新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

183系国鉄色あずさを走らせる

今日から 又夜間作業の三連チャンがあるので 頑張って今日は、3本立てだ。

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線に183系国鉄色ずさ8両編成を走らせるからだ。

183系特急あずさ2









おいちゃんから 言わせると 要は、先頭車両のヘッドマークが違うだけじゃないのかと思ってしまうのだが そこが 一番マニアが 興味を持つ所なんでしょうかね しかし よく この特急車両を 観察していると わかるのだが 前回紹介していた 通勤電車の作りと 全然違うんだね 要は、こっちの方が どうも 力を注いでいるように見えてね

やっぱり 特急電車は、花形車両なんでしょうかね

183系特急あずさ1












でも よく見ると この国鉄色の色が 微妙えでね 後から登場する予定のキハ58とかキハ181系などの気動車の国鉄色と なんか少し違う感じにも見えるのだが 気のせいでしょうかね 他のバージョンの国鉄色とも 少し違うみたいですがね 鉄道模型でも メーカーによって多少違いますからね 

この183系の国鉄色は、ハッキリしていて好きですがね




さて 台風が来ているんですね〜 そんなの関係ね〜じゃないのだが 雨だろうが風だろうが 向こうから休止と連絡が来ない以上は、一応 現場に行かないと駄目なのでね 雨は、嫌だね

183系国鉄色ときを走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線に183系国鉄色とき8両編成を走らせるからだ。

こちらは、完全な追加キットの車両です。 この国鉄色の車両は、メーカーさん好きですね 結構 おいちゃんと歳が近かったりしてね でも 今現在のVRM5版の車両とは、作りが 違うのでね そこら辺が 昔から気になってね

 でも どっちかというと おいちゃんは、VRM3版派ですね 車両の描写に関してはね 真っ黒スモークガラスで なんでもかんでも作られると なんか違和感を感じてね 

183系特急とき2








この「とき」は、上越線を走っていたらしいのだが 未だに この上越線が よくわからないのでね 群馬県の高崎から新潟県の長岡までらしいのだが もう1本 信越本線もあるのだが こちらは、もっと わからなくてね 調べても なんか とぎれとぎれになっていて そこまでの鉄道オタクじゃないので なんでも 同じ高崎から 出て 横川、長野、直江津、そして新潟に到着と 書いてあったのだが それは、昔の話で 今は、どうなのかは、よく知らないのだが なんか 同じ新潟に行くなら1本でいいような気もするのだが そういえば 北陸新幹線も 一度新潟に入ってから 富山方面に行くんだったね 中々そこら辺の地形というのか 全然わからないね

183系特急とき1











おっと また 脱線だ。

183系グレートアップあずさを走らせる

さっそく 欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線に特急編成を 走らせる企画のスタートだ。

まずは、183系から 183系グレートアップあずさ7両編成からだ。

183系特急グレートアップあずさ2








今更 説明する程でもないので 画像だけ紹介だ。

183系特急グレートアップあずさ1











VRM3版の追加キットになっていたのだが なんか記憶では、この183系グレートアップあずさだけが どこかの号数に入っていた気がするのだがね 追加キットは、国鉄色だけだと 思ったのだが VRM3版を やらない人から見れば どうでもいい話かね

次は、特急電車を走らせてみるか?

次は、特急電車を走らせてみるか? と 思案中です。

とは言うもの じゃあ どのレイアウトで走らせて紹介動画にしようか 結局 この前までやった通勤電車の欲張り新幹線レイアウトを 走らせるのが これから先の 統計上も 何かと 便利かと 只今 思案中です。

VRM3特急電車目録1





















VRM3.2版に入っている特急電車は、JR.国鉄、私鉄合わせて 36種類だ。 重複している車両もあるのだが 一応これだけを 紹介して行く予定です。

ところで 前にも 少し触れたが 新VRM3★動画も いよいよ もうすぐ2000本の大台を 超えようとしています。(自分の所のPCサイトだと すでに2011本になっていますが 削除したりしているので20本近くは、減少しています。)

そこで 少し前から 1970本近くの動画のタイトルを集計したファイルを 作り その中の再生回数が 1〜100位までの 上位から それぞれ 新幹線、機関車、特急電車などの 新VRM3★動画だけの車種別人気度調査や まだ 企画段階ですが 前の1〜100位が 2007年〜2017年までの10年間の集計で かなり 統計的には、信頼できないので ここ1年の 2016年〜2017年までの期間の中で どの車両が 最近では、人気があったのか 只今 資料整理中です。

おそらく お盆期間の8月11日〜8月16日頃には、結果発表を予定しています。 

もう 10年間の 車両そのものじゃない企画物例えば 一番再生回数が多い 東北新幹線全線開通祝いのような動画は、対象から外して あくまでも VRM3.2版の車両自体だけで どれが 人気があるのかという調査です。 なので もう結果は、出ていますが 例えば 新幹線、電気機関車、特急電車、寝台列車では、どれが 一番人気なのか 想像していて下さいね

自分で 種をまいて 自分で調べる これが 一人遊びの新VRM3★の 人に見て貰って楽しむ遊び方のひとつなのでね ここ1年だけの調査結果の方が たぶん 今の現在の 車両人気が わかって面白いと思うのだがね

これは、480本近くの候補があるので これを 調べるには、お盆休みじゃないと 時間がないのでね 自分でも楽しみにしています。 バトル物のがちんこシリーズや天賞堂シリーズは、調査対象じゃないので ほとんどが 100桁の勝負でね これが 今の新VRM3★の真の姿でね 1000以上の再生回数なんて 本当にまれですからね そういう意味でも 10年近くで なんだかんだで 274万以上の再生回数は、奇跡だね

だって こんな素人が作った全て実際の走行動画の流し撮りですからね なんの編集もしていない素のVRM3版ですから ハッキリ言って 本物は、これ以上 走りや描写は、いいからね 

本当に 最近 中々1000回の再生回数すら 難しいんですよ 中には、100回にも届かない動画もあるからね それでも 続けていると この界隈じゃない知らない世界の人も興味を持ってくれる 継続は、力なりだね

だから 他の皆さんも 最初は、再生回数が少ないかも知れませんが 諦めずにUPし続けていると 再生回数が伸びるのでね VRM5版動画とは、違う VRM3版なりの良さもあるのでね そこら辺のアナログ感覚を 紹介して行きたいね たぶん VRM5版動画を ご覧になる方と こちらのVRM3版を 見る人は、どこか違うような気が 個人的には、していますがね

まあ 一番 やってみたいのは、このVRMだけじゃなく あらゆる鉄道シミュレーターの動画の車両だけで 括って その中で 車両とか レイアウトや情景の表現がどうなのか? もちろん 編集ナシの生録の動画が一番面白いのですが なんでも比べてみるのも 楽しんだけどね まあなんだかんだ言っても 1本の動画の再生回数じゃ RaillSimの新幹線動画の100万越えには、敵いませんが だったら 総合力で 一番になってみたいのだがね でも VRM3版に限ってだったら おそらく ここの新VRM3★動画が 総合力では、一番かもね

でも VRM3版しか ないから 1本の再生回数は、昔みたいな企画ものが ヒットしないと これ以上の伸びは、難しいとも 自分なりに 検証しているのでね どこまで 続くかが勝負だね

これからも VRM3版のみで 行きますのでね 良かったら昔の動画も ご覧になって下さいね とくに 今のVRM5版のような完全3DCG車両と 絵師が描いた感じのCG車両との 描写の違いなど 比べると 面白いですよ 同じ車両の対決なんか 違うゲームと 比べて見るのが 一番面白いし プロとアマの力量の違いなど その違いと差は、どこなのか 素人ながら 検証するのが 大好きなんです。

ジオラマビネットを作る4

VRM3版ジオラマビネットの もうひとつのレイアウト 跨線橋の駅の動画を紹介だ。 こうやって 鉄道模型と比べながら こういうVRM3版のジオラマを作っていると 向こうの鉄道模型ジオラマの作り方が 気になってね 

跨線橋は、Tomixのように見えたのだが ウェザリングで リアルを表現しているのでしょうかね この ウェザリングが ガレージメーカーの力量の違いなんでしょうかね じゃあ この鉄道模型シミュレーターの リアル情景の力量の差は、どこなのか 

鉄道模型シミュレーターだと このウェザリングで 建物などに リアル感を 表現させるのは、出来ないのでね VRM3版では、畑や田んぼは、地面テクスチャで 2Dに近い描写なので あんまり そういう意味でのリアル情景を 作るには、限度があるんですがね

たまに 他のVRM4やVRM5などのリアル情景を見て感じるのは、個人的には、あんまり好きじゃないのですが よく ローカル駅などの駅構内の線路の中にまで生えている雑草表現なんですが これが 結構気になってね この雑草の長さと密集具合が 鉄道模型でいう ウェザリングみたいなもんなのかと思っています。

これと 似た感じが 樹木の植栽で これも それに近いですかね 街中の道路関係に関しては、VRM3の場合は、種類が少ないのと VRM4以降の フレキシブル道路などが あるので その点は、リアルな表現が出来そうですね 

一度 こういう感じのジオラマビネット720丕480舒未離汽ぅ困痢‖召離弌璽献腑鵑離献ラマも 見てみたいですね もしかして このジオラマビネットというのは、この鉄道模型シミュレーターだから簡単に出来たりしてね

他のBVEやRaillSimは、知りませんが なんでも比べられる 鉄道シミュレーター関連の掲示板みたいなのが あると 面白そうなんですがね その前に VRM関係の掲示板が あると いいんだが 今は、Twitterの時代だから掲示板という文言自体が 古過ぎるか どうも Twitterは、苦手でね 

でもVRMポータルのTwitterにもRaillSimのTwitterが入って来て 中々比べられて面白いのですがね〜  まあ VRM3版には、直接には、関係ないのですが VRM5版と RaillSimの車両を比べられていいね

VRM3レイアウト審査表があったね

VRM関係の レイアウトに関するこれからを コメント欄で ejimaさんに書き込みしていたら 思い出したのが 昔作っていた この VRM3レイアウト審査表だ。

一番最初に登場したのが 2011年10月に 勝手に人様のレイアウトを 審査してね 今考えると まあ なんと厚かましい 嫌われる事を平気で 書いていましたね 改めて ごめんなさいだ。

このだいぶ前 いや レイコンが 登場して2回目くらいだから14,15年前から この審査表みたいなものは、作っていたみたいでね 改良して こんな感じの審査表になったみたいです。

VRM3レイアウト審査表1














その後 レイアウトの自己採点として 2013年3月と 2014年8月の登場だ。 そういえば あれ以来 この自己採点審査表を使っていないんだね 結局なんだったんでしょうかね

そもそも 何回もPCの引越しをしていたら この審査表のデータも消えてしまってね 今更 もう一度作る気もないのだが この中で ひとつ 気になったのが BBへの挑戦という文言だ。 新VRM3★では、出来ないBBをVRM4並みに改良出来ているのか? これが今になって考えると 思い出せなくてね 当時は、かなり VRM4で出来て VRM3に出来ないBBという言葉なんだが なんでしょうかね? ブラック? VRM3とVRM4の一番の違いは、何だったのか? 今更どうでもいいことですがね

このレイアウト審査表を そもそも作ったきっかけは、レイコンでの審査に対して オブラートに包んだような表現で 痛くも痒くもない総評が 気になってね 体操やフィギアスケートのような技術点と芸術点の総合評価で点数を もし付けてみたら どうなるのだろうか? と 考えて かなり強引に こういう審査表を作っていました。

本来 このVRMには、対戦ゲームのような勝者とか ゴールに到達するというゲームの楽しみ方じゃない いわゆる 今巷で 騒いでいる将棋の世界のように 世代とか年齢とか関係なく 初級、中級、上級クラスの段位を獲得して 行く行くは、プロのレイアウターや車両制作者が 出て来て それで稼げたら これこそ 趣味と仕事の両立で 面白いと 考えて誰か そういう方が出て来ると思っていましたが 無理でしたね

鉄道模型ジオラマのガレージメーカーがあるんだから  鉄道模型シミュレーターのガレージメーカーが現れ ネットで DL配信なんてね あったら こりゃ面白そうですが 誰も そこまで やらないか そりゃそうだね 

ジオラマビネットを作る3

これから 又 夜間作業があるので 簡単に 紹介

昨日まで 紹介していた VRM3版ジオラマビネットの 最初の懐かしのローカル交換駅の 全体像が見える動画をUPしたので紹介だ。 全体が 見えるように 見張線を 配置して そこから ゆっくり 上からと横からの眺めの動画です。 地形テクスチャーは、一切ナシの レイアウトなのでね このままコピーして部品レイアウトとしても使えるのでね これからも 少し時間が空いた時や 通常のレイアウト制作に 飽きてしまった時に 暇つぶしに 鉄道模型ジオラマを参考に 作って行くつもりだ。

とにかく こういう人様の真似しか アイデアが浮かばないもんでね なるべく この界隈から遠い所からの物を真似しないとね でも この界隈でも 気に入ったものは、真似してしまいますが その時は、ご勘弁を

 

ジオラマビネットを作る2

昨日 紹介した工房さくら鉄道のNゲージジオラマから 今度は、跨線橋の駅(電化線)492x121ケース付き\38,000を 真似て 作ってみました。

今回も 仕事から夕方帰って 夜2時間程で 作ってみました。 これ結構 面白いです。なので VRM3ジオラマビネットと勝手に命名だ。サイズは、 前に作った 懐かしの交換駅のベース720x480个髻,修里泙淪用して作って見ました。

跨線橋の駅部品レイアウト720x480その1












鉄道模型のNゲージは、ケースに入っていつでも眺める事は、出来ますが このVRM3ジオラマビネットは、いつでも眺められるか?というと それは、不可能でね 

まあ どっちかというと 約2時間近くで 簡単に この位は、作れるので 毎日 仕事終えて帰って寝る前に 簡単なプラモデルを作る感じで出来ちゃうので 参考になるジオラマとかがあると 作るのが楽ですね

もちろん すっかり一緒は、無理なので そこら辺は、適当ですがね いつも 少しずつ週末にまとめて作っていましたが この感じだと 部品レイアウトとしてもストック出来るので これは、お勧めかもね

跨線橋の駅部品レイアウト720x480その2跨線橋の駅部品レイアウト720x480その3







今回は、ほとんど 前の線路とか 流用したので ローカルホームを替えて Tomix跨線橋を わざわざ使ってみました。 IMAGIC製の跨線橋でも良かったのですが 一応 合わせてみました。

跨線橋の駅部品レイアウト720x480その4跨線橋の駅部品レイアウト720x480その5







電化柱も 今回初めて 木製複製架線柱を 使ってみました。今現在 こちらの地元では、木製架線柱は、使用禁止で 使っいる路線は、ないとの事です。たぶん これは、日本国中でも 使っていないと思うのだが まあ たまたまあったから使うけど 本当は、鉄骨架線柱を 使いたかったのだが 鉄道模型に合わせてみました。

跨線橋の駅部品レイアウト720x480その6跨線橋の駅部品レイアウト720x480その7







この木造駅舎の駅前広場に バス停を 配置して見ました。 2車線の県道も配置だ。

跨線橋の駅部品レイアウト720x480その12跨線橋の駅部品レイアウト720x480その11







今回は、この少し勾配している県道と バス停付近が お気に入りだね ただ残念なのは、ボンネットバスがないことだね 工房さくら鉄道や 他のジオラマだと この時代考証が 眺めての お楽しみかも知れませんが VRM3版にも トミックスのジオコレみたいな感じの建物部品やバスや自動車などが 揃っていれば  このジオラマビネットも 全然 楽しみ方が 違って来るんでしょうね

やっぱり このVRMは、車両もいいけど あくまでもレイアウト作りが 本流だと思ってね そこら辺を 益々突っ込んで やって行くからね メーカーさんとは、考え方が違いますが 遊び方は、自分で考える

人様のレイアウトを 走らせるのもいいけど 自分でレイアウトを作って走らせる方が 自分は、より面白いと思うのでね そういう方は、ぜひ こういう感じのジオラマビネットを 遊びで 作って紹介して欲しいね

ジオラマビネットを作る1

三連チャンの夜間作業も 一段落して 久しぶりに本屋に行って来ました。 1年前に比べて 地元の本屋の鉄道関係の書籍は、減る一方みたいで 2,3年前は、結構沢山置いてあったような気がしたんですがね

ついでに BooKOFFにも行って RM-MODELSの古本を漁ってみたが 相変わらず いい加減な値段の付け方で ね 定価1000円に対して 650円〜108円と色々あるのだが その付け方が わからない

昔は、なんでも安ければ 集めたものだが 最近は、よほど気に入らないと しかも108円じゃないと買わないからね で 本屋で今月号のRM-MODELS9月号(256)を 眺めていたら メインの記事は、これみたいですが 興味を覚えたのが こちらの広告に入っていた 工房さくら鉄道という ガレージメーカーの記事だ。ブログも やっているみたいですね 個人で やっているのか会社としてやっているのか わかりませんが 第39回日本鉄道模型ショウ2016出展者一覧 載っていたので 手広くやっているみたいですね

こんな感じで本屋さんでも ジオラマを販売しているみたいですね 3000円〜38000円まで色々あるみたいですね

その中でNゲージの懐かしの交換駅355x163x143ケース付で22,000円というジオラマが販売されていたのだが これを 見ていたら もしかして このVRM3でも 作れないかと思って挑戦だ。

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その1












向こうは、355x163个函,なり小さいのですが VRM3版で 似たような感じで作ると 720x480个離汽ぅ困砲覆辰討靴泙い泙靴燭 約2時間で 完成して そして お金は、掛からずだ。

まあ こんな感じです。

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その2懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その3







地形テクスチャーは、使わず 全部部品で 埋め尽くして 樹木も使わないようにしています。

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その4懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その5







駅舎も 木造駅舎を配置して 一番の見せどころは、 線間を渡る 渡り板の所でしょうか

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その6懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その7







こちらは、ケースは、ないのでね 駅舎の前には、自転車置き場を 配置だ。

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その8懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その9







ちと 駅舎が 大きいのだが しょうがないね 

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その10懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その11







線路と道床が 一番の見せ場でね VRM5版のアドバンスレールみたいなのがないので こちらは、 築堤を 道床の替わりに使うのが 新VRM3★の レイアウト作りの基本なのでね

懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その12懐かしの交換駅部品レイアウト720x480その13







こんな感じの駅舎の中から眺める感じも 面白かったので紹介だ。

で 思ったのが この鉄道模型シミュレーターVRMは、これから先 レイアウト作り中心に展開して行くのか それとも車両中心に 展開して行くのか そろそろ 考えても 良いような気もするのだがね

自分のような まったくの技術系じゃない者からすると 車両やシステム構築よりも レイアウトを作るという原点に もう一度 立ち返ったらとも思うのだがね

地形テクスチャーを 使わないで地形も 表現出来る部品を 作って コンビビネツトも可能になると これまた 楽しいのだがね  ほとんど技術系が 占めているので 難しいか 

江ノ電300型を走らせる

欲張り新幹線レイアウトの在来通勤快速線を走る江ノ電300型を紹介だ。

ここのVRM3、VRM2版の電車紹介の最後の車両になりました。 前にも書きましたが この江ノ電300型は、VRM2版車両なんですが 見た目は、前回のVRM3版の江ノ電2000型と なんら遜色ないというより むしろこっちの方が リアルな感じで いいんだね 

江ノ電300型2









これで 電車関係の紹介は、おしまいですが 段々この時代の車両選定が 見え隠れして面白いですね 国鉄時代、JRそして私鉄を含めて なんとなく 車両選定している人の年齢が わかるのと 意外と 私鉄に関しては、それなりに人気度も 見ていたんでしょうかね

江ノ電300型1










でも 確かに 種類というか 鉄道路線の車両に関しては、重複というか 似たような車種が多かったようにも思えますね やっぱり これって 作る人の 好き嫌いが優先しているんでしょうかね それとも鉄道雑誌などからの情報を元に 車両選定をしていたのか どうでしょうかね 一時期 確かに RM-MODELSの企画に近い感じで 車両選定じゃないのだが 車両が登場していたようにも 思えましたが 自分はね

最後の電車編の動画も紹介だ。 この江ノ電300型を 何回も江ノ電800型と表示してしまい 動画のタイトルも間違って800型になっていますが ご勘弁を

 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ