新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

103系を走らせてみるか12

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

103系1000番台貫通扉形常磐線シルバー 色からの紹介だ。国鉄時代の編成みたいだが よくわかりません

見ての通り 他の103系に比べると ちと劣る車両なんだが ご愛敬だ。 同じ絵師が 描いたとは、思えないのだが 当時は、色々あったんでしょう

103系VRM2-7VRM2版103系1000番常磐線シルバー編成7










これから 比べると 今のVRMは、遥かに凄いのだが まあ なんというか機械的というか ソフトの使い方が上手いのか 手で描いたみたいな感じがしなくてね それが 売りなんでしょうがね TS-2016の動画の103系だと 多少 手描きの雰囲気があって 面白いのだが まあ 他のシミュレーターは、どうでもいいか


103系を走らせてみるか11

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

本来ならH29.3市電、新幹線用基本レイアウトの 延長として 記事を書いていけば 良かったのですが なんせ この103系は、103系通勤形電車- 日本の旅・鉄道見聞録や国鉄103系電車 - Wikipediaを 覗けばわかるのだが とにかく 種類と歴史と経緯と そして今現在の使われ方と 電車関係では、一番じゃないかと思うくらいの宝の山なのだね なので この103系だけを 別枠として紹介だ。

さて 今回は、103系スーパーJR播但線色の紹介だ。と メーカーさんは、この名称にしていますが どうも 103系3500番のような気もするのだが これ調べれば調べる程 わからなくてね 要するに リメークというか 国電から JR各社に分散してからは、各々が 独自に改造しているのか統一した103系の後の数字が ハッキリしないんだね

まあ 細かい事は、ここでは、いいのだが この一番好きな色が 本当は、何というのかが よく わからないんだね
赤でもないピンクでもない バイオレットと思ったら なんでも ワインレッド色と どこかに載っていました。本当か正式名称かは、知りませんが そもそも このワインレッドなる色が わからないのでね

でも いいんです。 この色がね 美人が付ける口紅のような色してね 個人的には、好きなのでね

103系VRM2-14VRM2版103系スーパーJR播但線編成6








なに お好きじゃない こりゃまた失礼だ。阪急の色も好きなんだが あれは、VRM2版じゃ 全然違う色だったのでね まあ そこいらは、後で 紹介するのでね



前にも 紹介している 本物の播但線103系の動画から 今現在は、走っているのかどうか 地元じゃないのでね 知りませんが どうなんでしょうかね 



2010年10月に撮影となっていましたね なんか ここの小ネタ集【播但線110周年HM】には、載っていたので まだ現役かもしれませんね

ところで この103系播但線色は、基本的には、2両編成が 正解らしいのですが ここでは、8両編成だ。 なんでも 播但線の姫路からと途中までが電化されていて その先は、非電化らしいのでね

103系を走らせてみるか10

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

103系仙石線特別快速うみかぜ号からの車両編成から 地元 宮城を走る仙石線からなのでね 今の特別快速に変わるのが 3.11以降に 突然出て来た 掟破りの東北本線経由の 仙石東北ライン通称仙石ライナーだ。

東北本線の松島駅の構内の500〜1000m上り方面(仙台方向)に 昔からあった 仙石線と東北本線を 繋ぐ保線専用の渡り線が あったのだが それを 保線車両から 本格的な車両が 通過出来るように 接続して生まれたのが この仙石ライナーだ。 まあ 噂じゃ色々な話があったのだが その辺は、知らないので、

尚 今現在 走行しているのは、仙石線の直流電車でも 東北本線の交流電車でもない ハイブリット形のディーゼル機関車JR東日本HB-E210系気動車だ。

で 今現在は、石巻線の女川まで 直通になっていますので 仙台〜女川までの直通もあります。

103系VRM2-6VRM2版103系仙石線うみかぜ号編成5










まずは、動画から



そして 地元ということで 昔 作った動画もどうぞ 

103系を走らせてみるか9

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

103系ウグイス色のJR西日本の たぶん 和歌山線か奈良線からの車両編成から

103系VRM2-12VRM2版103系ウグイス編成2













103系を走らせてみるか8

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

103系オレンジ色のJR西日本の たぶん 大阪環状線の車両編成から

103系VRM2-11VRM2版103系オレンジ編成4









1両当たり53円の車両だと 考えて見ると この経済性が よくわかるのだが 趣味としてやっている人から見れば お金の問題じゃないから と 言われるだろうね でも こっちは、そこが 一番大きいからね

103系を走らせてみるか7

VRM2版103系第2追加セットの103系の 4種類の103系から画像で紹介

VRM2版103系カナリア編成3VRM2版103系ブルー編成1













103系カナリア色と 103系スカイブルー色からと

VRM2版103系ウグイス編成2VRM2版103系オレンジ編成4













103系ウグイス色と 103系オレンジ色の車両画像からだ。 こんな感じで とてもVRM2版には、見えなくてね どっちかというとVRM3版に近い感じですね

VRM5版は、見た事ないので わかりませんが このくらいなら我慢出来ない範囲でもないのでね ただ 本当に103系オレンジ色だけが 3種類も 入っていなくて とても残念なんだが なんとか編成は、組めるのでね

他の103系も こんな感じで 画像を紹介して行くのでね 1両当たり53円の 実力を 見て頂戴ね

103系を走らせてみるか6

休みでも どこにも行くところがないので 又 103系の記事の続きからだ。

今 持っている VRM2版103系第2セットの追加セットの中身から紹介だ。

VRM2版103系CDロム中身1VRM2版103系CDロム中身3





103系のJR西日本バージョンの 国鉄形からの4種類の色違いバージョンと JR西日本になってからの4種類の103系スーパーJR仕様の 8種類で 40両の車両が 入っているのだが なぜか 国鉄形のオレンジ色の クハ103、モハ102、モハ103の 3種類が いくらインストールしても入らなくてね これ 最初から ないものと思っていたら CDロムの電子マニュアルを見ていたら 5種類が本当は、あるらしいのだが 入らないんだね

たぶん もしかして この車両の登録ファイル名の番号が 重複していたりして駄目なのか 昔そういうのが あったのでね でも 今更 18年近く前のソフトに どうのこうのと言っても始まらないので まあ諦めるか

VRM2版103系CDロム中身2





そして もうひとつが 常磐線の国鉄時代と 新色のエメラルド色と マスカット色の岡山色?が 3種類で9両と この仙石線バージョンが4両で 欲しくてね この第2号を 購入したのだがね 最後に 103系スーパーJRの播但線色の 鮮やかな赤というか ピンクというのか とにかく 一番好きな色の車両が2両だ。

で 全部で 13編成 55両が この第2セットには、入っているんだね

これをだ 13編成で 単純に 割って考えると 1編成が なんと

1編成当たり 223円だ。

更にだ 55両で 単純に 割ってしまうと 1両が なんと

1両当たり 53円だ。

1両が53円ですよ KATOのNゲージの 103系のモーターなしで1000円〜1400円で モーター付だと3400円くらいですか? これだから このVRM3版は、辞められないんだね

そして 自分で レンタルレイアウトを 作ってしまえば こんな 小難しい審査も受けずに自由に好き勝手遊べるからね〜 大体 この会員限定とか 特定の限られた階層をターゲットにした 鉄道模型趣味が 好きじゃないのでね 間違っても 入会出来そうにもない感じでね

でも こんな感じのお店とか ゲームも そういう感じに特化して行くんでしょうね こういうメーカーのお偉いさんが会員とかだと聞くと 益々 燃えて来るんだね〜 




この動画の紹介記事と コメント欄のコメントが 面白かったので紹介 前にも書いたような気がするが 湘南なんだよな〜 

ムサシノモデルの56万のEF66や 羨ましいくらいの自宅レイアウトなどを 眺めていると この1両当たり53円のVRM3車両で 18年近く 一人で遊んでいる自分が アホに見えるか いや 違うね 究極のエコなんだよ このVRM3は、 上を見たらキリがない 鉄道模型だと 思って遊ぶから面白いのだが 肝心の作っているメーカーさんが 今現在 どういう感じで作っているのか 間違っても 1両当たり53円じゃ 作らないからね

そこなんだよ このVRMの車両の本当の意味での お金に換算すると どのくらいの価値になるか 鉄道模型に比べたらどうなのか? そういう発想なんて おいちゃんくらいなもんだね

とにかく こういう会員制クラブというのが どうも 階層が まるで 違うような気がしてね 誰でも遊べるからこそのVRM3なのだ。


103系を走らせてみるか5

今日も 夜間作業があるので 手短に

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

103系高運転席形スカイブルー色のJR西日本の たぶん 大阪環状線の車両編成から

103系VRM2-10VRM2版103系ブルー編成1












このスカイブルーの色が 一番なんか 103系のような気もするのだが カナリア色もいいんでね まあ どれがとは、中々決めにくいのが この103系のカラーバージョンだね

後発の103系高運転席と 最初の103系低運手席とでは、どちらかというと 高運転席の方が 好みでね それにしても 窓の位置を変えただけで ずいぶんとイメージが 変わるもんですね 

103系第1セットが あれば この高運転席と低運転席の両方が 揃ってコレクションとしても 最高なんだが 中々中古でも ネットには、出て来ませんね〜 

考えるに 鉄道模型ならコレクションする意味がわかるのだが この鉄道シミュレーターを コレクションするという考えは、中々浮かばないのかな 机の棚の上に置いてあるVRM3版やVRM2版のCDロムを 眺めているだけでも 自分としては、嬉しいのだが もうそういう時代でも ないか

おっと 時間なので 今日は、ここまで 103系高運転席のスカイブルー色を ご覧ください

103系を走らせてみるか4

欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

103系1000番台貫通扉形常磐線エメラルドグリーン色からの紹介だ。

103系VRM2-8VRM2版103系1000番常磐線エメラルド編成8









この常磐線エメラルドグリーン色とシルバー色だけが103系1000番台貫通扉形に なっているのが VRM2版の追加キットの車両なのだ。 ちと 貫通扉の部分が 雑な処理でね だからじゃないが VRM5版じゃ この103系1000番台貫通扉形じゃない普通の103系に修正している所を見ると なんか わかっているような気がするね

103系を走らせてみるか3

さて 欲張り新幹線レイアウトの在来線の通勤快速線から VRM3版の103系車両編成を 走らせてみる企画だ。

まずは、103系低運転席形カナリア色 JR西日本の福知山線の103系からだ。

103系VRM2-9VRM2版103系カナリア編成3












元々は、国鉄時代の総武線の車両なんですが なぜか ここのVRMでは、50年前の103系じゃなく 福知山線?の103系を 作っています。 国鉄時代なら 総武線として作っても いいような気がするのだが そうは、行かないのでしょう 色々あるんでしょうね

しかし このおよそ20年近く前のVRM2版車両には、見えませんね 本当に この時期が 最高だったような気がしてね まさか VRM2版車両で 片輪走行じゃなく ちゃんと両輪走行ですからね 

これだから 当時 車両によって 出来のばらつきが 多いんじゃないのか?と 一人で騒いでいましたが 相手にされず スルーされてしまったが この103系を 作っていた絵師さん 凄かったね〜

この手の車両は、一番 どこに目が行くかというと 窓の表現なんだね 真っ黒でもない 少し青っぽいなんとも言えない表現が 良かったね〜 遠目で見りゃこれで十分ですからね 

下回りの台車の部分と 一番苦労しているように見えるのが 車輪のように感じるね VRM4以降は、この車輪が 廻るようになったらしいですが 車輪は、まん丸じゃないようのでね 相変わらず苦労しているんでしょうかね

別に 蒸気機関車以外だったら 車輪が廻らなくても ここまで 来ると 我慢出来るのでね 慣れですよ、慣れ



今までの VRM3版の103系動画よりは、103系編成そのものを 正面から 動画にして行きますので ぜひ103系車両編成を 楽しんでね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ