新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

只今 悪戦苦闘中です。続き

今現在の状況だけを 説明すると 全部インストールし終わって V2車両変換を使って VRM2版の追加キットを 変換して見たのだが 最初のオプションディスク分しかVRM3版には、変換できず 待ちきれず 前にあったファイルを コピーして 車両部品に入れたのだが そうしたら 今度は、一番最初にトラブった画面に戻ってしまって こんな感じになってしまいました。

VRM3版インストール3










C:プログラム(x86)に 入れてあるのだが このVRMLayoutを 開くと

VRM3版インストール1









この画面が 出て来て 更に OKを クリックすると 一応レイアウターは、開くのだが

VRM3版インストール2










一番 肝心の 車両編成エディターが出て来ないで 車両の配置が出来ないので 結局 まったく使えない状況なんだね しかし この画面は、一番最初にやった時も この画面が出て なんとか もう一度 0号からインストールして行って7号と VRM3版追加キットまでは、上手く出来て ちゃんと レイアウターとビュアーも表示されたのだが このVRM2版追加キットをインストールして V2車両変換を したのだが 全然車両変換されず VRM2版も レイアウターを開いて 確認したのだが VRM2版の方にも この追加キットのVRM2版車両は、入っていないんだね さて このVRM2版の追加キットは、どこに消えてしまったんでしょうかね

まあ 今から 夜のお仕事なので 又 この続きは、明日からだね 

それにしても 全体的にPCの調子も なんか普通と違う感じでね やっぱり あのノートンセキュリティソフトが関係しているんでしょうかね 

只今 悪戦苦闘中です。

夜間作業明けで 起きて メインのPCを 開こうとしたら Windows10の画面が開かなくなりました。 どうも いつも開いているアカウントのサインとパスワードが 以前と違ったみたいで しょうがないので Shiftキーと再起動を同時に押して 緊急避難で 初期状態に戻すやり方で 個人のファイル関係は、残す方法でやっては、みたのだが
肝心の VRM関係や他のソフトが 使えなくなり 只今 悪戦苦闘中です。

やっと ADSLの8メガから 光通信の高速回線になったと思った矢先の出来事でね いいことばかりは、続きませんね でも 万が一 おいちゃんの生きがいのVRM3版が 使えなくなったら、、、、

もう人生 やることないので どうしようか なんてね 言っている暇は、ないのです。 なんとか これからというか 今まで散々色々やっては、いるのですが なんせ シリアル番号すら 間違って覚えて表記していたりとね

おっさんには、大変な作業が待っています。こういうのを もう何十回も経験していますがね まあ気長にやるしかないか 又 出来るようになったら報告します。

ネット社会だからね〜 こういう想定外のトラブルになってしまうと 素人は、どうすることもできないのだが 結局自分で解決しないと どうしようもないからね


BVE飯田線を覗いてみる

BVE飯田線を覗いてみる というか昔から何回か紹介は、しているのだが どっちかというとニコニコ動画関係にUPしているみたいで 中々動画自体を 見る機会がなかったのだが たまたま タモリ倶楽部の動画を見ていたら

このBVE飯田線保線区の方が2014年6月の番組に出ていたので 紹介だ。 こういう感じが 行きつくところの鉄道シミュレーターの姿なんでしょうかね〜 運転に興味がないので わかりませんがね



そして この鉄道シミュレーターのBVE飯田線の運転台からの運転した動画が こちらの「全力で電車ゴッコするよ!【119系運転台/BVE飯田線】」   だ。 22分と長いので 運転開始は、スタートしてから5分位からが 本格的な運転モードみたいだね



そして2017年5月に UPした「電車ゴッコは続くよどこまでも BVE飯田線と自宅119系運転台のその後」から  



なんでもBVEには、mackoy氏制作の3DCGによる鉄道運転シミュレータソフトBVEと  Michelle氏が著作物としているOpenBVEとが あるらしいと 書いてあり 「ただしOpenBVEについては本家BVEの資産を利用しているにもかかわらず、近年の独自進化により互換性が失われている観点から距離を置く方針です。今後は対応データの制作・配布も致しません。 」 とも 飯田保線区には、書いてありました。 まあ どこでも同じだね

それにしても 2016年のオフ会では、70名近くの会員が集合したみたいですね〜 今年も大阪で2017年10月8、9日に オフ会の運転会を開催するみたいですね

しかし 毎回思うのだが リアル鉄道シミュレーターというのは、こういう感じで 実写に近くなるんでしょうかね そこら辺の描写に関しては、かなり個人、個人では、感じ方が 違うんでしょうかね

ここまで やってしまうのが 本来の自慢できる趣味なんでしょうかね あのオタク評論家の岡田斗司夫氏は、人に自慢できるのが趣味で いい年をして人に言えない趣味に一生懸命な大人が オタク趣味なんだそうだ。

おお 当たっているじゃないか なんて思う訳ねえ〜よ あんたの本当の姿を知ってしまったら インテリは、好かんのです。 でも 又 最近TVに出るようになって来ましたがね この手におっさんは、口が達者でね どこに自分の信念があるのかないのか 要は、お金の匂いがする方になびく まあ そんなもんだ。

私鉄4社の電車で並走バトルだ。

私鉄4社の電車、京急2100系、阪急8000系、小田急1000系、近鉄30000系を 一挙に走らせてみました。

私鉄電車4色揃い踏み1







だからどうだという事でもないのですが VRM3,2版にある私鉄車両を 並べて走らせてみたかったのでね




そうしたら やっぱいり この京急2100系VS阪急8000系の並走バトルガチンコ勝負が また見たくなったので 挑戦だ。最高速度100匐茣屬髻〇速最高で150劼如,屬辰舛るという お遊び動画です。

この抜きつ抜かれつのデッドヒートを 楽しむのも この新VRM3★の並走バトルの楽しみなのでね

201系とE231系を 走らせてみた。

103系に続いて こんな3色揃い踏みの201系電車を走らせてみました。

201系3色揃い踏み1







こちらは、VRM3版の203系ですが 前面の黒で締まったフロントマスクが いいんだね




次は、VRM3版の追加キットの中からE231系の4色揃い踏みの並走バトルから

E231系4色揃い踏み1







ステンレスボデーにシールを貼っておしまいの今時の電車からだ。




只ひたすら 電車編成を 眺めるだけの動画ですが ここが いわゆる鉄道模型なんだね 

鉄道シミュレーターを並べて見るその3

鉄道シミュレーターを並べて見るからの続きの続きからだ。

今これらの記事を書きながら 片方のPCで あのタモリ倶楽部のタモリ鉄道倶楽部の動画を 流しながら書いています。確かに この番組を見ていると 素人が絶対入れない車両基地や 特別電車を 運行させたりと まあ これでもかと 趣味の鉄道を楽しんでいるように見えますね

でも ずっと流して見ていると まあ タモリ以外のタレントは、必要なのか? しかも いつの間にか そのタレント達が 趣味を通り越して なんか それが仕事になっているように見えてね まあ それも仕事の一環だと思えば しょうがないか 

さて 3回目は、海外の鉄道シミュレーターの動画から紹介」だ。 その最初は、Tainz2014からの動画からだ。 本当は、USDO800さんの映画『アンストッパブル』をTrainzで作った動画があったのですが 見付けられなかったので 他のTainz2014からの動画を紹介だ。



なんたってTainz2014と言えば このアメリカンディーゼル機関車なんだね SD70Mac, SD70ACe e ES44DCなどなど このマイルトレインと迫力のタイファンが いいんだね この描写も嫌いじゃないからね 下手すると この位が 鉄道シミュレーターの画像としては、丁度いいような気もしない訳でもないね

次が ヨーロッパというのか ドイツだったと思うのだが そこのEEPという鉄道シミュレーターからだ。



Tainzのヨーロッパ版のような なんか鉄道模型シミュレーターのような感じの鉄道模型レイアウトを作っているような感じの鉄道シミュレーターだ。 その紹介プロモーション動画からだ。

こんな感じで マウスで線路を配置してポイントまでも作ってしまう所が なんかTainzの感じに似ているのかね

そして 最後が TS-2017からだ。 これは、ソフトは、海外から手に入れたのだが 結局 上手く出来ずにお蔵入りしてしまったゲームだ。 要は、高望みしてしまったというのが 正直な感想だ。 おいちゃんが VRM5に手を出さないのと似たような感じのものでね まあ 英語版じゃ そもそもおいちゃんの頭じゃ出来る筈がないのに 夢を見てしまった。 この手のゲームは、自分の力量に見合った物を選ぶべしだね。



どうでしたか最後まで ご覧になりましたか まあ よく見ると それぞれ特徴があって どれを 自分のゲームにするかは、人それぞれですが やっぱり 最後は、自分の力量次第なんでしょうかね

色々鉄道シミュレーターも見て来ると 自分は、一番どういう鉄道シミュレーターをやりたいかが 見えて来ますね やっぱり おいちゃんの場合は、VRM3版のような仮想鉄道模型みたいな感じが合っていますね

車両中心なのか レイアウト中心なのか それとも情景や音そして機器の操作関連のリアルシミュレーター関連なのか 迷いますがね まあ 単純に レイアウト作って走らせる これに尽きるのは、やっぱり新VRM3★しかないような気がしますね 自分としては、

鉄道シミュレーターを並べて見るその2

鉄道シミュレーターを並べて見るの続きから Raillsimから 「RailSim 前面展望4倍速 宮都本線下り パート2」という実際の動画を4倍速にした動画からだ。



Raillsimの動画の中では、意外と少ないというか 車両を見せないでの前面展望の情景レイアウト動画からだ。Raillsimも たまたま BVEのような感じの情景動画ですが なんたって 一番再生回数が多い動画1本で100万回以上の動画があるのは、日本の鉄道情景シーンでは、Raillsimのしかも新幹線動画だけかも知れませんね

だから そういうのを真似て新VRM3★でも新幹線絡みで 動画を企画でUPしたら 大当たりでね 裏を返せば皆そんなもんでね オリジナルというのが いかに難しいか パクリじゃないが 色んなものを参考にしながら動画作りをしていますが どうしても 動画編集をしないのでね 流し撮り中心じゃ 飽きられるんだね

と関係ない話は、いいとして 次は、最近 お気に入りのMMD鉄道からだ。MMD鉄道と言えば ejimaさん絡みの動画を紹介して来ましたが 今日は、他の方の動画から紹介だ。

 Tempoku2000 さんの「MMD鉄道】普通列車 からまつ」からの動画からだ。



このMMD鉄道とは、あの初音ミクを 生み出した「MikuMikuDance」の3Dソフトを開発した樋口優さんという方の無料ソフトを使って鉄道関係を シミュレートした鉄道データベースみたいなもののようだ。

だから 他の鉄道シミュレーターとは、一線を画すのだが 車両の作りに関しては、中々でね とくに車両の室内に関しては、とくにいいし 外観の作りも いいんだね たぶん これらを作っている人達は、本業も これらの3DCG関連の何かに携わっていて その余暇というか趣味で これらの車両とかを 作って楽しんでいるのでは、と想像だ。 じゃなきゃ これだけの物を 作って ど素人だとは、思えないからね

もう1本 同じ方の 「MMD鉄道】夜行列車」という動画からだ。
  


個人的には、こういう感じの光の使い方、照明の当て方 車両の形状や室内の作りなど 全てに於いて精巧に作るんじゃなく 特長を掴んで それ以外は、そんなに作り込まない感じが 好きなんだがね VRM5版の動画を たまに見ていると 影の付け方が きつかったり 車両が 浮かび上がる感じの照明など イマイチな時があるのでね なんか 暗いんだね 全体的に

最後に ここまで 企画して作り込む そのアイデアに 脱帽だね それが このPenguinMMDさんという方の「第12回MMD杯本選】緊急燃料輸送【HD】」という動画だ。

RaillsimでもMMD鉄道でも こういった動画のコンテストじゃないのだが 動画で参加のイベントをしているみたいですがね ここのVRMも 10月23日のVRMの日に合わせて この位の企画を やる気がないのかね〜



まあ どこの鉄道シミュレーター関係でも それを 牽引するような存在の方々が 率先して 動画なりを発表したりして それぞれの鉄道シミュレーターの広報活動に活躍しているみたいなように感じるのだが ここの界隈じゃ肝心のメーカーさんが 動かないからね 

ユーザーあってのゲームじゃなく メーカーあってのゲームってのが どうもね 考えられないのよ おっさんには、趣味のゲームじゃなく あくまでも 買って貰うゲームが このVRMなのでね 頑張って欲しいもんだね

鉄道シミュレーターを並べて見るその1

今日は、鉄道模型シミュレーターとかBVE、Raillsim、MMD鉄道、Ttrainz、TS-2017など関係なしに とにかく それらの動画を なんの脈絡も関連も関係なく ただ並べて見たので ご覧ください

まずは、VRM5なのかVRM4なのかは、わかりませんが 線路の感じは、アドバンスレールじゃない前面展望動画からです。hbousou さんという方の動画からです。



線路が VRM3版ぽいのが いいねえ〜なんてね 怒られそうですが でも こっちの方が味があるなんてね そう思っているのは、おいちゃんだけか でも作りが丁寧で いいねえ〜

そして こちらが 同じ作者が作った動画ですが 線路がアドバンスレールになっている入換前面展望動画からです。



この二つの動画を比べて同じVRM5の動画のようには、感じないくらい このアドバンスレールのインパクトが如何に強いか 感じ入った次第だ。

このアドバンスレールに関しては、前回紹介した eda1230jp さんの「VRM5 鉄道模型シミュレータ 自動運転 複々線レイアウト 特別快速(内回り) テスト掲載  」の再生回数 117,238 回を 見ていると なんとなく VRM5版というか このアドバンスレールが配置してあるレイアウト情景に対しての 一般の方か 潜在的なVRM5ユーザーの こういう感じのイメージが 理想なのかとも 思えてね

線路の感じと 情景の建物そして車両の精巧さが クリアでクッキリはっきりしたスッキリした画像が 好まれているのかな〜と考えています。 これだけ車両そのものじゃなくレイアウトの前面展望の動画で 生成回数を稼いでいるのは、見た目が リアルな情景に近い感じなところが 受け入れられていると勝手に想像だ。

自分も 2000本近く動画をUPして 何かの企画とか車両に依存しないで レイアウトそのものだけで 再生回数を稼ぐのは、余程じゃないと出来ないのでね なんせ1000回いや100回を超えることすら 容易でないのは、動画をUPした人なら少しは、理解して貰えると思うのですが この鉄道シミュレーターというジャンルの中で 再生回数を稼ぐのは、並大抵じゃないんだね 簡単に言うと プラレールなどのおもちゃ鉄道の動画の方が 簡単に再生回数だけは、増やせる気がしていますね

で ここで このリアルな感じのVRM5アドバンスレールを使ったレイアウト動画を見ていて思い出すのが あのBVEの前面展望動画に なんか近いような気がしてね 

この「HD【BVE5】京急 前面展望再現!新品川~鮫洲 PART1 」は、VRM5のアドバンスレールが出て来る前から こんな感じの前面展望動画が沢山あってね 運転席とか車体の揺れとか リアルな所がいいんだね

まあ ご覧ください



そもそも このBVEを 知ったのは、結構昔でね 当時から 「鉄道ゲームは、自作だろう」が 見え見えでね どうも 当時のVRM3版などは、最初から相手にされていない感じが個人的には、していたんですが なんか色々眺めていると結局は、作る側の人と クレクレ側の譲って下さい見たいな感じがしてね どうも馴染めなかったんだね お金払って 好き嫌い関係なしに 売って貰えるのが一番後腐れなくて 長続きするんですが どうも個人の仲間内同志っていうのは、利害が絡むと面倒なようで あっちこっちの鉄道ゲームには、派閥が生まれ その中でしか楽しめないサークル活動みたいなもんだからね 

とてもじゃないが おいちゃんの この人と馴染まない性格じゃ無理なのでね 好き勝手自由気ままが一番だね

本当は、BVEの飯田線の動画を 探してみたんですが 中々YouTube動画では、UPされていなくてね そこで代わりに こんな「BVE5 高崎線 E501系 」 を 紹介だ。



ここまで VRM5の動画とBVEの動画 見比べてどうでしたか? おいちゃんの感じでは、なんか前面展望から見た情景は、 線路を含め 似ているように感じてね

たぶん VRM5のアドバンスレールが配置してある動画も こちらのBVEユーザーとか それに近い感じの一般の方が 動画を見ているんじゃないのかと 推察だ。

そして このVRM5を 作っている中の人も これに近い感じを意識しているのかどうかは、知りませんが おそらく そこには、鉄道模型シミュレーターという仮想鉄道模型の雰囲気は。、微塵も感じない と おいちゃんは、感じているんですがね  比べて見ると 昔のVRM3版のような線路の情景も アナログ的で 個人的には、好きなんですがね 

さよなら103系の続き

昨日のさよなら103系の続きから

まずは、今現在の新VRM3★にある103系の車両のリストから再登場だ。 そして ここ1年近くのYouTube動画からの103系関係の再生回数のリストからだ。

VRM2版103系総集編2車両編成表リスト18-103kei








全部で12種類の103系が 一応存在していますが ここにVRM2版103系第1セット探しています。で 紹介したVRM2版103系の8種類が 揃うと 最高なんだが これらのリストを眺めていると ずば抜けて人気が高い103系の種類の車両は、今の所は、ないみたいですね 要は、103系が お好きな人は、全部の103系に興味があるんでしょうかね

で さっそく まずは、仙石線特別快速色、常磐線103系1000番台開通扉旧シルバー色、新エメラルド色そして播但線ワインレッド色の4種類の並走バトルからだ。



そして もう1本 スーパーJR103系大窓カナリア色、スカイブルー色、ウグイス色、オレンジ色の4種類の並走バトルからだ。



これらの並走バトルも 今回使っている欲張り新幹線レイアウトだから 結構面白いんだね 車両編成を楽しむには、それに合ったレイアウトも必要になる という考えが おいちゃんの持論だ。

そう考えると この鉄道模型シミュレーターVRMを 深く突っ込んで楽しむには、自分でレイアウトを作るか それとも既存のレイアウトを改造して 自分が思い描いているシーンを 車両編成が走れるように 改造が自由に行われように ならなければ なんか面白くないよう気がしてね

そこに レイアウトを作る側と それを使って走らせる側の温度差を どう埋めて行くのか 勝手に画像を使われるのも嫌、レイアウトの改造なんて もっと嫌みたいな感じが 昔は、多かったからね 

まあ今は、そういう雰囲気は、ないというか 最初から そういう揉め事にならないように 立ち入らないのが 常識みたいな感じになっていますがね  皆さん 大人なんだよね〜 その点 おいちゃんは、駄目だったね〜

よく 怒られてたね〜 最初 それすらの意味もわかんないくらい ネット関係のド素人 そう空気が読めなかったからね 「空気を読めよ」最初 それが どういう意味か理解出来なかったからね まあ 今でも同じか


さよなら103系

大阪環状線のオレンジ色の103系が 2017年10月3日に引退するという ニュース記事を見て これは、ぜひ 動画にして 残さなきゃと 103系オレンジ軍団が 並走バトルをしている動画を作ってみました。

こちらの新VRM3★には、20年近く前のVRM2版103系オレンジ色があるんですが まあ見て下さい VRMCLOUDにも 負けないくらい 色褪せしていない この車両を とくとご覧くださいまし



どうですか 迫力あるでしょ 本当に VRM3版を舐めんなよ!と 言いたいくらいの迫力だ。 それというのも この欲張り新幹線レイアウトが 丁度 こういう並走バトルのステージには、ぴったりだったからかも知れませんね VRMCLOUDでは、 このサイズ11000丕3800个蓮UP出来るのでしょうかね

益々こういう動画を 作って眺めていると 燃えて来るね〜 この界隈が どっちかというと10月23日のVRMの日という事で 何かイベントでも考えているのかどうかは、知りませんが なんか2年前の2015年に比べると なんだかな〜と 思ってしまっているのは、おいちゃんだけかね 

更に もう1本おまけで さよなら103系4色揃い踏みという動画も作って見ました。 まあ 見て頂戴! いいね〜103系 まさに電車と言えば103系だ。

考えて見れば 1954年(昭和39年)ですか あの東京オリンピックが開催された年に登場したらしいのだが それから 何年かしてから 修学旅行で 初めて東京に行った時に見たのが この103系のウグイス色の山手線とスカイブルーの京浜東北線だ。 そして たぶん四谷辺りだと思うのだが 堀の向こう側にカナリア色の総武線なんかを 見た記憶があるのだが なんだかんだで50年近くも 昔の事ですからね

もう 孫から 敬老の日にプレゼントを貰う年になってはね VRMの日云々よりは、まずは、自分の新VRM3★を いかに続けて行くか そっちの方が 今となっては、大事でね 誰か なんかイベントでもしないのかね

と 爺さんが 言ってもしゃあないか まあ お気に入りの動画をご覧くださいませ



毎回 書いているのだが 忙しい時間がないから このVRM3版を やっているのでね そこら辺が そもそも考え方が違うのかも知れないね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ