新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

HPがリニューアルした件で

昨日も 少し書いたが IMAGICさんのHPが リニューアルした件で 少し考えてみた。

まずは、トップページで GAMES.PRODUCTS と HOBBY.WORLDの2大看板が 今までの主力ゲームソフト商品だと 思っていましたが こちらのGAMES.PRODUCTS に関しては、ほとんどが 生産終了作品との紹介で
おそらく この手のゲームは、もう作らないと 思うのですがね 

そして HOBBY.WORLDに関しては、今までの流れで 鉄道模型シミュレーターの紹介サイトで VRM5や VRMonLINEや VRMCLOUDに 別れて紹介していますね 

今まで おいちゃんのような 直接VRM5などに 関係しなくても それ以外の製品情報が載っていたサイトが こちらの製品情報になったみたいですね 
 
ここで 昨日 少し触れたのですが 今までのような画像などの紹介がなくなり VRM2版に至っては、影も形も 消滅してしまったんだね その癖 やってもいない 昔のレイコンだけは、2002年〜2012年まで ご丁寧に 紹介してある所が ミソなんだね 

片方で VRM2版は、削除そしてVRM3版、VRM4版は、文章だけ残して終わりなのだが 過去のレイコンだけは、残すのは、不思議でね ないVRMバージョンのレイアウトを 紹介してもと思うのだが 拘りがあるんでしょう

そして 気になったのが VRMCLOUDの所では、ちゃんと 取扱い会社のSilverStarへのリンク先まで 紹介しているのに  ここの会社のトップページでは、VRMCLOUDは、全然出て来ないんだね このトップサイドの 個人のお客様や もしくは、製品情報を クリックすると 初めて VRMCLOUDが出て来るんだね

まだ 商品紹介が 載っているからいいけどね 一方の VRMonLineは、どうなのか?ここが 今回 疑問に思った所でね 確かVRMonLineは、トレトレAsial Corporationが 取扱店だと ばかり思っていたのですが 今現在の この会社のサイトを 見る限り どこを探しても VRMonLineの 事が 探せなかったんだね

という事は、VRMonLineは、IMAGICさんが 直接 取扱っているのか? まあ そこら辺の情報がないので わかりませんが どうも そこら辺のonLineでの 管理など どうなっているのか 不思議でね 

今度の HPのリニューアルを 見ていると IMAGICさんの本当の狙いは、SilverStarやAsialのような 個人を対象にしたゲームソフト開発がメインじゃなく 業務用開発の為のVRMじゃないのか? と ふと 考えてしまってね

まあ それは、それで 今の時代の流れでもあるし コストパフォーマンスを 考えれば VRM以外のゲームソフトも 作る感じが見えない現状を考えれば 安定した収入を得る方策としては、仕方ないよな気もするのでね

自分のような まるっきり そっちの世界に関わらない人間には、 そのように見えるのだが まあ 究極のこの手の鉄道シミュレーターゲームは、RaillSimlやBVEのような 全部自作みたいな感じか 本来なら VRM3版辺りまでの 自分でそういうものが作れないから 市販の車両や部品を買ってコツコツ集めて楽しむ 趣味のコレクターとしての 鉄道模型シミュレーターを楽しむ素人を メインに商売として考えるのか だったのですが

こうやって 外野から眺めていると なんか 知らない間に これからの方向性が 感じられてね 益々 一般受けするような鉄道模型シミュレーターとは、ならないような気がしてね それを 狙っているんでしょうが

このVRM5の先には、何が 来るのかね おいちゃんの考えでは、基本的には、前のバージョンの焼き直ししか頭にないのだが 確かに 1998年当時のVRM2版車両に比べりゃ 雲泥の差ですがね

でも レイアウトを作って 車両編成を走らせて楽しむという基本の考えは、鉄道模型というタイトルがある以上 そうは、変わらないと思うのだがね まあ 今日は、どこの会社も 生き残りを考えているので  しょうがないというお話でした。


C62蒸気機関車重連を走らせる

今日は、特別に 欲張り新幹線レイアウトにC62蒸気機関車重連牽引のスハ44系特急つばめ11両編成を 走らせてみました。

YouTube動画も 自分の所では、UP動画件数が2000本を超したみたいなんだが 他で見ると まだ 1983本くらいと 若干 本数が合わないのだが まあ これは、色々あるので 全てが UPされている訳でもないんだね というか削除しているのもあるのでね

で その記念じゃないのだが C62蒸気機関車の重連を 走らせてみました。 これ 前にも 書いたのですが いつも使っている Bandicamだと なぜか この蒸気機関車の自前カメラから 録画すると 煙と蒸気が消えてしまってね これじゃ せっかくの動輪と煙と蒸気が見られる唯一のVRM3車両じゃなくなのでね

久しぶりに昔のAviMakerで Aviファイルにbmpファイルを変換して作ってみました。VRM3版の場合だとShift+F10キーを 一緒に長押しすると スクリーンショットが撮れるのですが なんだかんだで 10000枚位のスクリーンショット画像を 保存する計算なので 手でこれを やっていたら大変なので 昔使っていた 奥の手 そう魔法の道具を 探して来て Shift+F10キーに 合わせて乗っけて 画像を保存して AviMakerで 1000枚単位で 細かく30秒くらいのAviファイルにして保存して 最後に WindowsのMovieMakerで いつものように編集だ。

今回は、あえて 生音と生録の流し撮りで 撮ってみました。 動輪部分を UPにして そこを中心の動画にしてみました。 蒸気機関車の動輪やロッドなどが 好きな方に お勧めです。

ところで I.MAGIC HOBBY WORLDが 新規オープンしたみたいですね 鉄道模型シミュレーター  製品情報を開くと VRM2版は、削除され VRM3版車両などの画像は、すっかり削除されていましたね

まあ いつかは、こうなると 思っていましたが 

その分 こちらも なんとか 後1年は、なんとか頑張るつもりですがね 

鉄道模型なら 線路さえ合えば 新旧関係なしに走らせられるから面白いのだが それを言っても始まらないか
 

215系2次形ホリデービューやまなしを走らせる

前回紹介した215系の続で215系2次形ホリデービューやまなし二階建て通勤電車10両編成を 欲張り新幹線レイアウトを 走らせてみました。

やっぱり 時間は、掛かりましたね 作っていて 途中で 嫌になってしまいました。それでも 作りましたよ 215系2次形を

215系2次車2








これが 1次形と どこが 違うのか? 素人には、さっぱりわかりません

215系2次車1















なぜか 1次形より 種類が 1種類少ないみたいですが 間違えたらごめんなさいだ。

で 1次形と2次形を 一緒に並べてみました。

2次車3























これだけ 215系を 見せている所は、他にないかも知れませんね で そのままコピーしても 構わないくらい なんか同じような車両なんですが よく眺めると 違うのもあるらしいみたいだね

それにしても 時間が掛かったんね

215系1次形湘南ライナーアクティーを走らせる

どうしても 種類が多くて 後回しにしていた215系1次形の通勤電車を 欲張り新幹線レイアウトで走らせてみました。

215系に関しては、昔から 変わった車両というイメージで これは、通勤電車なのか 特急電車なのか わからなくてね 2013年に こんな「かおなし」と命名した記事が 残っていました。

力行シリーズ33 215系ホリデー快速やまなし そもそも この215系に1次形と2次形があって しかも 湘南ライナーアクティーと ホリデー快速やまなしの 二階建てダブるデッカー車両があったなんて 知らなかったからね

で 今回 215系カタログを もう一度作るんだが これが まあ 時間が掛かってね とりあえず1次形を 先に紹介だ。

215系1次車2








とにかく 種類が多くてね 昔 作ったカタログの感じでは、10種類を紹介したが なんか 13種類もあるみたいだね

215系1次車1
















まだ これから 215系2次形を 作るんですが 又 同じように 3時間近く時間が掛かると思うと 本当に面倒でね 作りたくないとも思うのだが VRM3版を なんとしても 知って貰う為には、 誰かが やらなきゃと 奮闘中だ。 VRM5版では、 こういう感じのカタログみたいなものを まだ見掛けないのだが あるんでしょうかね


ループ曲線からの眺めがいい2

この前ここで紹介した スルーガータ曲線鉄橋レイアウトの 後から追加した ループ曲線部分が 貨物長大編成を眺める時に 中々感じがいいので もう一度 紹介だ。の 続きからだ。

まずは、そのスルーガータ曲線鉄橋レイアウト図からだ。

スルーガータ曲線リバーシブルレイアウト完成版図1


















このレイアウトの右側部分が 今回紹介しているループ曲線がある貨物ターミナル基地の部分だ。元々は、左側部分のKATO曲線デッキガータ鉄橋の真似をして VRM3版で作って見たらで始まったレイアウトなので単線で 右側部分は、全然 最初は、想定していませんでした。

なので かなり左側部分は、風景関係に力を入れて作って作り込んで作っていましたが これがね 全然 単線区間を 車両編成で走らせて眺めて見ると さっぱり見えなくて 無駄骨だったので じゃあ 見張線として 貨物本線を 山肌に張り巡らして 少しでも 覗けるようにと思ったのたのですがね

残念ながら 結果として この単線区間は、思惑通りには、行きませんでしたね 単に 曲線デッキガータ鉄橋だけを 眺めるという考えだけなら良かったのですが どうしても リアル情景を 模索してしまうと どうも このVRM3版の場合は、単線区間だと なんか弱いんだね

単線区間で 車両編成を走らせるよりも どうしても貨物編成の方が 眺めて面白いのでね そこでだ 2016年11月に紹介した KATOデッキガーター曲線鉄橋を真似てみるか41みたいな ループ区間を活かして 尚且つ 全く異なる貨物本線を 新たに作ってみたら どうなるかを 考えてみた。

Nゲージレイアウト図臨海鉄道部分2







このNゲージレイアウトの 赤い部分の臨海鉄道部分を 先ほどの貨物ターミナルがある右側の部分と合体させて 雪景色と 片や 港湾のタンカーなどが 停泊している海沿いの風景を合体させてみる

Nゲージレイアウト図臨海鉄道部分1








なんてね アホみたいな企画だが もし やるとしたら こんな感じですかね

スルーガータ曲線リバーシブルレイアウト完成版図3


















まあ 大きさは、適当ですが この二つのレイアウトを合体させて 貨物編成専用レイアウトを作ったら どうなるかという お話だ。

まだ 出来もしないうちに 風呂敷広げてね でも なんか面白そうなので 紹介だ。

この界隈では、車両の話し しかも リメークの話しばかりで 結局 作る側の都合で 作るんでしょうがね 未だに C11蒸気機関車のようなタンク車ひとつ 作らない所が どうも 気になるのだが

そういえば こんなニュースが入って来ました。鉄道博物館リニューアルというニュースで なんでも「臨場感を高めるため、観客席との仕切りガラスを撤去した横23メートル、奥行き10メートルの新しい「鉄道ジオラマ」全景。開館から9年使われた先代より15%大きくなった。」という事なので

ついに このVRMのサイズ 20mx20mを 越してしまいましたね 

205系山手線色通勤電車を走らせる

夜勤明けで 今起きたが 熱いね しかも 雷雨警報が出ているので 昨日の続きで 欲張り新幹線レイアウトの在来通勤線を 使って205系山手線色通勤電車を 走らせてみました。

205系は、かなり あっちこっちで 使われていた車両らしいのだが ここのVRM3版では、なぜか この山手線色しかないみたいでね 他の色違いがあっても 良さそうなんだが 作らなかったみたいだね

そこが ここのメーカーさんの七不思議でね 同じ車両でも 種類を これでもかと アホみたいに作る車両もあれば 1種類しか作らない物もあるんだね でも 良く見ると なんとなく なぜ 種類を多く作らないか わからないでもない気がするんだね まあ それ以上は、個人の感想なのでね 画像で 判断して

205系JR東山手線色通勤電車VRM3版2








こんな感じが VRM3版の205系山手線色だ。 あとで VRM2版も紹介するけど それは、また 後でだ。


205系JR東山手線色通勤電車VRM3版1











ちと 気になるのが 少し線というか色というか弱い感じがしてね ピりっと来ないというか 少しボケた感じがしてね たまに VRM3版でも 車両によってあるような気がしてね これ こちら側(ユーザー側)と 作っているメーカー側の 描写を決めるグラフィックボードの違いから こういう感じに色とか線そして 描写のハッキリ、クッキリが違って見えるんでしょうかね

おいちゃんのPCも確かに 一番最初の カーノブスのスペクトラF11だったけかな あれから 今のPCのグラボで なんだかんだで5回以上もグラボが変更になっている感じだが メーカーさんも おのずと 変更になって来ているんでしょうかね

昔 噂話で メーカーさんが 使っているPCと CGソフトなどの話題を 聞いた事があるのだが 当時でも おいちゃんが使っている感じのPC環境とは、全然違っていたのでね だから あのVRM3版のパンフレットやパッケージの箱の画像と違うのかと 思っていました。






JR九州811系近郊電車を走らせる

これから 夜のお仕事なので 順番を替えて簡単に紹介

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤線を 使ってJR九州811系近郊電車を 走らせてみました

811系JR九州近郊電車2








本物は、見た事ないのだが 地元の東北本線に この前まで走っていた719系にも 前面の白い塗装が似ているような気がするのだが やっぱり違うか

811系JR九州近郊電車1













どっちかというと E721系電車に 似ているような気もするが わかりません


ループ曲線からの眺めがいい1

去年 作っていたスルーガータ曲線鉄橋レイアウトの 後から追加した ループ曲線部分が 貨物長大編成を眺める時に 中々感じがいいので もう一度 紹介だ。

元々は、仮想飯田線のイメージで作ったスルーガータ曲線鉄橋レイアウトだったので そこにむりやり貨物本線を 見張線として追加したものだったのだが 実際 レイアウトが完成して いざ単線のローカル線としての スルーガータ曲線鉄橋をメインとしたレイアウトが 物足りなく感じてね

その反動なのか 雪景色のループ曲線部分が 逆に 自分としては、良く見えてしまい なんか この部分だけを活かしたレイアウトを 作れないものか 只今 思案中なのだ。




そもそも まったく別物のレイアウトを 組み合わせて作ったようなもんでね 今更なんだが 何をしたかったのか?何を見たかったのか? たまたまKATOの曲線デッキガータ鉄橋を 試しに作ってみるかが 始まりだったからね  

この曲線デッキガータ鉄橋レイアウト部分を 削除して この部分に ループ曲線の延長部分を 作ってみたらどうなるのか? なんてね 考えては、いるのだが  いざ 半分 削除して やる段階になると 尻込みしてしまうんだね

そこまで やるなら 最初からコピーして 新たに作った方が どんなに早いのかとも 思うのだが 要は、このループ曲線の 一番の難所は、 この地形で 線路を 埋め殺して勾配区間を作って行くのが 面倒でね

それを 考えると 気持ちは、あるのだが 手が動かない まあ これが VRM3版のレイアウトを リメークするという行動に 中々手が出ない理由かも知れないね

52系流電を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤線を 使って52系流電を 走らせてみました。

52系流電2








今更 説明も いいか

52系流電1













なんか 調べるとね 色々昔のモダンな52系もあるらしいのだが やれ写真転用禁止とか自分だけが特別に許可を貰った文言があったので 面倒なので どうでもいいやだ。 




一畳レイアウトを作る その25

これから 夜のお仕事なので 簡単に紹介

一畳レイアウトが完成したので その試験走行からだ。 第4弾は、最終列車が 通り過ぎた後の保線作業用の 保線モーターカーのレール運搬作業の走行動画からだ。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ