢出来ないなんてね

隣の奥さんは、美人で若かったじゃないのだが こういう動画があるから これまた鉄道模型も 人のレイアウトを見ているだけで楽しいのだ。 なんせ 自分のレイアウトだと 妄想すれば 最高ですからね

KATOデッキガーター曲線鉄橋を真似てみるか23

結局 今日10月23日は、VRMの日と 勝手に騒いでみたが メーカーは、もちろん動かず オフ会の その後のお開き会の話題も 皆様忙しいようで まだ どこにも 情報が流れず もう この界隈の情勢が どうなっているのか さっぱり わかりませんね

そういえば 裏チャンネルの2チャンネルも 2年くらい前から 音沙汰なしで もう やっていないのかと 思ったら今年の1月に 立ち上がっていたんですね  でも その後 また音沙汰なしだ。

ここのブログは、見には、来てくれているみたいだけどね 如何せん 話題が 肝心のVRM5じゃなく VRM3版の話題ですからね 

VRMの日だからこそ バージョン関係なしのVRMに関する何か イベントというかお祭りを 期待していたんだけど やっぱり 難しいか まあ 鉄道模型にしろ 他の鉄道シミュレーターで ブログなどを やっている人は、自分から発信するのが 好きな人が 多いのでね みんなで お祭りと言っても やることないからね

まあ しいて言えば メーカーさんに対する 不満爆発大会とか なんで情報が 偏った人にしか集まらないのかとか VRM5版とVRMonLineとVRMCLOUDの それぞれの取扱店の対応は、どうなのかとかね 

たぶん おいちゃんが VRM5を やっていれば そういうのを 真っ先に書くのでしょうが なんせ 持っていないので あくまでも 野次馬的視線なので それ以上は、踏み込めないからね

裏チャンネルでも 盛んに言われていた「敷居の高さ」 やっぱり これなんでしょうかね 本当に VRMの日として 今日があるんだったら バージョン関係なしの「これからのVRM」とか なんか面白い事があっても いいんだがね おいちゃんは、単純に 面白いから このVRM3を やっていますがね

まあ それでも VRM3に関しては、今まで以上に 褒めまくりますからね 大体 ガイド本など おっと それ以上は、辞めとくか まあ 人は、なんでも飽きるのだ。 飽きない おいちゃんが変わり者だからね

そんな変わり者が KATOデッキガーター曲線鉄橋レイアウトの 入換交換駅Bの配置完了と架線柱の配置と架線を 引っ張ったので その報告完成動画からだ。

いつのまにか 飯田線流電クモハ52系から 115系湘南色と 115系横須賀色に変更になっていたのですが それだけでは、なく 色々段々変わって行ってますが まだ この段階じゃ わかりませんね まあ おいちゃんの頭の中には、構想があるんですがね どこが仮想飯田線?なんてね もう まったくの仮想ローカル単線区間なのです。 リアルとは、かけ離れた情景 これが 新VRM3★レイアウトなのです。
 


ユーザーが 引っ張って牽引役を 昔は、そういう人が居たようにも 思えるんですが 今の時代というか 同じVRMでも バージョンとか 目的が 異なってくると 細分化してしまうんでしょうかね

ここは、あくまでも レイアウト製作中心に 鉄道模型や他の鉄道シミュレーターなども紹介する そういうレイアウト中心に これからも やって行くつもりなのでね よろしくだ。

KATOデッキガーター曲線鉄橋を真似てみるか22

天気の いい土曜日に 家で 寝て起きての繰り返しじゃ そりゃ健康にも良くありませんが 今日は、地元じゃ新幹線車両基地祭りが 開催されているらしいのですが 孫たちは、行ってるみたいですが 一切行かないんだね

そんなに興味もないのでね 昨日のNHKドキュメント72時間じゃ あの夕日が有名な四国の下灘駅が紹介されていましたね まあ あんなに人が集まる駅とは、凄いですね でも 意外と JR予讃線の下灘駅のすぐ下を 「夕やけこやけライン」という2車線道路が通っていて トラックなどが 行き交っていたので あれを見たら 少し引いてしまったね

だって あれじゃ まるでJR予讃線の下灘駅のすぐ下が海岸線で 直接 海からの夕日が 海上を照らして 駅まで 夕日が差し込むものと ずっと思っていましたからね。

正直 この前行った 新潟と山形の間の国道345号線の笹川流れの方が 海岸線からの雄大な眺めでは、上に感じましたね まあ 景色に関しては、人それぞれなのでね あくまでも 個人的な感想だ。 もっと良かったのが 青森県の日本海側から竜飛埼に向かう龍泊ラインが 一番雄大な景色でしたね とまあ 行きもしないで なにを語っているんでしょうかね まあ それが おいちゃんなのだ。

ところで そんな妄想爺さんは、KATOデッキガーターレイアウトの もう一方の入換え交換駅を 作っていました。 その駅の正面に見える山肌には、なんと お城が鎮座しているんだから おかしな風景だ。

まあ お遊び半分で まずは、山城じゃない ドでかい名古屋城を 配置してみました。

KATO曲線デッキガーター駅B名古屋城1KATO曲線デッキガーター駅B名古屋城2







こんな感じで 入換え交換駅の踏切近くから 緩い勾配を登って行って その急カーブの傾斜を 登った頂上に鎮座させてみました。 鎮座という言葉は、おかしいのだが なんか文鎮みたいな感じでね これでも-20伉 埋め殺して 石垣の高さを 抑えているんだがね 

KATO曲線デッキガーター駅B名古屋城3KATO曲線デッキガーター駅B名古屋城4







なんか 威圧感ありますね〜 このくねくねしたカーブ道路を 作りたくてね その為の飾りとしてのお城なのだ。

KATO曲線デッキガーター駅B名古屋城5KATO曲線デッキガーター駅B名古屋城6







こんな感じで お城まで行くのに こんな感じで 道路を いろは坂のように 配置してみました。 名古屋城は、なんか やっぱり どうも でか過ぎて イメージに 合いませんなあ〜 そこで お城のチェンジだ。

KATO曲線デッキガーター駅B松本城1KATO曲線デッキガーター駅B松本城2







今度は、熊本城と 見間違ってしまう 黒壁がカッコいい松本城を 配置してみました。 しかも 奥にも 低く配置して 兄弟城の登場だ。 これぞ おいちゃん流 真田信幸、幸村の 兄弟城だ。

とにかく あのNHK大河の真田丸は、30年以上も前の真田太平記のドラマを知っている者からすると 「なんだこりゃ」の世界でね とくに 真田信幸の 扱い方が太平記の知恵と忍耐の主役級から まるで アホ面兄貴として見ているのか 渡瀬恒彦の演技と大泉洋の演技が まるで 別人のように演じているので 時たま 変に思うし というか この真田丸を 真田太平記と 比べて話すのが タブーだと 散々言われては、いるのだが やっぱり 今こうして 真田一族が残り そして その武勇が 今でも受け継がれているというのは、 結局 最後まで真田家を 守り通した 真田信幸の功績が大きと 思っているのだが この真田太平記は、今巷で 問題になっている同族会社の内紛や後継者争いに 例えると 実に面白いのだがね おっと 関係ない話に脱線してしまったね

KATO曲線デッキガーター駅B松本城3KATO曲線デッキガーター駅B松本城6







遠くから見ると こんな感じですかね

KATO曲線デッキガーター駅B松本城4KATO曲線デッキガーター駅B松本城5







一応 観光スポットになっていて 観光バスも来る 名所なんですがね でも この先 どう展開して行くかは、真田丸じゃないのだが おいちゃんにしか わからない世界なんだね

このKATOデッキガーターレイアウトに お城を 配置するなんて 普通考えませんからね しかも ツインでね

そういう自由な展開が出来るのが この鉄道模型シミュレーターというゲームの面白い所なんだがね 所詮 暇つぶしのお遊びゲーム 好きに作ろうぜ!が 合言葉なんだが いつのまにか こうじゃないと駄目、この作り方は、おかしいとか そんなもん 俺の勝手だろうだ。 

Nゲージレイアウト制作再開167

上空撮影からの動画からその11 ローカル見張線(下り)通過より 
いよいよ このNゲージレイアウトの動画に関しては、一応 これで 最後だ。

まあ よくこんなに ひとつのレイアウトから 動画を これだけ作ったもんだね それだけ このNゲージレイアウトは、 多彩で面白いんだね と言っても 自己満足じゃしょうがないか もちろん レイアウトファイルをUPして 開いて遊んで貰えば 最高なんだが なんせレイアウターが開くだけでも 3分近く掛かるお化けレイアウトなんでね しかもビュアーも 少し開くのに時間が掛かるしね

一番の問題は、多分 編成配置してある車両編成でしょうね これが ビュアーで開く時に 全部で130本以上の編成配置してあるので おそらく VRM2、VRM3版そして追加キット、プレミアチケット車両などなど これが 全部揃わないと 動かない これ今のVRM5でも部品とかスクリプトとか制御関係が キチッと出来ていないと 開けないんじゃないのかね 

そこなんだよね 結局は、まったく同じ環境というか 部品でもなんでも揃っていないと 駄目な部分があるから 結局 レイアウトに関しては、ファイルを 開いても そのレイアウトで 穴があくほど使ってみるなんて ほとんど 自分は、なかったね 逆に レイアウト動画で見て 気に入った部分を パクって自分のレイアウトに取り入れる感じが 多かったような気がしてますね これだと バージョン関係なしに 参考になるのでね

と ここで書いてもしょうがないのだが VRMのレイアウト作りに関しての参考としては、動画や画像が一番なのでね そういう所の レイアウト作りのお話が 一部の人以外は、ほとんど 話題にもならない自作車両や これからの車両が どうのという話題が 多いのも 時代の流れじゃしょうがないか 

でも ここは、あくまでも レイアウト話が 中心なのでね 最近じゃ 作りもしない持ってもいない鉄道模型を 外野から 眺める まるで このVRM界隈と 同じように 野次馬的好奇心で ネットで漁りまくりです。

おもしろ鉄道模型動画から

最近 鉄道模型動画に ハマっています。

とくに お気に入りの動画を紹介だ。



スッキリした感じが いいですね とくに田園地帯とか畑の風景がいいですね〜
そして ウェーブカメラを搭載した車上カメラからの動画です。



もう1本 このレイアウトの出来上がるまでの記録だそうです。



トラフも作ってあるんですね〜 やっぱりバラストを敷き詰めているレイアウトは、どこかが違いますね でも 作るの 大変そうですね 茶畑がいいねえ〜
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ