新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2016年06月

モノクロームN並走バトルシリーズその90

並走バトルシリーズの番外編で 保線モーターカーTMC200のトロッコ編成とレール運搬編成のバトルからだ。
バトルと言っても 時速30勸幣紊棒瀋蠅出来ないので まあ ゆっくりの走行動画だ。

保線モーターカーTMC200-1保線モーターカーTMC200-2







VRM3版のプレミアチケットで 交換出来る車両で 確か一番最初に交換したかも知れませんね

保線モーターカーTMC200-3保線モーターカーTMC200-4







去年の12月に VRM3で どこまで 出来るか?挑戦だ。47で このTMC200の鉄道模型を紹介していましたが まあ 走らせるというよりは、お飾りですからね 

保線モーターカーTMC200-5保線モーターカーTMC200-6







そういう車両だと トミテックなどの 動力なし車両がありますがね 

保線モーターカーTMC200-7保線モーターカーTMC200-8







今回は、これでもかと 見せちゃうからね

保線モーターカーTMC200-10保線モーターカーTMC200-9







TMC200だけじゃなく トロッコとレール運搬台車も 見せちゃうからね

しかし なんだかんだで このモノクロームレイアウトに手を付けてから 半年も経過してしまいましたからね 10/31に貨物待避線を考えていた 踏切配置編モノクロームレイアウトを作り初めて そして 今年の1/1からモノクロバトルレイアウト その1として スタートして 2/4から 阪急8000vs京急2100のバトルを 紹介したモノクロームN並走バトルシリーズその1が 始まったんだね

そして 今回の 保線モーターカーTMC200で 打ち止めですが なんだかんだで 約180種類近いVRM2版、VRM3版車両を 紹介して来ました。

これらの車両を 眺めているだけでも このVRM3版とは、どういう鉄道模型シミュレーターゲームなのかが わかり 尚且つ 今のVRM5版と比べ どうなのかも わかると思って 紹介して来ましたがね

こんな感じで VRM5版の車両だけ紹介する動画なんかがあると もっと 参考になっていいような気がするんですが どうでしょうかね 

未だに VRMONLINEと VRM5版の違いも わからず いざ始めようとしても どこから手を付けていいかも わからない初心者も 意外と多いような気がするんですが ぜひ こんな感じで もっとVRM5版の動く車両が見たいですね 切り取った画像じゃ 全体の感じが わからないからね 編集なしの流し撮りの画像が見たいね



それにしても これだけ 種類があると 勿体無い気がしてね これが おっさんの弱いところですわ

モノクロームN並走バトルシリーズその89

これが最後になるかもしれない並走バトルシリーズから DE15ラッセル車と クモヤ試験車からの動画です。

DE15ラッセルvsクモヤ試験車1DE15ラッセルvsクモヤ試験車2







ここいらの車両は、ほとんど 使わないので これを 実際 見た人も少ないかも知れませんね とくに このクモヤ試験車は、VRM2版に入っていた車両で 自分でも 今回で2,3回くらいしか走らせた事がないくらいだね

DE15ラッセルvsクモヤ試験車3DE15ラッセルvsクモヤ試験車4







DE15ラッセル車も DE15を 単機として 名称もDE10として ほとんど使っています。

DE15ラッセルvsクモヤ試験車5DE15ラッセルvsクモヤ試験車6







このVRM2版クモヤ試験車を どうして入れていたのか? たぶん Tomixのクリーニングカーのイメージで入れていたと思うのだが まだ この当時は、あくまでも 仮想鉄道模型というイメージが強かったかも知れないね

そういえば あのレイアウトコンテストが なくなってから 何年経過したんでしょうかね 当時 大賞賞品が Nゲージ鉄道模型だったような気がしたのですが 不思議でしたね なんで Nゲージが賞品だったのか?


 

モノクロームN並走バトルシリーズその88

並走バトルシリーズから ディーゼル機関車DF200レッドベア ホキ2200編成とDD51タキ43000編成の動画からだ。

DF200vsDD51-6DF200vsDD51-2







17年前のVRM2版車両ですが

DF200vsDD51-3DF200vsDD51-4







これが 意外と いいんだね とくに DF200レッドベアが いいんだね

DF200vsDD51-5DF200vsDD51-6







今日は、今から 夜のお仕事なので ここまで

モノクロームN並走バトルシリーズその87

並走バトルシリーズから ディーゼル機関車DE10重連とDD13三重連の動画からだ。

DE10vsDD13-1DE10vsDD13-2







DE10は、VRM3版のプレミアチケットの車両で DD13は、VRM2版車両だ。

DE10vsDD13-3DE10vsDD13-4







ここら辺の構内入換牽引専用というかスイッチャーが もっと種類が欲しかったんですがね

DE10vsDD13-5DE10vsDD13-6







少ないんだよね 臨海鉄道や 私鉄の貨物線など バラエティーに富んだカラーバリエーション車両が 存在しているんですがね まあ 作る方が そういうのに興味が なければ 作らないみたいな所は、 まま あるのは、仕方ないのでね キハ40とか ご当地カラー車両は、つまるところ 自作車両で 作ってというのが メーカーさんの 思惑でしょうかね

 

見つけたぜ!VRM3を 百倍楽しむ部品を

見つけたぜ!VRM3を 百倍楽しむ部品をと 書いたのだが その前に 前回 紹介したプラレールアドバンス関連で 色々調べて漁っていました。

プラレール」長く愛される理由とか ロングセラーに新たな息吹 「プラレールアドバンス」とかの記事を見ながら なんで こんなに 急激に人気が出たのか 考えていましたが 

プラレールアドバンスのサイトの 動画サイトの動画を 見ていたら 色々役に立つ情報が飛び込んで来ました。まずは、参考になった動画から 

「E3系新幹線つばさ・E2系新幹線連結セットで遊んでみた」プラレールア ドバンス やってみ! ターミナル から



ここで 思ったのは、 新幹線の連結のようなものは、何も全部 自動でなくても いいという事だ。列車のコントロールも IRコントロールといラジコンみたいな装置もあるみたいで 思って以上に 走行を 楽しめるみたいですね

そして なぜ 今まで これに 気が付かなかったのか それが この動画にありました。

 


それが この動画の中に出てくるストップレールだ。 これ 今まで 自動停止のセンサーばかり頭になかったが
 最初から こういうストップレールを 例えば 駅構内の本線じゃなく待避する交換線の 出発信号機の前当りに配置してあると そこに列車が来ると 自動的に止まってしまう感じの線路が あれば 何も難しい事など 何も 要らないんだね 

そして そこから 又 スタート出来る  ただ突然 止まる感じなので 今までのスムーズにスピードを落として止まる制御方式とは、まったく異なるので 上級者には、なんだそれと 思われるかも知れませんが その場所で 止まってくれるだけで 全然 遊び方が 変わって来るのでね

そんなストップレールを使った車両基地遊びの こんな感じの動画も紹介だ。



ストップレールなんだが VRM3版だと 車両が 前に走っている車両と 近づき過ぎると止まってしまうのだが あれの原理などを このストップレールに応用出来ないもんだろうかね 

このレール1本あっただけで 本当に 全然違うVRM3の世界が生まれるんだがね そうしたら 新しいプラレールアドバンスのような 誰でも簡単に遊べる鉄道模型シミュレーターの 子供から年寄りまで すぐ 組み立てられて遊べて 列車のすれ違いなどが 簡単に楽しめるゲームになるんだがね〜

上のゲームばかり考えないで この素晴らしいVRM3版というのがあるんだから もっと これを活用して これで覚えて もっと上級者レベルのVRM5などを やってみたいというユーザーを 作って行く そういう これからの展開もあれば 面白いのだがね 

おいらに そういう技術と知識があれば このストップレールを開発するんだが これがあれば 本当に VRM3が 大きく進化して 長年の夢であった 単線での駅交換すれ違いや駅構内でのトラックホームでの 列車すれ違いなども 出来るのだが

こんな事ばかり 考えているのが おいちゃんだ。 売れる為には、何を考え 何をすれば いいか 初心者の気持ちになってみると 一番わかるのだがね 

それにしても おもちゃメーカーさんは、凄いね 色々考えているし あくまでも ユーザー視点みたいな感じだもんね この鉄道模型シミュレーターを おもちゃのゲームとソフトとして考えているのか それとも 違うシステム構築ゲームソフトとして考えているのか 今だからこそ ぜひ そういう これから どうするのかを ガレージメーカーとして 特化してやっていくのか 本当に聞きたいね でも 最後は、売れなきゃ おまんま食べられないから 
 どうやって 妥協しながら やって行くんだか 気になるね 

新幹線で宣伝しては?

Youtube動画を見ていたら やたら 224万と再生回数が多い Nゲージ新幹線動画があったので紹介だ。



この動画を 見て感じたは、一般の人は、とにかく新幹線を 見るのが好きなんだとね しかも なんの小細工もない ただ KatoのE6系 + E5系新幹線が 走っているだけの動画なんですね

これ見て 思ったのは、VRM5版には、せっかく この両方があるのに このように 車両を紹介した動画が あったのか? あんまり 見たことないのでね 

もっと わかりやすい動画が こちら なんと 400万回以上の再生回数なんだね



E6系とE5系新幹線の切り離しと 連結シーンを撮っただけの動画なんですが こんなに 一般ピープルには、受けているみたいですね

で 思ったんですが ここのメーカーさんは、こういう新幹線人気を どう商売に活かしているのか? せっかく VRM5版で E6系とE5系新幹線の切り離しと連結シーンが 作れて 動画で撮れるんだったら これこそ お金を掛けないで 宣伝になる 絶好のチャンスじゃないのかね

あえて 言いたいのは、 せっかく これだけいいものがあるんだから ある物を使って自ら動画を作って宣伝しろと言いたいんだね じゃなかったら この界隈のユーザーさんに お願いして 難しいレイアウトなんぞ 要らないから ただ E6系とE5系新幹線が カッコよく見える動画を 頼んで作って貰いなさいと 言いたいね

これだけの いいゲームを 何もしないで 内輪で 商売しようと考えているようにしか見えなくてね とにかく他の鉄道模型でも こちらの プラレールアドバンスみたいなおもちゃでも なんでもいいから 上から目線じゃなく
下から目線で これらの鉄道おもちゃの中のひとつのVRMだという認識で 上級者ばかり相手にしないで これからのユーザーになりそうな 新幹線大好きお子様などを 獲得するように 本気になって 動画なり描写を バンバン発表して お金の掛からない宣伝を したらと 思ったのでね

こちらのプラレールアドバンスでさえ 178万回の再生回数ですからね プラレールは、動画の中でも圧倒的に再生回数が多いからね いかに お子様に支持されているか わかるね VRMも おもちゃの一種 大人のおもちゃだとも 思っていますがね メーカーさんは、どう考えているんでしょうかね




この手の鉄道シミュレーター動画では、 恐るべし RailSimで 記事にした新幹線動画が 158万回とダントツなんですが ここのVRM5版E6系とE5系新幹線動画なら これを 抜けると おいちゃんは、思っているんですがね

なんでも やるからは、 おいらのゲームが一番だ! の気合がないとね わかっているんでしょうね メーカーさんは、 おいちゃんは、今のところ VRM3版が 一番ですがね 他の皆さんは、それぞれ 自分が やっているゲームが一番だと思ってやれば なんでも 面白いと思うのですがね

追伸 

それにしても 未だに このプラレールアドバンスの 面白みがよく わからないのだが 隣のおっちゃんが Nゲージからプラレールに移行して 今現在プラレールアドバンスが 一番で 楽しんでいるみたいだが そこら辺の事情も ここのメーカーさんに 言えるような上から目線で自分も見ているんでしょうかね

Nゲージから 飽きたらHOゲージのような もっと上の物を目指すと 自分なら そう思いそうなんだが 人それぞれなんでしょうかね それにしても 前に紹介した VRMとプラレールアドバンスの メーカーさんが言っているように このプラレールアドバンスは、「すれ違いを 楽しむ 」

だったら このVRMは、何を楽しむのか? おいちゃんは、「レイアウトを作って 走らせ動画を作って人に見せる」 これしか ないもんね これに 自分で 全て作りました。が加われば 人から 凄いね〜と言われるけど

それがないから ちまちま こっそり まあ昔よりは、上手くなったと 自分に納得して楽しむ これですかね 

モノクロームN並走バトルシリーズその86

いよいよ並走バトルシリーズも 残りの弾が少なくなって来ました。 今日は、電気機関車編から 最後のバトルで EH10マンモス国鉄コンテナ20両編成と EF5821ワム5000 20両編成からの対決だ。 

EH10vsEF5821-2EH10vsEF5821-1







共にVRM2版なんですが EH10マンモスは、黒に黄色のラインが入っているので なんとかボデーの形状が見えるのだが こちらのEF5821は、このこげ茶色というのか あずき色が ほとんど周りの景色に同化してしまって 目立たないんだね

EH10vsEF5821-3EH10vsEF5821-4







せっかく メーカーさんも 気に入って わざわざEF58電気機関車追加キットに入れたんでしょうが もう少し色を 替えた方が良かったなんてね 素人が 生意気に言うなってか

EH10vsEF5821-5EH10vsEF5821-6







VRM3版やVRM2版では、この こげ茶色の単色や あの阪急8000のチョコレート色というのか この感じの色が どうも しっくり来なくてね そういう どうやっても 色が 出せない車両というものが あるみたいですね

EH10vsEF5821-7EH10vsEF5821-8







VRM4版などのように影が付けられれば 又 違うんでしょうが とくに 線路と道床の色と重なってしまってね そういう点から発展して あのVRM5版のAdvanced Trackシリーズが生まれたんでしょうかね

たぶん ここらのVRM2版車両も Advanced Trackシリーズの線路の上を走らせたら 今とは、全然違って見えるでしょうね そういう 考えは、おいらだけか

ガレージメーカーってなんだ

今月の8月号RM-MODELSの記事の中に 3Dプリント・モデリングの記事が載っていたのですが この中に ガレージメーカーという言葉が 出て来るんですね

とくに 今 3Dプリントで 鉄道模型のパーツなどを 販売している会社が まさか こんなに沢山あるとは、想像していませんでしたね

この中から あまぎモデリングイデアというガレージメーカーから 1/80スケールの完成品のページを紹介 HOゲージのサイズになるんですかね そして こちらは、部品だけを 販売しているバディーローズという会社だ。
その中から 商品一覧表からだ。

いずれも 7月3日からのJNMAに出展するみたいですね そういえば 昔 IMAGICさんも こんな感じの鉄道模型フェステバルに出展していましたね それにしても 鉄道模型関係は、この3Dプリンターという新しいアイテムが出来て メジャーメーカー以外でも こんなに個人でやっている感じのガレージメーカーが 多いんだね

じゃあ この3Dプリンターで作る前に どうやって3DCGの原図みたいなものを作るのか こんな動画があったので紹介だ。



この動画は、「週刊 マイ3Dプリンター」という雑誌で 毎号付いてくるパーツを少しずつ組み立てて3Dプリンターを完成させるパーツ付きマガ­­­­ジンシリーズだそうです。



この続きは、マイ3Dプリンター35号(2/2) Nゲージ用鉄道模型車両(2)と マイ3Dプリンター36号(1/2) Nゲージ用鉄道模型車両(3)と マイ3Dプリンター36号(2/2) Nゲージ用鉄道模型車両(3) と その後も 続々続くのですが ここでは、ここまで紹介だ。

なんでも ここで紹介されている3Dソフトが オートデスクの無料3Dアプリ「Autodesk 123D」という ものらしいね でも このAutodeskという会社は、あのAutoCADの会社なんだよね あのソフトは、高いしかなり使用に関しては、厳しいソフトですからね その中で 無料3Dソフトですからね なんか怖いね

このマイ3Dプリンターの動画の感じで ここのVRM車両も作られているんでしょうね この動画みていたら こりゃ絶対 おいらにゃ無理だね だったら このVRMも自作車両も作れて そして UPしている人も居ますが もっと 鉄道模型のように ガレージメーカーのような 趣味と実益を兼ねた 新しい時代に入ってもいいんじゃないのかと思ってね

メーカーのBLAKBOXがあるので 勝手に作って VRMに配置というのは、今の所は、自作車両(これがよくわからないのだが よく白いコンテナのようだとも聞くのだが) しか ないみたいですが

ある程度の条件で メーカーが承認したら 自作車両やストラクチャーが有料で販売できる感じ なんでも 昔からTrainzには、そういう有料のDLサイトがあるらしいとも聞いたのだが そういう感じで VRM専門のガレージメーカーが出てきたら これまた なんか新しい感じで 面白いかもと思ったのでね

と 自分では、何も出来ないので こんな事を 思いついたのだが VRMも 垂直方向ばかりじゃなく水平方向にも 広がると いいんですがね VRMも もう完熟しているようにも 見えるんですがね 

モノクロームN並走バトルシリーズその85

並走バトルシリーズから VRM2版EF64-1000重連貨物と EF64貨物からの対決だ。

EF64-1000重連1EF64-1000重連2







最初 何年も 存在すら知らなかったVRM2版EF64なんだが こちらも 今のPCになってから 眺めるようになってからは、 この貨物編成には、なくては、ならないアイテム車両だね とくに この左側の屋根が 茶色をしているEF64-1000は、重連でしか 走らせないんだね

EF64-1000重連3EF64-1000重連4







下回りの台車部分だけを 気にしなければ 十分に使えるのでね

EF64-1000重連6EF64-1000重連5







だから そう考えれると VRM3版だけじゃなく VRM2版もあると 楽しいんだね これは、たぶん VRM5版でもVRM4版があればと言えるんでしょうね でも 一度メーカーで廃盤が決まると もう二度と言っていいくらい ネット界隈には、出て来ないんだね 後で これが欲しかったと思っても どこにも出て来ないのでね

未だに VRM2 追加データキット2 103系 第1セットこれだけは、手に入れたいんだがね  どっか このVRM専用の中古ネット販売所出来ないもんでしょうかね 好きな人にとっては、どうしても手に入れたい車両もあるのだね 出来るといいんだがね  3年くらい前は、ネットでは、色々VRM2版やVRM3版が DL版としても買えたんですがね

モノクロームN並走バトルシリーズその84

又々並走バトルから ドイツ機関車DBBR101と スイス機関車SBBRe460からの ユーロ対決だ。
このユーロ機関車は、例の国際版VRM3が 出来た時に追加キットとして販売された機関車なんだね

DBBR101vsSBBRe460-1DBBR101vsSBBRe460-2







確かに 真っ赤なボデーが 目立ってカッコは、いいんだね

DBBR101vsSBBRe460-3DBBR101vsSBBRe460-4







それにしても 未だに なんで 国際版VRM3を しかもドイツで販売したのかね よっぽど 当時ユーロに夢中になっていたんでしょうかね 日本人の西洋かぶれというのか 西洋風が 好きですからね

DBBR101vsSBBRe460-5DBBR101vsSBBRe460-6







車なんか一番の現れでしょうかね 性能、デザイン?いや なんか違うような気がしてね ブランドというか 日本人にない 白人特有の 何かなんでしょうかね

とくに フランスとかイギリス、スイスに 住みたい人や新婚旅行に行ってみたい人が多いみたいだね




アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ