新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

EF81交直流電気機関車2

EF81交直流電気機関車のVRM3版からの紹介だ。 その前に 前に紹介した鉄道書籍から少しEF81交直流電気機関車を 調べてみた。 1968年に登場だから 50年近くも前の古い機関車みたいです。定格出力が直流で2550kwで交流だと2370kwと EF200の定格出力6000kwの半分もない今となっては、非力な機関車だ。

どうも北斗星やカシオペアの牽引機のイメージしかないのだが 貨物編成で 調べてみたら貨物編成の総重量牽引は、1200tとなっているので コンテナだと24両編成までは、牽引出来るみたいですが 実際は、1000tまでの運用しかないみたいでコンテナ20両編成が 最大編成数みたいです。

まあ調べている書籍も 鉄道ファンや鉄道ジャーナルみたいな本格的な書籍じゃなく鉄道模型雑誌を参考にしているので あんまり詳しい事は、わかりませんが 前面に貫通扉がないので 重連は、ないみたいです。

と 前置きは、いいか 画像で紹介だ。

VRM3版EF81-95







問題のEF81-95ロゴ付き機関車からだ。

VRM3版EF81-95A








これが 最初 EF81-89のヘッドマークなしの車両と 車両のファイル名が同じだったので 最初この車両は、ある事自体知らなかったのだ。 それが 後で 他の方の車両画像を見て 初めて 自分のEF81には、入っていない事に気が付き メーカーさんの質問コーナーに 重複しているので この手順でインストールのやり直しをして下さいと書いて有りました。 そこからして 食料品や自動車と違って あくまでも お遊びゲームの不具合なので 一々ユーザー個人にハガキとかメールで発表する訳じゃなく ここの質問コーナーをご覧くださいで それで解決してしまう そこからして 一体この手のPCゲームというのは、完全な形の完成品じゃなく アップデートという修正版を 常にアップデートを繰り返さないと 本来の正規の姿のゲームを やることが出来ない その事を その時 初めて知りました。 

そして 今回 不思議なEF81-95北斗星マーク付き車両が どういう経緯で ここに入ってしまったのか? 不思議なんだが それが こちらの画像だ。

VRM3版EF81-95北斗星







先頭の前面だけにマークが付いています。

VRM3版EF81-95北斗星A








最初 嘘だろう?と思ったのだが なんで こうなったのか 不思議です。

VRM3版EF81-89







EF81-89カシオペアマーク付きから

VRM3版EF81-89A








一番好きなEF81の機関車だ。最初は、このカシオペアマークがない車両が ずっと入っていて これは、何を牽引するのか不思議に思っていました。 そう言えば 東北本線を 走っていた時のカシオペア編成の時も このレインボーカラーの牽引機は、意外と牽引する機会が少なかったのか 他のEF81が牽引していたように見えたのですが まあ たまに夜中に見ていたので 実際は、どうだったのか もう 10年近く前の話しになってしまったからね

VRM3版EF81-113トワイライトマーク付き








EF81-113トワイライトマーク付きから

VRM3版EF81-113トワイライトA








なぜか このEF81-113は、前後にトワイライトマークが付いています。

VRM3版EF81-113トワイライト








そして こちらが EF81-113のマークナシ車両からだ。


VRM3版EF81-113A








このEF81-113は、2015年のニュース記事で レール運搬用の工臨として登場と書いてありました。

VRM3版EF81-81








EF81-81北斗星マーク付きから

VRM3版EF81-81北斗星マーク付きA








こちらは、北斗星マークなしから

VRM3版EF81-81北斗星







今 昔の手帳を見ていたら 東北本線の 寝台特急の北斗星は、毎日走っていたみたいです。上りの東京行き列車番号2番は、仙台駅のを 朝一番の午前5時前後に通過していたみたいで カシオペアは、週3便の月、水、土曜日に 仙台を 同じく朝一番の午前5時前後に通過してたみたいで8010番と 書いてありました。

VRM3版EF81-502







EF81-502JR貨物色からだ。

VRM3版EF81-502A









よく眺めると つらら切りのひさしが付いています。 中々芸が細かいです。

VRM3版EF81-13







EF81-13からの画像だ。調べると 164両近くのEF81があるみたいなのだが この車両NOによって所属の機関区が 全然違うみたいで このEF81-13は、田端運転所の所属らしい

VRM3版EF81-13A








どうりで 色が鮮やかで 都会風の色目だ。

VRM3版EF81-37







こちらは、EF81-37ローズピンク色の車両からだ。なぜか このローズピンク色の車両が 好きで このVRM3版で 一番最初に気に入った機関車だ。

VRM3版EF81-37A








このEF81-37のローズピンクは、富山機関区所属らしいが TomixのNゲージだと 81、107、126、414号機として 昔は、販売されていたみたいだ。(2000年当時) 

VRM3版EF81-84







EF81-84の紹介だ。 この84号機に関しては、なんと 今回 初めて あるのに気が付きました。 というのも 20年近く 見過ごしていたのか いや そんな筈は、ないと思うのだが 

VRM3版EF81-84A








やっぱりVRM3版車両カタログ(個人で作成)を 眺めてみたら漏れていました。 今回この機関車の企画を考えて 車両の見直しじゃないのですが もう一度 再確認しているのですが なんだかんだで 20年近くになるVRM3版も 何度も PCなどの引越しなどを 繰り返したりして その度に 車両が 消えたり 又 出て来たりと 色々あったからね

それでもCDロム版という 最後の秘密兵器があるので 再インストールして やり直しすればいいのですが それでも 何点かの車両は、DL版を購入しているのでその元になっているファイルとフォルダを覚えていないとジ・エンドだ。

最後に おまけの画像から 塗り絵のEF81から

VRM3塗り絵EF81







これも 18年近く前に お遊びで 作っていました。

VRM3機関車EF64・65・66・81軍団















VRM2版・VRM3版のEF64・EF65・EF66・EF81機関車軍団からの画像だ。段々欲が深くなって もっと精巧な もっといい物が欲しいと思うようになるのだが 突き詰めていくと 仮想鉄道模型じゃ 物足りなくなるので 3DCG車両も どこまで 精巧に作れるのか?

まあ それは、いいとして やっぱり最後は、じゃあ この仮想鉄道模型の車両を考えた場合、 どの程度の機関車1両当たりの値段が適正なのか? 素人は、まず そこの値段で判断してしまうので 中々先に進めない

趣味だから お金の事を 言うな!と 思うでしょうが パッケージ版も どんどん新しいのが出て来て前のバージョンが使えないようになって来ると 考えてしまう どこに落ち着くか? 

まあ 今が その過渡期かも知れません 訪問者数も 最近少ないようなので 少しずつ本音も 書いても 常連さんだけなら いいか

追伸

今 調べたら EF81-84は、昔は、一度は、紹介していたみたいですが 途中から 見落としていたみたいです。

EF81交直流電気機関車1

EF81交直流電気機関車を これから紹介する予定ですが その前に こちらの書籍を 紹介だ。

VRM3版EF81エディター2














EF81交直流電気機関車のパンタグラフを支えている碍子の部分が なぜグリーン色になっているのか 考えもしなかったのですが メインの線区の日本海縦幹線(京都・米原〜青森)を走行するのに冬期間の塩害対策の耐塩対策としての 碍子塗装を施していると 書籍には、書いて有りました。

実際 このEF81は、東北本線では、寝台特急客車牽引用として EF8181北斗星とEF8189カシオペアの牽引機を 夜中に見た事があるのですが 昼間は、見た事がなかったのだ。一度 見たのが 羽越本線の山形と秋田の県境で 初めて このEF81牽引のコンテナ編成を見たのが昼間見た初めてのEF81で 色は、ローズピンク色というのか かなり古い車両で まあ汚かった色だった事だけは、覚えています。

なので ここのVRM3版で 眺めている いつもピカピカの真っ赤なEF81やローズピンクのEF81とは、イメージが 違って見えて とくに正面から見た絵が 全然イメージが 違って見えてショックを受けた覚えがあります。

そして ここのVRM3版でも 実は、このEF81もEF66並みに種類が沢山ありまして11種類も入っていました。

VRM3版EF81エディター1














ところが この中のEF81-89カシオペア牽引機と EF81-95のロゴ入り機関車の部品ファイルの番号が メーカーさんの登録ミスで 最初中々このEF81-95ロゴ入り機関車が 出て来なかったのです。

そして その解決策が 最初にEF8195が入っているCDロムをインストールしてからEF8198が入っているCDロムをインストールすると ファイル名の重複がなくなり EF8195が 見られるようになりました。

ところが最近 Windows10のセキュリティーの関係で この鉄道模型シミュレーターだけが 一々セキュリティーを外さないと レイアウト保存が出来ないとか なんか VRMonlineを やるようになってから ネット環境が不安定なのか こんな上の画像のような不思議なEF8195北斗星牽引機みたいなものが いつの間にかEF8189に変わって入っているのです。 これが 不思議でね

まるで EF8181北斗星とEF8195ロゴ入りの車両が合体した感じで まあ これでも使えるので 我慢して使いますか

仮想東北本線越河駅レイアウト70

ローカル見張線の田舎駅の旅客用踏切警報機の動作確認試験の別方向からの紹介です。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅AC62
















C62蒸気機関車牽引のお座敷列車81系客車編成が 田舎駅を 通過して行くところです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅Aキハ40
















こちらも キハ48系が 通過して行くところです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅Aキハ58
















キハ58系が 通過して行きます。 この田舎駅の雰囲気が いいんです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅Aキハ110
















キハ110系が 通過して行きます。今時の JR東日本の雰囲気ですが この姿も もう少しでしょうか

越河レイアウトローカル見張線田舎駅ADF200
















DF200牽引のタキ3000ガソリンタンク車だ。 VRM2版ですが 一番 お気に入りの貨物車両です。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅ADD13

















DD13重連のセキ3000の石炭車が通過します。 この角度から眺めると 石炭も積載されています。VRM3版の貨物車両ですが VRM5版と 遜色ありません 車輪が 動くか動かないくらいの違いですが ほとんど車輪が廻っているのは、見えないので 機関車以外は、気になりません

動画も どうぞ




仮想東北本線越河駅レイアウト69

仮想東北本線越河駅レイアウトのローカル見張線の田舎駅を 作っていました。の続きから

踏切警報機としゃ断機を配置した動作確認試験の動画を 作ってみました。 なんだかんだで ローカル見張線を6本の列車編成が 走行しています。 しかも 単線なのに 一方通行という所は、おまけだ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅C62

















c62蒸気機関車牽引のお座敷列車81系客車編成からだ。お座敷客車を 間違えて12系とテロップを入れてしまいましたが 普段ほとんど使わない車両なので ご愛敬だ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅キハ40

















キハ48系首都圏色からだ。キハ40系でも 良かったのだが 一応4両編成にしたので

越河レイアウトローカル見張線田舎駅キハ58

















こちらは、キハ58系とキハ28系の合体4両編成からだ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅キハ110

















キハ110とキハ111系の合体だったかキハ111だけの編成にしたのか 忘れてしまいました。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅DD13

















そして ローカル見張線ですが 貨物編成も 通過する さすがに コンテナ編成は、走りませんが DD13ディーゼル機関車重連が 牽引するセキ3000の石炭輸送車の編成からだ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅DF200

















最後は、掟破りの DF200レッドベアディーゼル機関車の登場だ。タキ3000ガソリンタンク車の編成からだ。イメージとしては、秋田の小坂鉄道のタンク車編成を イメージしながら 配置してみました。

そして駅の感じのイメージは、 山形県のフラワー長井線の無人駅を イメージしてみました。
2016年5月に3代目オデッセイで行くフラワー長井線2で 書いていた のどかな風景が 好きなので それをイメージしながら レイアウトを作っています。

でも 仮想なので 列車編成は、滅茶苦茶走らせていますが

仮想東北本線越河駅レイアウト68

仮想東北本線越河駅レイアウトのローカル見張線の田舎駅を 作っていました。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅1
















まだ 完成では、ありませんが ポイントは、Y字ポイントを配置して 発条ポイントの感じの つもりで配置していますが 貨物編成も走っているので 実際には、この発条ポイントでは、ちと 難しいみたいです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅2
















無人駅の 交換駅というシチュエーションですが これも かなり ありえない風景です。 そして本線を渡って島式ホームに行く渡り板を 最初 踏切警報機を付けないで 渡り板だけで 配置したのですが やっぱり貨物編成が 通過するのだから 踏切警報機としゃ断機は、配置しないと ちと まずいと思って配置してみました。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅5
















こんな感じで 貨物編成が 通過します。 

越河レイアウトローカル見張線田舎駅3
















島式ホームが 殺風景だったので 花壇を配置してみました。結構 田舎の駅のホームには、植栽が植えてあった駅が 国鉄時代には、多かったのですが JRになってからは、維持が出来ないのか 本当に殺風景が 多くなって来ました。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅4
















無料の駐車場だけは、立派に完備されています。 

越河レイアウトローカル見張線田舎駅6
















これでも 結構 走行本数は、多いので 利用客は、多いのです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅7
















この駅舎は、Tomix版木造駅舎なんですが 実際は、駅とホームが合体になっている駅なんですが 思い切ってホーム部分を -8亢瓩埋め込んで ホーム部分を消して 駅舎だけを 使えるようにしてみました。

中々 かわいい田舎駅になって来たように 自分では、思っています。

鉄道模型雑誌から

今まで鉄道模型雑誌は、RM-MODELSを コツコツ中古ですが集めていました。 鉄道模型をまったくやらない おいちゃんが この鉄道模型シミュレーターを やり始めて 最初に思ったのが レイアウトを作るには、 鉄道模型を参考にするのが一番じゃないのかと考え その参考資料として 集めてみました。

ところが 段々レイアウトから車両自体に興味が沸いて来て 今度は、Rail-Magazineに興味を感じ こちらも集め始めていました。 どうしても このネコ出版の見た目のサイズで揃えたいというミーハーな気持ちで 揃えていました。 そんな中で 最初 Nゲージの車両自体に 興味が無かったので それほど 詳しく中身を 見てなかった鉄道模型雑誌で イカロス出版の季刊発行のN「エヌ」という雑誌もありました。

イカロス出版Nエヌー1


















昔 103系を 調べるに当たって この雑誌を手に入れたのですが 今回 2002年の古いVoL2と2010年のVol50を 手に入れました。 これが 中々企画が良くて 考えてみたら この手の鉄道模型雑誌というのは、新しい車両が登場しない 古い昭和世代の車両なら 逆に古い書籍の方が 書いている人も 古い人なので 意外と 中身が濃かったりしてね

最新の新幹線や 私鉄やJRの新車の話題じゃなく とくに 蒸気機関車や電気機関車の記事に関しては、古い鉄道模型の方が 今になっては、役に立っています。

特に蒸気機関車や電気機関車 古い103系などは、古い書籍の方が 写真なども多くて 参考には、なりますね レイアウトに関しても どの時代を再現するとか どこを再現するのか など 古い書籍でも十分役に立つので 今は、重宝しています。

まあ これだけ100冊近くにもなってしまった鉄道模型雑誌なんですが 未だに 鉄道模型は、やっていませんが 最近 少し考え方が 変わって来ました。 走らせなくても 飾るだけの鉄道模型でもいいんじゃないのか

そう 見て楽しむ もちろん触りません なぜ そう思うのか? それは、この鉄道模型シミュレーターを20年近く続けて来て VRM3版の頃は、仮想鉄道模型というコンセプトで 鉄道模型の代品としての役割を 個人としては、感じていたのですが 段々VRM5版になって 進化して来て これは、仮想鉄道模型はなく 単なる鉄道シミュレーターじゃないのか レイアウト製作から 自作車両に特化して行く その方面に詳しい人なら 自分で作る楽しみがあるのですが それが出来ない自分としては、メーカー車両に頼るしかないのだが

じゃあ これからメーカーさんは、ユーザーさんが作る自作車両以外に これから どういう車両を作って行くのか しかも 同じ鉄道模型シミュレーターの中でも 販売ルートが バラバラで 自作車両を 見るのも作るのも走らせるには、VRMCLOUDというものに VRMonLineの他に登録しないと遊べない

なんで これが 1本に統一した形の鉄道模型シミュレーターというゲームとして成立しないのか 誰も そういう面倒な手続きを踏まないと遊べないという事に疑問を感じないのが不思議でね

まあ そう思っているのは、VRMCLOUDを やらない おいちゃんだけか

EF66直流電気機関車2

今回は、2009年登場のVRM5版のEF66直流電気機関車の紹介だ。

VRM5版EF66-11国鉄色








EF66-11国鉄色の側面からの画像だ。

VRM5版EF66-11国鉄色A









EF66-11国鉄色の斜め前からの画像だ。

VRM5版EF66-51国鉄色







EF66-51国鉄色の側面からの画像だ。

VRM5版EF66-51国鉄色A









EF66-51国鉄色の斜め前からの画像だ。

VRM5版EF90-1試作機









EF90-1 試作機の側面からの画像だ。

VRM5版EF90-1試作機A









EF90-1 試作機の斜め前からの画像だ。

VRM5版EF66-102JR貨物色









EF66-102 JR貨物色の側面からの画像だ。

VRM5版EF66-102JR貨物色A









EF66-102 JR貨物色の斜め前からの画像だ。

VRM5版EF66-128JR貨物色







EF66-128 JR貨物色の側面からの画像だ。

VRM5版EF66-128JR貨物色A









EF66-128 JR貨物色の斜め前からの画像だ。

VRM5版EF66-27JR貨物クーラー付き










EF66-27JR貨物クーラー付きの側面からの画像だ。

VRM5版EF66-27JR貨物クーラー付きA









EF66-27JR貨物クーラー付きの斜め前からの画像だ。

VRM5版EF66-44JR貨物更新色









EF66-44JR貨物更新色クーラー付きの側面からの画像だ。

VRM5版EF66-44JR貨物更新色A










EF66-44JR貨物更新色クーラー付きの斜め前からの画像だ。

以上VRM5版でも 7種類もありました。このVRM5版の画像に関しては、光線の関係が大きいのか

VRM5版EF66-102真横裏表1
















EF66-102だと 色が飛んでしまったり

VRM5版EF66-128真横裏表1















EF66-128の青線が よく見えなかったり

EF66-44真横1
















表側と裏側では、全然見え方が 違うようですが そこら辺が どの画像を選ぶか判断が難しいね

以上 VRM5版のEF66直流電気機関車からの紹介だ。前のVRM3版と比べて下さい












EF66直流電気機関車1

今回は、2001年登場のVRM3版のEF66直流電気機関車の紹介だ。EF66は、この前少しVRM5版の車両を EF66電気機関車後期型その1と EF66電気機関車後期型その2で 紹介しましたが

VRM3版のEF66直流電気機関車が凄いのだ。 第3号に入っているのだが なんとEF66だけで11種類の機関車が 一つのパッケージに入ってるのです。今のVRM5版に比べたら信じられない程 お買い得でした。

今回の真横の画像は、CHOさんのHPの画像を 拝借して紹介しています。 

VRM3版EF66-101







EF66-101側面からの画像

VRM3版EF66-101A







EF66-101斜め前からの画像 こちらは、自前の斜め前画像です。
VRM3版EF66-111







EF66-111側面からの画像

VRM3版EF66-111A







EF66-111斜め前からの画像


VRM3版EF66-12







EF66-12側面からの画像

VRM3版EF66-12A







EF66-12斜め前からの画像

VRM3版EF66-32






EF66-32側面からの画像

VRM3版EF66-32A








EF66-32斜め前からの画像

VRM3版EF66-39あさかぜ








EF66-39あさかぜ側面からの画像

VRM3版EF66-39あさかぜA








EF66-39あさかぜ斜め前からの画像

VRM3版EF66-46みずほ








EF66-46みずほ側面からの画像

VRM3版EF66-46みずほA








EF66-46みずほ斜め前からの画像

VRM3版EF66-46富士







EF66-46富士側面からの画像

VRM3版EF66-46富士A








EF66-46富士斜め前からの画像

VRM3版EF66-49はやぶさ







EF66-49はやぶさ側面からの画像

VRM3版EF66-49はやぶさA








EF66-49はやぶさ斜め前からの画像

VRM3版EF66-51さくら







EF66-51さくら側面からの画像

VRM3版EF66-51さくらA







EF66-51さくら斜め前からの画像

VRM3版EF66-901







EF66-901側面からの画像

VRM3版EF66-901A







EF66-901斜め前からの画像

VRM3版EF90-1







そして 最後に紹介が試作機EF90-1側面からの画像

VRM3版EF90-1A








試作機EF90-1斜め前からの画像

以上 全部で11種類を紹介だ。 この斜め前画像を作るの意外と時間が掛ったので 手抜きで側面画像をCHOさんのHPから拝借してしまいました。 ご勘弁を

どうですか この精悍な描写は、中々味があるでしょ! こういう手描きの良さが残っている感じが好きなのでね

こうやって VRM3版の機関車なんて どこも紹介しませんが VRM5版にも負けない魅力があるのです。














仮想東北本線越河駅レイアウト67

仮想東北本線越河駅レイアウト白石構内に角田街道柳町踏切を配置したのと同時に ローカル見張線の別の場所にも踏切を配置していました。

越河レイアウトローカル見張線踏切12

















川の対岸には、高校前踏切からの延長部分に掛かる橋を渡った先に 今回の踏切があります。 仮想東北本線越河駅レイアウト44で 紹介した踏切の道路の延長です。

越河レイアウトローカル見張線踏切11

















まだ 踏切名称は、決めていません

越河レイアウトローカル見張線踏切10

















正面に見えるのが 高校です。

越河レイアウトローカル見張線踏切9

















2車線道路よりも狭い昔ながらの踏切です。この踏切の道路部分の拡張って中々田舎じゃ見掛けませんね 


仮想東北本線越河駅レイアウト66

越河駅レイアウトから白石構内の柳町踏切の音源センサーの配置を修正しました。

越河レイアウト本線角田街道踏切6














と 説明もないレイアウト図を 表示しても わかりませんが 前回の引っ掛かっていた音源センサーを削除しただけですが まあ これだけです。

越河レイアウト本線角田街道踏切4

















で 今回も 修正した正常に動作する角田街道柳町踏切からの動画も紹介だ。 この画像のように上りの東京方面が眺められる方向からの動画です。



こちらの動画で 注目して貰いたいのが 下り線で こちらに向かって来る貨物編成の姿です。 どこら辺に来ると 踏切動作の時間差しゃ断が始まり 残りのしゃ断が いつ頃どこまで来ると しゃ断が始まるか  そこら辺が よく わかるので 結構面白いです。 そして 下り線貨物編成が 見えている時間よりも早く踏切操作が始まれば それは、上り線側の踏切制御の動作の開始なので そこら辺も 注意して眺めると 面白いです。

と書いても 踏切好きにしか わからない楽しみ方ですが 意外と 動画の世界だと この踏切マニアが多いので おいちゃんの踏切動画も 他のVRM3列車編成の動画よりも 人気は、あるみたいです。

でも やっぱりVRM5版の前面展望走行動画には、敵いませんね とくに アドバンストラックレールの存在が大きい前面展望走行動画は、他の鉄道シミュレーターよりも 多く一般受けが良さそうです。基本の線路の描写は、一般受けには、大きい魅力ですから あれを 見せられちゃ 昔のIMAGIC版レールやTomix版レールが 貧弱に見えるのですが まあ これも 好みですが あまりにも美人過ぎて近寄りづらくて ローカルシーンには、向かないような気がしてレイアウトシーンも選ばれている感じもしますね

しかし 肝心の車両編成を中心にした動画だと RailSimの新幹線特集などの動画が圧倒的に視聴数が多かったりと VRM5版の車両だけを中心にした動画で 圧倒的な強さの動画をまだ 見ていないのだが 車両の精巧さを歌っている割りには、出て来ませんね

昔15年近く前にVRM3版では、幻のC62蒸気機関車の動画がUPされていて その当時で 確か50万近い再生回数を誇っていて 圧倒的な強さを見せていましたね〜 もし それが 削除されていなかったら 今頃は、100万は、越していたでしょうかね〜 

車輛編成だけで勝負した 3DCG車輛だけの走行動画で 出来れば 他の鉄道シミュレーターと並走したように編集した動画なんぞ見てみたいですね 

そして電車でDの複線ドリフトで VRM5とRailSimとMMD鉄道などの対抗戦を 動画で見てみたいね



よく わからないのだが こういうアニメもCGで 描いているのが多いと聞いたのだが 動画で見るなら ゲームじゃなくアニメでも 良さげなんですが やっぱり 自分で なんでも作れないと面白くないものなんでしょうかね

VRMで 複線ドリフト出来るように自作車両を改造は、出来ないものなのでしょうかね 台車が 鉄道模型のように90°近く回転すれば なんとか 出来ないものなのかね



まあ 作れないから好き勝手書いてますが こういうお遊び感覚が ないからね〜 まあ 内内では、やっているのでしょうが 表には、出て来ないだけなんでしょうかね 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ