新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

KATOデッキガーター曲線鉄橋98

KATOデッキガータ曲線鉄橋を 懐かしの特急を走らせるから 485系3000番台白鷹から

もう5年も前になってしまった記事ですが力行シリーズ34 485系3000番はくたかでは、 485系3000番はつかりを塗り絵していましたね

それにしても この485系という電車は、よく わかりませんね まあ 種類の多い事 そして 今 IMAGICさんが 
団体運用でジョイフルトレインを これから作るみたいなブログ記事が載っていましたが 481系が改造車か?どうかは、知りませんが これも 結構多いみたいですね

そういえば 仙台地区だけでも この485系のジョイフルトレインが 昔は、485系ゆう、485系NODOKA、485系ジパング、485系宴、485系ニューなのはな、485系華、485系彩など 団体運用編成としてあったと 噂で 聞きましたが 今は、どうなのかは、知りませんが でも たまに 見掛けますがね

昔は、青森からの583系や北斗星などのような寝台車などの宗教団体専用列車が 東北本線を走っていましたが 今は、どうなんでしょうかね あの団体専用列車って 貸し切りだと (JR東日本)どのくらい払うんでしょうかね 大体 3両編成から6両編成が多いみたいですが 結構 今でも ジョイフルトレインは、地元の東北本線では、走っているからね

KATOデッキガーター曲線鉄橋97

KATOデッキガータ曲線鉄橋を 懐かしの特急を走らせるから E351系振り子型特急スーパーあずさから

このE351系振り子型特急は、国鉄時代の昭和の特急だとばかり思っていたら 1993年(平成5年)に 出て来た特急だったんですね Eと付けば JR東日本の車両というのを すっかり忘れていました。

ここら辺の中央線沿線のJR東海とJR東日本の エリア区分が 外野からだと よくわからなくてね この前 北陸新幹線に こちらの地元 仙台から東北新幹線経由の直接金沢まで行く列車が 臨時で登場したみたいですが

あの東京駅で 東北新幹線と東海道新幹線との乗り換えじゃない直通列車の構想は、どうなったんでしょうかね

と またまた 話が飛んでしまっていますね 

KATOデッキガーター曲線鉄橋96

飯田線を調べていたら こんなサイトを 見つけました。 その中の飯田線の特急というページの中に おや 183系が走っていると 思ったら 381系臨時列車「ふるさと」号と書いてありました。

VRM3版には、この381系は、ないので 183系とき12両編成を 走らせてみました。背景を 雪山にしてみました。これ前に作ったやつですが どうも上手く出来なくてね もう一度 作り直してみましたが どうもイマイチです。

VRM3版では、この背景画次第で 結構表現が 違って来るので ほとんどZioさんの背景画を 使っていますが 中々自分で作るとなると 素材がないのと 1024x256のBMPの 画像が ボケないようにするのが 難しくてね

色々チャレンジは、しているのですが 上手く出来ませんね〜 それでも なんだかんだで 背景だけでも 100通りの背景は、集めてあるのですが どうしても同じ感じの背景しか使わない これだと 幅が広がらないので 無理やり色々使うようにしています。

KATOデッキガーター曲線鉄橋95

KATOデッキガータ曲線鉄橋を イメージして作った仮想飯田線から懐かしの特急651系スーパーひたち7両編成の 上空カメラからの 動画です。

現実には、あり得ない列車編成を走らせる これも この新VRM3★のレイアウト遊びの楽しみ方だね 背景を 色々変えながら 情景との コラボレーションを 楽しむ 長くやっていると 色々どうすれば 楽しめるかを 考えるので ひとつのレイアウトでも なんパターンも 車両を走らせて楽しめる

せっかく 作ったレイアウト 一回走らせて終わらせたんじゃ面白くないからね 何回も眺めていると ここを直そうとか こうしたら もっと面白いんじゃないのかとか そういう留まって 長く遊ぶというのが 今時のPCゲームでは、タブーなのかも知れないね これやられたら メーカーさんは、儲からないからね

KATOデッキガーター曲線鉄橋94

前に紹介した2007年10月29日 飯田線 向市場〜城西(水窪第6橋梁=渡らずの鉄橋)にて 工9472レ EF58 157+チキ×4B(空)という YouTube動画の真似をして 

VRM2版のEF58-157と 保線モーターカーに 付いて来るレール運搬車を 連結して KATOデッキガーター曲線鉄橋を 走らせてみました。




アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ