新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

ループ曲線レイアウトから特急大全集その24続き

今日も 夜間作業がある おいちゃんだ。 で 昨日 書けなかったEF81関係の記事を紹介だ。

とにかく このEF81交直流機関車の作りは、VRM3版の中じゃ EF66と 同じくらい作りが いいのでね ハッキリ言って 今現在のVRM5版と ハンディを 付けて 同じレイアウト上を 走らせたら 面白いような気がしますね

そういう 改造とか 古い車両が 走らせられないという 鉄道模型じゃ出来て当たり前が出来ないのなら 看板を外して貰いたいなんてね 過激な事を 言っては、いけませんね でも 心の中では、VRM3までが 鉄道模型シミュレーターじゃ!と 思っていますがね 気持ちは、やっぱり これだね

EF81機関車軍団F
 












そして 思うのが 車体は、改造無理でも せめて 色とかロゴが描けるような感じのゲームに なったら さぞ 面白かったのにと 思っているんですがね

EF81機関車軍団G



















これだけでも 全然 楽しめるんですが それじゃ 儲からないからね〜 というか 文句がある人は、最初から他の無料鉄道ゲームを やれば いいだけの話というのが まあ この界隈の流れですからね〜 おいちゃんくらいだろうね しつこく このVRM3を 続けているのは、まあ それだけ 楽しいという裏付けみたいなもんだ。

で 今日は、昨日の続きで EF81交直流機関車を 紹介していた動画を また紹介だ。 今回は、前と違う角度というか こんな感じの紹介動画からだ。



並走からの流し撮り風の紹介動画からでした。 お次は、塗り絵バージョンからの画像紹介だ。



この塗り絵の車両が 実際に動けば 最高なんですがね そうは、問屋は、卸さないってか 最後に 個人的に お気に入りの 昔の東北本線の 岩手県内の奥中山大カーブ区間を 走行するEF81牽引コンテナ貨物編成からの動画だ。 

やっぱり 貨物は、真夜中を 突っ走る姿が最高ですね〜 しかも雪景色の月夜の晩に氷点下の 風が一瞬止まった静かな夜更けを 汽笛を鳴らしながら ぶっ飛ばす姿が 最高ですね〜 まあ 実際 こういうのを 見た事ある人なら わかると思うのですがね 東北本線の 夜中の時間帯には、続行、続行で 貨物編成が 突っ走るので 見応えは、あるんですな〜 しかも100匐瓩と ぶっ飛ばすからね〜

だから いっそ こういう雪景色のレイアウトばっかり作ってしまいますね



しかもだ このVRM3版じゃ 簡単に 上り下りの貨物編成が 交差して行くシーンが 作れますが 中々実際の貨物走行シーンじゃ 決まった場所でしかダイア通りなら見られますが 真夜中の貨物編成は、遅れて当たり前なのでね ドンピシャで ダイア通りに 通過する方が 珍しいとも 聞いているのでね 

まあ なんでも こういうイメージとか 実際の貨物走行シーンを 思い出しながら こういう場所を 走行していたら面白いんじゃないのかと レイアウトを作っていますがね そこら辺の スケール感が 鉄道模型では、中々出来ないし 味わえない このVRM3版鉄道模型シミュレーターの レイアウト作りの面白さなんですがね〜

一人で ああだこうだ感じながら レイアウトを作っていますがね やっぱり VRMは、スケール感だとも 思うのですが でも これから考えているレイアウトは、KATOプラン集にあるような 3600x900丱汽ぅ困里茲Δ福Nゲージの6畳の部屋にでも 寝床があって その横に レイアウトがあるみたいな感じのレイアウトも いいかなと
 それも 一応 これからの課題レイアウトとして 今は、考えていますがね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その24

今晩も 夜間作業のがある おいちゃんだ。 なので その前に 起きてすぐのブログ書きだ。

今日は、特急大全集の貨物編成じゃないのだが EF81交直流機関車のEF81機関車軍団を 走らせてみました。その前に 懐かしいというか 消えてしまったVRM3★王国のタイトル画像と 

EF81機関車軍団C















懐かしのVRM3版東北本線を 走っていた寝台特急の牽引機からの画像を 紹介だ。

EF81機関車軍団D



















なんとか もう一度 VRM3★王国を 復活させたいのだが HPを 作る気力と 無料で載せられる いいサイトが わからなくてね 思案中というか そこまでの気力がないのが 正直な感想ですかね

で 本題 EF81交直流機関車のEF81機関車軍団を 新バージョンというか ループ曲線からだ。



実は、 このEF81機関車軍団の紹介動画を 昔も作っていたのですが 2012年12月に 紹介した動画は、 今見たら なんと95回しか再生されていないんだね ショックです。



どうも この手の背景をモノクロームのカタログ感覚で 作った動画は、あんまり 評判が 良くなかったみたいですね そして その前の 2009年6月に作っていた動画は、再生回数が4552回で動画を作っている本人からすると これは、やっぱり 見え方なんでしょうかね この手の動画を 作るのは、難しいね



どうですかVRM3版でも 中々かっこいいでしょ? と思っているのは、おいちゃんだけか まだまだ このEF81機関車軍団の紹介動画は、あるので 又 紹介します。

今 珍しく ここのライブドアブログがメンテナンスの時間に入っていて ブログが UP出来ないそうなので 夕方までお預けだ。 夕方まで我慢してUPの予定だ。 それまで 又 一眠りだ。

ループ曲線レイアウトから特急大全集その23

又 今週も4連チャンの夜間作業が 今日から始まる 寒い寒い毎日で ござんす。 VRM3を続ける為なら 稼がないとね 一番VRMに遠い感じの おっさんが 一番 続けているみたいな感じですがね それが VRM3なのだ。

ところで 今日は、貨物コンテナ編成のEF81牽引の EF8189レインボーと EF8195ロゴ付きとEF8189+EF8113重連の 3本を紹介だ。 その前に 昔紹介した画像を お披露目だ。

EF81機関車軍団A














相変わらずの VRM5版との対比画像だ。 そして このEF81の中で一番作りが丁寧だと思っているEF8137(ローズ)の これでもかという画像から紹介だ。

EF81機関車軍団B




















どうだ もうすぐ 18年以上も前のVRM3版車両だが 中々いいだろう! なんてね 一人で 喜んでいますがね
まあ 走れば なんでも愛着が 湧くってもんでね 姿や形じゃない別の良い所だけを 見る まるで 家の古女房を 見る感じでね だから こっちも 40年近くも 続いているんでしょうかね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その22

EF81交直流電気機関車から EF81-502、EF81-81、EF81-84の3種類を紹介だ。

その前に VRM3版のEF81交直流電気機関車の 画像から紹介だ。

EF81機関車軍団3


















一応 全部で 10種類は、あるのですが 実際は、7種類を 使っていますが

EF81機関車軍団4


















貨物編成の場合は、ヘッドマークが 邪魔なので 後ろ向きにして マークを隠して 貨物牽引機関車として 登場して貰っています。 

そういえば こういう感じで 比べていましたね

EF81機関車軍団1














そして 今回 登場のEF81-84と 前回紹介のEF81-13との違いは、

EF8113+8184編成C













こんな感じで 少しだけ違うのだが そこら辺への拘りが あんまり 無いのが おいちゃん流だ。

リバーブループ曲線レイアウト制作中16

今から リバーブループ曲線レイアウトを 始めようと思ったのですが 中々この下の画像の部分のイメージが 湧かなくて さっぱり進みません

リバーブループ曲線制作中62リバーブループ曲線制作中63







要は、雪景色の貨物ターミナルヤードを 180度回転させて 夏景色の この場所にコピーして貼り付けたので 向こうは、雪景色を 見せる為に 山に囲まれた景色を 作っていたのだが その山の中腹を 高架橋脚で 貨物線を 走らせていたのだが こちらの夏景色では、これが ネックになって 進まないんだね

さて この高架橋脚を どうしようか? イメージが 湧きませんね〜 同じじゃつまらいけど さりとて まったく異なる海岸線でも 作ろうかとも 思ったのですが これも 又 イメージが浮かばない という訳で 又 来週の週末まで お預けにするのも 一つの策でも あるんだが こんな感じじゃ 年内完成は、大丈夫なんでしょうかね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その21

久しぶりの特急大全集の動画紹介だ。

前回の続きから コンテナ貨物編成から EF81交流機関車が牽引するコンテナ貨物編成を 紹介だ。 最初に このEF81には、VRM3版には、7種類が 入っているのですが その全部を 紹介だ。

その第1弾が 174番のEF81-113は、トワイライトエクスプレス専用の牽引機なんですが この手の専用牽引機は、牽引する車両編成が 消滅すると なんか知りませんが JR貨物に 払い戻されるのか 貨物を運んでいる画像を たまに見るのですが このEF81-113は、どうだったんでしょうかね ここじゃ なんでも牽引させますけどね 

次の175番は、EF81-13の普通の赤い車体の機関車からだ。更に 次の176番は、EF81-37は、ローズピンクというEF81の中で貨物編成にVRM3では、 一番多く使っている機関車だ。 羽越本線で この手のピンクのくすだ感じの古い貨物編成を 見た事があります。 なんか 現物見ると 古臭いんだよね〜 それに正面から見ると 物足りない顔でね よっぽど ここのVRM3版のEF81の方が 見栄えは、いいからね〜 

まあ そこが このVRM3の仮想鉄道模型のいい所なんですがね いつまで経っても 新車ですからね 



まだ 続きも ありますが その内 公開します。

20番分岐器から

前に紹介した記事でNjゲージ鉄道模型とは、と 重複するのだが 日本で 一番最初に この20番分岐器が 設置されたのが 地元宮城の東北本線と常磐線の終着駅になっていた岩沼駅構内に 設置してあったんですね

これは、知り合いの鉄道関係の人から聞いては、いたのですが それが 岩沼駅構内のどこなのかが わからなかったのですが こんな記念碑の写真を 貰ったので なんとなく 場所が わかったので 報告だ。

20番分岐器設置記念碑1






















まあ 興味のない方には、どうでも いい話ですが 分岐器が大好きなおいちゃんとしては、どうして この日本じゃ それまで無かった 20番分岐器という大きな番線が 登場して それが どうして この岩沼駅に 一番最初に 設置されたのか? そこら辺が 興味があったので 調べていたんだね

分岐器とか 鉄道関係は、 まったくの ど素人なので ほとんどが ネット記事で 調べて眺めている程度なんですが 例えば この分岐器の番線にしても 詳しくは、ほとんど知らないので そこら辺は、DO!トレインというサイトの中の分岐器調査隊の中に 詳しく 記事が載っているので 参考にして下さい

で 本題の なぜ岩沼駅に この20番分岐器が設置されたのか? ここらの話しは、諸説が色々あって そこが この20番分岐器設置の なぜなのか? が 面白いんだね (7年前に紹介しているかも)

それが ここの「Kojii.net ココログ別館」というブログの中の岩沼駅の構内配線という記事の中のコメント欄で 熱いバトルが 繰り広げられていました。こういう話を聞くのが大好きでね 知り合いの鉄道関係の人の中でも 諸説色々あって これが正解という話は、知りませんが まあ 面白いのでね

こういう 鉄道路線とか 構内配線に関しては、本当に 色々あって とくに政治がらみが一番面白いですね 今でいう 忖度も あったかも知れませんね

10年以上も前に 作っていた 岩沼駅?のつもりで描いた構内図を 紹介だ。

岩沼駅構内?







この中の★マークの場所に 記念碑があるみたいですね  当時は、貨物に 興味があって 色々こういう構内図を 調べていましたね でも 結構 構内レイアウトを 作る時に どういう入線ルートを 決めて 配置するのかとか そういうのが 好きでしたね〜

こういうのを 調べるときに 日本鉄道施設協会というサイトの出版図書とか 最高時速160km走行を支える世界最高水準の技術が 載ってる成田高速鉄道アクセスという会社のサイトや38番分岐器開発秘話とか なんでもかんでも関連するものを 片っ端から眺めては、いるんですが 中身が さっぱりわからないというのが おいちゃん流ですね

話は、Nゲージに 変わるのですが Nゲージの分岐器で 普通の4番、6番じゃない外国製の大型分岐器を 紹介しているのが Nゲージの分岐器にこだわる というサイトだ。 この中で 同じNゲージでも 線路のレールの高さが 異なるんですね だから 日本のメーカー線路と組み合わせるのも 結構 大変なんだね

そういえば はじめてのNゲージ」(鉄道模型)入門ガイドではTomixとKATOの レールを対比していましたね

線路の幅は、9丱押璽犬世韻鼻‘讃欧箸大きさが違うので 実際は、組み合わせが難しいみたいでね 実際の鉄道でも レールサイズは、場所によって 60kとか50kとか サイズが異なるもの同士が 組み合わさっている場所も結構あるし 又 地元の石巻線なんかに行くと まあ これが 面白くてね 40k、50k、60kの 中古レールが入り乱れたりして 結構 レールとか分岐器は、面白いですね〜 調べると

鉄道模型シミュレーターの基本の基本から6

三連チャンの夜間作業も 今日までで 今晩出れば 週末は、お休みなので その前に VRM3★王国からの再登場記事の紹介だ。 

その前に この前NHKで放送された安室奈美恵「告白」を 見ました。やっぱり凄いね ファンに助けられて ここまで来たみたいな言葉を 言ってましたね こういう気持ちは、ゲームメーカーさんにも 少しは、感じて貰いたいのだね でも 始まりがあれば終わりがある そうなんですが ここのVRM3は、もう少し続けますがね

ところで 昨日の続きから 

初段試験改めVRM3 2級試験に改正だ。(2004年から)

やっぱり 初段試験では,ちょっと古臭いのでVRM3 2級試験試験改める。 そこで今回ちょっと初心者には,面倒な山を造る問題だ。名付けて「ひょうたん山2級試験問題」だ。だから中級のレベルに近い2級試験かもしれない。

 まずは,画像の試験問題レイアウトを見てくれ。3000×2000mmの全体のレイアウト図の完成予想図だ。要は,これと大体同じような感じのレイアウトを造って貰えば 2級試験合格なのだ。R461-30のカーブレールでオーバルの線路を作り そして「ひょうたん山」をトンネルで貫通する 至極 単純明快なレイアウトなのだ。

手前には,スルーガーター橋を架けて橋の両側には土手を作り その上に道路を設置して踏切を設けるのだ。但し橋の所の高さは,30mmで そこからの傾斜は,築堤を使わず平地などで 滑らかな傾斜を作らなくてはいけない。

最後に踏切は,センサーを付けて ちゃんと可動して警報が鳴らなければならないのだ。まあ 手馴れた人なら3時間程度で出来る問題だが 時間より いかに「ひょうたん山」を作るかが難解なのだ。ちなみに 合間合間に作ったので5時間くらい掛かってしまった。まあ暇つぶしにトライして頂戴。

基本VRM3線路の接続レベル8


























VRM3 2級試験の横からの画像

横からの「ひょうたん山2級試験問題」の画像だ。まあ上級者じゃない おいちゃんの例題なので だから 誰でもトライすれば出来るはずだ。背景は,何でも構わない。又 「河川の部品」も もしあれば 使えばいいが なければ それでもいい 要は,「ひょうたん山」と傾斜の作成が 今回のテーマなのだ。

基本VRM3線路の接続レベル9








VRM3 2級試験の例題画像2

もう少し全体の画像も載せてみた。まあおいちゃんが作るのだから こんなもんだ。あまりつっこまないでくれ。一番の問題は,「ひょうたん山」だろういかに丸く 滑らかに作るかが結構難しいのだ。 まだまだ上級者のレベルにまで追いつかないのが現状の自分としては,もっとVRM3を普及させる事が しいては,VRM4への普及の一歩だと思ってる。まずは,地形で山など自由に作れれば 本当のVRMの楽しさがわかると思ってるのだ。なんせ 一回買って 最後まで作らないで辞めてしまう人が結構多いのだ。出来る人は簡単でも 出来ない人は すぐあきらめるのが このPCシミュレーションゲームの特徴だと おいちゃんは前から思ってた。PC得意でない人もゲーム楽しんでるのを忘れて貰っては困るのだ。   


基本VRM3線路の接続レベル7












VRM3 2級試験問題3

このレイアウトで使用する部品のリストを簡単に紹介だ。VRM3の0,2,3,4号あれば十分作れるはずだ。とにかく もう一度VRM3を 改めて見直すのもいい機会だったのでやってみた。上級者への道は,これからだがテクニックでは 負けてるとは,思うがまだまだアイデアとかやる気だけは行けると思ってるアホではある。

基本VRM3線路の接続レベル10






















VRM3 2級試験問題ヒント1

まず最初にお断りだが おいちゃんは,いまだに「平地作成」しか使えません。だから平地作成のみの説明です。他の方法知ってる方はそちらでやって下さい。情けない話ですまんが。さて本題に入るが「ひょうたん山」の作り方だが 画像を見て貰いたい。まずR359の円とR427の円を二つ作りそれを繋いでそのくびれのような所にR359のカーブでくびれを作ります。その上から高さ40mmの平地を「平地作成」で最低の大きさ10mmで線路の上に円を書くように作って行きます。この時多少ガタガタがあっても 大体見た感じが「ひょうたん」の形ならOKです。

基本VRM3線路の接続レベル4















VRM3 2級試験問題ヒント2

線路の上に「地形作成」で平地40mmを作ったら「ひょうたん山」の線路を移動します。この時移動が楽なように線路を別レイヤーに作ると作業が楽です。そうして移動すると深緑色の「ひょうたん」の形の高さ40mmの壁みたいな土手が出来ます。さっそくビュアーで確認して見ます。これからは 頻繁にビュアーで確認しながらの作業になります。最初の高さの設定ですが別に40mmでも50mmでも何でも構いません。しかしトンネルを貫通させる必要があるので今回は無難に40mmから始めました。これが これから作る「ひょうたん山」のベースになります。

基本VRM3線路の接続レベル5















VRM3 2級試験問題ヒント3

ここからは,ひたすら時間との勝負です。40mmのベースの平地の内側に20mmUPの高さ「60mm平地作成」で平地を作っていきます。その要領で内側に20mmUPで高さ80mm,100mm,120mmと どんどん内側に作っていきます。又ビュアーで確認すると壁が高くなってるのがわかります。

そうこれが陶器の壺など作る時の「粘土をひも状に伸ばして作るロクロ造り」なのだ。ある程度の高さの壁が出来たらいよいよ一番上のふたになる部分を作らねばならないのだ。ここからが腕の見せ所で この傾斜の付け方で山の雰囲気も変わってくるのだ。今回上の方は10mmUPで傾斜をゆるくして滑らかにした。これもビュアーで確認しながらの作業だ。

そして一番上の最後の所は「平地作成」の大きさを10mmから20mmか30mmに大きくしてふたの部分を作ります。(この時注意は,あくまでも平地作成10mmでやる事です10mmのサイズでふたになる部分を20mmから40mm位を塗りつぶす感じです。最後にビュアーで確認するとあのアイスの「雪見大福」のような「ひょうたん山」が出来てます。

そして どうしてもギザギザが気になる時は 角を丸くするため たとえば100mmと110mmの間の角の部分を105mmに修正したり80mmと100mmの間に90mmを入れたりビュアーで確認しながら進めます。これが おいちゃんのやり方で 確かに効率は,悪いかもしれないが 間違いない「ひょうたん山」の作り方です。

このように丸とか楕円など 直線以外の線は,何か定規見たいに下書きになる物がないと 丸など出来ません。また「造成」を使うのも手ですが 後で修正は必ずしなければならない事を考え いつも正攻法で作ってます。ぜひ一度トライして見て下さい。

基本VRM3線路の接続レベル6























こんな感じで 山を作っていましたが 今でも このやり方を続けています。が 結構 イメージ通りの山や丘や崖が 作れるようになって来たので まあ なんでも慣れですね でも 他の人は、こんな面倒な山の作り方は、しないでしょうね〜 まあ 基本的なレイアウト作りの話しは、まだまだ あるのでね VRM5じゃ参考になりませんが もしVRM3版を 持ってて 作り方を忘れていた人は、参考にでも して下さい


鉄道模型シミュレーターの基本の基本から5

今日は、線路の接続の基本の基本のお話からだ。 VRM3★王国のHPの中では、柔道の昇段試験みたいな感じで 初段とか二段とか 遊び感覚で書いていましたが やっぱり このVRM3版は、よっぽどでない限り 正確な接続は、中々難しいのでね 最低でも この位は、出来ていないと 当時のレイアウトコンテストでは、減点されますよ見たいな感じで 書いてました。 当時の原文のまま 載せていますが アホ話が多いですが まあ 我慢してね

井戸端会議 初段試験の前に1

今まで誰も言わなかった線路の接続の基本ルールを決めた。あくまでも井戸端会議のルールなので勘違いしないでくれ。基本は,鉄道模型で実際走らせたら脱線するかしないかだ。これは,あくまでもVRM3が鉄道模型シミュレーターであって どこまで行っても鉄道模型の範囲の中である事を前提に判断している。

まずこの画像から見てくれ。簡単明瞭である 左側が合格の接続で右側が不合格である。この合格の接続じゃないレイアウトは,おいちゃん流では,×なのだ。厳しいか? しかしおいちゃんも2,3年前までは,こんな感じのレイアウトだった。が「しおじ氏」「啓明氏」のレイアウト見てるうちに これじゃ駄目だと思って極力この接続には,こだわって来た。しかし この接続のズレは,大型レイアウト作ってる皆の共通の悩みでもあった。それは,左から2番目の0.1度のズレは なんとか許せるが 真中の0.2度が一番の問題だったからだ。

これが 上級者2段以上と そこそこ出来る初段の分かれ目なのだ。 そこで自分に甘いおいちゃんは,本来プロ級では許されない0.2度のズレまで 合格とする なんと画期的なルールをIMAGICさんも決めてない前に作ってしまった。一切の反論及びルールの改正もない まさにこれぞ「おいちゃん劇場」なのだ。本当は,1.5度のズレにしようと思ったが 面倒なので 勘弁だ。 2004年当時から

基本VRM3線路の接続レベル1














井戸端会議 初段試験の前に2

 
0.2度のズレは,大きいような気がしてるからだ。1.5度のズレだと良かったかなとも思ってる。 しかし ここであまり敷居を高くするとVRM3の作る楽しみが減ってしまうのではと思ったのだ。そうなのだ ある程度の大きさのレイアウトを作って線路を自由に配置してこそが楽しいのだ。 ところが今まで最低の基準がなかったから配置するのはいいが 走ればズレても構わないというユーザーも居て すぐ辞めてしまう人も多かった。

おいちゃんの知り合いもそうだった。レイアウトなんか見るとメチャメチャだが走るのだ。この一番基本の線路の接続に関しては、先輩諸氏のHPに詳しい接続のやり方が載ってるので参考にしてくれ。この画像の配置図で見てわかるように赤い吸着の四角が出てるので たとえ不合格の接続でもビュアーでは走るのだが あえて初段以上を狙う者は,基本の線を越えるまでは我慢して何回もトライしなければ駄目なのだ。だから数値での確認とビュアーでの目視は、必要なのだ。

 そして接続の所のズレも上級者になるとポイントとか目立たない所にズレをもってくるズルさがある。(これが何でもプロの基本だ)要するにビュアーで誰が見てもズレとハッキリわからなければ いいのである。 まあ 今回も本家の方では,コンテストがあるが こういう減点方式も採用されるかどうかは,わからないが これからは 出品する以上 この基本ルールも大切だと おいちゃんは考えている。まあ同じレベルなら ひとつの判断基準にはなると思うのだ。 でも0.2度のズレは,甘いかなあ 非常に難しいところなんです。気持ち汲み取って。


と 当時は、 自分に 甘かったですね〜 まあ 今でも甘いですが でもそうじゃないと 長続きしないからね やっぱりVRM3は、楽しみながら レイアウトを作るですからね しかし その中に 上昇志向で 上級者に近付きたいという気持ちもないとね 面白くないでしょ 

基本VRM3線路の接続レベル2













井戸端会議 初段試験の前に3

もうひとつの問題がトンネルだ。これは,おいちゃんでも苦手の一種なのだ。しかし なんで苦手かと言うと そう穴とか山がトンネルに覆いかぶさったりするからだ。 そこで もうひとつの基本のトンネルに関しての基本ルールを考えた。あまり難しく考えないで 左側の穴などがあるトンネルは不合格で右側の完全に貫通しているトンネルが合格だ。

 しかしここで問題発生だ。完全に穴がないやつとか山がトンネルに重なっていない物は,難しく その為穴と山などの重なりに関しては 多少の誤差が出てくるのだ。そこでトンンルを作る時は,ちょこっとズルをしてトンネルの出口を少し前に山より出すのだ。こうするとほとんど完全にトンネルが貫通するのだ。

 でも本来トンネルは,山に合わせるものなのでトンネルの出入り口まで迫った山肌の所は,かなり上級者でないと 穴が開いてしまうのだ。だから初段レベルでは,この程度の簡単トンネルでも完全に山が埋まって貫通してればOK合格と ちょっと甘めに判断している。

 そうじゃないとトンネル作りが進まないので レイアウト作りそのものが嫌いになるからである。 何がレイアウト作って嫌かというと部品の配置とかトンネルなどの製作で余計な時間が取られる事だと思ってる。要はスムーズにレイアウト製作が進めばこんな楽しいゲームはないのだ。 

基本VRM3線路の接続レベル3












と 勢いで 書いていましたが 今更 ここで 紹介しても しょうがないのですが TomixのNゲージ基礎知識KATOのNゲージ鉄道模型入門とかを 眺めていたら ここのVRMが いかに 上級者向けというか ど素人に 解放されていないような気がしてね 昔から さっぱり変わらないんだね〜 

なんか 年寄りにでも わかる感じの紹介が 欲しいのだが そりゃ無理か かっこ良く見せたい気持ちは、わかるのだが 言葉にしても画像にしても 専門用語が多くてね それを 調べるだけで 疲れるのでね

おっと 今日も 夜間作業があるのでね 明日もあるか そういう下級のおっさんも VRM3を続けてやっているのでね  まだまだ VRMに対しては、こちらも上昇志向は、あるんですが 頭が付いて行けなくてね

鉄道模型シミュレーターの基本の基本から4

今日から 三連チャンの夜間作業が 又始まるので その前にVRM3版基本の曲線カーブ線路からのお話だ。

まずは、Nゲージの 曲線カーブレールからの紹介だ。

Tomix・KATOカーブレール基本曲線A









Tomixカーブレールと KATOカーブレールからだ。他にも もっと種類があるのかも知れませんが そこまで詳しくないので 勘弁だ。 

Tomixカーブレールだと R-243、R-280、R-317、R-345、R-391、R-541、R-605の7種類で KATOカーブレールだと R-216、R249、R-282、R-315、R-348、R-381、R-481、R-781の8種類があるんだね

ここで VRM3版の IMAGIC版カーブレールと比べて見ると カーブレールの種類は、半分以下なんだね 知りませんでした。 そのIMAGIC版カーブレール(バラスト)から 紹介だ。

VRM3IMAGIC版カーブレール基本曲線1



















なんと カーブレールの種類は、18種類も あったんだね これも 知らなかったね〜 その中で R-257、R-291、R-325、R-359、R-427、R-461、R-495、R-529、R-563、R-597、R-631の11種類が 複線間隔34个如_菫のように 並べて配置が出来るんですね これは、レンタルレイアウトみたいな並走をさせるには、最高なんだね しかし 実際は、架線柱を配置しないという条件じゃないと これは、使えないのでね

そこら辺が 複々線以上の配置の場合は、セオリー通りには、配置出来ないので どの曲線カーブを選ぶか? そこが レイアウト作りの面白い所ですね

VRM3IMAGIC版カーブレール基本曲線2VRM3IMAGIC版カーブレール基本曲線3







ビュアーで上空から眺めると こういう感じに 見えますね この11種類の次のR-742は、複線には、ならないのと これだけ築堤部品がないので これが不思議なんだね そして 新幹線用じゃないのだが R-801、R-865、R-869、R-903が 複々線に出来るので これも 覚えておくと いいかもね そして 最後のR-980が このVRM3版では、一番のロング曲線カーブレールだ。 これは、後からの号数に入っていたので 最初の頃のレイアウトには、使われていませんでしたね これが あるから 新幹線などのレイアウトを作った時に スムーズに高速でカーブして行くので これこそが Nゲージ鉄道模型では、出来ない仮想鉄道模型のレイアウトだと思っています。 VRM3版には、フレキシブルレールは、有りませんが これだけ種類があるのでね

これらを 組み合わせて 緩和曲線などを 作ったりと 色々パズルみたいで面白いのですよ わかるかね〜

そして こちらが ほとんど 使わないTomix版カーブレールからだ。

VRM3Tomix版カーブレール基本曲線1



















IMAGIC版カーブレールと比べて見ると 5種類ですか? これじゃ VRM3を 展開出来ないのでね そこら辺からして メーカーさんは、このTomix版レールを どう見ているんでしょうかね

VRM3Tomix版カーブレール基本曲線2VRM3Tomix版カーブレール基本曲線3








まあ 今更 どうでもいいか 新幹線用の複線が作れないからね〜 もし このTomix版レールを使った参考レイアウトを作るのだったら Tomixレイアウトプランの中から 使えそうなレイアウトを 参考レイアウトにした方がいいような気もするですが 一番定番の1800x900个痢“の字を描いた複線レイアウトがあるのだが 肝心のカーブレールポイントを 使用するレイアウトなんですが VRM3版では、このカーブポイントが使えないからね〜 
TomixレイアウトプランとKATOのレイアウトプランを見比べているんですが 一般的な レイアウトサイズの1800〜3600个猟垢気派が900〜1200舒未離汽ぅ困両2枚位のサイズのレイアウトも 作ってみたいような気がしています。 そもそも このVRM3版も 一応20mx20mサイズが 宣伝文句ですが 最初の頃は、7mx7mくらいが このVRM3版の適正レイアウトサイズみたいな感じでしたからね〜

それにしても 最近 ブログで毎日という程 画像をメーカーさんがUPしてますが こんな感じで 毎日UPして貰いたいもんだね こっちも 対向して 頑張るからね〜 なんか知らないが 燃えるんだね〜

追伸

VRM3版の曲線レール基本配置表は、VRM2版鉄道模型シミュレーターテクニカルガイド(2000年)のレイアウト図を参考に 作ってみました。 今でも このガイド本が おいちゃんの教科書です。最高です。この本だけは、
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ