新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

2009年03月

215系かおなし で おかまいなしだ。

215系かおなし」それってなんだ! これは,今から もう5〜6年位前だろうか 今の本店井戸端会議HPの「VRM3紙芝居コーナー」の終りの「第280話通勤線右廻り」に 始めて登場した215系2階建てステンレスカーに おいちゃんが命名したあだ名なのだ。

このHPを作る前に 今は,残ってない幻のブログを やってた頃に 当時の宮崎駿のアニメの「かおなし」から拝借したネーミングなのだが この前 この215系を調べていたら 他の方も このネーミングを使っていたので 同じような連想する方が 居るもんだなあ〜と 感心していたのだ。

それにしても この紙芝居 動画が作れなかった頃は, この方法しか VRM3を紹介する手立てがなかったのだね これが ど素人の悲しさというのか 逆に そこから
 なんとか 動画を作ってみたいと思って こうやって つまらない動画を 飽きもせず作ってるのだ。 これもfoxさんの動画の作り方が あったからこそだね

それにしても VRMonLineから このVRMを 始めた方は,どこから切り込んで行くんでしょうかね おいちゃんは,未だにVRM3から 卒業出来ないのですね。まだまだ 自分の気に入ったレイアウトも まだ作っていないし またVRM3車輌等も 全て見た訳でもないのでね それを 習得してからでも いいんじゃないかと 思ってるのだ。 

とまあ 全然関係ない話になってしまったが 215系の話に戻しますかね この215系2階建て車輌は,VRM3には,1次形と2次形の2種類が 入っているのだ。

215系かおなし1








これが 意外とVRM3としては,作りが良くってね 多分 製作者も 気に入ったので無理やり1次形と2次形の2種類を どうしても入れたくなったんだね こういう車輌って 結構VRM3には,あるんですなあ〜 決して使い回しなんて言いませんがね どこが どう違うのか? さっぱり わからないのだね 

かおなし3.215系かおなし2.
















まあ よく見ると 少し違う車輌もあるのだが ほとんど車体番号の例えばサハ214-1とか214-2とかの数字の違いくらいだ。 まあそれでも車輌自体は,別物ですからね 
鉄道模型でも やらない事を VRM3では,やるのです。これぞ商魂なのですね

でも 本当に この215系は,作りが丁寧ですよ VRM3全てが同じレベルなんてね おいちゃん全然思っていませんのでね ナンでもそうですが人が作ってるものは,作ってる人の個性(作る対象が好きか嫌いか)が 入るもんなのです。

でも それが 手造りの良さと 受け止めるのが 寛容ってもんだ。なんて 心にもない事を書いてしまった。これが おいらのおかまいなしだ。

と お構いなしに ネットを漁ってたら 今は,無き懐かしいブログを発見だ。 当時は,面白かったねえ〜 なんでもアリでね 最近の世相は, なんか管理されてるようで つまらんね まあ ここら辺は,わかる人には,わかるので 利口な方は,目立たぬようにサブマリンだ。アホなおいちゃんは,未だに 残っていますよ

今頃 高層ビル建設ラッシュです。

 地元 仙台でも最近30階以上ビルの建設ラッシュだ。ホテルにオフィスビルそしてマンションと色々建設されています。が 肝心の市の人口が減ってるらしいのだ。建設中のビルを見て思うのが 一体こんなに建てて誰が このビルに入居したり働いたりするのだろうか 高層マンションに垂れ幕で入居者募集などと書かれてるのを見ると 尚更「建物造って人集らず」まさに この言葉通りだ。

6年前に作った あの「誰でも楽しめる複々線」レイアウト上の街並には,今まで高層ビルは,配置してありませんでした。今回「誰でも〜」の中の通勤レイアウトを使って動画を作ろうと思ったので この際 少し街並も手直しして6年ぶりに 始めて高層ビルを配置してみたのが これらの画像だ。

高層ビル2高層ビル3







まあ こんな もんです。持っていながら使わない なんと無駄な使い方をしていました。だから 今回始めて こうやって画像を見てるのですなあ〜 今までは,人様の作品では,見てましたが 自分のレイアウトに登場させたのは,初めてなのだ。

高層ビル4.高層ビル5







この「誰でも〜」は,色々な経緯があってね 話すと長くなるのだが 最初これを造った時は,8706kb,部品点数20382ヶ レイアウターが開くまで110秒でビュアーが開くのに46秒も掛かったのだ。 それをfoxさんの所にupした時には,7050kb,部品点数15750ヶまで減らして サクサク動くように修正したのだ。

高層ビル6.高層ビル7







じゃあ どうして 今まで高層ビルを配置しなかったのか? そこら辺がね ある部品点数以上になるとレイアウターの配置が 出来なくなる(これは,部品点数だけじゃなく地面テクスチャーなど地形で山などを造っても同じように動きが悪くなる)

これが あるから 一つの部品を配置するだけで レイアウターで配置するのに5分も待たされるのだ。そして下手するとフリーズして全てがパーになるのだ。だから 部品点数減らしても 新たに追加するなんて事なんか 間違ってもしなかったのだ。


こんな感じで 車輌や部品など まだまだVRM3では,使っていない物が 沢山あるのだ。ある物をフルに使って 始めてのVRM3なのだ。タンスの肥やしには,出来ないのだ。「欲しがりません 出来るまでは,」これが おいちゃんのスタンスだ。

まあ この「建物造って人集らず」は,何も高層ビルだけじゃなくね 色んなもんに当てはまるんじゃないのかね 色んなもんにね 

今は山中 今は浜

「今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと 思う間も無く トンネルの
闇を通って広野原(ひろのはら)」

昭和生まれの方なら 誰でも知ってる文部省唱歌の「汽車」の歌詞だ。

この歌詞が なぜか「今は,福島 山の中」と 思わず勘違いしてしまう程
福島県内を横断している東北本線は,山の中を通っています。

それにしても 今は,山中が 今は,福島に なんで勘違いしたんだろうか?
と 考えていたら この汽車の曲の作曲家が たまたま 福島の広野町を旅行
した時に作られた? なる話が あつちこっちに載っていました。

ここに歌碑のUPした写真が載っていました。が これが本当かどうかというと
 これまた 本当かどうかは,定かじゃないのだね 

本当かどうかも定かじゃないが 早い者勝ちというか やってしまったもん勝
ちって全国至るところには,結構あるんですなあ〜 歌碑まで建てられちゃ
誰だって信じてしまいますなあ〜

ついでに なんか知らないが英語の汽車の歌が ありました。どうぞ 

汽車の にぎやかしついでに 中々洒落たYouTube動画を どうぞ!



この動画の画像は,全部自前だそうです。 もう鉄道ファンなのか それとも
プロのカメラマンなのか 鉄ちゃんには,こういう方が多くて もう敵いません
なあ〜 おいちゃん 嫉妬に かられてますが もう諦めの境地です。

そんな おいちゃんに 痛いニュースが飛び込んで来ました。まず このライブ
ドアのブログの動画が4月16日を持って全て見ることが出来なくなるそうです。

せっかくYouTubeより綺麗に見られると思っていたのですが やっぱりタダっての
が 難しいんでしょうかね 

それと あのYouTubeでの 音楽や映像の著作権の締め付けが メチャ厳しくな
って 今まで 大丈夫だった動画などが 軒並み公開されなくなりました。某
権利団体が どうも独占をしようと狙っているのか 本当に つまらなくなって
来ましたね

ある以上使わなきゃ損だべさ!

 久しぶりの 休み前の書きこみだ。郡山周辺に行ったり 福島あたりに行ったりと休む暇が ありませんでした。 また あさって また郡山へ行きますよ まあ 高速ぶっ飛ばせば 近いもんです。

そういえば 郡山で また DE15のラッセル車を見ました。今年は,活躍してたのでしょうか? やけに 綺麗な塗装の仕上がりでしたね

VRM3ソフト2.






まあ それにしても 福島県内の東北線の複線区間は,非常に面白いですよ なんせ まともな複線区間が ほとんどないのです。実際 この目で 確かめると これほど別々なところを走ってる路線も 珍しいのでは, と 個人的には,思っています。

それ以上は,書きませんが お好きな方は,自分の足で歩いて沿線調査でもして頂戴!

ところで 本題だ。近頃 巷で流行るもの 某自動車会社さんを見習えと せっせと一生懸命「必要でないものは,捨てる=整理」を 実践している皆様とは,対照的に おいちゃんは,「必要だろうが必要でなかろうが あるから使わなきゃ損だべ」の考えを 実践してるのですな

VRM3ソフト1












見て頂戴! この 時代遅れのソフトの山を これみんな お金出して買った訳だ。
最近のVRM界隈の流れから 完全に戦線離脱した感がある この井戸端会議だが ちょっと待って頂戴! 世の中 そんなに景気のいい話ばかりじゃなかろうが パソコンだって 一昔前のやつ VRMだってVRM3しか持ってないやつだって 大勢いるんじゃないのかね諸君!

と ここで 騒いでも 一昔前のVRM3レイコン作品の動画を作ってUPしただけで 削除されるような この界隈じゃ このゲームを流行らせるという気持ちが サラサラないのが 現状だ。結局一人でチマチマ遊ぶのが 一番かもしれないね

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ