新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2015年03月

VRM5動画も 色々あるんだね

VRM5onLineの動画というと ほとんど USO800さんの動画しか 知らなかったのですが こんなKoutobuki2006rさんの動画も  また 違った感じで 良かったので紹介だ。



大阪梅田貨物線風レイアウトという動画ですが USO800さんの線路の流れという動画と 並べて見ると これまた 面白いんだね



USO800さんの動画の線路は、新しいもののように見えるのですが 両方とも 作り込んでいますね それに比べ 今 おいちゃんが作っているVRM3レイアウトなんか 本当に ガキの お遊びですな

こういうVRM5動画を横目で 眺めながら VRM3を 続ける 複雑なんですよ 技術と知識が 伴ないと作れない このVRMというゲームの真の姿がね 

雪景色と貨物交換駅 その29 ダム作り6

ダム本体工事を やっている途中ですが どっちにしようかと迷ったので 報告 と言っても どうでもいい話ですが 一応 両方の画像を 並べてみました。

雪景色と貨物交換駅レイアウト95.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト95A.jpg







どっちも 遠目で見れば 同じに見えるのだが ダムの上の部分に 左側の画像は、高架プレート(PC)を 使ってみたのだが なんか イマイチだったので 右側の画像では、高架プレート(Fe)を 使ってみました。

雪景色と貨物交換駅レイアウト96.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト96A.jpg







本当に どうでも いい話ですが でも やっぱり 見た目が 少し違うのでね

雪景色と貨物交換駅レイアウト97.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト98A.jpg







欄干があるのと まったくない壁のようなものの違いなんですが 最初 安全柵の観点から 壁みたいなものを 考えたのですが こういう欄干みたいなものがあるダムもあったので 万が一の転落は、ないと仮定して この高架プレート(Fe)に 作り直したという お話でした。

雪景色と貨物交換駅レイアウト98.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト97A.jpg







この高さで この欄干じゃ ちょっと 危ないんじゃないのかと 思うのだが 仮想世界じゃ世捨て人は、居ないから 大丈夫でしょう と くだらいことで 時間を 浪費していますね

雪景色と貨物交換駅 その28 ダム作り5

気分転換に ドライブしながら 東北本線の県南の方に 仕事以外で レイアウトの資料になりそうなものを 探しに 行って来ました。メーカー風に言えば 一応取材ですな

まあ そこら辺の話は、後日だ。 で 帰って来てから 雪景色レイアウトのアーチ式ダムの続きを 今 作っています。 ダム湖だけは、完成したので紹介 まだ ダム本体は、これからです。

雪景色と貨物交換駅レイアウト87.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト88.jpg







こんな感じで ダムの貯水が たぷたぷでね 放水した感じにしようかどうか 迷っています。

雪景色と貨物交換駅レイアウト89.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト90.jpg







だって 放水ってことは、地面テクスチャで この放水を表現しなければ作れない これって一番面倒でね で 一番難しいんだね これで 今まで 何回も失敗しているのでね 本当に困ってしまうね

雪景色と貨物交換駅レイアウト92.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト91.jpg







このダム湖の水面は、水面部品の「湖」を 使っています。 ある方向だと 湖が光るんですがね お見せできないのが 残念です。 それにしても 今にも こぼれそうですね

雪景色と貨物交換駅レイアウト94.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト93.jpg







ダム湖の奥の方です。 さて これからが ダム本体の工事だ。今日中の完成を 目指して頑張るか

雪景色と貨物交換駅 その27 ダム作り4

結局 生ライブで 放送といいながら 諸事情で 中々生中継は、出来ませんでしたね
今日も 続けてやりたいのですが そうも行かないので 出来上がった所まで報告だ。

さて 前回のアーチ式ダム作りのダムの垂直壁面を どうするか 702さんから「斜面崩落防壁」は使えませんか?と 貴重なアドバイスを頂きましたが その前に これを 使って 途中まで作っていたので 紹介だ。

雪景色と貨物交換駅レイアウト86.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト85.jpg







さて 一体これは、ナニを使ったか? まあ よく見れば すぐわかるかもね

雪景色と貨物交換駅レイアウト84.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト83.jpg







UPで見れば もっと わかるかな こういった壁って 要は、ある程度 厚みがないとね おっと それを 言ったら すぐ わかってしまうね  

そうなんです、VRM3は、レゴブロック遊び見たいなもんでね ない部品で それらしく見せる 遊ぶ方も 苦労しているんですよ メーカーさん

雪景色と貨物交換駅 その26 ダム作り3

いよいよダム本体工事に入ったのですが ここで つまづいてしまいました。 今 作ろうとしているのは、アーチ式コンクリートダムなんですが これが 上手く作れないんだね


どうしても 重力式コンクリートダムのように なってしまってね まあ これでも いいんですが せっかくなので アーチ式ダムを作りたい 頭の中じゃ コンクリートスロープを使えば なんとかなると思ったんですがね

雪景色と貨物交換駅レイアウト79.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト80.jpg







アーチダムの上の部分にスロープのカーブR631-15のinとoutを 組み合わせて ダムの壁面を 最初スロープの壁で 作ろうと思ったが あえなく失敗 なら 複線高架プレート256个髻―弔貿枌屬靴討靴泙┐弌(匹出来るんじゃないのかと 上を-50个砲靴堂爾-400个砲靴董[てて見たが この角度以上には、立たなくて困ったね

雪景色と貨物交換駅レイアウト81.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト82.jpg







そして角度を付けて 並べてみましたが これじゃアーチダムとは、呼べないんだね それこそ重力式ダムになってしまうんだね これでも 無理やり作っていけば それなりにダムには、見えるんだがね この続きは、明日のこころだ。

雪景色と貨物交換駅 その25 ダム作り2

雪景色レイアウトにダムを作るの ライブ放送の2回目だ。

雪景色と貨物交換駅レイアウト71.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト72.jpg







ダム湖に面する景色を 作り直してみました。 まずは、ダム湖の奥に入り込んだ感じを出そうと こんな感じで山を 段々畑のように 積み重ねて作りました。

雪景色と貨物交換駅レイアウト74.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト73.jpg








それを サンドペーパーを使って 撫で撫でして こんな感じに 山並みが完成だ。 真っ白だからね イメージが 中々浮かばないのだがね 最後に 水面を 作るまで 楽しみは、取っておこうかね

雪景色と貨物交換駅レイアウト78.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト77.jpg







この ダム湖面の高さが まだ 決まりません ダムを作りながら 考える予定です。

雪景色と貨物交換駅レイアウト76.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト75.jpg







そして これが ダムの下流方面の景色と ダムを作る建設予定地だ。 一応崖の部品を 5段重ねにして1番上から-70弌-140弌-210弌-280弌-360个函―鼎佑董|の深さは、今の所 -360个覆里澄

まだ ダムから流れる川などは、作っていないのだが これも 後で高さ調整だ。 やっぱり 思っていた通り 簡単には、作れませんね このダムの大きさが さっぱりイメージが掴めなくてね 

最初 谷と谷の間隔が空き過ぎて 高さの割に 横幅が 大きなダムになりそうになり こりゃ遺憾と 結構 作り直しながら やっています。 こんなコンピュターで ダムの貯水量計算を する会社もあるらしいね

前に カシミールとかいう 写真を 自動で 3D画像にしてくれるソフトがあるみたいな事を ここで書いていたのですが そういうものも このVRM3に あったら こんな山や谷など 楽でしょうね でも それじゃ 面白くないか

雪景色と貨物交換駅 その24 ダム作り1

さて 大風呂敷を広げたダム作りを ライブ(あなたの好きな生)で お届けしますかね こんな暇と 失敗を 恐れないど根性の おいちゃんじゃなきゃ お届けしませんよ  こんな天気のいい日に 部屋から出ないで こんなレイアウトを作っているなんてね これもだ 家族からも相手にされず 一人我が道を行く 自分だから出来る境遇だね

まずは、 ダムを作るには、ダム湖を作らないと 始まらないんだね そこで前に作ってあった送電塔と送電線を 思い切って撤去して 新しく配置して 送電線を引っ張る所からの作業からだ。

雪景色と貨物交換駅レイアウト69.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト70.jpg







やると 決めたのは、いいのだけど あの面倒な送電線の引張り作業を また する事になてしまいました。

雪景色と貨物交換駅レイアウト68.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト67.jpg







架空の架線柱を 配置して そこに電線を 引張って送電線を作り なんとか ダム湖の場所を 確保だ。 ダムも どういうダムを 作ろうかと 決めては、居るのだが まだ 内緒にして 置きますかね

なんせ 始めての本格的なダム建設なのでね 出来なかったら 恥ずかし限りだからね なら ライブでやらなきゃとも 思うのだが そこがほれ せっかく挑戦するなら こういうのも やってみたかったのでね

では、 もう少し作業が 進展したら報告だ。

雪景色と貨物交換駅 その23

雪景色レイアウトに ナニかインパクトのあるものを 出来るかどうかは、やってみないと わからないのだが でも作ってみたいと 思ってね

それがダムなんだね これは、昔10年以上前にVRM3のレイコン作品の中に 色々あったように記憶には、あるのだが その中でも 一番 記憶に残っていたのが あの現代ローカル風景のダムなんだね

昔の井戸端会議の中で ここと ここで 少し紹介していましたが 今回 もう一度 レイアウトを開いて ビュアーで眺めてみました。やっぱり凄いね 画像も紹介したかったのですが、、、

で なんでダムが必要なのか なんてね 全然必要ないんですが 雪景色レイアウトでは、海を 作ったつもりが 内海の感じになり そして 浦のような感じになって 段々小さくなって来てしまって 湖のような感じになってね

じゃあ この湖を もっと 活かすには、どうすればいいか と 考えた結果が ダムに行き着いたと言う訳だ。

もっとも 上手く出来ればの話ですがね

ダムを調べていたら まあ色々あるんだね その中に一般法人日本ダム協会というサイトがあるんですが その中に ダム便覧という所があり 日本のダムインデックスの中で 地元宮城を 開くと まあ あるわあるわ

その中でも 興味があるのが アーチダムだね

でも これを VRM3で作るとなると ちょっと大風呂敷を広げ過ぎかもね 作りたいけど 腕が伴わないか

このダムのサイトには、ダムマニアとかいう サイトもあって こんなダムカレーが紹介されていました。

こんなアーチダムを 作ってみたいね



レイアウト資料用に

レイアウト資料用に 携帯カメラで 気に入ったら 片っぱしに 今まで撮って来ました。 今日は、最近の 資料を 少し紹介だ。

ほとんど現場仕事に行ったついでの写真なので 写りは、二の次 気が向いたものばかりですが

まずは、駅構内のヤード照明からだ。

小牛田駅構内ヤード照明1.jpg小牛田駅構内ヤード照明2.jpg





VRM3にも ヤード照明は、あるんですが このヤード照明も その駅によって色々違うようでね この写真は、東北本線の小牛田駅構内のヤード照明なんだが これが意外と デカイんだね

ここは、白い照明でしたが 他の車両基地や貨物ヤードだと オレンジ色のナトリウム照明とか 探せば色々あるからね 

陸羽東線岩出山2.jpg陸羽東線岩出山1.jpg





こちらの用水掘りは、陸羽東線の有備館駅の近くにある製糸工場跡踏切の近くにある用水掘りというか川の写真なんだが とても 綺麗だったので パチリだ。

夕焼け4号バイパス2.jpg夕焼け4号バイパス1.jpg





そして こちらは、夕焼けというか 仕事帰りの車の中から思わずパチリした写真だ。 これ実際の風景と 携帯で 撮った写真が 全然違ってね なんで こうなるのかね

実際は、もっとグラデーションの赤が 綺麗でね なんとしても これでVRM3の背景を 作りたいの一念で 撮ったつもりだったんですがね やっぱり携帯じゃ 無理みたいだね 

こんな感じでね 取材じゃないけど 思い付きで携帯で あっちこっち 仕事ついでに 撮っています。 もちろん ここに 載せない写真の方が はるかに多いけどね 

雪景色と貨物交換駅 その22

雪景色レイアウトの貨物入換駅ヤードから EF8137コンテナ20輌編成で走行試験を させてみました。

雪景色と貨物交換駅レイアウト61.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト62.jpg







貨物入換駅 上り5番線から EF8137が 出発だ。 そして 上り入換線のアプローチを 駆け上がる所です。

雪景色と貨物交換駅レイアウト63.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト64.jpg







このクネクネが 自分では、お気に入りなんですが そう思っているのは、自分だけかもね でも そのくらいじゃないと こういったレイアウト作りは、面白くないからね 自己満足 これだね 

右側は、貨物本線から 貨物入換駅ヤードへ アプローチする所の画像です。

雪景色と貨物交換駅レイアウト65.jpg雪景色と貨物交換駅レイアウト66.jpg







アプローチから 貨物入換駅ヤードに 入線する所と 最初の 上り5番線に戻って来たところです。

まあ こんな感じで 走行試験動画は、おしまい さっぱり 制作に没頭しないで こんな感じで 遊んでばかりじゃ そりゃ進まないね でもね こうやって 眺めながら 色々これからを どうするかを 考える

これも 大切な レイアウト作りには、必要な時間だと 自分では、考えているんですがね どうでしょうかね
 

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ