新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2012年03月

井戸端会議の裏評価なのか?

井戸端会議が どう評価されているか 気には、なっていたが とある所には、関心が 持たれた記事が 載っていました。

それが これらの記事だ。

なんか知らないが 面白くなって来たね

VRM3ガーター橋と橋脚

 PCの中のファイルを 探していたら 7年前に作っていたVRM3版のスルーガータ橋やデッキガータ橋とレンガ橋脚の組合せ画像が出て来ました。当時 部品だけの単品カタログみたいなものは、CHOさんの所には、ありましたが このような使用例みたいなものは、なかったような気がしています。懐かしいので再放送だ。

デッキガーターTOMIX橋脚2横デッキガーターTOMIX橋脚1 




Tomixデッキガーター橋とTomixレンガ橋脚の組合せだ。尚 デッキガーターがデックガーターになっているのは、御愛嬌だ。

デッキガーターIMAGIC橋脚2横デッキガーターIMAGIC橋脚1




Tomixデッキガーター橋とIMAGICレンガ橋脚の組合せだ。

デッキガーター橋1





IMAGICデッキガーター橋とTomixレンガ橋脚の組合せとIMAGICデッキガーター橋とIMAGICレンガ橋脚の組合せ IMAGICレンガ橋脚には、二種類あるのだ。

IMAGICデッキガーター橋にTOMIX橋脚1IMAGICデッキガーター橋にIMAGIC橋脚1





それにしても このデッキガーター橋と レンガ橋脚の相性は、どんなもんでしょうかね 本来このような連続して デッキガーターを 架ける橋自体が 今考えれば それほどないからね
IMAGICスルーガータ2橋脚2種類1.IMAGICスルーガータ2I+トラス橋1




それに対して このIMAGIスルーガーター橋2は、結構 こちらの田舎じゃよく見掛ける鉄橋だ。そして この鉄橋は、ゆるいカーブを描きながら川などを 渡っている風景を よく見ます。同じスルーガーター橋でも 鉄柵タイプじゃなく 鉄の壁みたいになっているタイプは、あんまり 見なくなったような気がするね

IMAGICスルーガータ2橋脚2種類1.IMAGICスルーガータ2I+トラス橋1





IMAGIスルーガーター橋とレンガ橋脚との組合せと スルーガーター橋とトラス鉄橋などの組み合わせたものだ。こういう組合せは、結構見掛けますね

ついでに こんなものもで 遊んでいました。

IMAGICプラットトラスト鉄橋1黄色IMAGICプラットトラスト鉄橋1赤





これは、実際に こんな感じの鉄橋があった時に 作ったもののようだ。たぶん米坂線だと思うのだが そう言えば やはり 7年前にも こんな感じの本物を真似て 作っていましたね

tetukyouVRM1.surugata2IMAGIC128mm






そして トラスト鉄橋だ。

TOMIXtorasuaka280mm.






さっぱり 7年前と 変わらないね ここは、進歩がないか でも いいんです。 関西の方は、にぎやかみたいですが こちらも ネットの中だけでも にぎやかに 週末を 楽しみますか VRM3ファンの方 よろしくだ。 







 
 

新VRM3★YouTube動画の楽しみ方

今日は、「新VRM3★YouTube動画の楽しみ方」という お題で 話を 進めますかね

まず 当井戸端会議の 宣伝部隊でもある新VRM3★YouTube動画も おかげ様で 480本近くUPして 155万くらい見られているみたいです。 そして そのユーザー層は、圧倒的に 30〜50代の中高年で しかも なんと 約半数が 女性が見ている 本当かしら?と 首を 傾げてしまうのだが 

YouTube動画手順5. ここに ある統計だと こうなっているので 本当なんだろう なんちゃってね 

でも おいちゃん大好き VRM3道祖神も これから登場して来ますので たぶん 女性は、減るかもね でも 意外と 女性も この手の 話は、好きなのです。とくに熟女はね

と しょっぱなから アホ話では、お堅い人は、嫌がるか VRM3は、動画に関しては、広報の一環であって それも とにかく車輛を見せることに 力を 注いで来たし ほとんど いや全部が 流し撮りの一発勝負だ。 だから せめてBGMだけは、と 思って どうなるかは、知らないが 取りあえず やってみたというのが 今までだ。

で 今回 新VRM3★動画を エンドレスで見る事が 出来るようになったみたいなので その手順を 紹介だ。

YouTube動画手順1YouTube動画の新VRM3で まずは、動画を開きます。すると 動画の下の方に VRM3idobataという文字を クリックしてみて下さい

そうすると 今度は、新VRM3★という 動画が 沢山並んで 紹介されています。 その中の どれでもいいんですが クリックすると 今度は、クリックした動画が現れます。

そして その下の部分に このような横に並んだ形で 動画が表示されます。そこから順番に 新VRM3★の動画が 見られるようになります。

YouTube動画手順3 こんな感じで とりあえず100本程 続けて見られます。更に 見たいと思えば 480本近くぶっ続けで 見る事も 出来るみたいですね

しかし たまに このような 表示がある動画もあるので その時は、そこを 無視して 1秒程待てば その先に進みます。 それでも 進まない場合は、下の動画を 直接クリックして貰えば その先に 進むこともあるみたいです。

YouTube動画手順4 でも ほとんどは、単独で 再生は、可能で クリックを 押せば 大丈夫みたいです。もちろん ここにUPする前の段階で 本当に 色々引っ掛かるBGMものは、完全に 駄目ですからね そういうものは、一切 使えませんのでね 

あくまでも 最初は、自分用のBGMとしての動画でしたが 横のパソコンで これを流しながら たまに 目を向けてやるみたいな感じが おいらの ライフスタイルなのだ。

しれにしても まあ よく 作ったもんだね それも たいしたもんじゃないのだが 見てて飽きないから 不思議だね 

試しに どうぞ! 


 

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その11

Aプランレイアウトも いよいよ建物などの配置に入るのだが これが どうも 上手く出来ません まあ 画像でも 見て下さい

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-5VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-6






まずは、鉄道模型レイアウト風に Tomix版建物を 配置して見た画像だ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-2






こちらは、始めるシリーズに入っているIMAGIC版住宅を配置して見た画像だ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-3VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-4






そして こちらが 同じIMAGIC版住宅でも 近郊住宅を 配置して見た画像だ。

こうやって建物を 配置して感じるのは、この1000x700丱汽ぅ困蓮△匹Δ蘯分の性分に合わないみたいだね とくにIMAGIC版は、この手のディスクトップサイズには、なんとなく 合わない感じが 個人的には、感じているのだ。

更にだ 根本的に このサイズに 詰め込むタイプのレイアウト自体の 楽しみ方が どうも わからないのだ。 どうしても 車輛を 動かしてなんぼ? が おいちゃんの考えなので どこから 覗いて楽しむのか それすら よくわからないのが 正直な感想だ。

かと言って 今更 これを 途中で 辞めるとかは、もちろん無いのだが
 あんまり上手く配置させる自信は、さっぱりないみたいだ。 だから 先手を打って Aプランベースキットなる レイアウトも トレトレに UPしたのだが やっぱり このサイズは、鉄道模型専用じゃないのかね

だから IMAGIC版よりもTomix版の建物の方が なんか このサイズだと マッチしているように 思えるのは、自分だけでしょうか

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-7VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-8







IMAGIC版に比べると なんとなく しっくりしているように見えるのだが それでも やっぱり窮屈な感じですね 

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン14-9






鉄道模型レイアウトだと 箱庭のように見えるのですがね ことVRM3に関しては、いっそ建物など配置しない方が いいような気もして来ます。

このディスクトップレイアウトって 本当に こういう感じが好きじゃないと 本当の楽しみ方が わからないので 作っている方も どう展開していいのか 壁に ぶち当たった感じだね

鉄道模型と VRM3じゃ なんか 全然感じが 違うんじゃないのかと 思えて来たので 今日は、ここまで

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その10

「VRM3版初心者用レイアウトAプランベースキット」として トレトレの VRMレイアウト広場に 載せて置きました。

ここから 更に 建物やテクスチャを使って 自由に レイアウトを作って貰えば これまた 楽しいんですがね なんせ 敵陣に もぐりこんで 仲間を探そうというんだから 図々しいにも程があるってもんだ。

ついでに 踏切動作確認の 動画も UPしてみました。



さて これからが 大変なんだけど 楽しいところでもあるのだ。 

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その9

やっと 連ちゃんの夜間作業が 終わり 今日は、真っ昼間から ブログ書きだ。 そういえば 昔 あんまり こればっかり書いていたら なんか 仕事しろよと 書かれた事を 今 思いだしました。 

まあ 自分と人は、境遇が まったく違うという事を まず 理解しないとね こうやって ほとんど毎日 こんなもん書いているからと 言って
家に一日中居る訳でも かと言って 時間通りの仕事をしている訳でもない でも 自分で働いて 飯食っている以上 そんなもんは、ことVRM3に関しては、どうでもいいんです。 働こうが遊ぼうが 知ったことじゃない ただ 人から とやかく言われたくないとなると 自分の金で 遊ぶのが 原則だ。 だから ここは、お子様は、関係ないのだ。

でも やっている事は、プラレール遊びと 変わらない そんな新VRM3★なのだ。

と 余計な話は、どうでも いいのだが またまた Aプランレイアウトで つまづいてしまいました。

そう あの踏切配置の件で 今度は、センサーを 配置して 稼働させたら これが とんでもない形になってしまいました。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-7VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-8.






なんと 遮断竿が 重なってしまってね これじゃ踏切にならないのです。で これじゃまずいと 配置の見直しだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-3VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-2






対向式を 辞めて 片方だけの しゃ断機と警報機の組に 交換だ。ところが どっこい なんと 遮断竿の長さが 少し足りないのだ。 このくらい どうでもいいんじゃないのか?と 自分でも 思ったのだが なんか 心に引っ掛かったので 今日は、そこら辺を 徹底的に 追及だ。

その前に ローカル駅も 一応配置してみました。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-4.






ローカル駅を 作ったら 単機のキハ40じゃ 面白くないと キハ40(本当は、キハ48とキハ47)の二両編成にしたのだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-5VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-6.






どうして 二両編成にしたかというと そう この渡り線のポイントを 通過する時の くびれが 見たさに 無理やり2両編成にしたおかげで駅のホームも長くなり そして駅舎の位置も変形したという訳だ。

で ここからが いつもの おいちゃんの しつこさだ。このVRM3版の道路の道幅は、いったいどうなってるのか? ふと疑問に 思ったのだ。

VRM3版には、1車線と2車線の道路が一応あるのだが この道幅が曲者でね 踏切しゃ断機の遮断竿の長さと ぴったしかんかんじゃないんだね

踏切の遮断竿の長さも 一応決まりがあって そこら辺は、こういう専門分野に載っているのだ。しかし これもだ 実際は、臨機応変に 杓子定規じゃないのでね

で 話は、戻るのだが このVRM3版2車線道路の 道幅は、いったい何メートルなんだろうか?と このしゃ断機の遮断竿の長さは?今一番疑問に 思っている点だ。先程の「踏切保安関係」の中に 詳しく書いてあるのだが 実際 8m以上の長さの遮断竿は、A形屈折遮断機と呼ばれる 竿が折れるタイプになるらしいのだ。(全部じゃないが)

通常は、6〜8mの長さに合わせて ポールを 組み合わせて道路の長さに合わせ 隙間のないように 高さも80僂魎霆爐棒瀉屬垢襪箸癲(垢ました。(ほとんど6m以内で収まるのが多く 8m以内は、そんなに多くないとも聞いているし 電化区間と非電化区間でも架線の関係で 微妙に違うらしい)

そう考えると 仮にだ。このVRM3版のしゃ断機の遮断竿の長さは、見た感じ8mだと そう思えそうなのだが そうすると この2車線道路の道幅は、どうなのか? ここが 気になって しょうがないので これも調べてみた。

「道路幅員の決定について」というPDFの中には、道路構造令第5条5項の 最低 車道の幅は、消防車などが通れる幅の4mが最低道路幅で 一般的には、それに路肩を入れた 道幅5mが 最低道路幅(車輛が 通行できる一般道)と 書いてありました。

じゃあ 二車線は、どうなのか?「道路に関する基準」という PDFの中に これまた 図解入りで書いてあったのだが 簡単に 説明するとだ 

幹線道路  (歩道も含む)で幅員18m以上、標準速度60辧
地域幹線道路(歩道も含む)で幅員12m以上、標準速度50
補助幹線道路(歩道も含む)で幅員  9m以上、標準速度40

ここまでが 通常 センターラインなんかがある 2車線道路だ。

区画道路(一般道路) (幅員6メートル以上)標準速度20

とまあ こんな感じで 区分されているらしいのだ。 尚 自分の住んでる街の 幅員を調べる方法もあるらしいので 参考までに

なんか 話が かなり脱線してしまって 結局なにを 言いたいんでしょうかね 要は、VRM3版2車線、1車線道路に関しては、一応 国の基準に合格しているが おいちゃんの規格には、少し足りない なんてね

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-11VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-12






この画像のように たぶん地域幹線道路幅員12mには、当てはまるのだが
 出来れば 国道並みの幹線道路幅員18mは、欲しかった。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-9.VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン13-10.






この1車線道路も せめて 小型自動車が 擦れ違うことが出来る幅員6mは、欲しかったなんてね ただ そう思った訳なのです。 これもだ 遮断竿の長さが 道路に対して 少し長いから アホな おいちゃんが 噛みついてしまったという話だ。

これ 全て自作のBVEの中には、こういう道路も 自分で調べ細かく作ってた人が 居ましたね

「結論」

ことVRM3版に関しては、このような 細かいリアルは、求めない、いや 求めても どうしようもないので プラレールの如く 遊ぶ

しかし 遊びの中で このような鉄道知識も 身に付ければ いづれメーカー主導じゃない 自分が求める リアルな鉄道模型レイアウトの ナニかの参考になると 心得て 今は、メーカーさんが 与えられたもので 我慢するのが 新VRM3★の考えだ。

なんちゃってね BVEのように 自作出来ないから このVRM3版で 我慢するのが 本音かもね 中途半端だからね おっさんは、やっぱり 最後は、なんでも自作が 趣味の醍醐味なんだろうかね

おいらは、一切 そういう考えが ございませんので メーカーさん わかって下さいby因幡晃って そんなもん知らねえーか 

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その8

鉄道模型レイアウトの方だと 架線柱が配置してあるので こちらも負けずに 架線柱を配置してみました。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン12-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン12-2






ご覧の通り 架線柱だらけのレイアウトになってしまいました。で 考えた。電化区間にして 果たして 単機で 走らせる車輛は、あるのか?

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン12-3VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン12-4.






そう考えると この1000x700丱汽ぅ困離譽ぅ▲Ε箸任蓮架線柱を配置した電化区間のレイアウトは、必要なのか? とにく架線柱を配置すると ただでさえ小さいレイアウトが 益々小さく見えるんだね

前に ここでも紹介したのだが 結局この手のディスクトップタイプのレイアウトは、車輛そのものを 走らせて眺めて楽しむというものじゃないのでは、と ふと思って来ました。

要は、ミニ盆栽なんだろうかね 盆栽よりも もっと小さいミニ盆栽

で 当井戸端会議としては、架線柱がある 電化区間レイアウトは、辞めて 非電化のローカル線レイアウトで 続行ということで 閣議決定だ。

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その7

Aプランの 超簡単レイアウトと 自分で言っておきながら これが中々前に進まないんだね やっぱり1000x700个痢.妊スクトップサイズは、巨大レイアウト大好きおっさんには、作るのが 少し辛い感じだ。

逆に 難しいくらいで これじゃ超初心者レイアウトと 言えるのかどうか 疑問だね だから イメージしている鉄道模型レイアウトと かなり離れて行き とうとう踏切も 我慢出来ず 5箇所も 作ってしまった。

本当に 悪い癖なのだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン11-2.VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン11図






というのも 踏切が 大好きでね ここじゃ 詳しくは、書かないが 例えば 踏切と道路との交差角度は、基本は、「直交90度」が 理想なのだが どうしても 斜めに横断する「斜交は、45度以上」とか

警報機としゃ断機がある第1種、警報機だけの第3種、それ以外の例えば警標(黄色と黒のクロスマーク)だけが設置してある踏切などは、第4種とか 細かく分類されて その他に 自動とか半自動(これは、駅構内などが 多く だから 駅近くの踏切は、しゃ断時間が長い 昔のものは)などがあるらしい

まあ 警報の開始時間やしゃ断開始時間や踏切制御子(列車を感知する場所)など その他 単線と複線や もっと本数の多い踏切など 標準じゃ決められない 踏切そのものの話は、色々聞いてみると興味深いという事も 一応 報告だ。ここは、そういうリアルは、まったく無視だ。あくまでも お遊びレイアウトなのだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン11-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン11-3.






しかしなんだね こんな狭いレイアウトに2車線の道路を配置して しかも第1種で 対向式で しゃ断機が4個も配置だ。これ前は、2個しか配置していなかったのだが 実際は、交差する道路を 全部しゃ断する長さのしゃ断竿じゃないと 本当は、駄目らしいのだ。しかも 片方が しゃ断した後に もう片方をしゃ断するように時間差を 設けるようになっているらしいのだ。しゃ断竿が 下がるまでの時間も 色々決まっているらしいのだが ここでは、面倒なので パスだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン11-4VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン11-5






こういう 1車線の踏切も 配置だ。 そして こんなあぜ道にも 警報機を 配置だ。 これ 4種の クロスマークだけでも 良かったのだが
 VRM3には、無かったので 警報機しかも方向指示器まで 付いている贅沢使用だ。

でも 実際の ローカル鉄道には、なんで こんな田舎道に 警報機が 付いているの?と 目を 疑う場所が 結構あるのです。 それは、日本ならではの それこそ諸事情が あるんです。 そこら辺を 掘り下げると 悲しい話が 絡んでるので 理由があるから 設置してある そういう事情も 理解するのも VRM3関連の 遊びの中の領域だ。

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その6

「VRM3レイアウトは、イメージ先行だ!」これが 新VRM3★の考えだ。」だから 実際の鉄道模型レイアウトとも違うし 本物の実風景とも 違う 本当の意味での架空レイアウト風景なのだ。

リアルのように見せる為に 色々努力は、するのだが どうしても リアルを追求し過ぎると 行き詰ってしまうのだ。

とくに この踏切関係も そうだ。まったく踏切の事を 知らない訳じゃないが 踏切も 場所々によって 丸っきり風景が 違うんだね

例えば こんな画像のように

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン10-3VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン10-4.






左側は、気仙沼線の とある踏切で 踏切の下にループコイルという線が埋め込んであって その上を車などが 止まっていると 感知して 列車を止める保安装置だ。 右側は、東北本線の とある踏切で そういった装置もなにもない いわゆる古いタイプのかまぼこ踏切だ。

もちろん 大型の自動車なんぞは、通れません やっと普通車が 通れる位の 狭い踏切りだ。

まあ 専門家じゃないので 詳しくは、書かないが 色々面倒な基準が 沢山あるんだね 複線と単線でも 違うし また 駅構内の踏切とそうでない踏切でも 色々違うんだね

たまたま 知り合いに この手の話の専門家が居るので よく話を聞いてるし また 色々踏切の写真などを 見せられる事があります。

だから逆に VRM3での 踏切関係の部品の無さとか 遮断機や警報機に関しての 種類が 少ない そして なにより問題なのは、こと信号設備に関しては、JR東海寄りのものばかりで JR東日本のものが ほとんど少ない だから 東日本関係の リアル風景を 作ろうとしたら そこら辺からVRM3に限っては、壁にぶつかるのだ。

で ナニが 言いたいかというと 要は、そんなもんは、この際 VRM3に関しては、無視して レイアウトを作ろうぜ!なんだね

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン10-2VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン10-1






前回の踏切付近画像を もう一度 高さを 見直して 作り直してみました。左側は、2車線道路だと センターラインも 踏切の中に入ってしまうので 踏切部分の所だけ 2車線交差点を5.4个杷枌屬靴董〜阿貿枌屬靴2車線道路を5.3个吠儿垢靴討澆寝菫だ。

確かに これでも構わないのだが 最初に書いた通り「VRM3レイアウトは、イメージ先行だ!」通り 自分のイメージと 違う気がしたので 右側のように 線路の中に「対向式渡り踏み板(線路間)」を 本来の使い方じゃなく 横方向に並べて 昔の枕木で出来た踏切をイメージして作ってみました。この踏み板も そのままでは、消えてしまうので -0.7
の高さにして並べてみました。

こんな感じで 他の曲線部分の踏切も 作ってみました。まあ 自分が満足すれば 全てOK[なので 上のアスファルトの踏切みたいのしか見たことない人からすれば おかしいかも知れませんが 昔々の踏切イメージだと おいちゃんには、こう見える 

そういう部分が そもそも このVRM3に関しては、人それぞれだからね それを 一概には、決めつけられないから これまた マイワールドで 面白いのです。

VRM3基本レイアウト初級編 Aプラン その5

さあ 今日から いよいよ レイアウトらしくする為の 道路などの部品の配置だ。 ところが 最初のイメージモデルにした鉄道模型レイアウトとは、実際 このVRM3で作ろうとした場合 かなり イメージが 離れて行くので 改めて そこの所を 頭に入れて あくまでも VRM3レイアウトという事で 話を 進めるのだ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9-1VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9図.







こんな感じの 道路になるのだが もちろん踏切等の設置とか 細かい部分は、後回しにするのが 鉄則だ。

VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9-2.VRM3レイアウト講座初級編 基本Aプラン9-3.






ここで 一番 大事なのは、道路の部品の配置に対する考えだ。 踏切等が無ければ そにまま平地の高さ(ここでは、3个旅發機砲如,修里泙沺(臣呂旅發気帽腓錣擦襪里如,いい鵑世 問題は、この踏切との交差部分なのだ。

ここが 一番重要で この点に関しては、仮想仙台市電の時の路面電車の線路の敷石が いい経験になっているのでね レールの頭が 見える高さの5.7个旅發気貌始を 統一して配置してみた。

後で この高さに合わせて平地も 作る予定だが 踏切部分だけ この高さにして スロープを付けるかどうかは、踏切を 配置してからの 課題だね まずは、ここまで

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ