新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2009年04月

再放送EF58の登場だ。

 画質が 少し良くなったので またまたEF58の再放送だ。 なんせ VRM2版とVRM3版合わせて全部で 6種類もあるんだぜ! まあ そのうち VRM5でも 出るでしょうけどね でも全部は,無理でしょうなあ〜 なんせ 車輪の台車部分が 結構 複雑なので難しいのです。 あの天賞堂EF58以上の製品が 出来るんでしょうかね

まあ そこら辺は,置いといて まずは,VRM3版EF58-138から どうぞ!



これが VRM3版のEF58です。 次が VRM2版のEF58-157です。



さあ どこが どう違うんでしょうか? 未だに わかりません
そして この下の動画が あのEF58-61お召し列車です。



で 同じ茶釜のEF58-89と お座敷列車バージョンの組み合わせだ。



これも EF58-23という EF58の仲間らしいが 面倒なのでEF57に勝手に変更だ。



ここの茶釜の この色を見ると 昭和の それも 東京オリンピックの頃が なぜか頭に浮かんでくるのだ。 



今回 画像が 少し良くなったおかげで 一番 意外性が あったのが このEF5845青大将特急はと10輌編成VRM2版だ。 HQボタンは,ないが 結構 中々いいのです。

以上 再々放送でした。豚インフルエンザが なんか ヤバイ雰囲気になって来たようですね 無理して 連休に 海外旅行に行っても 下手すると 帰って来られない可能性が高くなって来たみたいです。

最初から この連休は,家から出ない おいちゃんからすると 家に居るのが 一番インフルエンザに掛からない 最大の予防だと 心得ております。 でも マジで 空港で 入国拒否って事も あるみたいだね

仙石線車輌が 面白い

 前に VRM2版103系仙石線色のYoutobe動画を紹介しましたが 今日は, その仙石線を 走っている車輌についての紹介だ。また いつもの 塗り絵で紹介なのだが まあ 細かい事は,見ないように 大目に見て 頂戴!

まずは,103系の車輌からの紹介だ。

103系青色高窓.103系仙石線色青色低窓







左側のVRM2版103系車輌は,JR西日本の高運転台車の画像だ。そして右側が 仙石線で使用されていた103系低運転台車の画像だ。(塗り絵で改造)

103系仙石線色1







そして この上が VRM2版103系仙石線色の画像だ。この車輌は,Nゲージにもあるので 結構 103系と言うと 必ず出て来る車輌でもあるのだ。 が これが 色々問題がありまして 実は, 本物の色は, 果たしてどっち?なのかな と思ったのが 下の画像なのだ。

仙石線色2103系仙石線色3







左側の画像の103系は,VRM2版103系仙石線色に近い感じの色でNゲージでも こんな感じの色みたいだ。右側の画像は, どうも最近復活した103系仙石線色の実車に近い感じの色のような気がするのだ。ここら辺の 車輌の色に関しては,やっぱり実車を沢山見て見ないと 本物に近い色が 中々見極める事は,難しいんだね このVRM2番103系仙石線色の車輌も 写真等の資料だけなのか それとも実車を 見て それを元に作ったのかは,それを買って遊ぶ我々でさえ 実車など見た事ないのだね。

見た事もないのに 色が どうのって おかしな話だが 実際 この103系仙石線色は, この目で見てるので どうも 最近の色は, この右側の色のような気がするのだ。リアルを追求するなら こういう色に関しても キッチリやって欲しいものだ。

せっかくなので 現在 仙石線の主流になってる205系の電車も紹介だ。この205系の電車は,IMAGIC版としては,VRM3版205系山手線として 左側の画像の車輌が出ているのだ。 しかし あえて 言うが この車輌に関しては, これがVRM3版とは, とうてい思えない 質の悪さを 個人的に思っているのだ。VRM2版より なんか雑に見える車輌なんて そうザラにあるもんじゃないのだが どうも この車輌は,あまりよくないのだ。そして右側の車輌の画像が205系の今現在走ってる仙石線の車輌のブルー色の車輌だ。 もちろん 205系山手線とは, ドアの数とか よく見ると 違うのだが これも ごまかし塗り絵なのでね こんな感じだと思って頂戴!

205系仙石線色8205系仙石線色1








仙石線は,4輌編成が 多いのだが 205系は, この正面がブルーの帯のやつとか 下の画像のグリーンとレッドの帯の車輌等があるのだ。 それも4色カラー混成編成とか
結構 カラフルな編成が あるのです。

205系仙石線色3205系仙石線色2










仙石線と言えば そう あの漫画家石森章太郎のキャラクターデザインの車輌が走ってるのでも 有名なのです。終点の石巻に漫画記念館があるので 週末石巻駅に到着するキャラクター電車の乗客を 駅のホームで キャラクター衣装を身に着けたお姉様が出迎えてくれます。

205系仙石線色4205系仙石線色5.








上の画像が たぶん仮面ライダーだと思うのだが よう わからんね

205系仙石線色6205系仙石線色7







左側の車輌がロボコンで 右側がサイボーグ009だと思います。一応 仙石線の各駅の名称や地図が ここに載っていますので よかったら どうぞ!

なを 画像等は, いつもの塗り絵なのでね VRM3,2には,存在しませんのでね 

結構 見られるようになりました。

 Youtubeの新VRM3★の動画ですが 昔のUPした動画に比べ かなり くっきり見えるようになりました。 まあ これ以上 贅沢は、言えません それ以上 精巧な車輌他を 求めてる方は, VRM5でも 購入して下さい

 今の所 おいちゃんは, これで 十分とは,言いませんが これで 我慢しますわ

昔 一番最初の頃にUPした 仮想熊ヶ根鉄橋のリメーク動画ですが どうぞ 楽しんで HQボタンを赤にして 見てね!

回覧板 これからの予定

 昔の記事を引っ張り出してまで VRM3関連の話題で 盛上がらせようなんて まるでTVの金と手間を掛けない再放送みたいな真似をしてしまいました。スマンです。

で これからの井戸端会議としての 予定だが まず YouTube動画部門の方から 紹介だ。巷では,あと2年でアナログ放送もなくなり地デジ対応TVでしかTVを見られないとの事ですが おいちゃんのPCも 実は,VRM5を やれるようなスペックを備えていないのでね やりたくてもやれない情況なのです。

なんか 噂では,地デジ対応TVを購入する時に 補助金が出るとか出ないとかの話が耳に入って来ています。本家の方でも 今ならVRM3ユーザーでもVRM5を購入する場合には,半額となる特典があるそうだ。 だが 要は,VRM5よりもPCが対応していない方が それこそ井上揚水の「傘がない」状態で お金がないのだ。

だから 考えたのが「VRM3でも我慢出来る方法を いかに考えるか?」これに尽きるのです。 そこでだ まず 手始めに あのYouTubeの新VRM3★の動画を VRM2版なのかVRM3版なのかを タイトルでわかるようにしました。そして前にも言ったが YouTubeの動画がHQボタン対応になったので 昔に比べると はるかに綺麗に見えるようになりました。(一部対応してない動画も有り)

今 新VRM3★動画と名前が付いた動画が 約150本くらいあります。確かに 前に書いた通り このHQボタン対応にする為に せっかく再生回数が1,2番だった動画も また1からのリセットにしました。

そのおかげじゃないけど この新VRM3★動画の再生回数から ある流れが 見えて来るのだ。これからの 本家のVRM5やVRMonlineでの 車輌の登場が なんとなく読めるのだ。よくVRM3の使い回しとか 書かれますが これだって この新VRM3★動画の車輌を よく見れば わかるのです。本家を擁護する訳じゃないが あれは,使い回しじゃないのだね これは,大人が考える経済の法則なのです。

で ズバリ 次なるVRM5やVRMonlineで 登場する車輌は,たぶんEF58のシリーズのような気がするね 順番からすると そうなるし 又 商売として考えれば ターゲットが 大人を対象にすれば これしかないと思うのだ。 が これ書いた時点で へそを曲げられたら ゴメンナサイだ。 ナニ 最後の切り札で残して置くんだって!
そういう考えは,昭和の考えだから それは,やめて頂戴!って VRM4も持ってないのに 余計なお世話か

またまた話が 反れてしまったね 本題に戻って 新VRM3★動画の方だが まだ これらの車輌が 登場を 待っているのだ。

YouTube編成車輌残1










気動車関係と 後は,追加キットの登山電車や江ノ電など おいちゃんのレイアウトには,似合わない車輌が残っているだけです。 ここで 問題なのは,これらの箱根登山電車や江ノ電の為のレイアウトを作らないと この車輌紹介動画は,作れないか?ここなんですな ハッキリ言って これらを走らせる人様のレイアウトは,持ってるのだが
前に 色々問題があって 動画をUPすると 削除されたら意味がないので やっぱり自分で作らなければ駄目でしょうなあ〜 それを考えると 頭が痛いのだ。

暇そうで 暇じゃないのでね レイアウト作るとなるとね なんせ作るのが遅いので半年,1年掛かっちゃうんだよなあ〜 それまで 根気が 持つのか それもあるしね

究極リバースの総括じゃ!

 今 思えば レイコン2006に応募する2年以上も前から コツコツプランは,頭には,あったのだが 実際 そこまでの技術がなかったのが 正直な感想なのだ。flanker氏のレイアウトを 貰って このリバースを 使って何か出来ないか?から始まり 色んな諸先輩の真似をしながら やって来ました。

たまたま あのレイコン2006では,さっぱり なんの評価も貰えませんでしたが 自分の中では,結構 レイアウトとしては,面白いんじゃないのかと 自負していたのだ。

究極リバース全体図1









まあ この時の大賞が あの「現代ローカル風景」じゃ 話には,なりませんが それにしても 作り込みだけじゃなく もっとレイアウトそのものも 見て貰いたいような気がするのだ。 でも 正直にflanker氏の改造版だと告白してしまっては,コンテストの趣旨には,反するんですね そういう趣旨に反した作品が なぜか 多いのが このおいちゃんなのだ。 本家とは,元々相性が合わないというか 工学系の方とは,どうも肌色が 全然違う感じなのでしょうなあ〜 

上のレイアウト図が 最終版なんだが 最後に レイアウトの右側に 冬景色用の海岸線の線路をプラスして 一応完成させたのだ。
 
究極リバース画像18究極リバース画像5






まあ VRM4の作品画像と比べられたら比較には,なりませんが 当時としては,この程度の技術が一杯一杯でした。というか あれから さっぱり成長もしてませんがね

このトンネルを過ぎたら雪景色を ぜひ やりたかったのです。あのレイコン2004に応募されていた「四季非電化」トルネーン氏か「「トンネルを抜けるとそこは」コワレテッキョウ氏の どっちのレイアウトだったか 記憶は,定かじゃないのだが この「トンネルを過ぎたら雪景色」が 一番最初だったような気がして どうしても これを真似したくてね 作ったのでした。 因みに この「トンネルを抜けると」の感じは, レイコン2003の作品「日中横断鉄道」しおじ氏が 一番最初のアイデアだったような気がします。

究極リバース画像13究極リバース画像12






これも 懐かしい 色々クレームを付けられた吊橋だ。本人は,吊橋じゃなく今流行の
斜張橋だと思ってるのですが なぜか 吊橋では,おかしいと言われた橋だ。これも 要は, 練習を兼ねて作った橋なのだ。 そもそも これは,「N峡谷非電化編」RYOMA氏の吊橋を参考に 作り方を教えて貰って作ったような覚えがあるのだ。だから まさか たかが 素人の橋如きで 吊橋とは,おかしいとか色々言われてね その当時は, かなり憤慨したけどね 今となっては, それだけ皆さん熱くVRM3を 語っていたと 懐かしく感じる今日この頃なのだ。

究極リバース画像10.究極リバース画像9






このレイアウトで始めて配置した名古屋城と松本城だ。 それまで喰わず嫌いでね 散々 デカ過ぎて 使い物にならぬ!と 悪たれを 言っていました。けど これが中々の 優れものでね 結構カッコいいのです。作った本人は,さぞ自信が あったのでしょうなあ〜 でも これ以来 なんで これが必要?と思われる部品が出て来ましたが まあ その位は,大目に見て上げるのです。但し 手抜きの場合は,覚悟だ。

究極リバース画像7究極リバース画像6






このレイアウトの特徴である 谷底部分を どう見せるか それが この鉄橋やレンガ橋そして 谷底に流れる川や滝もなど 色々アイデアを絞って考えていた感じだね

究極リバース画像2.究極リバース画像3.







動画には,登場しませんが 一番気に入ってたレイアウト左下部分 動画だと駅を出発して すぐに見える海の部分の「道の駅」みたいな公園だ。 この白い砂浜と小さな島が陸と繋がった感じを出したくてね 苦労した部分だ。想像だけじゃ やっぱり限度が あるのだが 逆に仮想空間だからこそ 自由気ままに展開出来る強みもあるんだね だから 多少 現実離れした風景でも ナンでもOKなのがVRM3なのだ。

究極リバース画像20究極リバース画像11






と 言っても やっぱり 最低限のリアルさは,必要でね この河川の部品が なかったら このレイアウト自体が 出来なかったような気もするのだ。

究極リバース画像8.究極リバース画像19.







それでも なぜか アホな神社だけは,作ってしまうんですなあ〜 まともな神社を作らない所が この おいちゃんの 悪いクセなのです。

究極リバース画像14






最後の画像は, 動画の出発するローカル駅の画像だ。こんな たいした事ない画像ですが これが この究極リバースレイアウトの 一番のポイントかもしれませんね と言うのは, この画像の奥の方に少しだけ見えるカーブしながら登ってくる道路こそが このレイアウト作りの基本でした。 

それは, この高低の激しいレイアウトの中で いかに全体を通して 繋がりを持たせるか?なのでした。 線路自体の高低は,+110舒幣紊,VRM3では,出来ませんが 道路だけは,谷底に向かっての-高度など 地形に合わせて 多少は,自由に配置出来るのです。 そこを いかにスムーズに滑らかに地形を道路に合わせて作って行くのか これが このレイアウトを作る上で 一番勉強になったような気がしました。

これも あの「N峡谷非電化編」RYOMA氏のレイアウトを参考に 作った訳ですが こういった人の作品を 参考に自分でも それを真似て作ってみる事って 最近ほとんど見かけないような気がします。こういう やり方は,VRM3,VRM4関係なく出来る事だと思うのですが その元になるレイアウトが自由に公開されても中々思うように使用出来ないジレンマを時々感じてね こんな 昔の話を また書いた訳なのだ。

自由なように見えて 昔より 自由じゃないような気がしてね VRMonlineなど その中に入らなければ 何も出来ない その点 VRM3は,束縛がないからね これからも もっと自由に 頑張るつもりだって 自分で意思の確認をしているようなもんだ。 

究極リバースは,ここから始まった。その10

巷では,草薙くんの 春のチン事で 大騒ぎです。それにしても この際だから 潰してしまえじゃないでしょうが 酒飲んで 泥酔して 裸になっただけで 家宅捜査を受ける? なんか やり過ぎじゃないですかね ちょっと草薙くんが かわいそうですなあ〜 昔だったら アホな笑い話で 終わりだったのに 嫌な世の中です。

そんな 俗世界から 唯一離れられるのが ここのブログだ。今日も 昨日の続きからだ。 

改造レイアウト製作日記29

まだまだ途中なので 完成じゃないが どうしても これをやりたかったので 載せてみた。高さ目一杯の110mmでIMAGIC版0号コンクリートRCアーチ橋を架けて その下に TOMIX版3号の単線トラス鉄橋の(赤)を2台高さ0mmで並べた。この赤いトラス鉄橋の橋脚には, IMAGIC版0号の鉄橋用ダミー橋脚を2ヶ重ねて使ってる。 ひとつは,-55mmで数値配置で固定したやつと もうひとつは,-105mmで数値配置固定したやつだ。この時 注意する事があるのだ。詳しくは,後で書くが トラス鉄橋の繋ぎ目じゃなく少しずらして橋脚を配置するのが ポイントだ。

franker45-1.franker46-1












改造レイアウト製作日記30

どうしても これも使いたかったので IMAGIC版0号のレンガアーチ橋を使ってみた。 こちらは,高さ60mmで配置して その上に256mmのレールを敷いている。他の皆さんが 碓氷峠のレンガ橋を 思い浮かべて作ってますが まだまだ そこまでの力がないので このくらいで我慢だ。部品で見ると そんなに大きく感じないが ビュアーで見ると 結構迫力が あって 中々いいですねえ。

改造レイアウト製作日記31

前に言った トラス鉄橋とRCコンクリートアーチ橋の重なった部分のレイアウターのUPを紹介だ。この部分のトラス鉄橋とコンクリートアーチ橋の256mmの直線レールがちょうど交差してるのだ。 その交差部分に鉄橋用ダミー橋脚を配置してしまうと トラス鉄橋が盛上がってしまうので 鉄橋用ダミー橋脚は,256mmの直線レールの透明橋脚115mmと重ならない所に配置しなけらば ならないのだ。結構立体交差など作ると こういう場面が多くなるのでね。なるべくだったら接続部分の上に 又違う部品の接続がこないようにした方が作って行く過程では,楽だと 思うのだ。今回 これ見せる為にレイアウター部品の色を変えてみたが 実際は、同じ色でレイアウターも一緒なので 大変やり難いのだ。 

改造レイアウト製作日記33

 今日は,レイアウトそのものじゃなく背景に付いて 少し試してみた。 この背景は,BMPファイルで保存しなければならないのだが その前に基本の大きさからね。「1024x256」の 横に細長いサイズなのだ。最近は, この画像のように「45-50S」氏のグラデーションを使ってるのだ。 一々 この背景は,誰々のを使用してますて言うのも 最近面倒になって来たので まあ45-50S氏には,申し分けないが 勝手に使ってるのが現状だ。でも このグラデーションだと 多少は,いじれそうなのでね。色を濃くしてみたり 色々やってるのだ。だから尚更 言いにくいのもあるのだ。 しかしですよ 実は,このグラデーション見た目は,簡単なんですが いざ自分で作って見ると 意外と難しいのですよ。その辺は,次のコーナーでね。

franker49-1franker50-1.









改造レイアウト製作日記34

なんか 知らないけど こういう夕焼けじゃないけど 普通の空じゃないやつを作りたかったので 試してみたのだ。結果 こんな感じになった訳だ。一応 下の画像が「1024x256」のBMPで作ったグラデーションだ。 実際のVRM3のレイアウトのビュアーで見ると こんな感じだ。そうなのです。 この背景を 作る時は,欲張って色を入れ過ぎても駄目なんですな! それにグラデーション自体も もっとこまめに変化を付けないと 縞模様が どうしてもビュアーの画面で 目立つのですよ。そして 本当なら どうしても湾曲に背景が出てくるので背景作る時に逆に最初から湾曲で作ったらと考えたけど それって無理な話だと今気が付いた。あとは,色の濃さなんでしょうかね。まあ 色々試して見ましょうかね。

franker51-1franker52-1.









改造レイアウト製作日記35  VRM3用の背景の一部

VRm3用の背景の一部だが「1024×256」のサイズに合わせるのだが どれが誰の作品のものか わからなくなったので 勘弁だ。 コレ使うなと 言われると 万事窮すなのでね。 大目に見て貰わないと困るのだ。無理を承知で VRM3の夜景に挑戦だが どうみたって夜には,見えません。 でもスクリーンショットだけなら 何とか行けそうな気がするのだが 無駄な抵抗は,しない方が いいかもしれないね。

改造レイアウト製作日記36

中々進まない改造レイアウトなのだ。 このままでは,いつまで経っても終わらないので とりあえず線路だけ先に配置してみた。まずは,線路を引いて 繋いで見ることだけを考えてやったら 直線ばっかりになってしまった。 これじゃ いくらなんでもローカル線の意味がないので 後で 直線部分は,手直ししなければ まずいのではと 思ってるのだ。でも 山とか谷など考えながらじゃなきゃ どうしても直線で 簡単に結んでしまおうなんて「楽な事」ばかり考えてしまうのが 現状だ。しかしここに山とかここに川とか 考えてばかりだと手が動かないのだ。本当に困った体なのだ。 まあ もう一度見直しが必要だがね。まあ こういうもんは,よくある地方都市の道路計画と一緒と考えるしかないのだね。作った途中で 道路が細くなったり曲がったりしてね なんで 最初の計画通り行かないのか疑問に思うのだが 我が地元じゃ 計画した張本人が塀の中に入ったのが一番の原因なんだが まあ日本中によくある話なのですな。

franker58-1franker59-1













改造レイアウト製作日記37

昨日 改造レイアウトの線路だけ配置したと書いたが さっそくレイアウト作りに着手したのだ。 が 気まぐれおいちゃんは,開始早々 また悪いクセで 手直しの連続なのだ。まずは,画像のように レンガ橋を2ヶ並べて配置してみたのだ。こんなアホなこと考えるのは,自分だけでしょうね。 あるんだから使っちゃえてなもんだ。しかし このレンガ橋て 今までほとんど使った事なかったのですね。 正確には,使えなかったのだ。 どうしてかは, 後で詳しく説明するのでね。このレンガ橋と地盤との接する所が 以外と難しいのですね。そこで思い切ってレンガ橋の片方を まるっきり埋めるような感じで配置してみた。 なんか「カッコいいのです」

改造レイアウト製作日記38

もうひとつのコンクリート橋の所も手直しだ。渡ってすぐ複線トンネルが待ち構えてる構図なのだ。が 相変わらずトンネルは,苦手ですな とくに斜め45度のトンネル配置は,90度とかと 全然違って 穴が上手く開きませんね。何回やっても下手くそで 困っちゃうね。ところで コンクリート橋の下の「お気に入りの赤いトラス鉄橋」やっぱり 撤去しました。 どう考えても おかしいのですね。そんなもんでレンガ橋と交換したのだ。このコンクリート橋がVRM3最大高さ115mmなのです。 そしてレンガ橋は,0mmの まったくの平地の配置だ。一応道路が-74mmで川底が-120mmなのです。だから これ以上の高さには.VRM3では,線路が配置出来ないのですな。 まあ 今更ぼやいても どうにもなりませんがね。周りが VRM4に移行してるの見るにつけ ひとり寂しい思いがつのる 今日この頃なのですな。

franker59-1franker60-1















改造レイアウト製作日記39

この両方の橋脚なんだが 実際使ってみると これが「カッコいいのだ。」しかし これ現実問題として レイアウトに生かそうと思うと至難の技なのだ。画像見て貰うと わかるのだが この橋脚の実際の姿 皆さん見た事ありますか?そう このように上から下までの高さが200mm以上もあるんですな。という事は, 平地0mmからの配置は,事実上 無理なんですよ。 だからこの橋脚の足元まで見せようとなると -120mmの谷底から高さ115mmの崖に橋を架けるようにしなければ 出来ないのです。でも 最初から この橋を使う目的なら 穴もあけられますが レイアウト製作途中で急に レンガ橋など使いたいと思っても 結局レンガ橋本来の姿を見せる事は,出来ないのですよ。じゃあ このコンクリート橋とレンガ橋は,それこそ碓氷峠のような特殊な場面以外でしか使えないんだろうか? ふと疑問に思ったのです。今 -120mmを一番底に基準を置いてレイアウト作ってますが それでも足元が見えないのだから 一体どこまで掘下げた地面を作ればいいんでしょうかね。

改造レイアウト製作日記40

日々増殖中の改造レイアウトなのだ。これでは,いつになったら終わるのでしょうかね。 そして手直しで削除の繰り返しなのだ。たまに 嫌気が差して寄り道だ。 でも また戻って製作開始 一に根気 二にやる気なのだ。が 眺めてばかりで進まないのが現状だ。

franker62-1franker63-1.
















今現在 中断中ですが 近日中に再開予定です。

と ここまでが 本店に載せた究極リバースレイアウトの作成日記だ。今現在こんな感じの作成途中を見せてる方って USO800さんくらいしか 頭に浮かびませんが 手の内見せて展開するのは,正直 これキツイです。

究極リバースは,ここから始まった。その9

今日も来ました。電線マンなんてね 古いか 草薙くんも なんか春の陽気で 春爛漫を演じたらしいとの噂が 飛び込んで来ました。まあ どうでもいい話ですが それにしても 最近 このVRMを 休止したり 突然辞める方が 多く見受けられますなあ〜 忙しいんでしょうなあ〜 おいちゃんが よっぽど暇に見えます。

そんな暇人扱いされても 今日も続行だ。

改造レイアウト製作日記20

当ジオログで お世話になってる「fox氏とjunichi氏」のところのblogでのスクリーンショットが 中々いいのだ。そう おいちゃん好みなのだ。 さっそく自分のアルバムにきっちり入れときましたが こういうレイアウトからヒントとか技を盗むのが 一番の上達のコツだと思ってるのだ。 それと忘れては,いけないのが 今改造レイアウトの元の原作者「flanker氏」の存在だ。なんせ flanker氏のレイアウトを見てから 本格的にレイアウト作ろうと思ったくらいだ。なんで氏のレイアウトがいいかと言うと おいちゃんの一番好きな「振り曲がり曲線」つまり駅のホームなどに入る手前のところでワザと振り曲げながらホームに入線させるところが「なるほどねえ」と 思ったのだ。それと たとえば 今じゃ皆当り前になった逆トラス橋の橋脚の作り方や街並の作り方など まだ誰もやってない頃から基本に近い形で 作って見せてくれていた事など 挙げたらキリがないくらいだ。そのflanker氏のレイアウトを改造して今作ってるのだが 中々いいアイデアが浮かばないのだ。-180mmで掘った穴の所を どうするかで悩んでいるのだ。なんせ川より低い穴なのでね。考えられるのは,アレしかないのだがね。アレじゃつまんないような気がしてね。さあて どうするかだ。ゆっくり考えよう。

franker25-1







改造レイアウト製作日記21

前回の宿題「川より低いくぼ地」をどうするか?の続きだ。まあ まともに考えれば 川より低くなれば 当然沼しか考えられませんな。と言う事で一番上の画像は,-130mmで水面の湖を貼り付けた所だ。そして二番目が-158mmの画像で 三番目が-180mmの画像だ。どうです。見事につまらない画像ですなあ これほど似合わない水面は,ありませんな 使ったおいちゃんが悪いのですかね。てな もんで結局 この水面で沼を作る事は,満場一致で否決され使用は,却下されたのです。満場一致て ひとりだけじゃないのかね。いえ ひとりじゃないのです。この会議室は,合議制で行われておりますので 独断専行は,許されないのです。 但し議長の権限は,あの将軍様と同じなのです。皆さん 怒らせないようにしてね。なんせ将軍様は,何をしでかすかわかりませんからね。

franker30-1franker33-1

















改造レイアウト製作日記22

とうとう 将軍様が怪しげな工場を例の「川より低いくぼ地」に建てたみたいなのだ。う〜ん これは,おかしいのだ。こんな人気のない それも 隠れるように建ててあるのは,軍事衛星から見えないようにするためだろうか?大体 こんな人里離れた所の工場なんて 普通の会社の工場じゃ建てないのだ。 そう火薬とか軍事産業そして何やらあやしげな化学工場だ。そう原子力関係もそうだ。 たまに田舎の山奥なんかに行くと こういう工場結構あるのだ。もちろん中には,入れません。なんか こういう工場見てると 昔々見た あの「忍者部隊月光」を思い出して来たね。こんなの誰もわかんねえだろうなあ なんせ もう40年以上前のTV番組だからね。 そういえば今BS2でコンバットも再放送でやってるね。サンダース軍曹とヘンリー少佐だっけ 懐かしいねえそれと もうひとつ あのスパイ映画「ナポレオンソロ」だったけかな ロバート・ボーン主演でデビット・マッカラムが共演だっけ忘れたが これも少しHで面白かったね。なんか みんなこういう工場みたいな所に潜入する場面が多かったような気がするね。 どこから潜入を試みるとかね。なんで こんな話になるんですかね。結局 この工場使うの使わないの どっちですか? 将軍様の判断は,答えは,ブーでした。やはり 大国アメリカには,立ち向かえませんからね。壊される前に撤去と相成りました。 工場さんご苦労さんでした。

改造レイアウト製作日記23

とまあ 散々能書きこいて この画像は,よくありませんね。絶対ありえない場所に 小学校ですからね。でも これが許されるのが 我がVRM3仮想レイアウトなのですね。地域住民も何もありません。 ただそこに配置出来そうな土地が空いていただけなのです。もう これで行くしかない まるで小泉純一郎君と同じで 有言実行だ。 後は,野となれ山となれだ。 洪水が起きようが その時,私は引退してるのでね。あとは,よきにはからえだ。これで行きましょう。決定だ。

franker34-1franker39-1

















改造レイアウト製作日記24

前々から お気に入りのJunichi氏のトンネルの上の住宅のスクリーンショットを 今のレイアウトに取り入れたいと 真似してみたのだ。Junichi氏よりは,ランダムに配置とアドバイスを受けていたのだが どうも性格が駄目なのか こんな感じに並んで配置してしまった。まだ樹木とか使わない予定なので 余計ただ並べてるようにしか見えないのだが まあ 今のところ これで勘弁してもらうか。しかし このマイナス高度に配置は,頭がこんがらかるのだ。-180mmから0mmの平地に階段を作って 家を配置していくのだがね 一応-30mmの段でつくってるのだ。 画像だけ見ると これが-180mmからの斜面にみえないでしょ そうなんです こういうVRM3のスクリーンショットとかは,本当は,ちょっと説明入れるとね 又違った感じで こうなってるんだとかて解るから なるべく説明入れるようにしますかね。でも ちょっと面倒なので 気が向いたらと言う事でね。なんせ 「勝手気ままな落書き帳」なのでね。人のためじゃなく自分が面白ければいいと思ってるのでね。好きにやらせて貰いますよ。

改造レイアウト製作日記25

ランダムに並べて見ようと思ったんだけど この傾斜に配置する事自体 本当は,掟破りなのだ。 なんせ自然な感じを出すには,その方が いいのだが 今回 おいちゃんの勝手で 傾斜イコールガケ崩れを考え落石防止柵を用いて段を作ったのだ。Junichi氏の ように配置しなかったのは, 一応おいちゃんの住宅に対してのおかしな「こだわり」なのですな。すみません言うこと聞かなくてね。バーチャルなんだからと思うんだがね なんか崩れそうな感じがしちゃったもので 住宅販売のデペロッパーとしての責任を感じた訳です。なんちゃってね。嘘八百言ってますが 樹木の配置に自信ないので住宅で埋めちゃえとなった訳です。だってね 実際やると 難しいんですよ 上手く行きませんわ だから今回だけ これで行かせて頂戴。

franker40-1franker41-1
















改造レイアウト製作日記26

まあ 今回樹木なしで やろうと思ったのだが 樹木配置したやつも挑戦してみるのでね。 その時は,よろしくだ。ところで こういう崖に面した団地というのは,結構あるもんだ。なんで こんな崖にまでと思うのだが 要は,日当りさえ良ければOKなのだ。このレイアウトの向きとしては,南東方向を向いてるイメージだ。でも考えようでは,こういう南向きの斜面は,土地の有効活用からすると 最高なんだね。 ここにマンションなんか建てれば それこそ日当りバッチリ 日照権も問題なしでね。おいちゃん お金持ってたら この土地 真っ先に買うね。そう言えば 中央線の山梨のどこか忘れたが駅のホームから長いエスカレーターでしか行けない団地があったね。 山の上だろうが なんだろうが 鉄道1本あるだけで 無い所とは,雲泥の差なのだね。

改造レイアウト製作日記27

junichi氏のアドバイスを受け 住宅の配置を直して見た。樹木も貼り付けてみたが どうだろうかね。まだ 肝心の地面のテクスチャーは,全然いじってないので 樹木が同化して見えるのでね。 でも前のぎゅうぎゅうの いかにも貧乏団地よりは, 少しグレードアップしたように 自分では,思ってるのだ。アドバイスしてくれたjunichi氏に感謝だ。

franker42-1franker44-1

















改造レイアウト製作日記28

ただ こんな感じでいいのかは,まだ わからないのだ。住宅も皆同じ向きじゃなく少し向きを変えてみた。 また樹木も たとえば一番下の防護柵ガードの上の-138mmの住宅の場合は,樹木を住宅に対して-168mmを手前に-158mmを後ろの2本づつ植えている。その次の段の−108mmの住宅に対しても樹木を-138mmと-118mmの2本づつ植えてみたが これが ちょっと樹木の配置が多かったのか どうかが 気に掛かるところなのだね。この樹木でも住宅でも そうなのですが 必要最低限で 効果的に見せるレイアウト(ビュアーでみた場合に重ならないで しかも さもいっぱいあるように見える配置)をめざしてるのだが これが どうして 厄介なのだ。今fox氏が VRM4で樹木の配置で部品が4000点超えると それ以上配置出来ない事を検証しているみたいだが このVRM3でも 同じような事が 前においちゃんも経験してるのだ。だから 部品に関しては,無限のようで そうでもない部品もあるみたいなので 効率的に配置したいものだ。

究極リバースは,ここから始まった。その8

今日も 飽きずに 再放送だ。昔書いた記事を見ると恥ずかしいんだが こういう機会がないと たぶん そのまま消えてなくなるのでね 勘弁だ。その7の続きからだ。

改造レイアウト製作日記18 踏切の製作1

今日は,踏切を作ってみたので眺めて頂戴。なんせ鉄道模型も鉄道関係にも興味のない 自分が 踏切を作ろうてなもんだから何を配置していいのか わからないのだ。前には, それらしき踏切は,作ってはいたのだが 本来の姿の踏切なんて見た事も聞いたこともなかったのだ。 そこで じゃあ踏切には,最低何が配置してあるのか? そこら辺から調べなければならないのだ。しかし「楽して遊ぼう」のおいちゃんは, こんな時の為に用意してたのが「鉄道模型シミュレータレイアウトコレクション」なのだ。この本のP93に踏切の現地調査と配置資料の図が載ってるのだ。まあこの本の図を載せればいいのだが そうもいかないので ちょっと説明だけする。まず 載ってるのは「警報機」「遮断機」「踏切証明」「踏切障害物検出器」「器具箱大」「器具箱小」「踏切注意柵」止まれ見よの看板だ。 それと離れた所には,やぐら,非常電話,特殊信号発光機などが図の中には,書いてあるのだ。 が図を見なきゃわかんねえかあ。で 当VRM3では,「IMAGIC踏切警報機(L)」「踏切障害物検地装置」「非常ボタンボックス」「街灯街角タイプ」「IMAGIC保線工具箱」「IMAGICキュービクル」「鉄道柵木製30mm」そして「センサー」の以上を配置してみた。もちろん他に自動車がなければ始まらないのだが 後は,「踏切あり」の標識くらいしか VRM3では,踏切付近では,配置するものが ないように思えるのだ。

franker20-1franker21





















この際だから「踏切」見せるか!

ついでと 言っちゃなんだが 過去のレイアウトからの「踏切」を紹介だ。 本当は,人のレイアウトの踏切も紹介したかったのだが 色々言われるのも面倒なので 自分のやつだけ紹介だ。だから 初期のやつは, ただ警報機を配置した物が多いのだ。 でも やっぱり車の引っ掛る踏切は,使ってないのだ。

franker22-1.franker23-1












踏切の使い方で ひとつ見落とした。

先程 車の引っ掛る「IMAGIC版 IS128踏切2車線道路」は,使った事ないと申しましたが 間違いでした。 実は,1箇所だけ使ったレイアウトが有りました。それも 意外と踏切の中に車を配置するとこれが似合うのですよ これぞ「喰わず嫌い」の典型ですな。 失礼しました。しかしですよ 実際レイアウトの場合 この踏切を電車が通る訳ですよ という事は, スクリーンショットなどの画像撮る以外 踏切内には,車は ないのですね。 そうすると この凸凹が気になるのでした。 まあ これからは,少し考えを改めましょうか。ところで こういうのやってると どういう訳か また いけない発想が浮かんで 下の画像のように踏切事故を やってしまいました。でも そこは,VRM3ですな 脱線どころか どこ吹く風で列車は,通り過ぎるのでした。 じゃあ いっその事 このまま トラックを踏切の中へ常駐させ 毎回衝突でも 楽しむかなんて 馬鹿な事を一瞬考えたのだ。 遺憾ですよ。たとえ遊びでも そういう事は,不謹慎ですのでね。皆さんは,くれぐれも真似しないようにね。Trainzだったら もしかして脱線してるんではと思うんですがね。

ranker24-1












と まあ こんな感じで 昔は,やってました。 今のVRM4のレイアウトから比べると それ以上は,恥ずかしくて 言えません でも あえて しつこく 昔の記事を載せる ところが おいちゃんの しぶとい所だ。 下手だろうがなんだろうが 書きたくなったら書くのです。ハイ まだ 続くよ

好きだけど 今は,静観の構え

 USO800さんの 街作り作り込みなどが 本当は,大好きな おいちゃんなのだが
 あえて 今は,静観の構えなのだ。 というより 正直 VRM4の部品の点数の多さや使い勝手のいいパーツを見てると どうしてもVRM3では,勝負にならないのだ。

しかし その昔 先駆者の皆さんは,VRM3の部品で それなりに作り込みをして当時としては,こんなのが出来るのかと 目を点にしたものです。 その代表が あの むらP氏の一連のVRM3画像でした。

じゃあ ここは,黙って ただ このまま指をくわえて見ているか? なんて ある訳ねえ〜だろ! なのだね とにかく ナニをやるにも 見た事も触った事もなければ よりリアルな街作りなんぞ 出来やしないのだ。

そこで 昔から おいちゃん得意技「VRM3を上手く作るには,上級者の技を盗め」で VRM4のUSO800さんなどの これは,いいと思った画像を 資料として収集してるのだ。まだ こうやってブログ等で 公開されていますがね 中々こういう画像等を公開してくれる方も 少なくなって来たように感じられるこの頃なのだ。

昔は, この方のflanker氏の作品に惚れこみ かなり物真似したもんです。って盗用に近いかもしれませんなあ〜 そんな昔の本店の記事も この際 紹介だ。 

flankere住宅街1














本店HP VRM3勉強会5から 抜粋 
 
今度は住宅街の画像です。flanker氏もおいちゃんの画像もたいして変わらないと思った方は まだまだ勉強が足りないのだ。おいちゃんのは 只並べて配置して埋めただけで flanker氏のは、ちゃんと道路の表示線一本とっても そこに生活が感じられます。そう まるで映画のセットです。 この違いわかりますか?設計図がある人と ない人の違いなんですよ。 だから ここで言いたいのは ラフでもいいから最初レイアウトプランなる物を作りそれを いきなりレイアウターに作るのじゃなく スケッチなりして やれば本当は理想的なのです。

と言いながら おいちゃんは今までして来なかったのだ だから 今反省しているのです。そこで こういう参考画像が欲しいんですよ。やっぱり資料がなくては、素人は、前には進まない それもVRM3のレイアウト画像が欲しい。 鉄橋の絵、駅の絵、住宅街何でも 機芸出版のレイアウト集も持ってるけど おいちゃんの欲しいのは このflanker氏のような 部分部分の画像だけなのだ(勝手ですまんが)とにかく上級者のレイアウト画像を見て 真似て行くのがVRM3の上達のコツだ。そして何より「自己満足」にならず常に 上には上がいると思わなければ ならないのだ。
たぶん インターネットなどに出てこない 隠れたプロ級の方がいるような気がするのは、自分だけかな。今年のレイコンあたり突然出てきたりしてね。

とまあ 5年以上も前に こういう記事を書いていたが 実際 その後 junichi氏やむらP氏そして櫻隼氏などが 出て来て この界隈の人間模様も変わって来て 今 またUSO800氏,漆黒氏などが 現れ まさに 時代を感じるね。

でも やっぱり 上手い方って それなりの歳なんだねえ〜って 言ったら 怒られるか 逆に言うと 中々 若い方には,こういう「忍耐ゲーム」みたいな コツコツやり遂げる感じって 今どき どうなんでしょかね おいちゃんは, こういうコツコツ作り上げて行くのって嫌いじゃないです。ハイ 

究極リバースは,ここから始まった。その7

のんびり行こうぜ!時速30kmの世界だ。

今日は,「改造レイアウト製作日記」から 少し離れ プレミアチケットの保線モーターカーを動かしてみたので 見て頂戴!このモーターカー最高速度が30kmなのです。ですから レールの継ぎ目の音も ちゃんと聞こえるのですよ。残念なのは,保線作業員が 乗ってないのが ちょっと寂しいのですが これって 下手な車輌よりも 遊べるかもしれないのだ。ぜひ プレミアチケットたまったら 保線モーターカーと交換しましょう。今日は, まだ製作途中のレイアウトから リポーターのおいちゃんがカメラ片手に報告だ。別角度の画像だ。モーターカーの所だけ 見て頂戴ね。バックの山並みは, まだ製作途中なのでね。ちなみに このプラットトラス鉄橋までの川原からだと 約160mmなのだ。 実際の高さだと 何メートルなんでしょうかね。 計算出来ねえなあ。

franker12-1franker13-1












そして 本日のハイライトが この画像だ。 この下からの角度が スケベなおいちゃんは,大好きなのね。 もっと真下からでも いいんだが それでは,モロなので 勘弁だ。しかし この45-50s氏の空のバックが効いてるね。しかし少し「いじった」かも しれないが忘れてしまった。 こんな感じで ぜひ夕焼けも作って下さい。 なんて言ったら ぶっとばされそうですな。まあ 自分で作れと言われる前に そろそろ背景やテクスチャも自分で作らなければ 駄目ですかね。 そういえば fox氏のblogに載ってたテクスチャも頂きました。でもね, 前に自分でテクスチャや背景作った事あるんですが これが難しいのよ そうしてら やっぱりね 人にね頼った方が 楽でしょ そう「いかに楽して遊ぶか」が 長続きのコツなのでね。最初に「ゴメンナサイ」と謝っておくか! 

franker17-1






改造レイアウト製作日記14

またまたトラブってしまった。 そう この前と同じで 部品が全て消えてしまった。 ビューが中々開かないので 途中で止めて もう一度開いたので2重で開いたみたいになって 計算出来なくなったんだろう。まあ そんなもんで また一からやり直しだ。たぶん簡単な直し方あるんだろうが あっちこっち探す暇あったらインストールした方が早いので そっちを選んでしまった。 こういう時のトラブル解消の本こそ 欲しいのだが 昔だったらKS氏のサイトに 色々書いてあったような気がしたが 最近見ないのでね。今日は,築提の所の話なのだが この築提確かに便利なのだが 上の画像のように あまりにも機械的に きっちり平地に対して 箱を積み上げたように見えるのだ。 これが イマイチ好きでないので これをいつもなるべく隠そうとしてるのだが これが 中々上手く出来ないのだ。とくに 下のレイアウト図のように斜めとかカーブだと とくに難しいのだ。 そして築提が傾斜してると 更に難しいのだ。

改造レイアウト製作日記15

それで この上と下の画像が築提を隠した部分だが ここまで隠したら 何も築提要らないんじゃないのかと思うかもしれないが 確かに昔は, 築提なしで傾斜とか作ってたのだ。そして 何を隠そう その傾斜作りには,我ながら自信があったのだ。これぞ「平地作成の本領だ」 よくレールとか部品を置いて それで造成とかで傾斜作った方が早いと言われてるが 微妙な傾斜などは,最初から1mmとか2mm単位で作って行った方が 自分としては,やり易いのだ。こういう面倒な作業は,意外と性分に合ってるのだ。しかし これがカーブの傾斜となると 話が違うのだ。 どうしても綺麗なカーブの傾斜を作るのは,難しいのだ。 だから カーブの所には,築提を使わざるを得ないのだ。上の画像が ビュアー上では,陽が当ってる部分になるのかな そして下の画像が 陽の当らない部分になってるので 若干平地の緑色の濃さが 違って見える。この平地の色と築提の色がなるべく近ければ違和感を感じないかもしれないが そもそも「鉄道模型シュミレーター」なのだから 鉄道模型のレイアウトのように作るのが本来の姿だと言う事を すっかり忘れてしまってるのだ。こうやってレイアウト製作していても 一度も「鉄道模型」なんて考えた事などないのです。 という事は,何考えてレイアウトつくってるんでしょうかね。そう単なる行き当たりバッタリなのですね。

franker15-1franker14-1












改造レイアウト製作日記16

今日も 昨日に続いて築提の足元隠しだ。 なんか 知らないが 気になると 隠したくなるのだ。 そんな もんで今回は,カーブの所の足元隠しの現場からだ。本来 この築提も線路の高さ60mmに対して3mmUPの63mmにするべきなのだが 手抜き工事をしてしまい60mmで やってしまったのだ。 まあ脱線する訳でも 走らない訳じゃないのでいいだろう。なんて こういう耐震強度偽装みたいな事やってるようでは,VRM4には,昇級できませんな。 いいんです。別に生活に困る訳でもないし まして その為に パソコンなんて とんでも ございません。今 現在会計検査院の査察を 受けてる身では, そんな予算も組めないしね。それどころか このジオログ自体も査察の対象に 成りかねないのだ。

改造レイアウト製作日記17

画像は,築提の足元を隠してみた部分だ。 まあ これは好みだからね右側の平地に真っ直ぐが好きだという方も居るでしょうがね。それより 気になる情報が入った VRM4では,光源も自由に角度とか変えられるらしいのだ。 あんまり 詳しく知ってしまうと VRM3との差が嫌でも わかるのでね。ここは,知らんふりしておきましょうかね。もうひとつ VRM3「EuroExpresシリーズ」の追加キットが 本家の製品情報に載ってたが「あの赤い電車」は,入ってないのでしょうかね

franker18-1franker19-1










で ここまでが 本店に載せていたリバースレイアウトの制作日記の一部なのだ。まだまだ続くのだが 今日は,ここまでだ。 しかし 昔は,燃えていましたね 今 そんな元気ないからね では, また続くのでね 明日の心だ〜
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ