新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

昔は、1980円で遊べたんだがね〜

少し古い話だが VRMポータルのTwitter記事で ビューわかしおさんがYouTubeの検索で「鉄道模型シミュレーター」を入力すると関連の一番上に「鉄道模型シミュレータークラウドlite」と出てきますと書いていました。

それで ちと 気になって この鉄道模型シミュレータークラウドLiteなるものが どういうものか 外野の意見も気になったので ゲームレビューを 覗いて見ました。

まあ 評価は、色々ですが で どういうものなのか こちらも ビューわかしおさんの動画を見てみました。




この動画を 見て思ったのは、レイアウトのコンテンツじゃなく 要は、遊び方に 何か物足りないような気がしてね 電車でGOでもない かと言って レイアウトを作れる訳じゃないし車両が 選択できる訳じゃないのかな そうやって考えて見ると 車両などの精巧さを 除けば VRM3版と 運転だけなら 変わらないようにも 思えたのだが 間違っていたら ごめんなさいだけどね

そこでだ 今から5年近く前に UPした VRM3版の「はじめる鉄道模型シミュレーター3」1980円だけで 作ったレイアウトの動画を 紹介するのですが まあ これがね 5年経過しても 220回と これまた少ないんだね〜

せっかく VRM3版初心者用に 全部 このCDROMだけで 作られるようにした動画をUPしたんですが 力不足で いかに このVRM3版の知名度いや 新VRM3★動画の知名度不足を感じてしまうのだがね

この動画には、こんな説明を書いていました。

 「今は、廃番かどうかは、知らないが はじめる鉄道模型シミュレーター3という VRM3初心者用のゲームソフトが あって そのソフトだけで 作ったのが この はじめるシリーズレイアウトなのだ。 そんな はじめるシリーズだけの 完全版動画を紹介だ。

車両の走行音と警笛は、ゲームオリジナルの音源です。 電車が来ます。の音源は、後から 入れられる機能を 利用しています。列車番号を 付けると それぞれの ポイントで その列車番号の電車だけ分岐していきます。


1980円くらいで このくらいの遊びが出来ました。しかも 自分のようなパソコン初心者でも ゆっくり遊べば なんとかレイアウトくらいは、作れて 走らせ遊ぶことが 出来るこんな年配者や子供さんには、優しいゲームなんだが 如何せん これじゃ技術者のプライドが 許せないのかどうか知らないが より面倒な上級者向けに 大変身してしまったのが 今のバージョンだ。」

まあ ご覧下さい



今 見ても 自分としては、並走があって面白いと思うのですが これが 外野から見ると ただ走らせている動画にしか見えないからね〜 この動画の中でも書いていましたが 

「自分でレイアウトを作るから面白い それこそが VRM3の原点だ。」

と 書いていましたが そこがない鉄道模型シミュレータークラウドLiteには、走らせる事だけじゃない 他にも 何かあるんでしょうかね 

ここら辺の そもそもVRMとは、どういうものなのか? しっかりと 認知されていないと レビューのような意見が 多く聞かれるような気がしてね 最初から こういう鉄道シミュレーターゲームだと わかっていれば また違ったレビューが 多くなるような気がしたので 書いてみた。

昔のような「はじめる鉄道模型シミュレーター5」みたいなCDROMは、おそらく出来ないでしょうがね 自分で レイアウトが作れて そして走らせられるというVRMの 一番の売りを 忘れないで欲しいね

リバーブループ曲線レイアウト制作中27

 リバーブループ曲線レイアウトの雪景色右下2部分の貨物牽引機配置表みたいなのを 作っていました。

リバーブループ貨物編成レイアウト配置図右下2

















こちらも 右上1部分と 同じくらいの 約37編成の車両を 配置だ。 もちろん ダミーの留置車両が ほとんどですが こちら側には、オイルターミナルがあるので タキ3000、タキ50000、タキ43000などの編成が 留置されています。

と 紹介しても おいちゃん以外は、誰も わからない世界ですね そして なんでも 1月23日(火)夜9時からの マツコの知らない世界は、なんと、なんと プラレールの世界らしいね

プラレール旅行の世界のゲストは、井壮和さん・知佳さんと 紹介されていましたが どういう方なのか ネットで調べたが 名前が出て来ないのだ。 

タモリ倶楽部でも放送されたらしいのが なんでも この「プラレールで山手線を完全再現」というものらしいね



これらを 作っている方々を プラレールの世界では、プラレーラーと 呼ぶらしいんだね そんな プラレール制作秘話が 死ぬかプラレールか……」〜山手線をプラレールで再現した人に話をきいた という ここの記事だ。

そして これらの山手線一周レイアウトは、一回限りで その場所だけで 開催されていると思ったら そうじゃないんだね 上の動画の場所と これまた 違う場所でも開催されているんだんね ここのTV番組のかりそめ天国の記事にもプラレーラーが登場していましたね  プラレーラーって 自分で 名乗れば 成れるみたいですね こういう異質のプラレーラー?!というサイトもあるし 中学生や高校生も 結構 名乗っていましたね

かなり このプラレール界隈では、有名なプラレーラーの松岡純正さんという方で プラレールの宿とか言うサイトでイベント企画も 開催している方みたいですね  本名かどうかは、知りませんが こういう方みたいですね



「YouTuberになりたい子ども達に物申す」という 動画をUPしていますが ちょっと理屈ぽい所が おいちゃんに似ているか でもYouTuberと自称しているけど よっぽど自信があるんでしょうね

しかし なんで このTV業界は、例えば こういうプラレールなどの企画を考えた場合は、一番 最初に こういうプラレーターの方々のようなプロに近い人達にアプローチするように思えるのだが いくら ネットで検索しても 今回のマツコの知らない世界のプラレール旅行の世界のゲストは、井壮和さん・知佳さんは、出て来ないんだね

この番組は、よく見ているのですが マツコとの相性というのか 素人でも どのくらい その趣味に愛情を注いでいるかを マツコが 検証するのが 面白くてね しゃべりとか どっちかというと 下手な人も 結構出ているのを 見ていると なんか もしかして こういう先生と自称している方を 外しているのかと ふと思ってしまったのだが まあ 火曜日の番組を 見れば わかるのだがね

プラレールも ここまで 来てしまうと 大人のプラレールなのか子供のプラレールなのか でも メーカーから見れば 沢山大人買いして貰えば それも良しなんでしょうがね 

こちらの VRMは、TV番組に紹介は、ないのでしょうかね BVEは、TV番組などに紹介されているけど せめて 鉄道雑誌の 特集記事に 載りませんかね〜 今年で 20周年ですからね〜 

と言っても 肝心のメーカーさんが 広報活動を まったくしないしね 過去を切り捨て過去を振り返らない姿勢なので 20年という歴史が さっぱり機能していないのが 残念だね 

常に 新しいバージョンが VRMという考えも 分からない訳でもないのだがね

ホビールームじゃね〜よ 兼寝床なんだよ

昨日の夜間仕事は、きつかったね〜 風が強くて寒くて 震えていました。 なんせ ずっと立ちっぱなしの立ち仕事で もう足に来てました。 そろそろ 潮時の時期ですね 遅かれ早かれ この1年が 限界かもね

で 昨日のコメントに書いた通り 結局 ブックオフで RM-MODELSの中古本で 結構 お気に入りの企画記事があってね それがホビールーム訪問という特集記事なのだが 家には、このRM-MODELSのホビールーム訪問は、2006年8月の132号と2008年10月の158号は、中古本は、108円で購入したのがあるのですが 300円出してまでは、買いたくないというか もっと古い号数が なんで高いのか? 完全に 客を 舐めていてね 3倍の値段出してまで 買う程でもないのでね まあ3か月待てば 安くなっているのでね その時なければ ご縁が無かったという事で 諦めるのです。メーカーなんぞの思惑通りに誰が 聞くもんか! これが おいちゃんの 泉谷しげる風に言えば 10年前と変わらないんだがねの記事の中の「春のからっ風」の歌詞の 「誰が呼ぶ声に 答えるものか望む気持ちと うらはら今はただ すきま風を手でおさえて  今日の生き恥をかく」 この世界観だね

あのホビールーム訪問という特集記事を 眺めていると ついつい アンチ鉄道模型に燃えて来てね 俺は、ホビールームじゃなくて ホビールーム兼寝床が 24時間のホビールームじゃと 思ってね なので 今日は、おいちゃんの6畳一部屋の寝床とホビールームが一緒になっている24時間稼働の我が家のホビールームを公開だ。

マイルーム2













なんで パソコンが 3台もあるのと 思ってしまうかもしれませんが 1台は、出戻りでね 娘に貸していたのですが 貴重なVRM3版が 入っているので 新しいPCと 交換してまで このPCを 取り戻しました。 これで 万が一の場合も 続けてVRM3が 出来るので ひとまず 安心だ。

あのRM-MODELSのホビールーム訪問って 結局は、自分の趣味を 見せびらかしたいという おいちゃんが 動画で ここの新VRM3★を紹介しているのと 同じ感覚だと 自分では、思っているのですが 向こうは、正規の雑誌ですがね〜 こちらは、そういう載せる場所がないので こうやって 一人で 悶々としながら やっていますがね  あの お金にいとまを付けない趣味の世界を 見ていると 逆に 中途半端にやるくらなら 仮想鉄道模型でも いいじゃないのかと 思って始めた このVRM3版だ。

その後 ここらで紹介されたホビールームの その後は、どうなったんでしょうか気になるのだが こちらのホビールーム兼寝床は、相変わらず 15年近く前から 今の現状と変わりなしだ。

マイルーム1













この15年以上も 進歩もなく 変化もない所が この おいちゃんホビールームの特長でね PCが 増えてしまったのは、あのマイクロソフトのグローバル戦略の為に Windowsの更新がある為が故に使える内は、使ってしまえで 増えてしまったPC達なのだ。

でも 逆に 昔のVRMゲームだからこそ このように 本来なら 駄目なのだが 予備として 他のPCでも 使えるように出来た時代の産物でね 今 こういう なんでもそうだが 例え自分で お金を出して購入した物でも あくまでも 物を使う権利を貸しているだけみたいな感じで 肝心要は、相手先が 金玉を握っている感じがしてね

しかし 本当に こういう仮想空間が 馴れて来てしまうと これで 十分 頭の中の電脳が 満杯になれば 何も 無理して ホビールームなんて 要らないと思ってしまう所に そもそも 鉄道趣味にしても 人と 話が 合わない所が おいちゃんなのかも知れないね

ここのVRMに関しても 自分で やれるのは、このVRM3版まで それ以外は、見て楽しむ そいう人って おいちゃん以外は、ほとんどいないでしょうね〜 だって スポーツと同じでね 見るのと 実際に 自分でやれるかは、別物と このような趣味の世界でも感じているんで どう頑張ったって あのRM-MODELSのホビールーム訪問の 方々とは、相容れない世界観ですからね〜 まあ それが おいちゃんワールドだ。

暇つぶしゲームの延長だけど ちと 又違う やっぱり仮想鉄道模型ゲームが このVRM3版までだと 自分が 思って それを 実践しているのでね

鉄道模型も 寝床と レイアウトが一緒に あって 24時間 気に入った時に遊べるのが 究極だと思うのだが それじゃ 無理が来るのでね 色々考えると やっぱり このVRM3版の仮想鉄道模型シミュレーターが 一番おいちゃんにとっては、 最高か なんてね 要は、強がりなんでしょうかね でも そうでもないか

ループ曲線レイアウトから特急大全集その66

米坂線と宗谷本線の ラッセル車の豪快な除雪を 見ていたら そういえば VRM3版にも DE15ラッセル車があったのを 思い出して 特急大全集に 入れてみました。

が よくよく考えてみたら 前に 雪景色じゃない時に 動画を UPしていたような それすら 忘れてしまってね まあ おまけです。 それにしても 除雪をしないで ただ走行している姿ですからね

ラッセル車の動画でも そうですが 豪快な除雪をしながら突き進む姿がいいんだね〜 そういえば 外国のラッセル車じゃなく ディーゼル機関車で ぶちかまして 豪雪を 突き進む動画を 昔見たんですが それが これ



でもね 世界のラッセル車みたいな動画のBEST10みたいな中に 日本のラッセル車の動画も入っていて 結構 日本のラッセル車も 有名らしくてね なんせ 雪の質が違うからね〜 日本の雪はね〜



外国は、除雪というより なんというのか ただ ぶちかまして突き進むだけみたいだね  まあ こういう動画を見て VRM3のDE15ラッセル車の走行シーンじゃ 比べ物になりませんね〜 




ただ もう このDE15ラッセル車も 北海道を除けば 使ってないみたいなのでね そういう点じゃレアな動画なんちゃってね 

特雪(とくゆき)?

今年は、例年に比べ 日本海側では、大雪に見舞われているらしいですね で ネット動画で 特雪?という ラッセル車とか ロータリー車の動画が あったので紹介だ。

この特雪?とは、特殊排雪列車の略だそうで 豪雪地帯の雪国で ドカ雪を除雪する為に 臨時列車を走らせる場合に使うらしいのだ。 なんでも 夜間は雪を飛ばすと危険なため、日中に運行されるらしいです。

が ここで 使われていた DE15ラッセル車や DD14ロータリー車は、確か 今は、使用してなかったと思うのだが そこら辺は、あやふやなのだが 米坂線では、昔は、使っていたみたいですが 何年か前に 郡山で これらのDE15ラッセル車が 大量に 留置されて廃車を 待っていたのを 実際に この目で見ていたのですがね

どうなんでしょうかね なんか 今は、機関車扱いだと JRの運転手じゃないと 運転できないので 強力な高い除雪能力を備えた保守モーターカーに 代わって行き 経費などの節約になっているとの事らしいのだ。

要は、直接 昔のように なんでも 自分達では、除雪しないみたいですね 

そんな 昔の豪快な DD14ロータリー車の動画からだ。 つい この前というか 正月の休みにも米沢に行って来ましたが さすが 山形ですね とんでもなく雪が 多かったです。



こちらも JR東日本管内では、2009年から姿を 消したみたいですが まだ JR北海道では、活躍しているみたいなDE15ラッセルからの 宗谷本線からの動画だ。



こんな感じの鉄道シミュレーター関連の ラッセル車による豪快な動画は、まだ 見た事ないのでね どこかにあったら 又 紹介だ。

そういえば 2009年2月のRail Magazine305号に ラッセル車の特集記事が 載っていましたね

雪景色が 大好きな おいちゃんは、なんとかして この豪快なラッセル車の動画は、無理でも 画像で 出来ないか 昔 挑戦してみたのですがね 2007年10月に ラッセル車で思い出した。という記事を 書いていましたね




懐かしいね 今は、このいう感じの画像は、載せませんけどね〜 まあ 思い出です。

リバーブループ曲線レイアウト制作中26

今週から 仕事モードになって来たので 今日も 夜間作業明けで 疲れて 午後から起きて リバーブループ曲線レイアウトが完成したやつの 貨物牽引機配置表みたいなのを 作っていました。

が これがね 逆に 疲れる作業で 進みませんわ  雪景色貨物ヤードの右上1部分だけでも 機関車だけの配置だけでも 35箇所もあってね これ 一々調べながら 操作キーを もう一度 リセットしながら 改めて 登録し直すという 本当に厄介な仕事だ。

これもだ 鉄道模型じゃ 絶対に味わえない 欲張った貨物編成レイアウトを作って 貨物編成を 走らせて楽しむという 壮大な アンチ鉄道模型じゃないのだが 貧乏人根性丸出しの 考えだ。

リバーブループ貨物編成レイアウト配置図右上1

















取りあえず こういう感じに 配置しています。 黄色の枠の赤字の貨物編成が 常時走行している 基本パターンの貨物編成で その他の黄色い枠の貨物編成は、いつでも 本線とか貨物本線に 走行可能な貨物編成で その他の白い枠の貨物編成は、ダミー配置に近いような貨物編成と 留置している ダミー機関車からだ。

こんな感じで 右下部分と 今度は、夏景色貨物ヤード部分の貨物編成配置表も その内 作る予定なのだが まあ 時間が掛かってね いつになるかは、 自分でも 分かりませんね 

レイアウトを作るより こっちの配置作業と編成エディターで 登録する作業の方が 本当に面倒でね これが VRM5だと この他に 色々細かいシステム構築とか 登録エディターでも作業も 加わるんですよね

おいちゃんには、とても そこまで やれる気力と知識と技術が 今の所ないので 他の VRM5動画を見て 楽しむのが 一番いいかも知れないね 最近 鉄道シミュレーターでも鉄道模型でも 動画みて 満足するくらいだからね 鉄道模型と同じで 人がやっている側から  眺めて楽しむというのが 昔からの癖なのでね

いいよ お金は、掛からないし 自分の鉄道模型とか鉄道シミュレーターだと 思えば これほど 最強の 安上がりの趣味は、ないのです。 その為にも 面白い動画を 提供して下さいね 勝手に 採点しますから なんてね 怒られそうなので 今日は、これまで 

基準は、あくまでも おいちゃんの新VRM3★動画が 基準点ですからね そうじゃないと つまらないのでね

リバーブループ曲線レイアウト制作中25

昨日 紹介したリバーブループ曲線レイアウトが完成した報告をしましたが レイアウトは、完成しても まだ 終わりじゃなくてね 問題は、ここからなんだね

そうなんです。本格的な 貨物編成を どこに どのように配置して 同時走行をさせるか? 8月19日に 一番最初に 編成配置表を 作ったのが こちらでした。

リバーブループ貨物編成レイアウト完成図面A

























この時は、まだ貨物本線だけの配置だったので 貨物専用線は、未配置だったので この操作キーだけでは、貨物編成の数に 全然足りなくなったので 改めて 操作キーの数字番号と英数字番号を 貨物編成に振り分けて 常時 同時走行状態の 貨物編成を 16編成にしたいと考えているのだ。

その他に ローカル線のデッキガータ曲線鉄橋線には、特急編成が 5編成と 港湾線には、臨海貨物編成が 2編成の 全部で 23編成に 操作キーを 付けたいので 全部 一旦 リセットして 操作キーを 付け直す作業とか 色々やる事が 目白押しなのだ。

これから編成配置を 始める予定なのだが まあ これが面倒なんだね〜  そこで まずは、レイアウトを 
4分割した レイアウト図を 用意して そこに書き込みしながら ああだこうだ 編成に操作キーを割り当てて行く予定だ。

リバーブループ貨物編成レイアウト完成図面4-1























レイアウト図の 右上1の部分から

リバーブループ貨物編成レイアウト完成図面4-2























レイアウト図の 左上2の部分から

リバーブループ貨物編成レイアウト完成図面4-3





















レイアウト図の 左下3の部分から

リバーブループ貨物編成レイアウト完成図面4-4






















レイアウト図の 右下4の部分から  普通の人は、こんな事を しないでしょうね まあ お遊びなのでね レイアウト作って 走らせて 遊ばないとね 完成じゃないのが この新VRM3★なのだ。




ループ曲線レイアウトから特急大全集その65

明日は、休日なのだが 朝から現場作業が入っているので 今日は、まとめて 投稿だ。

さて 特急大全集の車両編成も 一段落したので 番外編で 新VRM3★機関車軍団の編成動画を 紹介だ。
 この機関車軍団にも 色々ありまして 基本の要と言いますか 電気機関車、ディーゼル機関車、そして蒸気機関車の混成チームが 第1機関車機動部隊で これが20両編成で C62、DD51、EF81他などの混成大型編成部隊だ。

その次が 第2電気機関車機動部隊で ここでは、EF81、EF66、SBBRe460、DBBR101他などで構成している15両編成部隊で 一番の ここでは、トップガンチームだ。

その次が 第3電気機関車機動部隊で ここでは、EF58、EF64、EF65、EF200、EF210、EH10他などが 16両編成チームを作っています。

最後が 第4ディーゼル機関車機動部隊で DD51、DE10、DF200、DD13などの重連機関車で構成して12両編成になっています。他にも 前に紹介した EF81電気機関車.軍団の8両編成や EF66電気機関車軍団の10両編成 そして EF58電気機関車軍団の6両編成なども ありますのでね

鉄道模型じゃ絶対に楽しめない事を ここでは、やるのが快感なのでね アホな お遊びですが 面白いのでね

VRM3★車両編成表が完成だ。その2

前回の続きから ここからが 貨物編成の編成リスト表からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No4








































コンテナ貨物の続きから ガソリンタンク車タキ43000と タキ3000からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No5







































タキ50000からとホキ2200そして セキ3000とホキ800のホッパー車からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No6




















最後は、ワキ5000の有蓋車と 二軸貨物車のレ12000+ワム8000+ヨ800編成からだ。

今の所は、316両編成を 作ってみましたが おそらく VRM5版だと 500編成位は、作れるんでないでしょうかね 羨ましいね〜

この画像の下に 2008年に販売されたVRM3特急大全集と Nゲージの鉄道模型で 仮に これらの車両を集めた場合に 一体 いくら位 お金が掛かるかを 計算してみました。

こういう発想をする事自体 趣味じゃないんだね なんなんでしょうかね ケチの塊ですね まあ 触らない UPで見ないなら これで十分が おいちゃん的VRM3の遊び方なのでね 

上を見たら キリがないので VRM3より上のモノと 対比しながら 鉄道シミュレーターを楽しむのが 唯一の 道楽でね これもだ 暇人だから出来る お家芸みたいなもんだね

統計とったり集計したり 動画や画像を 漁って見たり お金を掛けないで いかに時間を潰すか これですよ シニア世代は、金持ちが多いみたいなTVなどのニュースを見ていると その逆の おいちゃんのような者は、とにかく 仮想で 例えば OJゲージやムサシノモデルのような鉄道模型を イメージして 遊ぶ

だって 終活も近いのでね 墓場まで 鉄道模型は、持って行けないでね おそまつでした。

VRM3★車両編成表が完成だ。その1

特急大全集という 仮定のタイトルで 編成車両を 動画で 紹介して来ましたが やっとこさ 終了したので 今度は、去年の暮れに 少しだけ 作って見た 貨物編成表を 大幅に修正して 全ての車両編成のリスト表を 作ったので 紹介だ。 

貨物編成のリストを 作った時は、まずは、実際に配置する前に 作ったりしていたので 今回は、実際に配置しながら作ったので だいぶ 列車編成の 編成数が 変わっています。

まずは、 一番最初に紹介した 特急、電車などの編成表からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No1








































特急、寝台、C62蒸気機関車と続きます。

新VRM3★編成表2018年1月作成No2








































通勤電車から気動車に 続きます。

新VRM3★編成表2018年1月作成No3









































気動車から 新幹線に続き 貨物編成に入りますが 画像が 大きいので この続きは、その2で
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ