新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

VRM5版パッケージ版の現況は、

鉄道模型シミュレーターV3を 長年続けて思うのが 本格的にやろうと思ったら やっぱり この鉄道模型シミュレーターというゲームは、コンプリートして 全部のバージョンと全部の部品を揃えると 楽しさ面白さが オタクの領域に入るのじゃないのかと思っています。

そして この鉄道模型シミュレーターV3の車両に関しては、まだVRM2版の追加キット5のキハ183系第2セットだけ持っていないのだが 他は、全部持っているのだ。最後に 集めた車両が 確か去年の暮あたりだから なんだかんだで 18年近く掛かって集めた感じだ。

最初 そこまで 興味は、無かったのだが 段々ハマってしまうと それこそ 鉄道模型のコレクションと同じで 車両を全部集めてみたいと思うようになって来たのだが そこには、本来 欲しかった車両の機関車のEH500金太郎やED75などが 無かったのだ。

そこでVRM5版を 試しにVRMonLineに登録したのだが どうもセキュリティー問題で ログインしても部品が上手くインストール出来きず そこで仕方なくVRM5パッケージ版を まとめて4本を 購入したのだ。このログインというのが クセモノなので 別のPCで ログインしたら出来たので そこが そもそもの ボタンの掛け違いなのだ。

今現在のメーカーのDIRECTSHOPの VRM5パッケージ版の販売状況から紹介だ。

VRM5版パッケージ版在庫2

VRM5パッケージ版のCDロム版の在庫状況だ。基本的にCDロム版を コレクトして来たので 本来なら これからもCDロム版を 少しずつ集めようかと思ったが 今現在19本のCDロム版の内で もう7本が廃盤になっているみたいだ。

一応今現在 持っているVRM5パッケージ版は、こちらの4本だ。

VRM5版パッケージ版在庫1

貨物編成を 中心に一応は、揃えているのだが 一度エミッター部品が欲しくて 試しにVRMonLineで 購入したが やっぱり こちらのVRM5パッケージ版では、使えなくてね そうなると こちらのVRM5版の5+という¥12840を 購入しないと この110ptの部品は、使えないのだ。

まあ今頃このVRM5版パッケージ版を揃えようとする方が 悪いのだが 実際 一番最初から この鉄道模型シミュレーターを やっていた訳じゃなく 途中から面白そうだから やってみたいというユーザーさんも居るような気もするのだが そこら辺の販売に関しては、昔から よくわからないのだ。(CDロム版は、素人考えだと 原版があれば 復刻版は、出来そうな気がするのだが)

長い時間を掛けて揃えて遊んで行くという 一番メーカーさんが嫌がる方法で 遊んでいるのが 今は、そういう遊び方は、誰もしないか

これから7个箸9个箸レールゲージも分かれて来ると それぞれの派閥じゃないが どちらかに偏るような気もするのだが なんか今から 鉄道模型の世界と同じ様な道を辿るような気がしますね 

新仙台貨物ターミナル駅から

貨物ターミナル駅からの続きで 今日は、現在 移転して新しく出来る予定の新仙台貨物ターミナル駅からの別ブログからの引用だ。

宮城野貨物駅があった場所から新しい仙台貨物ターミナル駅が 移転する予定は、だいぶ前から噂には、聞いていましたが 具体的に動き始めたのが2014年(平成26年)に県が JR貨物の宮城野原駅の土地を購入した時の代替え土地として ここの東仙台信号所〜岩城駅の間の水田地帯の場所に決まったみたいだ。最初2020年に使用開始みたいな話が 2022年頃になったみたいですが あれ1年近く前に現場を見た時は、田んぼのままだったのにと思って 昨日 現場を見て来ました。

その前に この新しい新仙台貨物ターミナル駅が どういう感じなのか 配線図で紹介だ。といっても 又 参考になる図を元に描いたものなのでいい加減だが 

新仙台貨物ターミナル駅の予想配線図から紹介だ。しかし 残念ながら一番肝心の 東北本線との合流部分とか 細かい留置線関係のポイント部分が わからなかったので あくまでも適当なので 正確では、ありませんので 勘弁だ。

岩切新仙台貨物ターミナル駅配線図原稿B2020.22

この前 紹介したPDFの中の画像を参考に拡大して描いたものだが 線がつぶれてよく見えなかったので丸で囲んだ部分は、適当です。 もう少しデフォルメした配線図から

岩切新仙台貨物ターミナル駅配線図原稿A2020.7.22

こちらも 同じく 拡大して描き直したものだが これも上の配線図とは、微妙に違うようで どれが正解なのか わからないので あくまでも 参考までに紹介だ。

そして ここで 補足だ。 PDFでの紹介では、

列車からコンテナの積卸しを行うE&Sの着発線荷役方式の新しい方式のコンテナホームを3面、列車の着発線を8線、留置線は4線、検修線は5線配置する。建屋は、敷地中央に検査や修繕を行う貨車検修庫を置くほか、敷地北側に総合事務所と、鉄道貨物倉庫や荷捌用貨物上屋などの倉庫類を建てる予定だ。と 紹介されていました。 そこで 少し言葉の説明も 紹介だ。

★E&S、着発線荷役方式とは、着発線上に荷役ホームがあり列車が駅に到着した直後に本線上の列車から直接コンテナ積卸し作業を行い そのまま列車が出発出来る方式をいう
★着発線とは、列車の出発、到着を行う線路をいう
★機回り線とは、主に機関車の走行に使用する線路をいう
★機留線とは、機関車を留置する線路をいう
★機待線とは、機関車交換の際に 一時的に機関車を留置する線路をいう
★検修線とは、貨車の検査や修繕等を行うための線路をいう
★コンテナホームとは、コンテナ貨物の積卸し及び一時仮置き等の貨物の積替えを行う場所をいう

一応 こういう説明になっているみたいだ

現場を 見に行った写真も紹介だ。

今日は、わざわざ 昼間 移転の現場を調査して来ました。と言っても ただ眺めて見に行っただけですが まあ 2022年なんて絶対無理なような気がしますね そこら辺も 写真で紹介だ。
岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先A

まずは、移転先の場所から説明だ。 今回紹介した茨田踏切と大井川踏切がある場所の すぐ近くなのですが 地元の人じゃないと ちと 分からないかも知れませんね 東北新幹線と在来線の東北本線に囲まれた範囲で 細長い感じの土地です。今度の新しいターミナル駅は、JR貨物が ほとんどの貨物駅でリニューアル工事を進めているE&Sの着発線荷役方式なので 昔の宮城野貨物駅のような扇のように広がった留置線は、そんなに必要ないので 思っていたイメージとは、違いますね

岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先1

東仙台信号所の北田踏切の側道を下り方向に向かって来ますと 場内信号機がある近くからの情景だ。まだ 地質調査をしているように見えるのだが 大きな重機などは、入っていませんでした。

岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先2

正面に見えるのが 東北新幹線で 海側を 眺めています。 こういう現場には、もう2年近く来てなくて それでも 完全に田んぼは、無くなったみたいです。

岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先3


本当に 全然手が入っていませんね この土地を掘り起こして そこに盛り土して ある程度寝かせて沈まないようにしてからの線路や建物の配置ですからね

岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先4

鉄パンが敷かれて いつでも重機が入れるようには、なっているみたいですね ただ この田んぼの中を 茨田踏切と大井川踏切の2本の道路が 通っていて これが 朝晩の通勤の抜け道になっていたので これを 廃止するとなると 住民は、怒るでしょうから 何回も住民説明会が行われたとも 他のニュースには、載っていました。

岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先5

この先に 今市福田線という県道があるのですが 東北本線を跨線橋で越えて行くのですが 現状では、この跨線橋区間が2車線に狭くなっているので これを 海側の4車線と同じように4車線に拡張して そこに 今まで踏切を通行していた車両を迂回させる考えのようだ。

岩切新仙台貨物ターミナル駅移転先6

右側が 東北本線で 上り線の場内信号機が見えます。そう言えば 宮城野貨物駅が 無くなったら そもそも 長町〜宮城野〜東仙台に貨物専用の複線が 作られていたのですが それも 要らないんじゃないかという声も 聞こえて来ます。この仙台駅構内には、貨物を通過せる為の空いている番線が あんまり無いみたいで それは、無理じゃないかとも 噂では、聞きました。

わざわざ 仙台駅の混雑を回避する為に 宮城野貨物を作って貨物専用線を作ったのだから まあ 宮城野貨物駅の跡地には、いざという時の災害が発生した場合の拠点になる公園を作る予定なので 貨物列車が 眺められる公園も いいような気がします。

貨物ターミナル駅から

今 別ブログで 地元の宮城野貨物駅が 移転して新しい貨物ターミナル駅になる お話を 書いています。その中で E&Sの着発線荷役方式の新しい方式の話題が 出て来ました。あれ これって昔 勉強会をしたような気がしたら なんと着発線荷役方式の画像検索したら 自分が昔書いていた2015年4月のブログの画像が 載っていました。こりゃ再放送しなくちゃと 今日は、その再放送からだ。

雪景色レイアウトの入換交換ヤードの駅周辺にコンテナホームを作ろうかと 只今 色々物色中です。 今回一番 参考にしたかったのが 古いRailMagazine251号(2004−8月号)の貨物特集記事の中にある見開き写真の吹田貨物ターミナルだと 信じて ネットで調べていたら 後ろのページの下の方に なんと 墨田川貨物ターミナルと 小さく表記してあるじゃあ〜りませんか アホですね

せっかく色々吹田貨物ターミナルを調べ 「あの懐かしい駅の風景〜線路配線図とともに」から吹田操車場の進入・進出ルートなる難しい図面をば 見て なんか 写真と違うんじゃないのと 気が付いた次第だ。

また このRailMagazineの見開きの墨田川貨物ターミナルの上空写真がGoodなんだね これこそ 今大注目のドローンで撮れば と思ってしまう写真でね お見せできないのが 残念なんだね

なんか ここでは、毎年「隅田川駅」貨物フェスティバル」という催しが行われているみたいでね 仙台からは、行けないのでね こんな駅周辺の散布ブログを 紹介だ。なんてことはないのだが 最初の この駅周辺の地図が気になって見てしまった訳なんだがね 

で ここから本題だ。 このコンテナホーム駅までに 辿り着くまでに 最初 コンテナヤードで調べたんだね そうしたら なんか鉄道関係じゃない港湾関係が ほとんどでね こりゃなんか呼び方が違うんじゃないのと 貨物ターミナル駅で色々調べてみました。 その中で 初めて このコンテナホーム駅という名称が出て来ました。 これね コンテナホームだと まったく違う容器関係のものが 出て来るのでね あくまでも鉄道関係で調べる場合は、コンテナホーム駅だと 色々画像も出て来るのでね

このコンテナホーム駅で ナニを調べたいか? そうなんですコンテナを荷降ろしするホームの大きさが知りたかったんだね まずは、参考に調べたサイトを紹介だ。

宇都宮貨物ターミナル駅
札幌貨物ターミナル駅
仙台貨物ターミナル駅
新潟貨物ターミナル駅
越谷貨物ターミナル駅

ここら辺までが コンテナホーム駅関係の線路の配置と 積卸をするスペースの配置を 見ていました。 この貨物駅構内には、なんでも 仕訳線、荷役線、留置線というのがあるらしくてね そこら辺も 頭に入れないとね

まずは、札幌貨物ターミナル駅からの画像から (Wikipediaから写真と線路図だけ拝借しています)

コンテナホーム札幌2.jpgコンテナホーム札幌1.jpgコンテナホーム札幌A.jpg





 真ん中が 線路図 そして それを アレンジして こんな感じのパターンになるんじゃないのかが 右側の配置図だ。 3本の荷役線、留置線、荷役線が 一組になって串差しのように積卸スペースがある大規模形コンテナホーム駅の形だ。 そして その先に オイルターミナルの集積場があるパターンを 作ってみました。 でも こんなデカイコンテナホーム駅は、無理かもね

次は、新潟貨物ターミナル駅からの画像から

コンテナホーム新潟2.jpgコンテナホーム新潟1.jpgコンテナホーム新潟A.jpg





左側が 構内画像で 真ん中が 線路図 そして アレンジして作って見たのが 右側の画像だ。ここでは、スペースの関係か積卸スペースを広く取ってあって 手前に留置線があって 真ん中に2本の荷役線が伸びているんだね こういう配置も このVRM3レイアウトだと 参考になるかもしれないね

最後は、越谷貨物ターミナル駅からの画像から

コンテナホーム越谷1.jpgコンテナホーム越谷2.jpgコンテナホーム越谷A.jpg





左側が 構内画像で 真ん中が 線路図 そして この線路図をアレンジして 今 作っている雪景色入換交換ヤードに 一番 使えそうなパターンを 作ってみました。

自分としては、越谷パターンと札幌パターンを ゴッチャにした感じが 面白いと思うのですが こればっかりは、実際 作ってみないとね ただ なんとなくイメージだけは、浮かんで来ましたね

こういうコンテナホーム駅関係だと USO800さんの あのコンテナ貨物関係を 思い浮かぶのですが なんせ こちらは、20フィートも30フィート、40フィートもない 積み下ろし用のトラックすらないからね それでも なんとか 有るもので 誤魔化して作るしかないからね 辛いね〜コンチクショーだね 

コンテナホーム駅関係は、鉄道模型でも 結構あるんだね こんなに沢山の画像があるんだね こんなジオラマ作っている人や これでもかというほど トラックやトップリフターなども 沢山あるんだね 羨ましいね

最後に なんか 今 作っている駅の感じが ここの感じに似ているようだったので紹介だ。 それが このJR九州の日豊本線・西大分駅だ。たまたま 見掛けた画像が おや こんな感じなんだと 思ってね

昨日の夜は、連休前の夜間仕事で 今日は、真っ昼間から 昼起きてからブログ書きでした。 あと数日 働けば あとは、お休みだからね GW期間中に この雪景色レイアウトを 完成させたいね

こんな ドデカイ コンテナホーム駅も アメリアには、あるそうです。 世界は、広い いや アメリアの物量消費は、桁外れですな こんな国と 対等なんて訳ないんじゃないの

E&S方式(着発線荷役)は、ここに載っているような 直接コンテナを本線上(着発荷役線)の列車から積卸しすることが 出来て そのまま発車出来る方式というらしいのだ。

これは、隣のおっちゃんから昨日貰って来た古いRM-MODELS 2011年5月号(189号)に 詳しく その方法が書いてありました。 そこで もっと VRM3でも 使えるような単純な図を 作ってみました。

着発線荷役原画1.bmp これが コンテナ貨物が 走る貨物本線の着発荷役線がある 構内図です。駅のホームトラック上には、上り線と下り線の真ん中に 中線があり ここを 通って 下り線に 戻るような形が 一応のコンテナ貨物の通過ルートになっている感じだ。


着発線荷役原画2.bmp下り線方向から来た コンテナ貨物は、中線を 2本の引上げ線1に 一旦停車して 本線の上下線の通過のあるなしを確認して 入換ルートが確定したら そこから バック後進で 上り2番線(着発荷役線)の方に 入線だ。

着発線荷役原画3.bmp上り2番線(着発荷役線)に入線したら ここで 着発荷役線専用のフォークリフト(高さ制限付き絶縁使用)を 使って スピーディーに荷役作業を 続行だ。


着発線荷役原画4.bmp荷役作業が 終わったら さっそく 着発荷役線から 本線をまたいで 下り線に 戻り 次の貨物ターミナルへ向かう とまあ こんな感じですかね 上り線コンテナ貨物の方は、もっと簡単に(着発荷役線)に入線して 荷役作業が終わったら 即 お戻りだ。

とまあ こんな感じだと思うのだが こういう実際の着発荷役線での荷役作業の動画を 発見だ。



と ここまで 散々紹介しておきながら 実は、実は、 今 作っている雪景色レイアウトに この着発荷役線を 組み込むのかというと 答えは、NOなんだね

だって もう すっかり 形が決まっている場所に配置するとなるとね 今さら この着発荷役線を 組み込むというのは、 現実の貨物ターミナル駅と同じで まっさらな新駅でも作るのなら やりますが 完成している今現在の貨物ターミナル駅を ぶっ壊してまで 作る気が起こらなくてね

やっぱり DE10で 入換交換する姿が 見たいからね でも まっさらな新規レイアウトなら これも考えるかもね

仮想日本海縦幹線日本海を行く その43

日本海縦貫線の雪景色の続きのから国道関係の周辺を作り込みしていました。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作6

国道に Nシステムと 行先案内板や 電柱などを 配置してみました。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作7

豪雪地帯の感じに してみたかったので道路脇に除雪した雪の壁の感じにしてみました。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作8

ライバルのコンビニ店も反対車線に配置してみました。駐車場の白い雪は、除雪した雪を集積した所です。高さがあるようには、見えませんが 実際は、山積みになっています。真冬の山形に行くと コンビニなんかの駐車場は、除雪した雪が駐車場の片隅だけでは、間に合わず 車の出入り以外のスペースに山積みになったりしていた風景を よく見掛けました。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作9

まあ こんなに綺麗に除雪は、されていませんが そこが この鉄道模型シミュレーターV3の直線的にしか地形が 表現出来ない 欠点でもあるが 利点でもあるところだ。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作10

前回の 寂しい感じの風景よりは、少しは、電柱と電線も張ったので 動きが出て来た感じにも思えるのだが まあ そう思っているのは、自分だけでか 

後は、最後の一番のメインの海岸線の制作からだ。今日 RailsimのTwitterで みやざきさんの海岸線の画像が 載っていましたが これが 実に 良くて こんな感じを ずっと作りたかったので ここで紹介だ。

RailSimみやざきさん海岸線画像から1

中々ここの鉄道模型シミュレーターの描写じゃ ここまでの描写は、見た事ないので 本当に どうやって作っているのでしょうか ここのVRM3版では、地形テクスチャーで それぞれの画像を作って張り合わせないと作れないのですが RailsimやBVEそしてMMD鉄道の 背景や地形って どうやってつくるんでしょうか 気になりますね 

配線図の作り方から

今日は、この前紹介した「一応資料作りもしています。」の続きからだ。別ブログから紹介だ。

配線図の作り方から前回の宮城野貨物駅と今回の東仙台信号所が 貨物輸送の一体感になっている貨物牽引機関車の機関区になっているので紹介だ。

この東仙台信号所の配線図を作るのに必要な資料が中々見つからなくて 東北本線と着発1番線、2番線までは、なんとか 調べられたのだが 肝心の機関区構内の詳しい配線図は、結局分からず まあ 適当に作って見ました。

その前に ここの東仙台信号所の配線図が載っているサイトは、いつもの懐かしの駅の風景〜線路配線図東仙台信号場 2015/7/11に載っていました。こちらの配線図は、いつも眺めている感じの左が上りで右が下り方向なのでイメージが付くのですが こちらの鉄道線路配置研究所の配置図は、まったくの逆方向なので これを ひっくり返しながら 両方を眺めていました。


東北本線の踏切配線図で 調べていて作っていたのが こちらの配線図だ。

東仙台駅構内南部方3A
東仙台信号所の上り方 仙台駅方面からの踏切配置図で


東仙台信号所北田踏切1

こちらが 下り方の青森方向の踏切配置図からだ。そして その両方を含めた東北本線を中心にした東仙台信号所構内の配線図からだ。

東仙台信号所構内配線図ABC

ご覧の通り 東仙台信号所構内の機関庫周りの詳しい配線図は、省略してあるのだ。なら いつものサイトからの配線図を元に 作ってしまえば いいじゃないかと思うのだが 実際ここの場所を知らない訳でもないのと 出来れば リアルな線路配置が見たかったので 又 無謀な航空写真から 作って見ました。

貨物線、東仙台信号所駅上空写真1

グーグルの航空写真からの画像で 左が下り方の青森方面で 右側が上り方の仙台方面からだ。それを いつものように 左が上り方向で 右側が下り方向に来るように画像を編集だ。


東仙台信号所BB


この画像の中の黄色い枠の部分が 散々迷った部分で 写真で眺めると ここにクロッシングがあるように映っていたので これで最初ここにクロッシングを描いていました。 しかし こちらの地図を拡大したら クロッシングが無かったみたいで 急遽 取り止めました。


東仙台信号所AA


この地図でも 詳しくは、描かれていますが 正確では、無いみたいで これも 自分と同じで 航空写真を元に 描いているようですが 本来の配線図みたいな どういう仕分け線なのかみたいな 鉄道関係の配線図とは、違うので あくまでも参考にしかならないのです。 そして これらの航空地図や詳細地図から 作って 修正したのが こちらの配線図だ。


東仙台信号所CC


なるべく 本物に近い配線図と思いましたが やっぱり機関庫周辺の込み入った部分は、わからなかったので適当に描いてしまいました。 あくまでも こちらの鉄道模型シミュレーターで 機関区を 作る時の参考用として作って見ました。

最初の線路配置図の線路だけを 描いた図も紹介だ。この配線図を作る時に 一番最初に やるのが この線だけで描く配線図で これを 描くのに あっちこっちの資料を探して 描くのだが その探すまでが 面倒でした。 そういう点では、ネットで探せるのは、大助かりだが 地元では、現場も見ているので頭に配線図が浮かぶのだが他は、まったく想像出来ないのです。
東仙台信号所構内配線図配線のみAA

一番この配線図で困るのは、航空写真を見なければ 距離感が わからないのです。 駅構内は、一番は、ホームトラックの長さですから ここの東仙台信号所も機関区で 貨物ターミナルのような貨物編成は、限られた番線しか使用しないので このような狭い空間に 線路が沢山配置してあるのでしょうか 今日は、配線図の ここでの作り方を紹介しました。

とこういう感じで お遊びで楽しんでいます。だから 遊びに関しては、暇がないのです。現場調査には、もう行かないからね〜 想像の世界でお遊びだ。

仮想日本海縦幹線日本海を行く その42

日本海縦貫線の雪景色の続きのレイアウト制作からだ。海岸線を 作る事は、決めているのだが このローカル駅の前の風景をどうするか ずっと考えていました。 そして ここは、豪雪地帯のイメージなので どうやって雪のイメージを 残すかだ。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作1

まずは、雪景色のイメージを もっと強く出したいと レイアウトの両端の山側を延長して道路も今までは、踏切の方にカーブしていた道路を T字路にして 道路も延長して 最後は、トンネルで逃げる いつものやり方だ。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作4

反対側の端っこ部分から こちらも 踏切にカーブしていた道路を延長してT字路にしてみました。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作5

この左側の山の向こうが 海岸線になる予定だ。しかし まだ この道路(一応国道か県道をイメージ)の周辺を どうするか そこが まだ ハッキリしないのだが

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作3

とりあえず まずは、道路沿いのコンビニを 配置して見ました。

仮想日本海縦幹線雪景色国道制作2

コンビニの敷地内には、レストランを配置だ。まだ これでは、豪雪地帯には、見えないので これから この道路脇の除雪した雪の壁を どう表現するか そこら辺が これからの宿題だ。



仮想日本海縦幹線日本海を行く その41

今日も 日本海縦貫線の日本海の夕暮れを行くEF81113牽引トワイライトエクスプレス編成からの画像と動画を紹介だ。

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ5トワイライト1

EF8113のトワイライト専用色牽引機からだ。寝台特急列車としては、なんでも一番人気の車両編成みたいでしたが 現物見た事ないので なんかヨーロッパのオリエンタル特急のような雰囲気ですね

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ6トワイライト2

ブルートレインに対して この深緑色ですか このVRM3版のEF8113だと色が少し鮮やか過ぎるし 24系25形の専用色のVRM2版車両だと ちと色目が違うようにも見えるのだが 我慢してね

しかし このEF81のトワイライト専用色牽引機が5両も用意されていたとは、知りませんでした。他にEF65-1000のEF65-1124が 2015年から 廃止されたトワイライトの牽引機として専用の塗装色で登場していたとも書いて有り ビックリだ。

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ7トワイライト3

やっぱり ブランドというのかネームバリューなんでしょうかね ここのVRMでも 宣伝になりそうなレイアウトやブログサイトなどを 昔は、探していたようにも思えますが どのJR各社とも顔になりそうな車両や車両編成が どうしても必要なんでしょうかね

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ8トワイライト4

そこら辺が乗り鉄じゃないので そこまでの興味は、ないのだが まあ ただ機関車というか鉄道模型の機関車が好きなんでしょうかね もちろん ここの鉄道模型シミュレーターの機関車も大好きですがね だから わざわざ 新しいVRMNXが出る直前の廃番になりそうなVRM5パッケージ版を4本も購入したのは、ただEH500やED75が 見たかったその為に手に入れたようなもんでね

鉄道模型だって走らせないで ただ飾って眺めているだけなのだが 実際 この鉄道趣味の中で 自分と同じ様に 鉄道模型や鉄道模型シミュレーターにしても 本来の走らせるとかじゃなく コレクター趣味として 車両をコレクトしてみたいと思っている人は、居るのでしょうかね

自分は、この機関車に関しては、フィギア人形と同じ様な目で 眺めていますが HOゲージなんか 実際走行させたら まあ 手すりや部品は、壊れるは、傷は、付くので 中古品なんか 実際に この目で くまなく見ないと よくわからないので ネットだと どの程度なのかが よく わからないのでね まあ それを 手直し出来る程の技量など 持っていないので 諦めたのだが

でも 眺めていると ここの仮想鉄道模型とは、違うリアル感があるので そこが 鉄道模型シミュレーターと 実際の鉄道模型を眺めては、頭の使い分けをしています。

VRM3版レイアウトを見付けたので4

ななついろひとときさんのレイアウトの続きを作っていました。今回は、線路周りの路盤と 架線柱を配置していました。その途中経過の画像を紹介だ。

ななついろひとときVRM3レイアウト8

とりあえず お気に入りの651系スーパーひたちとE257系あずさを 本線の上下線に走行させてレイアウトの状況を確認だ。 この中央のターンテーブルは、ダミーで動きませんのでね 鉄道博物館レイアウトで使ったものを そのままコピーしたので 電気機関車が そのまま配置したままだ。

ななついろひとときVRM3レイアウト10

本線以外の支線には、貨物編成のEF8189牽引のホキ2200編成を 目立つので試験走行だ。

ななついろひとときVRM3レイアウト9

ここら辺の 駅構内の配線は、少し変更してしまいました。

ななついろひとときVRM3レイアウト6

で 今回レイアウト作りで試してみたのが このバラスト止めの代わりみたいなものを コンクリートスロープを使って配置して見ました。

ななついろひとときVRM3レイアウト7

鉄道模型風に レイアウトを作ろうとした場合 この線路と築堤を道床の代わりに使っていましたが いつも この架線柱の土台の部分が気になっていたので トラフも 無いので 何かいい物は、ないかと探していたら トラフじゃなく このバラスト止めとして配置したら  もう少し線路付近が締まるんじゃないかと思ってやってみました。

バラスト止め画像1

実際は、こういう感じのもので 名前も 最初知らなくて調べたら やっぱりバラスト止めみたいでした。ここには、他の画像もありますが   土止板、歩行版や通路版と呼ぶのが 正式かも知れませんが 在来線でも たまに見掛けますが 綺麗に見える場所は、中々見掛けませんね

色々試しながら レイアウト製作をしているので 次回の報告は、未定だ。まずは、日本海縦貫線の雪景色の方も 終わらせないとね  

仮想日本海縦幹線日本海を行く その40

日本海縦貫線の日本海の夕暮れを行くEF8137ローズピンク牽引24系寝台日本海からの動画からだ。


仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ9日本海1

この前 ここでも紹介したKATOのHOゲージで EF81一般色が このEF8137と同じ様なタイプだと思われるのだが ここの鈍行シシンプイプイというブログでは、KATOの1-321のEF81北斗星色の詳しい紹介が載っていました。そのブログの中には、天賞堂のEF81一般色が 載っていました。

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ10日本海2

こういう記事を見てしまうと やっぱり鉄道模型は、いいなあ〜と思ったりしてね で 知りたいのは、このEF81では、このローズピンクの一般色と北斗星色の どちらのEF81が 人気があるのか 実際 KATOのEF510に関しては、安いと思って 北斗星色を 購入してしまいましたが 結局 後で考えると どうもEF510-0の赤いレッドサンダーの方が人気があるようで ネットでも店頭でも欠品ばかりで 結局この機関車というのは、貨物牽引機としての方が 鉄道模型としては、人気があるんじゃないのかと推測だ。(と思ったが その逆でメーカーは、北斗星色が売れると思って最初から赤いレッドサンダーよりも北斗星色を 多く作ったような気もするのだが メーカーにしか わからないからね)

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ11日本海3

じゃあ この寝台特急などの機関車の人気は、どういうユーザーが多いのか 考えて見ると

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ12日本海4

ここに映っている 24系寝台客車のようなブルートレインなどの寝台客車編成などが好きなユーザーが多いのでは、ないかと推測だ。そして KATOやTomixでもHOゲージでは、寝台客車の種類は、多いのだが それは、昔ブルートレインがブームだった頃の流れなのだろうかね 

このKATOの一般色ローズと北斗星色では、メーカーは、同じ数量を作って販売しているのでしょうかね 本体価格で¥19600と¥19800と 200円しか変わらないのだが ここに なんか秘密があるような気がしてね 最初のロット数は、どの位の生産数なんでしょうかね 

大型専門店だと 約¥15000前後で販売されているみたいですが Nゲージだと¥7200近くで 約¥5500前後で 販売されているみたいだが 例えば 真鍮製のHOゲージが 約28万円近くだと すると 最低ロットを 100台として3000万だ。(仮定の上代価格として考えて実際は、カタログ定価から算出して卸の掛け率や仕入れ原価で計算すれば もっと具体的な数字がわかるのだが ここは、お遊びなのでね)プラ製は、最初のロットは、最低でも2000台と考えると 全国の専門店に納品したとして 様子を見るのか それとも 最初からロット数を多くして一回こっきりで 売り切れご免にするのか なんて 趣味とは、全然関係ない商売の事を考えてしまうのが いつもの悪い癖だ。

要は、商品回転率を どう考えているのか そこが この趣味の世界の値段の設定とかユーザーの懐事情が気になってね あんまり突っ込むと 怒られそうなので 今日は、ここまでだ。鉄道模型シミュレーターも DL版なら いくらでも 販売は、出来そうな感じがするのですが なぜか昔のゲームは、廃盤にしてしまうのが不思議でね マスターの原資があれば いくらでも商売としては、成立するような気もするのだが そういうゲーム業界に関しては、全然わからないのだが なんか やれそうな気がしたのだが 素人は、そう考えるのだが 

ブログも記事内容がないと アホ話を書いてしまうので動画を紹介だ。

一応資料作りもしています。

最近 余計な事ばかり ここで書いてますが 一応他のブログ用に レイアウト制作で 使う場合を考えて色々配線図や 他の色んな物なども作っています。今日は、その配線図の作り方を紹介だ。

昔と違って 今は、Googleマップとか グーグルアースという 上空から なんでも見られるツールがあるので これで探している場所を狙って画像を作ります。

貨物線、宮城野駅上空写真1SS

これは、地元の仙台貨物駅の航空写真からだが 地元では、宮城野貨物駅という呼び名の方が 名前が通っているので宮城野駅で紹介だ。


貨物線、宮城野駅上空写真2SS








これを 更にトリミングして拡大して配線図を 描きやすいようにして ここからは、気の遠くなる作業が待っています。この画像の上に レイアーの画面を作り その上に 配線図を描いて行きます。

貨物線、宮城野駅 現示図3SS


と こんな感じになるのだが これじゃイメージは、掴めるのだが 細かい番線は、わからないので そうなると あっちこっちを 探し回るのだが 今回は、たまたま 昔 購入した貨物時刻表があったので その後ろの方に載っていた貨物駅の構内図を 参考に 描き直します。

貨物ダイヤ時刻表1

これが その参考に使った 貨物時刻表だ。そして これを 自分で使い易いように描き直したのが こちらの配線図だ。

貨物線、宮城野駅 現示図2SS

一応 この配線図には、他で調べた信号機も配置してあるのだが かなり オリジナルの配線図とも違うし やっぱり 航空写真からトレースした方が イメージは、掴みやすいですね 別な地図でも 上空写真じゃなくても ある程度は、線路図は、載っているのですが 中々細かい番線までの表示がないので やっぱり 詳しい番線まで知りたいと思ったら専門の雑誌や資料を集めないと こういった配線図は、作れないのでね

でも これは、あくまでも ここの鉄道模型シミュレーターV3でレイアウトを作る時の あくまでも 参考資料として作っているので まあ こういう暇つぶしも しているという事を紹介だ。

基本は、仮想鉄道模型のレイアウト作りですから こういう感じで駅構内のレイアウト配線図は、色々作ってあるので 資料を作りながら 想像しながら現場をイメージしています。 

一番参考になっているのが 懐かしの駅の風景〜線路配線図というサイトだ。ここは、日本各地の駅構内の配線図が 載っているので もの凄く参考になります。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ