新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2014年04月

リバーシブルS字カーブレイアウトその5

今日は、直接 レイアウト作りには、関係ないのだが 毎回 この手のレイアウトを 作る時に どうしても必要になる 車両配置表を 作っていました。

これね 毎回 思うのだが 本当に作るのが面倒臭いんだね でも あると 便利でね まずは、お披露目だ。

S字レイアウトリバーシル車両リスト1S字レイアウトリバーシル車両リスト2







複々線を それぞれ貨物専用線と特急専用線 そして 通勤電車専用線の3種類の 配置表だ。

S字レイアウトリバーシル車両リスト3S字レイアウトリバーシル車両リスト4









それと通勤電車の車両基地の 待機車両編成も一応 紹介だ。 こんなもん作ってナニが 面白いのかと ふと思うのだが これだけ 編成本数が 多くなるとね いっぺんに走らせた場合 どれがどれやら わからなくなるのでね

というか こんなに いっぺんに 走らせて 喜んでいるのは、おいちゃんだけか そう あくまでも 走らせて遊ぶ事を 考えて レイアウトを作る そういう観点も 時には、必要でね

でも肝心の レイアウトは、さっぱり 進まずでね 困ったもんだ。

リバーシブルS字カーブレイアウトその4

リバーシブルS字カーブレイアウトの途中経過から

S字レイアウトリバーシル春冬18S字レイアウトリバーシル春冬17




こんな感じのレンタルレイアウトのような感じに 全体が納まって来ました。 トンネルを使って 冬から春に 変わる 昔からあるパターンを 使おうと 思って 挑戦中だ。

しかし 6線の複々線なので 普通のトンネルポータブル部品だと 線路に 覆いかぶさってしまって さて どうしようかと 迷ってしまったが まだ途中だが こんな感じで 誤魔化しだ。

S字レイアウトリバーシル春冬20S字レイアウトリバーシル春冬19







トンネルの出口を ヤード部品で 隠してみました。 まだまだ 途中ですがね ここから さて どうするかですね

それと なぜか 通勤電車線だけに 車両基地を 配置してみました。(一応理由は、あるのだが今は、秘密のアッコちゃんだ。) まあ どうしても この両方のS字カーブをつなぐ区間だけの直線なのでね 見ていて 飽きるのだが そこを 飽きさせないようにするには、どうするか

脳みそのないアホ頭を 使うのでね 中々進みませんわ では、

リバーシブルS字カーブレイアウトその3

USO800さんのパワーユニットの記事を 見ていたら VRMの方向性というか こういう展開も あるんだなーと 関心してしまいました。 これからは、自作車両のような車両とかストラクチャーなどを 自作するVRMと おいちゃんのように いつまでもレイアウト作り中心に  楽しんで行く 二つの方向に別れるんじゃないのかとね

そんなレイアウト作りで 今作っているS字カーブレイアウトなんだが なんとか このGW期間中に ある程度 完成させたいと 今 奮闘中だ。

この前は、雪景色の方を 作り込みましたが 春景色の桜並木の方は、全面的に修正して 畑を 田んぼに イメージチェンジしてみました。

この田んぼの部品の 田植え前の水を張った水面の部品を 使うのは、今回が 初めてでね まずは、画像を見て下さい

S字レイアウトリバーシル春冬9S字レイアウトリバーシル春冬10.







こんな感じの 田植え前の水田を イメージしてみました。

S字レイアウトリバーシル春冬14.S字レイアウトリバーシル春冬13







とにかく どデカイ田んぼでね いわゆる大規模水田だ。

S字レイアウトリバーシル春冬11S字レイアウトリバーシル春冬16







そして その農家の家は、IMAGIC近郊住宅 田舎の農家の家の方が こんな感じで ご立派な家が 多いんだね でも これもだ 後継者が ちゃんとしている家は、 こんな感じで ご立派なのだが そうじゃないと 借金も出来ないので それなりの家も 結構多い

S字レイアウトリバーシル春冬15S字レイアウトリバーシル春冬12







都会の人が 憧れる田舎生活と 実際の田舎生活じゃ なんだかんだの制約や やっかみなど 想像以上に 大きいみたいなのでね  みんな同じような生活レベルの人だけが 集落を作っている場所など この国には、ないんだね 

でも この仮想VRM3じゃ そういうリアルは、ないのでね 年収1000万以上の家ばかりしか 配置しない 間違っても VRM3の部品のわらぶき屋根の農家なんぞは、配置しないし あれ 今 考えると おかしな家だね

と また アホを書いてしまったが とにかく 速く完成させないとね 本来 新幹線レイアウトを GW期間中に 作る予定にしていたんだが なぜか こうなってしまったという お話だ。

凄いじゃなく面白い

毎回 ビックリするような話題を提供してくれるUSO800さんのブログなのだが 今回は、あの天賞堂HO鉄道模型シミュレーターを 彷彿させる いや それ以上のインパクトのある企画でね それこそ凄いじゃなく面白いだ。

こういう面白い企画は、いいいねえー まあ これもだ こちら側からは、手を出せない領域だからこそ そう思うのかもしれませんがね 素人ユーザーから見れば 面白い けど たぶん そこそこ こういったものを やっているプロと呼ばれている方からすれば また違う評価かもしれませんがね

でもね そういう技術的な問題より こういう企画を考えるという所に 意義があるんだね そういう発想が 生まれないで やれ 技術がどうのと 感じているようでは、 本来の面白さの追求というユーザーの要望には、答えられないような気がしてね

まあ これからは、車両のコレクションに特化していくのか 動かせる制御関係のシステムに特化するのかは、わかりませんが なにか 凄いじゃなく 面白いものを メーカーさんには、期待したいね

おいちゃんが期待するのは、 より単純明快なVRMなんだが そりゃ時代の逆戻りでね 無理かも知れないね そういう点じゃ 昔のVRMで 遊び続けるというのも 考えようじゃ 一歩先を歩む 先進的な遊び方かもね

まあ このUSO800さんの動画を 見て下さい 但し こういう車両を 走らせる時は、もっと ゆっくり車両を 走れせてくれると もっと いいんだがね なんてね 作れもしないのにね

自分も 今まで 動画を 作る時 欲張って 時間を稼ごうと 車両のスピードが 速すぎてね 隣のおっちゃんから さっぱり車両が よく見えないと 言われたことを 思い出し 最近は、車両のスピードを昔に比べ 結構遅くして動画を 作っていますがね。

そういう自分じゃ中々気が付かない所を 赤の他人が指摘してくれる場が 少なくなったかもしれないね 




それにしても なんでも 出来ちゃうんだねえー 若い人達には、敵わないねー これで この畳の上に 自分なりのレイアウトが 作れたら メーカーさんも 戸惑うんじゃないのかね パンドラの扉を開けてしまったみたいな

メーカーさん うかうか出来ないよ 

進撃の特急61 キハ181系おき 特急気動車

キハ181系おき 特急気動車から

進撃の特急シリーズも これで 打ち止めみたいな感じだね

キハ181系おき1キハ181系おき2







しかし このVRM3の車両に関しては、 だいぶ自分も車両の好みが変わって来ましたね このVRMを やり始めた頃は、 253系成田エクスプレスみたいな かっこいい車両が 好みで その次が 昭和の機関車の代表みたいなEF58 そして VRM3車両の作りの良さで このキハ181系と とにかく 好みが変わるんだね

今じゃ どっちかというと 特急よりも 通勤電車と貨物編成の方に 興味が 移ってしまって この特急シリーズも そろそろ飽き加減の時に 出尽くした感があって ちょうど 潮時でした。

キハ181系おき4.キハ181系おき3







なんだかんだ 60近い種類もあるには、あるのだが いざ走らせようと 思うとね これが 実際問題 本当に走らせてみたい車両編成は、10種類くらいなもんかも知れませんなー

まあ 残りは、それこそ パソコンの中のコレクション いつでも引き出せるのだが 結局は、同じようなもんしか 使わない そんなもんだね いっぺんに 30本近い編成を 走らせて楽しんでいるのは、おいちゃんくらいでしょうね その為に レイアウトを作る努力は、惜しまない 

あくまでも 走る車両自体の運転じゃなく その車両編成が走っている姿を 色んな角度から眺めるのが 好きなんだね 眺めるというより 覗くのが好きなんでしょうね この覗くという感覚こそ おっさんかも知れないね 





追伸

アニメのバグマンの中で 漫画の描き方での 仲間同士での会話のやりとりがあるんだが

「凄いと 面白いでは、違う 読者が 面白いと思わなければ 人気は、落ちて行く 自分が 楽しく描きたいなら同人誌に描けばいい プロなら 第一に 読者を 楽しませることを 考えないと」

中々意味深な 言葉ですなー 

お遊びVRM3レイアウトを 追及するかね

リバーシブルS字カーブレイアウトその2の中で 少しBVEの話題を 書いたが 今日は、そのBVEの動画から紹介だ。 ここのVRMが このBVEのようなリアルな表現を 望んでいるのかどうかは、知りませんが どうもね あの運転台の計器類が見える窓枠から見える風景ってのが どうも苦手でね

まあ どうしても このBVEにしても電車にGOにしても 運転を楽しむというのが どちらかというと ウェイトが高いような気がしてね でも ことレイアウト作りに関しても このリアルさには、恐れ入りましたね

まずは、動画をご覧ください

 


レイアウトを 作った人と 動画を作った人が違うようで しかも車両も 別な人が作ったみたいな感じが BVEの特長なんでしょうかね そういう意味じゃVRMCLOUDも 似たようなもんかもね

BVE自体の中身とか どういう作り方をしているかは、さっぱり わからないし 昔 BVEのレイアウトをDLして 遊んでみようとしたが 電車でGOも やったことないので ATS関係の使い方も知らないので 運転が出来なかったね だから その反動か こういう難しい運転は、苦手なんだね

それにしても この写真と 見間違えそうな臨場感は、凄いね でもね おいちゃんは、VRM3のような あくまでも 鉄道模型シミュレーターのような  お遊びレイアウトが いいんだね 

でも メーカーさんは、 お遊びじゃなく このBVEのようなリアルを目指しているんでしょうがね 自分で あそこまで全部は、作れないからね それに あれだけの資料を 集められないしね

リアルを 追及すると まずは、資料からだからね 上の動画に出て来る器具箱やトラフや側溝などの鉄道付帯設備のリアルさには、脱帽だね あれと まったく逆のイメージで これからは、お遊びVRM3レイアウト遊びを 追及するかね

それと もう一本 こんな 地元 東北本線の仙台から長町間の上り電車からのBVE動画もあったので 紹介だ。 この動画も 結構 いい線で イメージを 捉えているんだね 

まあ これは、地元の 東北本線の この区間を 知らなきゃわからない お話だがね 結構 BVEは、 こういう実際の路線を 作っているレイアウトが 多いみたいだね



たまに 他の鉄道シミュレーターの動画を見るとね 改めて 自分が 今やっているVRM3が 一番 相性がいいのかが わかるんだね 14年近くも 飽きずに やっているんだから 相思相愛かもね

BVEを やっている人は、本当に こまめに資料を集めて 作っているねー関心するわ

リバーシブルS字カーブレイアウトその2

リバーシブルS字カーブレイアウトから 雪景色バージョン部分が 完成したので 画像だけ紹介だ。

S字レイアウトリバーシル春冬2.S字レイアウトリバーシル春冬1.







こんな感じで 前に作った雪景色S字カーブの まったく逆バージョンで配置して地形を 作りな直しました。

S字レイアウトリバーシル春冬3S字レイアウトリバーシル春冬4.







雪景色用樹木も かなり増やしました。

S字レイアウトリバーシル春冬5.S字レイアウトリバーシル春冬6.







田んぼと用水掘りが 雪景色を 表現する中で 重要な空間を埋める部品となっています。

S字レイアウトリバーシル春冬8S字レイアウトリバーシル春冬7.







小高い丘も作って 結構 お気に入りの景色だね

VRM3版での 風景と それ以外のバージョンで作るレイアウト風景じゃ なんか動画などを 見ていると 少し感じが違うように見えるんだね

そして もっと 違うのが BVEの動画を見ていると もっと感じが違うんだね VRM3版までは、基本には、鉄道模型(Nゲージ)の要素が あるのだが それ以降のバージョンは、例えば 車両の運転台周りからの中からの画像を中心とした 周りの景色の見え方など BVEに より近い感じでね

そのBVEも 昔のバージョンと 今現在のバージョンの動画でも 少し出来の違いがあるように見えるね まあ 他も リアルを求めているんでしょうが そのBVEも 動画で見る限り 結構 出来上がったレイアウトの出来に差が あるみたいでね ここのVRMと同じで 結構格差があるようにも見えるね

そんなBVEの中には、この界隈のリアルなVRMよりも 更に上を行く 超リアルな線路周りの風景を 作っているレイアウトもあるんだね その細かさ そのリアルな気使い よく観察していると思うね

例えば 信号関係の線路の横を走っているトラフの配置など ATSなどの地上子からのケーブルを納めるトラフから各駅間を結んでいるケーブルが走る太いトラフに直結する描写まで表現しているのを 見てしまうと こりゃ 考え方が 根本的に おいらのような お遊びレイアウトとは、全然違うんだなーと 改めて感じるね

だからこそ そういうBVEのような 自作なんて 鼻から出来ないと思っているからこそ このVRM3に 拘るのだが そのVRMも 自作車両まで ユーザーにお任せの時代に入ってしまったからね

リアルを 作るんじゃなく あくまでも そんな感じの架空の風景シーンを作る それで いいんじゃないの おいらみたいな おっさんには、  

リバーシブルS字カーブレイアウトその1

桜満開S字カーブレイアウトを 作って 自己満足していたのだが なんか さっぱり反応が 少ないというか 動画を あんまり 誰も見てないようなのでね この手の動画やレイアウトは、この界隈じゃ 好かれない

まあ VRM5の画像に慣れてしまっては、あの桜並木は、ちょっと 頂けないか そこで まあ アホな考えを 思い付いてね この桜満開春爛漫レイアウトと 前に作った雪景色S字カーブバージョンを 同じレイアウト上で 繋いで リバーシブルよろしく 冬から春への季節変わりレイアウトに 作り直そうと 挑戦中だ。

S字レイアウト春爛漫15.




ところが 30編成も 同時走行出来るレイアウトなのでね 長さが半端じゃないんだね ストレート区間だけでも 20m近くもあるんだね  この直線区間で 雪景色バージョンのレイアウトをコピーして 上下を逆にして そして 地形を 全部作り直す。 このVRM3の 地形は、コピー出来ない いい意味でも特長でね 嫌でも 作り直すしかない やるんじゃなかったと 少し反省だ。

S字レイアウト春爛漫13.S字レイアウト春爛漫14.










ここまでで 大したことないと思っていた容量も5457kbで 部品点数が 9309点にも なっていたんだね この部品点数なのだが 部品リスト出力が 出て来なくなってね どうも ネットを 介してのページなので googleとの相性が悪いんでしょうかね

S字レイアウト春爛漫16S字レイアウト春爛漫17









普通のように 部品リスト出力を クリックして開くと こんな感じの真っ白い画面が出て 呼びこんでいるみたいなんだが 開かない まあ どうでもいいかと 諦めていたのだが たまたま どこかに 紛れ込んでいるんじゃないのかと 調べたら C:Progrram:IMAGIC:VRMver3/partslist.htmという所に 紛れ込んでいるんだね

ここは、なんてことは、ない あのスクリーンショットの画像が保存せれる場所なんだね どうして ここに 入ってしまったかは、専門家じゃないので わからないのだが まあ 探せば見られるのでね

昔だったら 大騒ぎしていたおいちゃんなんだが 最近は、この前の3時間のバグによる保存ミスにしても まあ こういう事もあるさみたいな感じでね 歳なのかね 

気は長く、心は丸く、腹立てず という よくある言葉を 連想だ。 この言葉の後ろに  人は大きく、己は小さく 。と続くのが 昔からの言葉らしいけど 誰が 言ったのかは、本当の事は、知りませんが どこぞのお国にも 聞かせたい言葉だね

桜満開S字カーブレイアウトその3

桜満開S字カーブレイアウトその3から

なんか この桜満開レイアウトが 気に入ってしまってね 自分では、VRM3版一目千本桜と 思っているくらいなのだ。

S字レイアウト春爛漫9S字レイアウト春爛漫10







そもそも なんで この桜満開レイアウトに 入れ込むかというと 要は、 一番最初に 作った S字カーブレイアウトの新幹線を走らせたイメージから どんどんイメージを 膨らませて どう発展して行くのか? なんてね 自分なりに 楽しんでいるんだね 

S字レイアウト春爛漫12S字レイアウト春爛漫11







これこそが この鉄道模型シミュレーターの醍醐味 何回でも 作り直せるし どうにでも展開が出来る ここら辺の 自分で レイアウトを作って 進化というと大袈裟だが 自分の中での 進歩が 見えて楽しんだね

自分でレイアウトを作って 少しずつ 自分のイメージに近いレイアウトが作れるようになって来る こういう点が 中々VRM3を やめられない理由でもあるんだね

頂上を 目指さなくても 遊びを 追及すれば なんとか楽しめる これこそが VRM3の いい所だ。




追伸

アニメ バクマンが 面白い もう2回も 見てしまったが あの漫画業界の裏側が 凄くわかって面白い みんな苦労しながら 競争しながら作っているんだね 売れなきゃ面白くなきゃ漫画じゃない

だとしたら このVRMは、、、、 こういう裏話も たまには、聞きたいね

桜満開S字カーブレイアウトその2

桜満開S字カーブレイアウトの続きから

VRM3版には、桜の樹木の部品は、あるのだが 如何せん 桜の木にあんまり見えないんだね 要は、色が どぎつ過ぎて もっと 白っぽい方がいいんだが ないものは、ない そう VRM3版は、諦めから入るのが 楽しむコツとみたね

そんな 諦めの境地でも まあ 桜満開に 見えりゃなんとかなるさが 当井戸端会議の考えだ。

S字レイアウト春爛漫3.S字レイアウト春爛漫4







桜の木の部品は、VRM3版を 知っている人には、桜に見えるかも知れませんが 単体じゃ 桜の木には、中々見えない だからこそ 群集させての桜を 考える これは、 VRM3版の樹木の貼り付けにも 言えるのだが これがね 中々上手く出来ないんだね それこそセンスが 問われる

S字レイアウト春爛漫6.S字レイアウト春爛漫5







他のバージョンじゃどうなのか 知りませんが 既存の部品だけで 勝負が このVRM3版の特長でね そういう点じゃ 初めての人も 長年やっている人も関係ない それこそセンス次第

S字レイアウト春爛漫7S字レイアウト春爛漫8







そこら辺が 面白いところでも あるのですがね 

まあ そんな事よりも 貨物、特急、通勤電車の30編成が 走行するシーンこそが VRM3の 真骨頂だ。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ