新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2010年09月

何で勝負するか?

 昨日のチョンボにもメゲズ 今日は、昨日作ったレイアウトを思い出しながら 少し作ってみたのだ。IMAGICさんの方は、レイコンが もう少しで締め切りみたいですが こっちは、最近 妙に 闘争心が 湧いて VRM5,BVE,TrainzそしてA列車で行こう それと忘れるところだったRailSimなどなど 鉄道シミュレーションと名の付くゲームに対して このVRM3で 立ち向かうとしたら 何が 出来るのか?

まあ 機関車作りなどでは、Trainzに勝ち目は、ないのだが もしVRM3で 他のゲームに負けない所と いえば そう車輛編成の多さで 勝負するしかないのだね

この為のレイアウトを 作らなければ なんだが 特急電車のヤードの一部分だけ今日は、公開だ。

Nゲージレイアウト130Nゲージレイアウト131







この電車区を作ろうとするとね 架線柱を これでもかと配置しなきゃならないから結構 面倒で 又 うるさい感じになって来るのだが このうるさい感じは、本物の電車区などの架線柱などを見てると 妙に 嬉しくなるのです。 これって鉄道付帯設備オタクなんでしょうかね たぶん そうなんでしょう

Nゲージレイアウト132.Nゲージレイアウト133.







今回の電車区ヤードは、上下になってるので そこに続く 連絡橋を作ってみました。ここの他に 貨物列車ヤードと 寝台特急ヤードも あるので これも そのうち手を付けなきゃいけませんなあ〜

Nゲージレイアウト134







とにかく 車輛の多さは、どこにも負けないぜ! ただ それだけだが こういうの見せるのは、おいちゃんくらいか しぶとく 残ってやるか それにしてもVRM5のスクリーンショトとか 少ないんじゃないの VRM3と比べる事出来ないじゃん 困るのよ

やってしもうた!

 久しぶりに Nゲージレイアウトを作っていたら やってしもうた! 保存掛けながらやっていたつもりが それすら忘れ夢中になって3時間 あれ〜やばい スタートボタンに知らないうちに触ってしまい ジ・エンドです。

おいらの3時間返せ! この野郎だぜ! せっかく調子よく行ってたのに がっかりだ。 これというのも このWiudows7の このなんか知らないが 少し大きいスタートボタンが タスクバーから はみ出て レイアウターのスクロール部分と重なってるから マウスで横移動させていたら ついスタートボタンに触ってしまったのだ。 まあ おいらが 悪いのだが このスタートボタン 前にも悪さしてね 結構 邪魔なのだ。もっと小さくならないもんかね

Nゲージレイアウト125.







で Nゲージレイアウトのどの部分を直してたかと言うとだ この特急電車のヤードの部分なんだが 崩れそうな土手を 切り通しの防護壁で囲んで その上の色々な部分を造作していたのだが

Nゲージレイアウト128Nゲージレイアウト126.









こんな感じで 防護壁で囲んでいたのだが ここまでは、なんとか保存していたのだがね この先の部分が 全てパーになってしまったのだ。

Nゲージレイアウト129.Nゲージレイアウト127







本当に 調子よくテンポよく 作業が進んでる時に限って こういうチョンボを してしまうもんだね まあ もう寝ますわ たぶん この分では、一週間は、作らないでしょうなあ〜 気が乗らなきゃ やらないのが おいちゃん流なんもんでね

気をつけよう 一に保存、二に保存

VRM3は、長編成が楽しいのです。

 とうとう土曜日の夜勤明けから 結局 この連休どこにも行かなかったのだ。最初は、近くの温泉に日帰りで行こうかとも思ったのだが いざ行こうとなるとだ 色々面倒なので 辞めたのです。まあ こんなもんだ。

おかげで 動画を 片っぱしから作っていました。今日も 物好きに長編成が これでもかと走る動画を作ってみました。

ShiftキーとF10キーを 手で押さえ 本来なら この体勢で 約50分以上も 押さえ続けなければ この640x480のBmp画像 約7000枚を 取り込めないのですが おいちゃんには、魔法の手が あるので ただ画面を眺めているだけなので 逆に眠くなってしょうがないのです。そんな魔法の手が 昔紹介した こちらだ。

Nゲージレイアウト124






そうこれ 思い出しましたか? これが あるのとないのでは、全然違いますからね
 その為に わざわざ新しいPCのキーボードを使わず 前の この魔法の手が使える古いキーボードを使っているのです。

それにしても 好きだねえ〜こういうのが まもなく動画も300本まで もう少しだ。



まあ こういう お遊びを やった人じゃないと わからないかもしれませんが 結構 作るのに時間も掛るし それとだ 色々の制約の中を かいくぐって ここら辺なら 大丈夫かなと 恐る恐る作っている訳なので そこら辺がね 色々ある訳だ。

まあ あんまり 書くとだ 突っ込まれそうなので 今日は、これまでだ。

追伸

スクリーンショット640x480のBmp画像 約7000枚を 取り込むと 5GBの容量を食ってしまうので HD等に保存する時は、注意しましょう この7000枚で 1秒30コマにして
おおよそ4分近くの動画になります。 だから4分近くの動画を作るとなると 最低でもビュアーで1時間近く取り込まないと こういう動画は、作れないと 言うことだと
 自分の経験では、そう思います。

でもYouTubeなどに動画をUPすると時は、なるべく2分30秒以内に抑えた方がいいですよ これは、見てる方も飽きるし なにより携帯のサイトなどでは、この2分30秒以内じゃないと分割になって面倒なので 2分位が一番ベストかと 自分は、思っています。

貨物列車総集編も 作ってみたぜ!

 しかし なんだね Windows7に入ってるWindowsLiveムービーメーカーってのは、便利ですなあ〜 今まで苦労してWindowsエンコーダなどを 使ってやっていた作業をしなくて済むし そして一番いいのは、タイトルや見出しなどが簡単に付けられるから いいんだね 

そんなムービーメーカーを使って この前作ったNゲージレイアウトの中の貨物列車編成の動画の 総集編を作ってみました。 その1その2その3の 3本に 別けて作ってみました。 やっぱりBGMが あると 全然違いますね 見たくなるもんね 前のやつじゃ 作った本人さえ ほとんど見ないのでは、意味がありませんからね

そして その3には、新しくEF66-32貨物専用機関車の重連を 追加してみました。その画像が こちらです。



他の 総集編も ノリノリの曲を選んで 作りましたので 改めて 20輌編成の貨物列車などを 楽しんで下さい

と 書いたが この車輛編成を 眺めて 喜んでるのは、おいちゃんだけでしょうかね でも こういうの外国の方は、好きみたいですよ まあ 手に触れない鉄道模型と思えば VRM3で 十分ですから こういうの見て 喜ぶこと自体が 一番の お金の掛らないエコなんです。 

ギネスに挑戦?

 ギネスに挑戦?なんてね 言ったら オマエは、馬鹿か?と 言われそうだが しかしだ このVRM3に関しての 初めての試みだから 考えてみると 世界初とも 言えるんじゃないのかと 勝手に解釈だ。

なにが 世界初って ただ20x20m四方のレイアウトを使って 何組の編成を 一本の線路で 同時に走行させる事が 出来るか? IMAGICさんなら絶対考えない事を実際に やってみた ただそれだけの事なのだ。

まあ とにかく 動画を見て下さいな



この4分近い 定点カメラからの編集ナシの流し撮りが なんの意味が あるのか?実際 この18組の長大編成を 110km/hの速度で 同時に走行させてみると 自分で走らせてみると わかるのだが まあ 誰もやりませんな〜

この一周約40m近い線路の中に18組の車輛を走らせるには、結構難しいのです。なんと言っても 前の列車との車間距離を どう調整して 間隔を維持させて 次の列車を走らせるか? これが中々 動画を録る作業をするとなると タイミングが 中々合わないのです。

笑っている貴方! これをだね VRM5で 車輛一編成事に発車から110km/hまでの速度に達して 次の車輛編成を 同じように走行させて これを18組を プログラム組んで やってみなさいよ そこまで やれなきゃ なんの為の自動運転なのか? おいちゃん 逆に 笑ってしまうね

そしてだね VRM3の場合は、長く走らせてると なぜか 車輛速度が 変わるのか それとも疲れてしまって遅くなるのか 途中で 衝突をしてしまうのです。(おいちゃんの場合は、約30〜45分くらいで 編成を多く走らせてると そうなる事が多い)

しかし そんな事にもメゲズに ひたすら 手仕事で 速度調整しながら この18組の編成を 走らせてこそ VRM3の 遊びとしての楽しみでも あるのだが そんなガキの遊びなんぞ 作ってるメーカーさん側には、ないかもね

なんでも やって見なきゃわからないのが VRMだ VRM5でも こういう挑戦やってみては、と思うのだが たぶん 誰もやらないだろうね でも こういう遊びを しないと 素人ユーザーが何を 求めてるとか 何を楽しみに このVRMを 買って遊んでいるか? そこら辺の底辺の部分が見えないようじゃ 困るので あえて おいちゃんが 挑戦してるのだ。 これ作るのも 結構しんどい作業なのでね わかってね

しかし 今回も BGMにケツメイシのトレインを 使っていますが この曲 聴けば聴くほど 中々いいねえ〜

こういう動画をVRM3で 作りたいのだが あの伝説になってしまった「AOさんのVRM3動画」は、もう どこにも残っていないんでしょうかね 今更ながら ぜひ 見てみたい気持ちですね あの動画が あのままYouTubeに残っていたら アクセスは、200万件を超え それこそVRM3は、まだまだ健在でね もしかしてメーカーさんも VRM3を素人ユーザーの登竜門的なゲームとして残す考えが あったかも なんてね 終わった夢を 言うなか

レイアウトを作った原作者と それを自分で動画やスクリーンショットなどの画像にした場合の関係が 面倒というか 要は、ここまでは、自由にどうぞ の線引が 欲しいんだねえ〜 一々メールなどして了解を得るのが面倒なので そういうのない物を IMAGICさんが用意してくれたら 面白いのだが 

刺激を受けて

 地面テクスチャの バラストに近い感じを もつと上手く作れないかと前から思っていたのだが 仙コリさんの線路配置付近のバラストの地面テクスチャを見て ヒントが浮かんだので 報告だ。

要は、築堤の上の部分と同じような感じの地面テクスチャを作れば問題ないんじゃないのかと 左下画像のように 築堤を並べて重ね合わせて それを元に地面テクスチャを作ってみたのです。

Nゲージレイアウト121Nゲージレイアウト120







それを 地面テクスチャ用のサイズ32x32ビットの正方形にして配置してビュアーで眺めて見た画像が 右側の画像です。確かに右上の築堤本体の上の部分のバラストに比べると バラスト自体の画像の大きさが 荒く大きく見えるのだが まあ 我慢出来ない訳じゃないので 一応「Nゲージレイアウト」で試してみたのです。

Nゲージレイアウト122.Nゲージレイアウト123







左側が 今までのNゲージレイアウトのバラスト地面の画像です。右側が 今回試しに作ってみた築堤部分の地面バラストテクスチャです。どうでしょうかね 少し見た目は、違って見えますが 欲を言うと もっと細かいバラストにしたいのだが なんせ32x32の小さな枠の中でのテクスチャ作りとなると これ以上 細かく作るとなると潰れて 同じような色構成になって それこそ只の茶色い地面になってしまう恐れもあるのです。 そこら辺の兼ね合いが この地面テクスチャの作り方選び方の難しい所なんですね

こんな感じで 色々試してみるのが おいちゃん流で 自分にとって これは、いいと思ったら 即採用してしまうのです。限られた範囲の制約の中で いかにいい物を探して自分の物にしてVRM3で表現するか その為には、アンテナを張ってVRM3関連の情報をキャッチしたいのだが 最近少ないので 困っているのです。

ならば こっちから どんどん情報を流してしまえと 勝手に仙コリさんのような情報を見つけたら 勝手に流してしまいますので 流されたご本人さんには、申し訳ないが ご勘弁して貰いたいのでね 最初に お断りのお願いも ついでにしてしまいますわ 

上達してますなあ〜

 トレトレの仙コリさんのブログを 覗いていたら 中々Goodだったので紹介だ。仙コリさんも もしかして 今一番レイアウト作りをして 毎日が面白い時期に来てるのかと ふと感じたのだ。

前のレイアウトなどの画像に比べると 全然今回のレイアウトの画像の作りこみなどを見てると 一歩も二歩も抜き出た感じがするのです。

作ってる本人は、どうか知りませんが こうやって外から 仙コリさんの前のスクリーンショットなどから比べて見ると 結構 違いが わかります。

切り通しのコンクリート壁に囲まれたトンネルから出た所の画像など 上を走ってる傾斜してるように見える道路との絡みなど 中々渋い演出で まさに「上達してますなあ〜」と 感じる所ですね

仙コリ氏画像1仙コリ氏画像2







仙コリさんの画像の こういう所が 今一番VRM3や他のVRM5などでも 一番大事なレイアウト作りの難しさであって 出来てしまうと一番面白い部分でもあるのだが ここら辺の感じが 自分で なんとなく上手く出来たと思えるようになって来れば 本当の意味でのVRMの面白さが わかるのです。

 尚且つ ここから先が エキスパート諸氏と言われる方との腕の勝負で ここで もう ひと踏ん張りすると これまた楽しいのだが ここがね 中々越えられない壁でね おいちゃんは、 そこの壁を 越えられなくて 中々前に進めないのです。

が 仙コリさんのように あっという間に おいちゃんを 通り越して もう昔のjunichi氏のような感じの作りのレイアウト仕上げまで 持って行くなんて やっぱり上達が早いわ そして よく細かく研究して見てるね 関心だね

とくに 今回 上の二つの画像を見て感じたのが 線路と道床とのバランスが最高でね おいちゃんから言わせると 理想的なVRM3の線路配置だと 思ってるくらいだ。

簡単に見えるように思えるが この関係を 自分の物にするには、結構色々試してやってみないと「これがいい」というのが 見つからないものだ。

こういう基本的な大事な部分は、VRM3やVRM5関係なしに自分で マスターしないと 駄目なんですね そこら辺をだ まずは、覚えてからでもVRM5などを やっても遅くないと 思ってるのが 井戸端会議の方針なのです。

逆に言うとだ この基本すら 覚えないで ただ線路を並べて こんなもんかと VRM
を舐めて すぐ諦める人には、 最初から この VRMは、勧められないのです。

ある程度 自分で レイアウトが作れるようになると面白いのが このVRMということをだね 誰か もっと 声を大にして 言って貰いたいものですね

追伸

勝手に 画像を拝借して 載せてしまったが 仙コリさん ご勘弁を それにしても お若い方は、 覚えが 早いね  自分も 早く「Nゲージレイアウト」完成させなくちゃね

VRMって なんなの?

 これから 夜間作業に行く前に 書き込みだ。 当ブログでも 今年の5月27日に紹介したBVEの記事と 5月2日のtrainz2010の両方を もう一度 見て貰いたいのだ。

この中のBVEを 作ってる人の この鉄道シミュレーターに対する2Dでありながらも その中で いかにリアルに近い物をと 考え行動してる姿を見てると この鉄道模型シミュレーターって物を メーカーが どう捉えてるのか 考えてしまうのです。

確かに ドームみたいな建物も ユーザーの要望なら 商売として しょがないのでしょうが その前に まだまだ 線路一本にしても まだまだ 詰めが甘いように感じてるのは、自分だけでしょうかね あのBVEの中でも 道床のバラストの高さなど かなり苦心していたみたいですが 本来 こういう鉄道シミュレーターで リアルという名を使うなら そこら辺から 見直すくらいの気持ちがなければ 簡単にリアルなんぞという言葉なんぞ 使わない方が いいと思うのです。

最近 思うにプロとは、なんぞや、セミプロとは、素人とは、なんぞやと 時たま思うのです。

そういう思いが よぎった時に聴いてみたくなるのが 泉谷しげるの「野良犬」という曲だ。 その中の歌詞の 一節が

「弱いヤクザは、チンピラにからまれ はやらないドスを振りかざしも

駆け付ける警官は、慣れた顔で弱いヤクザを 軽蔑する」

この意味深な 言葉が このVRM界隈の ように見えてならないのだ。

まあ 素人のおいちゃんが そう思うのだから 出来る人は、もっと思ってるでしょうなあ〜 そういう人は、表に出ませんがね

秋の特急電車 大増便 続きだ。

9月1日に「秋の特急電車大増便」という記事を書きましたが その続きからです。

Nゲージレイアウト車両編










こんな感じで キー番号のボタンが足りないのでShiftキーと番号キーとの組合せで
車輛編成を すぐ探せるようになっています。

Nゲージレイアウト車両編8









と 今日は、これまで 眠くなったので あさっての心だ。

お客の要望なのか?

 ときたま IMAGICさんは、とんでもない商品を 作っては、自分で喜んでますが 今回の 東京ドームみたいなものは、本当に お客の要望なんでしょうかね なんで こうもドでかい建物が 大好きなのか? こんなもの どこに配置するんでしょうかね 不思議ですね〜

それよりも 例えば 踏切に関して言えば もっと種類を増やすべきじゃないのかね
屈折式の腕木式しゃ断機とか 踏切などで障害で自動車などが検知されて働く特殊発光信号機とか そして安全側線には、必要な安全側線緊急防護装置とか 素人のおいちゃんでさえ なんで こういうものが作られないのか?不思議でならないのだが 踏切に関しては、他のシミュレーション鉄道ゲームの方が 進んでいますね 

例えば BVEなどでは、屈折式の腕木式しゃ断機を見たことがありますし 鉄道模型では、特殊信号発光機も見たことが あります。

もっとだね 鉄道に関連した部品に力を 入れた方が お客は、喜ぶんじゃないのかと思ったが なにを持って その建物がレイアウトに ピッタリマッチすると お考えになったのか 不思議でなりません

とまあ あくまでもVRM5を持ってない者が 言うことじゃないが 蚊帳の外だから いかんべ〜
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ